私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  米軍、スプラトリー「人工島」12カイリ内を航行 ~ しかし、根本的脅威は去っていない

米軍、スプラトリー「人工島」12カイリ内を航行 ~ しかし、根本的脅威は去っていない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 米海軍イージス駆逐艦「ラッセン」が、日本時間の27日午前に、南シナ海のスプラトリー諸島で中国が建設している人工島の12カイリ内に派遣された。「航行の自由作戦」と名付けられたこのオペレーションは予定通りに終了。人民日報系の環球時報は社説で、「中国は海空軍の準備を整え、米軍の挑発の程度に応じて必ず報復する」と宣言していたが、外務省から「中国の関係部門が法に基づき、米艦を監視し、追尾し、警告した」と談話を発表するので手一杯。米国のオペレーションに対し、事実上、国際社会にアピールできる対抗措置は何も取れなかった。

米海軍イージス駆逐艦「ラッセン」
米海軍イージス駆逐艦「ラッセン」


 「中国の核心的利益である地域に(米軍が)入った場合は、人民解放軍が必ず出撃する」とは同じ環球時報の社説だが、支那外務省の談話で言及したのは関係部門。中共当局はその部門や派遣された艦船の種類を明らかにしていないが、この岩礁とそれを取り巻く米中の行動が国際社会の耳目を集めることを嫌い、詳細な言及を避けたのかもしれない。もしくは、大した艦船を派遣できなかったのか。いずれにせよ、米国の作戦行動に対し、支那がほぼ無抵抗に近かったということだろう。

 時事通信は「米軍は引き続き派遣を繰り返す構えとみられ、南シナ海を舞台にした米中関係緊迫化は必至」と解説しているが、米国のこの手の作戦が単発であれば、支那の脅威とはならないだろう。この米国の作成行動が示す現実は、そうそう甘くない。

 現実のひとつは、東南アジアの公海における支那の領土・領海主張(主権の主張)や勝手な開発に対し、事実上、対抗措置をとれるのが米国一国であるということだ。端的に言えば、米国のプレゼンスと具体的行動がなければ、支那がこの岩礁の開発を思いとどまることはない。日本では法制度が足かせとなり、ベトナムやフィリピンの海軍力は、支那のそれに対し、圧倒的に劣る。従って、米国の継続的な展開は日本や周辺国にとって必要条件であり、外交力や財政負担を以って米軍を支援しなければならないということになる。

 もうひとつの現実は、仮に米国がこの手の作戦を継続したとしても、支那がこの岩礁基地を放棄しない限り、脅威は去らないということだ。米国は確かに作戦を展開した。しかし支那にとっては、岩礁での居座りという最後の一線を死守すれば、力による現状変更によって領土領海はモノにできるという既成事実は残るのだ。そういった点において、支那はまだ何も失っていない。

 支那の王毅外相は、「われわれは米国に対し再考を促し、やみくもに行動したり、何もないところから問題を起こさないよう求める」と発言した。「やみくもに行動するな」とは、「武力的行動を取るな」ということだろう。はっきり言って、現時点で支那は米国の敵ではない。だが、米国はもはや代理戦争を戦うほどの余裕はないし、そもそも米国世論が付いてこないだろう。軍事衝突にでも発展すれば、米中お互いにメリットはない。

 米国の行動は、遅きに失したとはいえ、評価すべきである。ただし、このオペレーションを継続的に実行したところで、当該海域における根本的脅威の除去にはならない。私は「支那の人工島からの立ち退き」を実現する策をもっているわけではないが、少なくともあの人工島を無力化する術について、米国、日本と周辺国は知恵を絞るべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/10/28 07:16 ] 外交 | TB(0) | CM(15)
中韓はアジア危機の火元です。
マケインも「遅きに失した」と強く評論していますが全く同感です。
シリアも早く対応していれば、ISもここまで増大することはなかったのではないかと思います。残念ながら、シリアへの無策は続いています。
まだまだオバマの優柔不断は続くのでしょう。

アメリカが民主党政権の時、中国、ロシアは必ず攻勢を仕掛けてきます。
国内外世論でオバマを後押ししなくてはならないということでしょう。

韓国は、相変わらず日和見を決め込んでいます。この国は日米の敵と明確に位置づけたほうがよいと思います。韓国の「曖昧さ」を許すことは、中国の増長を許すことにもなっています。

それにしても、相変わらずマスコミは「南沙諸島」と言ってますが、この表現はやめて、スプラトリー諸島と言うべきです。

「南シナ海」という表現も不快過ぎます。
西フィリピン海、東ベトナム海、北インドネシア海と呼びたい程です。

どう猛な中国、その腰巾着の狡い韓国。
日本に平和ボケしている暇などありません。

蛇足ながら、そのような緊迫した情勢の中、「野党第1党」の代表は、記者会見で「次期参院選は、SEALDsと連携を図りたい」などと発言。
“病膏肓に入る”状態。もう医療対応のレベルのようです。


[ 2015/10/28 07:55 ] [ 編集 ]
【H27/10/28】青山繁晴 インサイトコラム


『ニュース新発見 インサイト(http://blog.rkbr.jp/insight/)』


http://www.nicovideo.jp/watch/sm27464821


[ 2015/10/28 08:43 ] [ 編集 ]
いえいえ
中国よりも獰猛なのは米国ですし、腰巾着なのは日本も同類ですし。
他人のふり見て我がふり直しましょう。

ジャイアン同士のプロレスですから、しずかちゃんはドキドキハラハラと楽しく観戦していればいいんです。
[ 2015/10/28 11:11 ] [ 編集 ]
支那にとっては想定内
「ハイ、一応やっときました」。
オバカ大統領の「航行の自由作戦」なんか
支那にとっちゃ想定内の行動に過ぎない。
米にちょっかい出すなと被害者面を押し通すだろう。

本気ならもう少しアタマ使えよ、オバカ君。
振動発生装置を取り付けた爆発しない魚雷を
支那が埋め立てた砂地の海底に何本も撃ち込み、
振動を大量に発生させろ。
さすれば砂地は液状化し、岩礁上の滑走路や施設は水浸しで使用不可。
振動魚雷は砂に埋もれるから発見されにくいだろう。
米海軍の技術ならこんなの朝飯前のはず。
 
[ 2015/10/28 12:08 ] [ 編集 ]
米中衝突
南シナ海、スプラトリーの中国軍埋め立て基地問題で米中で小規模な衝突が起こったら、どの国が米国に付き、どの国が中国に付き、どの国が態度を明確にしないのか?

アジア諸国でいえば、日本、ベトナム、フィリピン、マレーシア、インド、インドネシア、シンガポール、スリランカは米国支持でしょう。

あとミャンマー、タイ、インドネシアは米国支持か中立、カンボジア、、ラオスは中立でしょう。
中央アジア諸国は中国寄り中立というところでしょうか、そしてロシア、北朝鮮も口では米国を非難するかもしれないが基本中立かと思われます。
及びヨーロッパ主要諸国は米国支持気味の中立ではないでしょうか。

と成ると、中国を積極的に支持する国はアフリカの何処かにあるかもしれませんが、大よそ孤立した状況と成るのではないでしょうか。

そして今後の可能性として米軍艦による継続的12海里内航行、それに対しての中国の非難というものですが、ここで注意すべきは中国は百年単位の長期戦を思考しているというものです。
何処か抜けた所もありますが、コアな部分案外長期的戦略を実行しているというのが歴史ではないかと思います。
それは毛沢東の原爆開発。チベット、南モンゴル、東トルキスタンなどの併合。経済発展。海洋進出と見てくればこの岩礁埋め立て基地の放棄は一番死守したいものとなるでしょう。

東シナ海の日中中間線で日本のメディアが伝えないのも問題ですが、知らない間に軍事的にも使えるプラットホームを増設していた中国です。

このスプラトリーの埋め立て軍事基地にしても批判を受ければ工事中断、そして少しホトボリが醒めればまた建設などと中国らしいやり口で基地完成を狙うのではないかと思います。

今後のシナリオでは中国政府の指示に反した人民解放軍の独断的動きであるとか、ミスでの軍事衝突ですが。
この地域での中国の横暴が明白に世界中に認識される為にも、日本国内の護憲派のデマゴーグは有るでしょうが、米中の局地衝突が望まれます。

http://www.sankei.com/world/news/151027/wor1510270070-n1.html

[ 2015/10/28 12:52 ] [ 編集 ]
日本にもいろんな方がおられますが・・
>ジャイアン同士のプロレス…(コメ欄)

だと思えるのは、パククネの両天秤外交とそれを容認している韓国国民など、近代国家的価値観などどうでもいい、いかにも朝鮮人的な思考ですね。

やはりアジアで深刻な侵略行為と国内外で非道な人権侵害行為を繰り返している中共の、日本にとっての存在価値はアメリカとはまったく異なりますし、プロレスだから放置しとけ、は、あり得ないと思います。

基本的に外交は現実主義な国益追求行為です。南沙諸島周辺は海上の要所でもあり、これを中国にやりたい放題に侵略させることは、安保・経済ともに日本の国益が損なわれます。

とりあえず日本は、特ア以外の同じ認識を持つアジア諸国と一緒に、今回のアメリカの行動を強く支持するとの明確な立場表明をしたようですし、それが中共に対する牽制として非常に有効かつ重要だと感じました。
[ 2015/10/28 14:29 ] [ 編集 ]
即東シナ海問題
H・M様はお分りで敢えて書かれて居ると存じますが、南シナ海(South China Sea)と東シナ海(East China Sea)の名前は勝手に変えられません。(何処ゾの「東海」主張に倣ってはいけません)
ベトナム、ラオス、タイ他の在る地域はインドシナ(Indo China)半島と云うのですから、シナ=中共と解する必要はないのでは?

地図を漫然と見ていましたら、東沙、西沙、中沙、南沙とあるのを今初めて知りました(呆)。
で、問題のこの辺は大東亜戦争中日本が占領していたのですね。西沙と南沙はサンフランシスコ講和で日本の権利放棄を表明したと。
(アジア地域なのに英語風に)スプラトリ諸島呼称が正しいのか(らしいですが)南沙と呼ぶのは特別に中共名なのか、よく分かりませんが、日本語で「なんさ」と言っている限りイイんじゃないの?と個人的には思います。チャイナ語は別でしょうから。
沙=砂ですから、日本訓の地名で感じるものがあって、私的には捨て難い呼称です。国際的にはスプラトリと言うしかないのかな。


米国がようやく腰をあげた様ではありますが、何処まで本気か?見定めは難しい気が致します。
オバマの任期に伴う選挙がありますから、米国民の動向次第ではないか、と。

日本の利害としては船舶の航行意外に、この地域の中共の「成功・不成功」は即東シナ海の「資源開発」基地に連動しますでしょうから、そのまま日本の問題なんですけど・・・こういうのも隔靴掻痒というのでしょうか。
[ 2015/10/28 14:32 ] [ 編集 ]
既成事実化には、既成事実化で・・・
米海軍様がシナの屁理屈など認めんと威風堂々、「領海侵犯」をされました。
今後、日本が根回しをしてアジア諸国と合同で「領海侵犯」を含んだ演習を
定期的にやればよいのではないでしょうか。

南沙の領有権を主張するのは、フィリピン、ベトナム、ブルネイ、マレーシア、
インドネシア。 これらの国とインド、豪州を加えて演習を続ければ支那が
主張する領海など戯言・妄言・狂言となると思えます。

支那はハリボテ的に烏合の兵を集めて大軍を成し、大言壮語で相手を威圧
しますが手強い相手だと、それが民兵であれ正規軍であれ戦闘を放棄し
「今回の懲罰はここまでにしておくアル」と矛を収めます。 その後は得意の
裏工作で相手の籠絡なのでしょう。 

余談ですが日清戦争で伊東祐亨長官の連合艦隊と戦ったのはシナの
北洋艦隊のみ。 南洋艦隊をそっくり温存したまま降伏しています。 

支那の戦争政略の単位は百年以上なのですから目先の勝敗には拘らず
「領海侵犯」演習が続く間は「確信的利益の死守アル」とシナ念仏の読経に
専心されているのではないでしょうか。

シナ軍人の勇み足や、政敵の基盤である軍を潰すために策略として、あえて
海自を攻撃させ紛争を起こすことも有り得るのでしょう。 日本にとっては、
そのほうが殊の解決が早いと思います。  シナ帝国様の御威光に楯突く、
フドドキな小日本を懲罰しようとすれば「中越戦争」を凌ぐ惨劇の再現と思え
不謹慎ながら、不肖・ネトウヨはワクテカしております。
[ 2015/10/28 20:33 ] [ 編集 ]
日本の商船隊
第二次大戦では開戦時600万トンあった商船隊は次々とアメリカの潜水艦に沈められ、終戦時に残ったのはわずか30万トン、95%が海の藻屑と消えました。大戦末期には南方の資源地帯からもはや一滴の石油も一片の鉄鉱石も入ってこなくなり、日本を降伏させるのには本土上陸も原爆もいらない、海上封鎖を続けるだけで手を上げると米海軍は見ていました。

艦隊決戦主義の帝国海軍にはもともとシーレーンを防衛するという発想がありませんでした。余りの損害にようやく海上護衛総司令部を作り、輸送船の護衛に乗り出したのが開戦から2年後の昭和18年末でした。おまけに護衛艦はボロ船ばかり、着手する時期があまりに遅く、編成も小さ過ぎて、何の役にも立ちませんでした。

現在、日本の商船隊は1億トン。実にそれだけの船舶がつねに活動して、日本の経済活動と繁栄を支えているのです。しかも輸入するエネルギーや原材料の大半は南シナ海を通っています。
南シナ海で何かあったら、国民生活が困窮する前に、まず金融市場において甚大な影響が出ると思います。

アメリカにとっては「航行の自由」という世界の海上保安官としての半ば抽象的な義務の履行の問題ですが、この海域は日本にとってこそ死活的な場所なのです。

誰ですが、他人事のようなことを言っているのは?
わが海洋民族の一員でないことは間違いないようで。
[ 2015/10/28 21:13 ] [ 編集 ]
アメリカ頑張れ

イラク戦争での汚名返上だ!

悪の枢軸中国を懲らしめろ!
[ 2015/10/28 21:15 ] [ 編集 ]
空もあった
滑走路工事をしていましたね。船舶の航行の上には飛行機が飛ぶ空もありました。
ところで、チャイナ大陸は大平洋には面した部分がないのですね。黄海と東シナ海と南シナ海だけ。なのに大平洋を制覇する気満々の欲深さ。少しは慎め!


バロン閣下 数日前のNHK「新・映像の正紀」(百年の悲劇はここから始まった)でリヒトホーフェン氏の勇姿を拝見致しました。白黒でしたが三葉と云うのでしょうか?三枚羽機だけを紅色に彩って、御最期には独英両軍の弔砲場面まで簡略に。実に凛々しいお顔でした。
[ 2015/10/29 00:43 ] [ 編集 ]
大陸国の発想
こはる様

海上の覇者としては中世・近世のヴェネチア、近代の英国、現代のアメリカと続きますが、いずれも海洋の点と線しか押さえないのですね。今のチャイナのように面で押さえ込むというような発想は海洋国家にはありません。

チャイナはアメリカに太平洋の分割を申し入れて断られましたが、海洋国家の発想なら航行の自由を守る役割をシナの海軍にも担わせてくれ、という申し入れになるのですが、シナの場合は(実際にそんなことが可能かどうかは別にして)
太平洋を領土のように力で包み込み、半分を我が物としたい我欲がありありと見えます。

「空」といえばシナは防空識別圏と領空の違いも判然としてない様子で、南シナ海に変な専管空域を設定されたらさらに危険なことになるでしょう。


映像の世紀(NHKテレビ)私も見ました。リヒトホーフェン男爵は本当にハンサムですね。ドイツの国民的アイドル?だっただけのことはあります。途中で引退を考えながら、地上で泥まみれになって戦う戦友たちのことを考えると戦闘機から降りられず、結局戦死してしまう彼の運命を見るのは辛かったです。

なお、二枚バネは複葉機、三枚バネは三葉機で正解です。
[ 2015/10/29 01:25 ] [ 編集 ]
やだ!正紀だって(泣)
いつもながらの粗忽で、当然「世紀」です。

バロン閣下  ご本家様wをご覧になられて良かったです。
WW2では敵の中に敬服する将兵が居ても、とてもあのような敬弔礼をしている間がなかったのか、殺伐だけですね。
一旦葬られた敵地から、後にお母様がご遺体(お骨)を迎えに行き帰国を果たしたエピソードが好きです。将兵各々墓地の特定が出来たという事でしょうから。
昭和様の訪欧時のお姿も拝されて、ジョージ五世の雰囲気も拝見出来たのは嬉しかったです。

[ 2015/10/29 02:26 ] [ 編集 ]
日本人が陥る危険なさよくの罠
いみじくもケント・ギルバート氏は日本という国の本質を的確に以下の中で述べています。
「日本人の誠実さや規律正しさ、他者への思いやりなどを世界標準を圧倒する高いレベルと評しながらも、その国民性が軍事を含む外交の分野では、最大の障害になる」

「ケント・ギルバート氏が最優秀賞 夕刊フジで好評連載中 アパ懸賞論文」

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20151022/dms1510221518016-n1.htm

http://ronbun.apa.co.jp/book_ronbun/vol8/vol8.pdf

まだ読んではいませんが推測で言えば、つまり「日本人は善性が高いだけに、同時に裏はらな事として護憲派が存在感を示し、安全保障が阻害される」とでも言い換えられるという事だと思います。

そこでこの10月28日のNHKの「クローズアップ現在」ですが映画監督の岡本喜八を扱っていました。
多数の戦争映画を「反戦映画」と古めかしく使っているのですが、この監督、作品に若者が興味を引かれているということです。

http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/index_yotei_3724.html

戦争は悲惨であり、残酷な無情なものでありますが、「反戦映画」の問題点はその戦争の悲惨さを描く事により『戦争忌避至上主義者』を生み出す事です。
戦争は限りなく避ける努力をすべきですが、しかしやむを得ず戦う必要が出る事もあるのです。

そこに「戦争絶対悪」という意識を若者に植え込むと『戦争忌避至上主義者』が生み出され、果ては「戦争回避のためなら領土など相手側にやればいい」であるとか、「戦争に成りそうだったら何処かに逃げる」と言い出す者が出てくる所にも繋がります。
それはまた極端な声でもあるでしょうが、少なくとも『戦争忌避至上主義者』ともなれば戦争回避の為には相手側の不法、不正義にも直ぐに「妥協」、「配慮」という姿勢で臨んでしまうでしょう。

この岡本監督を題材として護憲派の大林宣彦監督に語らせるという番組作りは可なり仕組まれたものという見方も出来なくはありません。

http://kenpo-9.net/

さよく拡散、再生産の下地作りはここに有ります。

この「反戦」から「護憲」への誘導は他の番組でもよく用いられる手法ですが、上記ケント・ギルバート氏指摘の日本人の特性がこれに取り込まれる遺伝子ともいえるものを持っているという事を若者も自覚し「反戦」を考えるべきでしょう。

そこでリアルタイムの重大な南シナ海でも問題ですが、そのような特性を持った日本人の、しかもまだ日本中がさよくに汚染されている現状で、やっと米国でさえ中国の正体が分かりだした所であり、その中国の本質が世界に広く知られていない現時点、日本の重要なシーレーンであるとはいえスプラトリーの米中のつばぜり合いに日本が早々に艦隊を参加させるなどいう事は戦略的に一考が必要だと思います。


[ 2015/10/29 12:08 ] [ 編集 ]
岡本喜八作品
今、館主の好みで昔の良作を上映する映画館の話を幾つか聞きます。
28日のクローズアップ現代でも、その中の岡本喜八映画を取り上げて居ましたので私も途中までは興味を持ちました。
岡本作品は戦争物だけではないし、戦争を取り上げても一面的な描き方ではなく、ご本人が仰る<「戦争は悲劇ではあるが喜劇でもある」人間のすることの面白さ>という一貫した姿勢が評価されている筈ですのに、番組はやっぱりNHKでした。

それでも鑑賞した若い方々もしっかり受け取って居たコメントがあって、前半ではNHKも変わったのか?と期待しながら視たのですが・・・たまりません。
主に取り上げて居たのが「独立愚連隊」でしたから、昔観た記憶からあの映画で反戦だけを強調するのは無理だと思いました。

岡本作品には筒井康隆原作の「ジャズ大名」や幕末の日米修好使節団に絡めた”サムライ・ウエスタン”「EAST MEETS WEST」の様な遊び心いっぱいの物もありますし、それは「独立愚連隊」でも発揮されていて娯楽映画の中で感じるものがあるとしても、あんなに一面的な結論では映画文化を廃れさせます。

巨匠の名の下に戦争映画は全て反戦を描いている、と信じて居るのか?そう誘導したいのか?
実際に映画を観た方々はあの番組で二度笑えるでしょう。
[ 2015/10/29 13:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: