私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  報ステ古館・内藤コンビ、ISILのテロと有志連合の誤爆は「どっちもテロ」

報ステ古館・内藤コンビ、ISILのテロと有志連合の誤爆は「どっちもテロ」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先週末に起こった、ISILによるパリの同時多発テロは、その後続いたサンドニでの銃撃戦、民間航空機への脅迫など、社会不安を増長させるばかりで、収まる気配は今のところない。IS側がワシントンを標的にすると宣言し、米国はIS幹部の情報に6億円もの懸賞金をかけた。仏米露は、ISの拠点とされるシリア北部への空爆に連携を強化している。国連の影響力はほとんど感じられず、無能なパンくんこと潘基文事務総長は、北朝鮮を訪問するとかしないとかが話題で、結局のところ何の役にも立っていない。

 日本では、仏テロを非難し、犠牲者に哀悼の意を表しながら、このテロが日本の問題でもあるということを理解しようとしない人々も多い。欧州とアラブの間には、大戦後の欧州によるアラブ支配、宗教上における対立など、日本とは全く関係ない事情があるため、日本は深く立ち入るべきではないと、私は思う。しかし、ISの掃討に加わることはなくても、テロを憎み、非難し、我が国の問題とすることは、現下の世界情勢では絶対に必要だ。

 11月16日の報道ステーションでの議論が、いま話題を呼んでいる。私は観ていないのだが、J-CASTニュースに関連記事が掲載されている。

「誤爆犠牲者から見れば、有志連合空爆もテロだ」  報ステ・古舘氏の問題提起に異論も噴出 (J-castニュース)

  「カメラを反対側に切り替えしてみるということは、こういうことを報じるうえにおいては、非常に重要だと思う」
 そして、古舘氏は、レギュラーコメンテーターの内藤正典同志社大大学院教授に対し、次のような疑問をぶつけた。
  「本当にこの残忍なテロで、許すまじきテロを行った。これは、とんでもないことは当然ですけども、一方でですね、有志連合のアメリカの、ロシアの、あるいは、ヨーロッパの一部の、フランスも含まれますが、誤爆によって、無辜の民が殺される。結婚式の車列にドローンによって無人機から爆弾が投下されて、皆殺しの目に遭う。これも、反対側から見ると、テロですよね」
 内藤教授は、同意する。
  「まったくその通りなんです」
 内藤教授は、イスラエルが14年にガザ地区を空爆したときに、国連運営の学校も攻撃するなどして、約500人の子供を含む市民1400人以上が亡くなったことに触れ、「亡くなったご遺族からすれば、これがテロでなくて何でしょうか」と指摘した。
 一方、アメリカ軍が15年10月にアフガニスタンで国境なき医師団の病院を誤爆したときは、猛抗議を受けてオバマ大統領が謝罪する事態になっている。内藤教授は、このことも紹介したが、「実はそうでない、まったくそういう声を発することのできない、膨大な数の死があるんですね」と話し始めた。(以上、抜粋)


古館伊知郎


 Wikipediaによれば、テロリズムとは、「事前に謀られ、政治的に動機付けられた暴力の行使」であり、「恐怖又は不安の拡散により、政治目的の達成を狙い計画された組織グループによる暴力的な犯罪行為」とされている。しかも、テロの標的は一般市民を含んでいることを「前提」とし、あえて踏み込めばそれを「狙い」としている。これが、有志連合の誤爆と同レベルに捉えられるなら、古館や内藤の主張は、乱暴狼藉をはたらくISILに対し「何もするな」ということになる。

 古館、内藤の議論は、殺人罪と業務上過失致死を同罪であると定義しているに等しい。確かに、誤爆はあってはならないことだ。しかし、無差別殺人を過失致死とを一緒くたに語ることで、無差別殺人の極悪さの中和を狙ってるとさえ思えるこの主張には、到底賛同することはできない。古館や内藤の言い分が正しいなら、今後、テロは収まるどころか拡大の一途をたどるだろう。

 結局、矮小なヒューマニズムで、テロという絶対悪の本質を隠そうとしているとしか思えない。こういう報道番組を装ったプロパガンダ発信番組は、即刻終了すべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/11/20 07:14 ] メディア | TB(0) | CM(16)
知能が部分的に発育不全
死刑は国による殺人
税金は国による恐喝
戦争は国の間のケンカ

全然別のことなのだが、自分のサイズ・個人のサイズに落として考え、こんなふうに解釈する、というか、そんなふうにしか解釈できない連中が少なからず居る。

国というものを理解していない子供にはこんな説明をすることもあるが、それを聞いた子供も、正常な知能を持って正常に発育すれば、個人間の話とは違うことを理解して成長していくものだが、世の中にはその成長ができない連中が少なからず居る。

要するに、国家というものを理解する部分、そこの知能が幼稚なままなのではないかと思う。

古館は、本当に解らないのではないか。国という概念が欠落したままでニュースキャスターをやるのは、さぞかし辛かろうと同情する。

国家を正しく理解してないことが辛さの原因だと気づけば、楽になると思うが。
[ 2015/11/20 09:53 ] [ 編集 ]
東の法政、西の同志社
テレビ朝日の「報道ステーション」も札付き番組ですが、その表だっての中心人物が古館伊知郎です。
この反日サヨクの手法は朝日新聞からの出向者であるとかゲストとの、インサイダーマッチポンプを行うことです。

日により、立野純二朝日新聞論説副主幹と、日により木村草太首都大学東京大学院准教授や中島岳志北海道大学准教授などがその例です。
古館が振り、相手が呼応し、また古館がつなぐという二人で一つの朝日イズムを増幅し伝えるというものです。
一応、偏向番組と指摘されるのを避ける狙いのやり取りと見受けられます。

そのパターンである『報ステ手法』が古館伊知郎と内藤正典同志社大大学院教授でインサイダーマッチポンプが行われたというものだと思われます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E8%97%A4%E6%AD%A3%E5%85%B8

しかし同志社大学、浜矩子なども抱え素敵な大学です。
まるで『報ステ』という土俵で東の法政、西の同志社という東西そろい踏みとでもいうものでしょうか。


[ 2015/11/20 12:14 ] [ 編集 ]
知識が部分的に発育不全?
今だけを見ていても何も解決しない。
中東の歴史
西欧の歴史を第二次世界大戦にさかのぼって学ぶ必要がある。

なぜ今の中東でテロ組織が台頭してきたか
は、西欧の責任でもある。
IS台頭の直近の責任はアメリカにあり。

連鎖だよ!
いつまでも終わらない
領土がほしいからって人のものを取りに行くと怨念しか残らない。
白人は何をしても許されるという思想こそ
洗脳された部分的発育不全そのものだろ!

[ 2015/11/20 12:22 ] [ 編集 ]
過去の歴史の一部と現在のテロの狂った混合思考
サヨクの一つの主張がその過去のアフリカ、中東を直線的に切り取った歴史というものを持ち出します。
確かにそれはありますが、その何十年も前の事と現在を結びつける事は日本で言えば琉球時代、沖縄戦と今の日本国の沖縄報道と同じ様なものです。

実際不毛な余り今では意味の大きくない過去の歴史を取り出して欧米もISもと相対化してさてテロリスト擁護をしてどうするつまりなのか?
やはりお花畑の思考です。
[ 2015/11/20 12:49 ] [ 編集 ]
世の変り
ISVS欧州は、民族や宗教問題の細やかにして尚且つ結果的には大きな要因になっている歴史を辿るならば、第二次大戦などで途切れさせては何の意味も持たない地域です。
しかし、今どき歴史研究して居る暇は無いし、IS等も歴史を全面に出してテロっている訳でもないのですから(「十字軍」なんて言って居ますけど)、そもそも論は別にして今現在の国際問題として考えて良いではないか、但し、基礎的立ち位置を全く無視も出来ない(なので日本は下手に触れられない部分がある)。と思います。

長い時間を掛けてようやく<白人は何をしても許される思想>で現在を生きられる国際社会では無くなっています。個々の内心の感情は個々人のモノとしても。
なので、連鎖を断つ事はなんとか可能になってきたのではないか?と考えます。
イスラムの人々がISを批難している事が既に「連鎖」とは別次元のテロ行為だと言えるのではないでしょうか。それでもそこに「宗教」を抜きには出来ないややこしさはありますが。

昨日の山口狂呪と云いこの報ステの常連達と云い、TBSの御贔屓筋も加えて、安保法制辺りから棚卸しに入った様な感じが致します。賞味期限の切れたモノは無情に廃棄されますし、およそ店頭に並べられるモノでは無い。
それでもしぶとく雇い主が未練に惹かれるならば客が離れるだけのこと。
棚から下ろされ無用の人となるか風通しされて甦るか、各人物の通用価値期限は如何に? と見物しようかな。
[ 2015/11/20 14:21 ] [ 編集 ]
発育不全でなければ解決策をどうぞ
>白人は何をしても許されるという思想こそ
洗脳された部分的発育不全そのものだろ!

ご高説ごもっとも。
では発育不全ではなさそうなおぬしに問う。
パリ同時テロで多くの人が亡くなっても
フランスなどの白人国家はISに報復するなと言うのかね?

それとテロを根絶するための解決策をぜひご教授願いたい。
ぱよちんブサヨ流の「話し合い」は答えとして安易すぎるからやめてね。


それにしてもフルタチの顔
見事なまでのぱよちんブサヨ面で嗤えました。醜悪の一言に尽きる!
[ 2015/11/20 15:43 ] [ 編集 ]
発育善良と思しき、通り道さま
>西欧の歴史を第二次世界大戦にさかのぼって学ぶ必要がある。

とのことでございますが、、愚生も是非、学びとうございます。
ところが、、悲しいかな親の因果が私めに祟りまして、アホでございまして、
やる気は充分にあれど解らんのでございますです。 
だって、アラビアのロレンスさまですら解決策が解らず、煩悶しつつ鉄の名馬
ブラフシュペリアと共に身罷られたと聞いとりますんでね。

そこで、ポイントとなる事柄を解り易く、ここのスレッドぐらい簡潔に解説して
くださいましな。 慎みまして拝読し、学びますんで、、、、、。
[ 2015/11/20 18:46 ] [ 編集 ]
左派は中東と欧米の複雑な関係をあまり深くは理解できていない
誤爆はあくまで誤爆であり、元々はテロ首謀者の殺害を目的とし、非戦闘民を対象として殺害を企てたものでは無い点で、一般市民も巻き込む暴力的政治達成手段であるテロと同一に語る古館らは、明らかにおかしな認識です。

次に、典型的な「イスラムのテロは先の戦争における欧米の行為に責任がある」という左派の主張について。

確かに、先の大戦における欧米の植民地支配や、湾岸戦争などの原因となった石油利権なども要因とはなっているのは事実だろうが、それだけがテロの原因ではない。また、テロ行為の全てが欧米に責任があるというのも違う。

元々イスラムとキリスト教は、歴史的に様々な対立、迫害、虐殺などがあり、更に互いに原理主義的宗教観を持ち合わせている為か、元々相容れない仲であろうと思われる。

更に言えば、イスラム教は他宗教に比べて非常に厳格な戒律が存在する事も有名で、様々なタブーが存在し、改宗者は死刑に処せられるほど厳しいものです。

その上、原理主義的宗教観を持っているので、他宗教に対してきわめて否定的な考えを持つ者も多いのが特徴です。

もちろん、イスラム教徒の中にも穏健な人はいますが、アルカイダのように厳格かつイスラム教を世界で支配的な存在にしようと暴力を用いる事も厭わないテロ集団もいるので、テロ行為が全て欧米に責任があるという訳ではありません。原理主義者の場合は、共和政社会にも非常に否定的ですから。

したがって、イスラム教を理解するのは他宗教の者からすれば、非常に難しいものです。できる事ならば、あまり深くは関わらない方が良いでしょう。

しかしながら、欧米もあまり中東に深く関わるべきでは無いと思います。さらに過激なテロを誘発したり、もっと多くの難民や移民を生み出したりしかねないので。
[ 2015/11/20 20:17 ] [ 編集 ]
開戦・非対称の戦争
またぞろ、ISへの空爆はテロを拡大させるとか、判りきったことを。こちらが爆撃を重ねれば向こうもテロで反撃する、当たり前のことでしょう。オランドが言うように、これは戦争なのですから。ただし非対称の。
戦争が始まれば、フランス及び文明国側は、勝つしか、選択肢はありません。


アルカイダの地下鉄テロに遭遇し、片腕がもげた血みどろの姿で、地下鉄の階段を喘ぎながら上がってきた1人のロンドン市民が
「これでパラリンピックに出られる」と豪語していたことを思い出します。

WWⅠ、WWⅡ、IRAによる長きに渡るテロに耐えた英国の「強さ」を実感した一瞬でした。

このような時に、わあきゃー騒ぎ立て、国民の動揺を誘うこと自体が利敵行為になることを、戦いなれた国民はよく知っているのですよ。

今日もオープンカフェに屯するパリ市民に敬意を表しつつ。
[ 2015/11/20 23:15 ] [ 編集 ]
通り道様、僭越ながら
国家と個人の役割の違いが認識できないまま大人になっていることを「知能の部分的発育不全」と申し上げました。

そのような人に「幼稚なヒロイズム」が重なると、”聖戦”という名の下にテロリズムを是認する考えに傾倒していくのではないかと思っています。

それは
「正義感から出る”悪への怒り”が、まんまと暴力主義に利用されている」構図です。

共産党は、勢力拡大にこの構図を利用します。
悪徳宗教家もこの構図を利用します。

もしもの話で恐縮ですが、
コメントが以下のような語順で語られていたとしたら、利用する側のものとの警戒を呼ぶかもしれないと思いました。

--------------------
白人は何をしても許されるという思想こそ
洗脳された部分的発育不全そのものだろ!

領土がほしいからって人のものを取りに行くと怨念しか残らない。

連鎖だよ!
いつまでも終わらない

IS台頭の直近の責任はアメリカにあり。
なぜ今の中東でテロ組織が台頭してきたか
は、西欧の責任でもある。

中東の歴史
西欧の歴史を第二次世界大戦にさかのぼって学ぶ必要がある。

今だけを見ていても何も解決しない。

----------------

語順を逆にして読むと、結構緊迫感のあるコメントになってしまいますが、通り道様の意図が決してそのようなものではなかったと、私は思いたいです。
[ 2015/11/21 12:38 ] [ 編集 ]
さすがテロ朝と呼ばれてるだけあります


テロリストの味方なんですね
[ 2015/11/21 13:45 ] [ 編集 ]
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【韓国人になりすまして安倍総理を叩きましょう】

助けてください!!! このままでは、『TPP』も『移民受け入れ』も『道州制』も『国家戦略特区』も『消費税増税』も『マイナンバー』も『日本人大量処分』も実現しなくなってしまいます!!! 今から説明する【1】【2】【3】【4】の内いずれか一つでもいいので実行してください!!! 【1】『安倍総理は在日特権を無くそうとしている!』『安倍総理は韓国人の入国を厳しく制限しようとしている!』のような内容の情報を流し、安倍総理が韓国人を敵視している人物であるかのように情報操作する 【2】『国家戦略特区は我々韓国人に対する差別を助長する政策だ!』『マイナンバーは我々韓国人を迫害するための政策だ!』のような内容の批判をおこない、安倍総理の政策に反対しているのが韓国人であるかのように情報操作する 【3】『オラ~!』『ボケ!』『クソが!』『くたばれ!』のような粗暴な口調で安倍総理を叩いて『安倍総理を批判してる奴=気違い』という印象を作る 【4】『宇宙人』『神』などの言葉を用いて安倍総理を批判し、反安倍派の主張の信憑性を損なわせる
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
[ 2015/11/21 14:13 ] [ 編集 ]
じゃああんた達は?
朝日新聞の慰安婦問題捏造(誤報ではない!)はテロと同じですよね。気持ち悪い古舘さん!
[ 2015/11/21 14:29 ] [ 編集 ]
「テロ朝の民主主義」は、韓国式テロリズムです。
「テロ朝の民主主義」は、韓国式テロリズムです。

例えば、

≪保存版≫ ■川野純治=通名使用帰化在日韓国人工作員。皇太子時代の今上天皇陛下へ韓国式火炎瓶を投げ付けたテロリスト。■照屋寛徳(社民党)=通名使用帰化在日韓国人工作員。沖縄県限定弁護士。大麻で逮捕歴あり。沖縄県の独立及び独立沖縄県の韓国への併合又は共産シナへの併合を主張。

*****
sakuhana 女史 ツィート 平成25年4月11日 [加筆済み]
■川野純治=通名使用帰化在日韓国人工作員。皇太子時代の今上天皇陛下へ、菅直人[韓サンチェ]、千葉景子[韓国人名不明]ら通名使用の帰化及び未帰化の在日韓国人たちが日本国へ持ち込んだ韓国式火炎瓶を投げ付けたテロリスト。
■照屋寛徳(社民党)=通名使用帰化在日韓国人工作員。沖縄県限定弁護士。大麻で逮捕歴あり。沖縄県の独立及び独立沖縄県の韓国への併合又は共産シナへの併合を主張。
*****

-----
平塚パラヤン女
[ 2015/11/21 17:58 ] [ 編集 ]
ISは一人残らず殺すべし
同じはずがないですね。

方や、パリのテロの場合は、自分が危険な場所にいることを予期できない。方や、自分が誤爆の巻き添えになるかもしれないことを予期できる。だから大量のシリア難民がでているわけで、むしろ、爆弾が落ち、銃弾が飛び交うような戦場に留まっている方が悪い。

ISは匪賊ですから、「討伐」しなくてはなりません。御用金の輸送隊や代官所を襲う国定忠治一家を幕府が放置できないのと同じで、いくら芝居仕立てで脚色しても匪賊は匪賊。壊滅させなければならないが、生き残りからまた狂信的リーダーが出てくる可能性があるから、一人残らず皆殺しにする必要がある。安っぽいヒューマニズムが入り込む余地はありません。
[ 2015/11/21 21:26 ] [ 編集 ]
人の振り見て我が振り直せ
この問題の根本はシリア人などが自分の国を自分たちで守れなかった事にあるのであって、他国に移動して偉そうに人権云々を言っているずうずうしさはいただけません。

それは同時に日本人が今後この日本国を守れるとという日本人にも同時に突きつけられているテーゼです。

中国に国を取られ、日本がチベット化しないように、
さよくと戦わなければいけません。
[ 2015/11/21 21:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: