私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  河野ロジック ~ 「断ることができない」ことが「強制」になるという論理飛躍

河野ロジック ~ 「断ることができない」ことが「強制」になるという論理飛躍

← 応援クリック、ありがとうございます。

 河野洋平という国賊については何度も書いてきたし、何度書いても書き足りないくらいの存在だと思っている。正真正銘の国賊とは河野のような人物のことを言うのだろうと、心から思う。いわゆる慰安婦問題というものは、南鮮が一方的に主張している限りにおいては、国家間問題ではあったかもしれないが、ここまで複雑化しなかった。この問題が複雑化したのは、朝日新聞がそのストーリーを捏造し、その捏造されたストーリーに乗っかって、河野や吉見義明のような、日本を悪魔化することを生業にしてきた者たちが「日本側」にいたからだ。

 国賊の代表格である河野洋平は、11日、BS日テレの番組に出演し、慰安婦問題を語った。下記はそのことに関するNNNの報道だ。

河野氏「断ることができない強制性あった」 (NNN)

 河野洋平元衆議院議長が11日、BS日テレ「深層NEWS」に出演し、いわゆる従軍慰安婦問題について、改めて「断ることができない強制性があった」などと述べた。

 河野元議長「背後に強大な、圧倒的な権力を持った者がいて、甘言、あるいはだまして連れて行った。これはもう結果として断ることができない、本人の意思に反して連れて行かれたということは、言ってみれば強制性だった」

河野洋平


 河野元議長は宮沢内閣の官房長官として、いわゆる従軍慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた談話を発表したが、「談話自体では、国家として組織的に直接やったという文書が残っていなかったということを言った」とした上で、「絶対的な力を持つ軍が背後にいて、断ることができない。精神的にも、環境から見ても、強制と言うべき」と強調した。

 河野元議長はまた、自民党総裁の時に当時の細川首相との間で今の衆議院の小選挙区制度を導入したことについて、「慚愧(ざんき)に堪えない。失敗だったと思っている」「有権者の選択肢がなくなってしまい、政治が民意から遠ざかってしまったのではないか」などと述べた。


 河野談話は、いわゆる慰安婦問題を複雑化した最たる要因である。談話は、慰安婦募集のあり方について証拠資料も裏付けもないのに、「官憲等が直接加担したこともあった」と認め、日本政府の公式謝罪という形で世界に広まった。ではこの「官憲等」とは誰のことを指すのか。産経新聞の阿比留記者が、昨年説得力のある記事を書いているので、少し引用してみる。

【視線】慰安婦募集の「実行犯」 河野談話の隠された主語 政治部編集委員・阿比留瑠比 (ZAKZAK)

 それでは、ここで言う「官憲」とは何なのか。内閣外政審議室が河野談話発表時にまとめた記者会見の「想定問答」には、次のように書いてある。

 「『官憲等』とは、軍人、巡査、面(当時の村)の職員などを指す。これらの者が慰安婦の募集の際に立ち会うなどして、強圧的な行為に加担するケースがあった」(中略)

 そこで当然気になるのが、軍人はともかく当時の巡査、面職員らがどういう人たちだったかである。現代史家の秦郁彦氏によると、戦前・戦中の日本統治下の朝鮮半島の実情はこうだった。

 「地方の巡査クラスはほとんど朝鮮人と言っていい。面の職員も当然そうだ」

 だとすると、「強圧的な行為」に加担したのは朝鮮人自身でもあることになる。(以上、抜粋)


 河野は、この官憲の実態がほぼ朝鮮人だったことに気づいているのかもしれない。そして、気づいているからこそ、その「背後の強大な権力者」ということばで旧日本軍を示唆し、責任を転嫁しているとも考えられる。もしそうなら、極めて悪質なミスリードだ。

 そもそも、「断ることができない」ことが「強制性」を意味するというなら、それは明らかな論理の飛躍であり、無理筋だ。この辻褄合わせは、日本が悪かったことを予めの結論としなければ成り立たないロジックだろう。

 やはり河野洋平の国会招致は必要だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/12/15 07:16 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
朝鮮儒教による強制
官憲が朝鮮人で強制連行に加担した事件よりも、朝鮮儒教により親が生活に困って娘をたのむと言われたら、親に刃向かうことこは儒教では犯罪に等しいので、そちらの強制力がもっとも巨大なものだったということではなですかね。
[ 2015/12/15 09:11 ] [ 編集 ]
嘘塗れ
[ 2015/12/15 13:03 ] [ 編集 ]
強制河野談話
河野談話を否定できない日本国民は河野元官房長官に「強制」されています。
[ 2015/12/15 14:19 ] [ 編集 ]
河野太郎さん、他人の監査に必死だけど、父君を監査すべきでは?
[ 2015/12/15 15:17 ] [ 編集 ]
ならば、強制したのは親であり、日本ではない。

はい、論破。
[ 2015/12/15 18:43 ] [ 編集 ]
河野洋平
コイツは戦後政治の売国奴の主犯格の一人であろう。あと数年の寿命と思っているが、非業死であって欲しい。
[ 2015/12/15 19:25 ] [ 編集 ]
立場の弁え
最近は何が原因したのか朝日でも吉見義明氏とは袂を別っているそうで、残るはこの河野元官房長官一人。
いい加減学者や末端臨時公務員だったという者達よりも、遙かに内閣官房長官としての言は重大で、それもこの件では南鮮側の御意向に添う「談話」にしている点で、立場を弁えない第一級の国賊と断じてよいと思います。

各方面から「従軍強制慰安婦」根拠が崩されて行く中で、いつまでも言い張り反省も撤回もしないこの河野洋平自身に何かの理由があって、南鮮御意向を「断れなかった」のではないか?と私は思います。
自称「強制従軍慰安婦」だと名乗り出た人達の最初の調書で既に「親に売られた」とはっきり証言していた女性も居て、それでも「軍の強制」と理解して差し上げたw、その原因は河野氏自身の内にあるのではないか?と、国会議員、官房長官の資格を考え合わせると、余りの不自然さに思うしかありません。

「断れない」のが「強制」になるならば、社会一般に幾らでもある「断りにくい」事情のおつきあいも「強制」になりそう。
[ 2015/12/15 19:38 ] [ 編集 ]
河野の言う「強制」に、日本の国家に対する法的問題要素は一切存在しない
そもそも、どのような社会であっても、生きていく為に、不本意な仕事に就かざるを得ない人々が存在する事は、社会問題として考えるべき課題であるのかもしれないが、その社会事情の問題を、国や政府の「賠償」や「謝罪」の法的問題にすり替えようとする河野ら反日左翼や、(在日)朝鮮人は、卑怯としか言いようがない。

そして、彼らは何故か主語を明らかにしない。この主語が重要な要素であろうと思うのだが、「親」か「一部の規律違反軍人」か「悪質な業者」か「軍の命令」かによって、問題が大きく変わり得る。

仮に日本軍関係者の仕業であったとしても、その者は本当に「純粋な日本人」だったのだろうか?

当時は、朝鮮半島は日本に併合されており、朝鮮人も日本国民として兵役に就いていた。

もし、朝鮮人の軍人が犯罪を犯していたのだとしたら、現在の日本政府ではなく、日本から独立した韓国政府へ賠償を請求するべきだろう。

また、よくある「日本側の資料は残っていなかった。恐らく証拠隠滅の為に処分されたのだろう。」なども、変な言い訳だ。

仮に日本側が資料の焚書をしていたとしても、そのような強制連行を示す具体的な資料が、当の韓国側からは一切見つかっていないという事実。

唯一の証拠としている元慰安婦婆達の証言でも、当初は「親に売られた」と発言していたが、その後いつの間にか強制連行なるものに変遷していったという事実。

慰安婦は朝鮮人よりも日本人の方が遥かに多く、慰安婦自体は一般募集であり、しかも高給であったという事実。

どう考えても強制連行のようなものを行う必要性など無いにも関わらず、「強制」という言葉だけをひたすら意味を変えて連呼しているだけにしか思えない。

仮に、親に売られたとしたら、売った親に問題があったり、当時の家庭では、子供も稼ぎの担い手(丁稚奉公)として考えられていたのだから、子供がやや不本意な仕事であったとしてもある程度は我慢しなければならなかった時代でもあった為、特異であったと言うほどでもない。

業者がやってきて慰安婦女性を引き連れて行ったのだとしたら、業者に法的責任がある。そして、業者には、朝鮮系の業者が多かった。この場合、賠償を請求するのならば、韓国政府と当時の業者の責任者だろう。

規律違反軍人などがいれば、既に法廷で裁かれているはずであり、白馬事件以外では、そのような話は特に聞かれていない。

やはり、どう考えても河野の言う「強制」に、日本という国が「謝罪」や「賠償」を行わなければならない法的問題要素は存在しない。

もはや、河野らは「強制」という言葉をひたすら強弁して、何が何でも日本の悪魔化(デモナイズド)をしようとしているようにしか見えない。

河野よ、往生際が悪いぞ。鬼籍に入る前に、国会で、そして法廷で責任を追及し、裁きを下さねば、無間の地獄行きであり、成仏させられない。

[ 2015/12/15 20:29 ] [ 編集 ]
重要参考人 河野洋平
河野洋平という異様な人物が居て、それが許容され罰せられない日本という国が有ります。

恐らく河野洋平ほど過去からの言動が罪に問われない国というのは世界トップクラスの言論の自由がある国なのでしょう。

そうは言ってもものには限度もあって、この人物の過去からの行いの国益損失を数値で表したら何百億円、何千億円というものと思えます。
現に「慰安婦」関連の後始末にどれほどの人的、金銭的費用がかかっており、これからもかかるのかと考えれば決して損失額が途方も無い架空のものとは言えないと思えます。

そしてその河野洋平は今は反省して自らの過ちを自己批判しているのかと思えば逆に益々居直り活動を継続しているという昨今です。

先ず代表として河野を挙げましたが、他にも村山富一、鳩山由紀夫なども同類です。

これら売国と言われる政治家を放置して来た事は日本の政界全体の問題でもありますし、また中国や韓国の日本毀損プロパガンダに対抗出来ず、時に協力して来た外務省など官僚の責任も有ります。

そして現在、安倍政権のもとでやっと日本の名誉回復、対中国、対韓国プロパガンダの動きが出て来ました。
これももし安倍政権が出来ていなければおざなりにされ、今より更に日本は「歴史戦」で負けていたと思えます。

その安倍政権の動きの一つが「歴史を学び未来を考える本部」の立ち上げです。

http://www.sankei.com/politics/news/151124/plt1511240031-n1.html

http://yoshiko-sakurai.jp/2015/12/10/6216

これら「歴史戦」は民間でも行われていますが、中身は別としても活発化し出しているのは評価に値すると思えます。
但し、中身と言った様に「歴史を学び未来を考える本部」の人選に於いて、谷垣禎一自民党幹事長、山内昌之東京大学名誉教授、作家古市憲寿などの起用には疑問が持たれます。

しかしながら「極東軍事裁判」検証までまだ至りませんが、プロパガンダで作られた歴史を正す動きが加速しているのは事実で、その手始めが「いわゆる従軍慰安婦」や「南京大虐殺」などということでしょう。

そしてそこに本多勝一、河野洋平も最重要参考人として名が挙がるわけです。


[ 2015/12/15 20:40 ] [ 編集 ]
証拠書類ではないですが
以前、国会で当時次世代の党・中山成彬議員が御紹介された、朝鮮統治時代の朝鮮朝日紙面の数々で、朝鮮半島に於ける慰安婦問題への総督府指針を知る事が出来ます。

慰安婦業には17才以上であること、無理強いは厳禁、拉致誘拐に依る人身売買の絶対禁止、金銭の明示化などが記されて居たと思います。
実際、朝鮮に住む日本人妻の誘拐事件・逮捕も報じられていて、犯人は朝鮮人女衒業者だったとか。

その後朝日は自社のそうした記録を消滅させているという「噂」も聞こえ、どの程度の真実味のあるものかは存じませんが、報道仲間からこうした「噂」が発信されているらしいのが、朝日新聞社自体の信頼度を物語るのかな、と感じます。
社内で消滅させても今更遅いし国会図書館もありますものを。

河野洋平はこうした日本国内でも調べられる手間を掛ずに、南鮮側の望みに応えた事になりますね。何処の国の官房長官だったのか!

どなただったか?田中角栄氏が失脚した時に、酒場で失脚させた功労者ででもあるかのような発言をしていた河野に「その田中氏を首相にするためにあれこれ画策していたのが君達じゃあないか」と面と向かって暴露してやった、と披露して居た人がいましたっけ。
[ 2015/12/15 23:05 ] [ 編集 ]
学生時代に年配の教授が
「河野一族は売国一族、特に河野一郎は私利私欲のため
鳩山一郎と共にロシアに国を売った」とか言っていました。

河野談話の場合、当時外務省が英文で発表した文書に
「政府や軍が強制的に行った」と書いてあるので
外務省にそれを訂正させて、正しい文書を発表して宣伝させないと。
[ 2015/12/16 01:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: