私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  親韓派「A級」の学者・論客・政治家の指摘に思考停止する南鮮メディア

親韓派「A級」の学者・論客・政治家の指摘に思考停止する南鮮メディア

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南鮮で最大の発行部数を誇る新聞は、朝鮮日報らしい。朝鮮日報の発行部数は167万3000部で、2位の中央日報(同105万7000部)を大きく引き離している。ただ、日本の朝日新聞の例にもれず、発行部数が多いからよい新聞だという定理は存在しない。実際のところ、日本で読める朝鮮紙はほぼすべてプロパガンダ発信紙である。

 凝り固まって岩盤化した思想は、異論を寄せ付けない。彼の国では、メディア以上に、政府(青瓦台)が率先して「嘘でも国是」という全体主義を牽引する。国是に反した「帝国の慰安婦」の著者、朴裕河(パク・ユハ)世宗大学教授を「元慰安婦の名誉棄損」で起訴したのは南鮮司法だが、南鮮メディアは起訴そのものには大人しい。ところが、親韓派であり、国是の擁護者と考えていた人々が異論を唱えると、戸惑いを隠せない。南鮮最大の新聞である朝鮮日報に、こんなコラムが載っている。

【記者手帳】朴裕河氏起訴に抗議する「良心的」日本人 (朝鮮日報)

 韓国の検察が最近、元慰安婦の名誉を傷つけたとして、『帝国の慰安婦』の著者、朴裕河(パク・ユハ)世宗大学教授を起訴した。

 26日午後3時、日本の知識人54人が「歴史をどのように解釈するかは学問の自由」だとして抗議声明を出した。「(本に書かれた内容について)韓国だけでなく日本国内からも異論があるのは事実です。しかし(中略)特定の個人を誹謗(ひぼう)したり、暴力を扇動したりするようなものは別として、言論に対しては言論で対抗すべきであり、学問の場に公権力が踏み込むべきでない」と主張した。

 若宮啓文・元朝日新聞主筆、上野千鶴子・東京大学名誉教授、小森陽一・東京大学教授らが名を連ねた。アンドルー・ゴードン・ハーバード大学教授のような海外の大学者や、村山富市・元首相、河野洋平・元官房長官も賛同した。「合理的な日本」「良心的な日本」を代表するA級の学者・論客・政治家を網羅していると見ていい。問題は、この人々の指摘に、韓国人がどこまで共鳴するかという点だ。(中略)

朴裕河


 生きて「地獄」を経験した元慰安婦にとって、こうした話は侮辱的なものだろう。しかしこの日、日本の知識人らが挙げたのは、朴教授の本が正しいか、間違っているかという問題ではなかった。この人々は、思想信条の自由があるべきだと主張した。「韓国社会にその自由があるのか」と問い掛けた。そんな話をしているのが日本の右翼ではなく、善良な人たちであることに戸惑う記者会見だった。

金秀恵(キム・スヘ)東京特派員


 この声明に賛同者として加わった河野洋平は、「河野談話が曲解されている」とコメントしているそうだ。「慰安婦神話」の元凶は河野談話なのだが、曲解されているのであれば、いつも招かれる南鮮に出張っていって、説明すべきだろう。もっとも、出張って説明したところで逆効果になる可能性は大だが。

 河野や村山富市、若宮啓文、上野千鶴子らがA級の学者・論客・政治家とする朝鮮日報の記者は、恐らく慰安婦問題の虚構を暴く対極論者のことはB級、C級などと位置付けるのだろうと思われる。もしくは「級」と定義するまでもなく論外だと決めつけるのかもしれない。南鮮にとって都合のよい者たちを「A級」とするなら、思想偏向の実態を自ら暴露しているような書っぷりだ。

この人々は、思想信条の自由があるべきだと主張した。「韓国社会にその自由があるのか」と問い掛けた。そんな話をしているのが日本の右翼ではなく、善良な人たちであることに戸惑う記者会見だった。


 南鮮司法が朴裕河氏を起訴したことによって、南鮮社会には思想信条の自由がないことを自ら証明した。言論の世界で生きるジャーナリストにとって、本来は、この司法判断を批判すべきである。ところがこの記者は、その核心には触れず、親韓派の日本左派のツッコミに戸惑っていると吐露している。慰安婦問題で南鮮国是に寄り添うのが善であり、それを否定するのが悪ならば、「善良な人たち」が指摘する思想信条の自由は、その善悪という概念に拘束されるという社会的な規則を、この記者は図らずも認めてしまっているのだ。

 私が南鮮との和解など成立し得ないと考えるのは、南鮮民族が歴史に向き合うことを避け、思考を止め、この社会的な規則から抜け出すことが不可能だと考えるからだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/11/29 11:28 ] 外交 | TB(0) | CM(5)
バカは死ななきゃ直らない
「バカは死ななきゃ直らない」

すっから缶国には、この言葉しかありません。

現在のところ、慰安婦問題について英語で書かれ、バランスのとれた学術書としてはサンフランシスコ大学の教授C. Sara Sohが書いたThe Comfort Womenしかありません。私は、この本の全ページに目を通しましたが、問題のある箇所はなかったので推薦できます。

韓国系の女教授が反日運動とは無縁に、よく、これだけ客観的な内容の本を書けたなあ、と思ったのですが、彼女は若い頃に英国に留学して、ずっとアメリカを研究の拠点にしていたのですね。韓国内で同じ本を出したら、李栄薫教授のように、ナヌムの家のお婆たちの前で土下座をさせられてしまう。

ただ、C. Sara SohのThe Comfort Womenに留まっていてはいけなくて、これにつづく英文本を期待しています。

最近、グレンデールの腐れビッチ像撤去訴訟をやっている目良さんや産経の阿比留記者の本も出ていますが、どうしても、日本人が書いたものという目で見られてしまうでしょうね。

パク・ユハ氏の「帝国の慰安婦」も英語になるといいんですが、かの国での言論活動や出版は無理なので、本人が日本かアメリカに移住するしかないでしょうね。
[ 2015/11/29 14:28 ] [ 編集 ]
★2015年11月29日 10:10


●《なにか判らない妨害工作が行われている》


■私のブログも通常の手順でアップできなくなり、
本日予定していた『やまと新聞のニコニコ動画』もアップできなくなっています。

以前にも2回アップできなくなり、
遅れてアップできましたが、少し様子を見ていて下さい。
YouTubeはまったくアップできなくなっておりますが、
根本的な対策を考えなくてはなりません。

前回の時は、鳴霞さんの著書を紹介した番組でしたが、
12月13日に予定しているゲストに鳴霞さんをお招きする番組も
妨害される公算大ですね。

今日予定していた番組は、「歴史カード」発送日を告知していますので、
是が非でも妨害したくなるのでしょう。

先ほど連絡があり、いま復旧作業中とのことですので、
12時頃には再アップできようにしますとのことでした。

実際、「歴史カード」の発送は12月15日から、
20日頃までに行いますので、楽しみにしていて下さい。
今日の予定番組では、実際「歴史カード」の写真もお見せして、
サプライズの「明るい日本を実現する猫」とタイトルをつけた
「猫ちゃんカード」もお見せしています。

実際、発送する前からこのような妨害が行われており、
それだけ「痛い企画」だったことが明らかになりましたので、
再アップされましたら動画の拡散を宜しくお願い致します。

※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




★水間政憲「国益最前線レポート」#39

伝説の大女優原節子さん死去 《11/29公開》


http://www.nicovideo.jp/watch/1448769530
[ 2015/11/29 15:51 ] [ 編集 ]
堂々巡り
一昨日の007様がこの件にも触れておられましたが、一部分を除いて、そうなのよね、と思います。南鮮司法・世論に日本側へんちくりん(南鮮的には「ぜんりょう」)が加わって、堂々巡りの絵が出来そう。

ビックリしたンでしょうね、南鮮は。
何時も何時も南鮮に理解と愛情を注いで呉れる「日本のぜんりょう」がこんな異論を発表するなんて、と。
一応「民主主義・命」を掲げる”言論人”となれば、日本国内に於ける己の立場の為にも致し方ない事だったろうと、ゴクローに思います。それほど酷いことなので、褒め愛の日鮮共にお目々が覚めたら良いのですが、期待までには至らない。
只「歴史をどのように解釈するかは学門の自由」という言葉は雑過ぎて戴けませんが。

南鮮司法の核心に触れたら、取り敢ず産経新聞社の元ソウル支局長裁判批判をしないといけなくなりますから、この記者も触れられないのでしょう、と冷ややか心で思います。
    
          ーーーーーーーーーーーーーーー
岸井TBS問題について、潮匡人氏がWiLL新年号に13ページに亘って、彼の暴走発言の数々を批判しています。TBSは久しく見ていませんし、特にサンデーモーニングは視たら腹が立つ事だけは何人もの「証言」がありますので皆無でしたが、コレを読んで、よくもまあ職を続けて居られるものだ!と仰天です。
岸井氏は兎にも角にも、日本に在住できている事に先ずは感謝すべきです。
不幸中の幸いなのは、TBS系が放送されていない地方もあると言うことでしょうか。視られない人々は幸いなり(冗談では御座いません)。
[ 2015/11/29 15:54 ] [ 編集 ]
エイプリルフールかと思った。
[ 2015/11/29 17:04 ] [ 編集 ]
野蛮の証拠
論理が理解できない人間は、感情だけで生きる。
感情だけで生きる人間を野蛮人という。
字が書けるとか、数字が数えられるとかとは関係ない。
[ 2015/11/29 19:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: