私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「共謀罪」に脊髄反射する人々が煽る社会不安

「共謀罪」に脊髄反射する人々が煽る社会不安

← 応援クリック、ありがとうございます。

 フランスがISILの拠点と言われるシリアのラッカに猛烈な爆撃を加え、両者は全面戦争に突入した感がある。自国民を殺害されたら報復するというのは、怒りはもちろんのこと、二度と手を出すなという意思表示としてまったく正当なものだ。

 テロについては、未然に防げるものなら防ぎたい。しかし、テロは起こる。旧来の国家対国家という戦争の枠組みはもはや意味がなく、テロ実行犯は国家ではない組織だから、話し合いなどできる状況はない。テロに対抗するには方法はふたつしかなく、ひとつが予防、もうひとつがテロ組織の殲滅である。日本にとって、テロの脅威は、欧州や米国と比較すると、まだそれほどのものではないが、伊勢志摩サミット、2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京五輪というビッグイベントを控えた国としては、テロは起こらぬという希望的観測に頼っている状況にない。

テロ対策に「共謀罪」創設検討 自民幹事長が言及 (朝日新聞)

 自民党の谷垣禎一幹事長は17日、パリの同時多発テロ事件を受けて、テロ撲滅のための資金源遮断などの対策として組織的犯罪処罰法の改正を検討する必要があるとの認識を示した。改正案には、重大な犯罪の謀議に加わっただけで処罰対象となる「共謀罪」の創設を含める見通しだ。

谷垣幹事長


 この日の党役員連絡会で、高村正彦副総裁が「資金源対策を含む国際条約ができているのに、日本は国内法が整備されていないために批准できていない。しっかりやっていかなければいけない」と指摘。谷垣氏も会議後の記者会見で「来年の伊勢志摩サミットでテロ対策に向けて、いろいろ考えなければならない」と述べた。

 2000年に国連で国際組織犯罪防止条約が採択された。日本政府は03年から共謀罪を創設するため、組織的犯罪処罰法の改正など関連法案を国会に出してきたが、世論や野党の反発で計3回廃案になっている。


 スパイ防止法がない我が国は、スパイ天国だと言われている。諜報活動に対する処罰がないのだから、その活動に対する抑止力がまったくないに等しく、公安当局も情報はつかんでいたとしても、スパイ活動でしょっ引くという行為は許されていない。同様に、北朝鮮の拉致犯罪という、国家主権を侵害される事件が発生しても、憲法や関連法が許さないため、被害者を奪還しにいくことが許されていない。スパイにしても拉致にしても、失われた情報は戻ってこず、拉致された家族は「交渉」によって取り返すしかないということになる。すべてとは言わないまでも、法整備を怠ってきたことにより、被害者は泣き寝入りせざるを得ないのだ。

 自民党で共謀罪の話が持ち上がっただけで、「戦前の日本が・・・」などと、社会不安を煽る輩が存在する。山本太郎は「どんな言い掛かりでもOKになるね」とツイートし、福島瑞穂は「一切何も行動していなくて、予備罪でもなく、共謀だけで、処罰するなんて大問題。話しただけで、処罰である」と、早くもネガキャンを張る勢いだ。ロジックとしては、特定秘密保護法のときに、「居酒屋で秘密を話しただけで逮捕される」という、何の根拠もない現実離れとさほど変わりないのだが、こういう人たちはまじめな顔をし、かつ地位を利用し、プロパガンダを散布していくからたちが悪い。

 国家というものは、一個人の権利を大切にしながらも、国家全体の保安を優先するものだ。個人の権利を偏重しすぎたことで、今回のフランスの事例のように不特定多数の命が失われては、元も子もないのだ。要するに、「共謀しなければよい」だけの話であって、テロ等に加担しなければ、何の罪に問われることもない。山本太郎や福島瑞穂の説は、ほぼデマといっていいレベルの比喩である。彼らは話し合いでテロを未然に防げるとでも思っているのだろうか。

 犯罪抑止のための共謀罪は必要だ。デマで社会不安を煽ろうとする輩は、自分たちがテロに加担していることを自覚すべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/11/18 07:15 ] 政治 | TB(0) | CM(16)
ぱよちんブサヨの反対理由
ぱよちんブサヨのクズどもが「共謀罪」に猛反対する理由の一つは
自らと自らの支援者が共謀罪に当たる行為をいつもしているからだろう。
つまり政権転覆のためのテロ計画を常に準備しているからにほかならない。

みずぽやゴキブリ太郎は自分らが公安の監視対象にあることを自覚している。
ぱよちんブサヨの過激派がコイツらを支持しているからだ。
過激派が事を起こせば、自分らに「共謀罪」が適用されることが目に見えている。
だから、どんな手を使ってでも成立を絶対に阻止しなければならない。
アカヒや毎日変態も同様。過激派とのコネクションをあからさまにされれば
ダメージは計り知れない。
しかし、安保のようなデモは恐らくできないだろう。
参加者はデモで過激派とのつながりを自発的にアピールしてしまうことになるからね。
[ 2015/11/18 10:50 ] [ 編集 ]
またひとつ、リベラル勢力の格好のネタが
ネットではブログでもSNSでも「フランスの同時多発テロに便乗したアベ政権の動きを許さない」とばかりに批判的な記事やつぶやきが増えてきました。日本ブログ村の「政治・社会問題」のジャンルで「私的憂国の書」さんを大きく引き離してのトップに君臨するブログもこのネタをあげておられます。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/3efa38e04869eb2da5e7d6bf5b3e9f77

リベラル勢力にとっては何としても潰したい法案。これまで何度も国会で議論されてきましたが、野党の反対で成立しませんでした。彼ら彼女から見れば「共謀罪」の創設は「ゾンビ法案」ということになるのでしょうね。
[ 2015/11/18 11:05 ] [ 編集 ]
我が国の民主主義はどこまで許されるのか?
左翼、反日勢力は政治活動、言論の自由を担保されている中で『国家転覆』を明らかに画策している。
日本を取り巻く現状から大きくかけ離れた偏向、捏造報道を繰り返すメディアの体質が近年、益々その度合いを強めている気配がする。
フランスも度重なるテロの現状を踏まえ移民政策の偏向を余儀なくされた。日本国内には既に戦後70年間、半島からの密入国、ビザの緩和により相当数の実質移民が多数存在している。
政府と国民はこの現状を踏まえ、国家転覆を図る勢力への強固な対応が必要な時期にきている事を自覚すべきだ。
公共の電波を利用して明らかに『報道テロ』を繰り返す『テロ報道機関』の存在は危険である。https://www.youtube.com/watch?v=OSsZXj1tD2E
[ 2015/11/18 11:17 ] [ 編集 ]
韓国人、共産シナ朝鮮族、共産シナ人を日本国へ一切受け入れないように移民規制して欲しいです。
韓国人、共産シナ朝鮮族、共産シナ人を日本国へ一切受け入れないように移民規制して欲しいです。

平成27年11月17日

桜井誠 ‏@Doronpa01 19時間19時間前

仏国で反政府的な国内モスクの閉鎖、危険人物から仏国籍剥奪など法改正案など事実上の難民規制が始まりました。また米国やカナダでは元首の難民受け入れに各州知事が反発し撤回を求める書簡を送っています。国内テロリストの皆さんこれが世界の現実です。安易な同情論で人を救えるほど世の中甘くない。
[ 2015/11/18 11:25 ] [ 編集 ]
どんな法律でも悪用する人がいるのでなんとも
[ 2015/11/18 14:04 ] [ 編集 ]
共謀罪と共同謀議罪
この二つは同じものだと理解しています。 
違法行為に関われば実行しなくとも、罪を問われるのは当然のことでしょう。
私めの拙い記憶ですが、東京裁判の被告らは「共同謀議」の罪でも起訴され、
多くの者が有罪となったのではないのでしょうか。

と、いうことは、、、
福島らの低能が金科玉条と押戴く平和憲法とやらは、この「共同謀議」を礎石
として成立していることになり、「共同謀議」は平和と人権を守るリッパな社会を
営む上で必要不可欠なモノとなります。
まぁ、、、売国奴に何を言おうと詮無きことになりますが。 

共謀罪は今の内閣で成立させて欲しいものです。 
機密保護法、集団自衛権は成立し、なお、直後の政権支持率は上昇しました。
民主愚政権の試練を耐えた民意は共謀罪にも肯定的なのではないでょうか。
過去、数度にわたって否決された、この法案を上程してみれば今後の日本の
方向を見極める試金石となるのではないでしょうか。
官邸に「はよ、上程せい、はよ~、」とメールしておきました。
[ 2015/11/18 18:10 ] [ 編集 ]
日本の安全保障の充実を妨害したい方々
「共謀罪」も国民の生命と財産を守る安全保障の範疇に入るものですが、さよくはこれを「国家権力」と結びつける性向があります。
先の「安全保障関連法案」を総出動で反対運動を繰り広げたのは記憶に新しいところです。

つまり、国民の安全というものを第一にそこから思考するのではなく、「国家とは悪である」、「国家権力は悪である」、「軍は悪いことをする」などという反日が第一に有り、そこからさよくは思考します。
不思議な事に日本のさよくは他国の脅威よりも日本国を脅威と見ている倒錯が特徴です。

そしてフランスはテロに対して反撃をし、フランス国民はテロに屈しないとして街に出ています。
そんな悲しみのフランスに対して、日本の専門家と言われる者やメディアの者たちが何を言っているかといえば「ISと会話をすべきだ」、「移民、難民を疎外してはいけない」等の被害国の人が言うならまだしも無責任に人道主義を語っています。
浜矩子を抱える同志社大学の内藤正典がメディアで語っています。

言論の自由や民主主義国としての行動の自由は尊重されるべきではあっても、日本国民全体に関わる安全保障を充実させる事を妨害することが隅に押しやられる事は明らかに間違いです。
バランスというものは必要でしょう。

そして、今後も日本の偏向メディアは様々日本の安全保障を充実させることに阻む事を中心に置いて報道をします。



[ 2015/11/18 18:25 ] [ 編集 ]
戦前の日本人も、こんな気持ちだったか
自分が今、もしもパリ市民だったら、と想像してみたら、戦前、通州事件や済南事件を知った時の日本人の気持ちがわかるような気持ちになりました。

きっと、こんな感じのテロ行為と受け止めたのでしょう。ソフト・ターゲットをやりやがった、と。で、暴支膺懲の声が湧きあがった。

ISは山賊・匪賊の類だから、余すところなく、一人残らず殺すしかないと思います。
[ 2015/11/18 19:05 ] [ 編集 ]
「常に加害者目線」の「マスゴミ」
いつもの事乍ら、こやつらめには心底ウンザリする。
いつも必ず、被害者を踏みにじる「加害者目線」「犯罪者目線」「テロリスト目線」「敵性外国人目線」「侵略者目線」でしかものを言わないからだ。絶対に「その土地に代々住み続けている無辜の民」の側からの発言をしない。
紛う事無き『敵』だ。
一刻も早く本物の『スパイ防止法』の制定を強く望む。
※ これで困るのは、我々の生命財産を奪う恐ろしい『敵』である「なりすまし敵性外国人テロリスト&スパイ」「なりすまし侵略者テロリスト&スパイ」どもだけだ。『背乗り』対策として「遺伝子検査」をお願いしますね!
「なりすましでない本物の日本人を守ってくれるもの」は大歓迎だお♫
[ 2015/11/18 19:38 ] [ 編集 ]
親しむ国を参考に
福島みずほ等の国内の反日勢は、自らが日本よりも格段に親しみを持つらしい中共、南鮮のその分野の法律を参考にしたら良い。随分学べるのではないかしら?

自国民の生命を護る為の法整備を躊躇う国家や国会議員があるならば、それは利敵行為でしかないでしょう。そんな日本であってはならないと考えます。
法整備をしっかり執って、自国民の奪還を速やかに出来る普通の国になるべきです。

上記の方、済南、通州事件の惨さは今回のパリテロと同レベルで語られる事ではない、と私は思います。
当時の日本政府や軍がそのあまりの惨さに国民に検体写真を隠した程のものであり、それを戦後になって戦勝国が「731部隊の証拠」だとか「南京虐殺の証拠写真」とした、日本叩きの為の「証拠」にしてきた事も考えざるを得ませんので、他国人ならばともかく、日本人の我々が同列に並べる事には拒否したく存じます。フイに無惨に殺された事には違いは無いのですが。
[ 2015/11/18 19:52 ] [ 編集 ]
裁くなかれ。
末田様の仰せの通り、東京裁判は満州事変以来の日本帝国の行動を共謀罪的な概念で(無理やり)裁いたものです。日本にはナチス党のような司令塔はありませんでしたので、満州事変以来といっても、政府の閣僚も変われば、軍部の高官、幕僚も入れ替わっており、実態的には責任の取らせようがない。そこで日本の政府と軍部には一貫した侵略の意図があり、共同謀議していたのだと無理やりにこじつけたのですな。

もちろん、満州事変の首謀者たる板垣征四郎や石原莞爾、シナ事変時の当事者から対米戦時の総理・東条英機までもが一同に会して「共同謀議」をしていたという事実は金輪際ありませんが。(笑)

そのような意味で「共謀罪」という英米法的な刑法の概念は、日本人にはもともとは印象が悪い存在なのです。

確かに東京裁判(史観)を信奉する人々が共謀罪に反対するのは、おかしいですよね。

だから、聖書には裁くなかれ、自らがその秤で裁かれないためである、と書いてあるのですよ。

日本の変態左翼リベラルには、本当に何を言っても始まりませんが。
[ 2015/11/18 20:10 ] [ 編集 ]
レッドバロン閣下 ご教示ありがとうございます
>「共謀罪」 ・・・ 日本人にはもともとは印象が悪い存在なのです

困りました。 国民に「印象が悪い」となれば上程しても否決される可能性が高い
ということですよねぇ・・谷垣さんも「組織犯罪処罰法」とだけ述べ【共謀罪】
なんて印象が悪い語句を言わなければよいのに・・・ いまさら、、遅いか!

来年の参院選で順当に勝てば、その勢いで一気呵成に可決してしまう望みも
ありますから、今のうちから語句に気を付け、国民が拒否反応を起こさぬよう、
あたかも、米国の陪審員を説得するつもりで国民を啓蒙してくださいと、
官邸にメールを送りなおします。
[ 2015/11/18 22:37 ] [ 編集 ]
私も、内容的にしっかりした共謀罪の早期成立を強く支持します。
私も、内容的にしっかりした共謀罪の早期成立を強く支持します。

なぜならば、共謀罪は、日本国家だけでなく日本人中小企業、日本人女子なども、帰化未帰化在日韓国人・共産シナ朝鮮族・共産シナ人から守ってくれるからです。
[ 2015/11/19 14:54 ] [ 編集 ]
共謀罪に反対する理由が分からない
山本テロウが「どんな言い掛かりでもOKになるね」だとか、福島ミズポが「一切何も行動していなくて、予備罪でもなく、共謀だけで、処罰するなんて大問題。話しただけで、処罰である」などと、必死にデマを飛ばしているが、彼らは三権分立自体を忘れている。

独裁でもない限り、「司法判断」というものがあるわけで、確かな証拠が無ければ逮捕、処罰はできない。

問題なのは、共謀罪そのものではなく、冤罪が問題なのだ。この事をはき違えないで欲しいと思う。

そもそも、共謀の対象になり得るのは、「テロ、人身売買、武器・麻薬等の密輸、密航、諜報活動(スパイ行為)、組織犯罪」等の重大犯罪や国際犯罪だけだ。

共謀罪の対象になり得る事件とは、起こってからでは大惨事になりかねないようなものばかりなので、こういった事件で未然に防げるものは、防がなければならない。

これらの事件に一般人が関わるようなことは、まず無いはずなので、共謀罪に反対するのは余程黒い事を行っているような連中だと考えていいだろう。

日本はあまりにも危機意識が欠如しているために、こういった事件の起きる可能性に鈍感過ぎる部分がある。

スパイ防止法も含めて早急に制定しなければならない法律だ。反対する理由が分からない。
[ 2015/11/19 20:26 ] [ 編集 ]
「共謀罪」でも特別には、問題なさそう
共謀罪と聞いて、東京裁判のことを思い出す博学な日本人がどれだけいることか…

ほとんどの日本人は、「共謀=悪だくみの協力」だと思うのでは?
悪いこと⇒処罰せねば、という印象を持つから、特別には、問題ないのでは?
[ 2015/11/20 02:36 ] [ 編集 ]
今回こそ成立すべし!・・・共謀罪が日本で成立していない理由
共謀罪は、日本を除く全ての先進国を含む185の国と地域で締結されています。
日本では過去3回も国会に提出されながら 全て(共産党・社民党・旧民主党)が反対し、成立を阻んできました。
それは、彼等が言論の自由を過度に拡大解釈し、既得のものとしてきたことにあります。 つまり、共謀罪を我が身に適用されるのを恐れてのことであることは明白です。

共産党と繋がる反天連(反天皇制運動連絡会)は、日の丸に✖印を書いて 天皇無くせ! とデモ行進し、日本を 天皇を 否定し貶める言動を毎年のように繰り返しています。
 
民主党は実態を誤魔化すために党名を(民進党)と変えました。
(民進党 結党大会)では、会場の正面には巨大な(民進党)の文字を張り、ステージには アリバイ程度の日章旗を立てかけていました。 国歌である君が代は斉唱どころか 曲さえも流さずに、党員の挨拶・演説では 殆どの党員が国旗である日の丸に(礼)もせず、素通りし無視し続けました。 
★国民はネットで この事実を確認して欲しい。・・・民進党の本性を知ることができます。
社民党 や 生活の党 といった小政党も同様です。

※ いつまでも(永遠) 好き放題に 反日活動 反天皇運動 をできる国にしておきたい・・・というのが権利を過度に拡大解釈してきた左派野党の本音です。 弁護士会もそれを ひた隠し、反対に回っているのです。
●日弁連に異を唱える弁護士を許さない組織・・・まさに日弁連は ファッショ(独裁主義)であることがわかります。 (中国共産党 と そっくり) ではありませんか。
[ 2016/08/26 17:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: