私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  日本を敵国と捉える南朝鮮 ~ 渡航は自己責任で

日本を敵国と捉える南朝鮮 ~ 渡航は自己責任で

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先日、ネットで、南鮮のマッコリという酒の対日輸出量が激減しているというニュースが出ていた。テレビの報道のようだが、整形済みアナウンサーは「安倍政権による『嫌韓ブーム』に乗って日本への輸出は5分の1で暴落」と、輸出の激減を安倍総理に責任転嫁している。なんでもかんでも安倍総理のせいにするという、南鮮の悪しき習性だ。

 自慢じゃないが、私はこの「マッコリ」という酒を一度も飲んだことがないから、美味いのかまずいのか判断のしようがない。だが、人のせいにする前に、もう少し立体的な分析ができそうなものである。そもそも、日本の首相が国内における輸入酒の消費量まで抑えられるほどの力があるとしたら、日本の経済はもっと上手く回っているはずだ。

マッコリ


 さて、朝日新聞の報道によれば、朝鮮半島有事の際の在韓邦人の退避について、日本側から南鮮に協議を持ちかけてはいるものの、南鮮側が協議すら拒否しているそうである。北朝鮮がいつ暴発するかも分からぬ状況で、日本政府としてこの問題を研究し、必要な措置を南鮮に求めるのは当然のことだ。安保法制に魂を入れるには、机上の空論ではなく、事象の想定とそれに対する具体的な行動計画がなければならず、日本政府の動きは必要であり、また適切だ。

 日本で平和安全法制が可決する前から、青瓦台は「ウリの主権を侵害せず、透明性をもって履行せよ」とのコメントに終始していた。案の定、先月末にニューヨークで開かれた日韓外相会談でも、尹炳世はこのフレーズをオウム返しのようにリピートした。平和安全法制が成立すると、自衛隊が人殺し集団になるという思考停止を見せる日本の反安保勢力と同様に、南鮮は「日本の自衛隊」と聞いただけで脊髄反射し、思考停止を起こす。自衛隊の動を拘束するものが少しでも緩和されたら、自衛隊が朝鮮半島に攻めてくるという、まさに平面的な思考による火病だ。協議は必要だが、協議したところで進展は見込めないだろう。軍人同士は分かりあえる可能性がる。しかし、政治がその相互理解を遮断するのだ。

 「日本は何をしでかすか分からない」「再びウリの領土を占領するかもしれない」から、半島には近寄らせない」というなら、それは国連の敵国条項の日本、ドイツなどに対する態度と同じである。国連の敵国条項は、日本やドイツ等から何かしらの不穏な動きが検知されれば、安保理の許可なく粉砕できるというものだ。日本やドイツが悪質な遺伝を持つ国家として定義しているからこそいまだに消えない条項で、極めて不条理なレッテル貼りともいえる。南鮮の日本に対する態度はこれと同類であり、我が国に対する侮辱でもある。

 朝鮮半島有事の想定は、拉致被害者の救出の想定とも相通ずる。日本は、国家犯罪によって拉致された同胞を、「返せ」とは言うが、「連れ戻す」術を持たない。今回の平和安全法制は、拉致被害者救出に直接的に通ずるものではないかもしれないが、しかし、「実力行使による奪還」には僅かにでも前進した。仮に被害者救出に関する新法ができても、南鮮が日本に対する態度を変えなければ、その遂行をこの間接同盟国が阻むということになる。

 南鮮は根本的に、我が国を敵国と捉えているのである。不必要に煽るつもりはないが、我が国の安全保障を構築する前提にも、そういう発想は必要だろう。今後、ビジネスでも観光でも、南鮮に渡るのなら、有事の際は帰国できないという前提が必要だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/10/02 07:16 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
朝鮮人の根拠無き反日根性
日本人も朝鮮人の理不尽で非論理、倫理的な反日根性に益々反韓奸状を醸成していくので、喜ばしいです。南北朝鮮は日本が関与せずして崩壊して行くのを注視して行きましょう。アメリカ政府ももう朝鮮に対して態度を決めています。過去の日本の対朝鮮人対策を反省し、朝鮮人には「関わらず、助けず、教えず、無視して反論は千倍、千回、千年」を日本政府と国民の基本ポリシーとしましょう。早ければ10数年以内に崩壊に近い状態になります。日本は粛々として朝鮮人難民対策を立案、実施に向け注力しましょう。
[ 2015/10/02 12:07 ] [ 編集 ]
日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人たちの安保法制反対デモ隊 = 韓国式デマ隊
日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人たちの安保法制反対デモ隊 = 韓国式デマ隊
[ 2015/10/02 12:39 ] [ 編集 ]
だって南鮮ですもの
捏造レッテル貼ってでも日本を侮辱するのが南鮮の謂わば国是、と分って居て書いてしまうのねw その御心中よく分かります。
彼等は日本を完膚無きまでに貶めたい民族で、そうすることで自分達が国際的上位の立場を確保出来ると本能で信じて居る 様に思います。世界中捜してもそうは見られない、実に面白れ~種族なのだ。

先の中共軍事パレードで効き目があったのが対台湾、という遠藤誉氏のお説があります。
去年の地方総選挙で北京寄りの国民党が惨敗し、来年一月には総統選挙がある台湾。
「一つの中国」が大命題の中共にとっては、台湾で進みつつある台湾人意識の盛り上がりは「反国家的行動」で、武力攻撃も辞さないぞ、という威嚇の意味がある筈だ、と。
台湾有事には米国が動くであろうし日本も支援に回るであろう、と言う認識の下の新型ミサイル見せつけ行進でもある。という事です。

同時期に半島の有事も懸念される今、安倍総理が今国会で日本の防衛、戦争抑止に集中した意味の「現実性」を改めて実感致すところで御座います。足りない点の修正が急がれます。

半島のみならず、海外に出るときの国際情勢をしっかり見て行動するべきですね。
何でも国に頼って居ながら自国を大事に思わない日本人の癖は、一刻も早くGHQ占領以前のまともな日本国民意識に回帰するべきでしょう。
どこに居ても自分の身は自分で守る意識と、自国への真摯な観察眼を養い続けたいと思います。

昨夜の日本人スパイのニュースの、逮捕者の一人(中朝国境付近で逮捕の人)は元脱北者で南鮮経由で日本に渡り、現在は日本国籍を持つ人、という書き込みを見かけました。
[ 2015/10/02 13:11 ] [ 編集 ]
雑感ですが・・・。
心理学での帰属理論を思い出しました。
ご存知のように帰属理論は「結果」の「原因」をどこに求めるのかという理論ですが、自分(内部要因)に求めるか、他人や環境(外部要因)に求めるかによって、性格特性を推定しようとするものです。

相変わらず、いつものように強く外部要因に原因を求めています。
このタイプは、自分以外に原因を求める訳ですから、ストレスは溜まりにくいことでしょう。ただ、自分を振り返ることをしませんので、個人にあっては自己成長、国家にあっては進歩が困難だと思います。
そんなことを改めた感じた記事でした。

それにしても、K-POPはテレビなどではさっぱり放送されなくなりました。
それも安倍総理の策略なのでしょうか。日本の総理大臣は、そんな暇ではありますまいに。
私は、韓国のスター諸君などの顔の見分けがつきません。韓国医療工業規格で画一的に「施工」された顔はすべて同じに見えます。

言うことも同じ、顔も同じですか。いやはや・・・。
[ 2015/10/02 17:46 ] [ 編集 ]
敵国同士、いざ!
いつ見てもアッチの女子穴は安定的な整形ヅラですナ~、不気味悪いです(悪寒)

さて、南半島土人は我が国の領土を侵略・占拠しており、その時点から我が国にとっても奴らは敵国です。つまり互いに敵国です。

彼我の二国間関係を別の表現で表せば、『無益な国交は有るが(本来)戦争状態』に有ると言えるかと思います。日本国民にはこの『本来』を再認識して欲しいものです。
[ 2015/10/02 22:43 ] [ 編集 ]
隠れ敵国
基本的に、敵国とは交戦している相手で、仮想敵国とは交戦するかもしれない相手というもの、そこから実は中国も韓国もその仮想的国であると思えます。
米国にしても日本を含めてかなりの同盟国を仮想的としたシュミレーションぐらいはしているのではないでしょうか。

そこで政治を扱う日本政府としては建前として民主主義国、同盟国側という括りがある韓国を仮想敵国とは言い辛いと思います。
しかし実際は竹島を武力占拠中であり、また日本をカバーする射程を持つミサイルを持ち、中国に近づき、反日言動を繰り返す政府であったり、北朝鮮にシンパシーを持つ勢力が力を持っている国が自由主義陣営であるからという名目だけで仮想敵国でない筈はありません。
実際は仮想敵国と言ってもおかしくない韓国を都合上、日本側から見て『隠れ敵国』とでも言うのでしょうか。

そんな韓国のものを飲食をする、韓国に行かないという思考はまた別な事で、例えば韓国にも行けば仁川国際空港の行き来をする高速道路を走行するバスの運転が荒いとか、ホテルの質が悪いとか、アシアナ航空の機内地図に竹島を独島として入れているとか色々と実感出来ます。
尚、自己責任で健康に注意は必要ですが。

そこで現在日本で最も重大な問題点とは事実が事実として国民に届かないという事です。
それは情報伝達にフィルターが介在している事による情報の取捨、加工が特定のイデオロギーの下行われているからです。
そのフィルター、それを『偏向メディア』と言います。

かつて『韓流ブーム』、『パンダブーム』を盛り上げたメディア。
それぞれの特定国が行っている反日の数々を脇に置き、盛んに『親韓』、『親中』へと誘導が露骨に行われていました。

そんなメディアの誘導でしたが、流石に一般の日本国民もいつまでも全面的にそこまで特定偏向メディアの誘導には乗らず、嫌韓・嫌中などという言葉も自然に広がり、故に偏向メディアもこのところ「親韓、親中報道」を抑えて来たように思えます。

ですが、本質が『親韓・親中』なので機会を見てはいまだに「親韓、親中誘導報道」を差し挟んで来ます。

今であれば中国の『爆買い』など、さも「日本経済に貢献している中国は大事な国」という印象を与えるような報道がインタビューなどを加えて盛り沢山流されています。

この爆買いで中国観光客が来日する『国慶節』とは、今日日本に大きな脅威を与えている仮想敵国、中華人民共和国が毛沢東により成立宣言された、悪の帝国の成立を祝った日です。

そしてもう一つ、隠れ敵国、韓国ですが『安保関連法案』には渋々でしたが、韓国の軍事的危機に際し、仮に米国の補給などを日本が行うかどうかという時には是非国をあげて日本の助けはいらないと日本への難民を出すようなことも無く、韓国政府、全韓国民による拒否をお願いします。
また勿論日本の特定野党、特定メディアも自衛隊を使う事に反対である筈です。

露骨に日本を敵国とした言動を行う韓国、対していつもの配慮で会話を一方的に求めているかに見えてしまう日本、この片務的ねじれ関係を何時になったら正直に敵対関係と言えるのでしょうか。

[ 2015/10/03 08:11 ] [ 編集 ]
流入
日本人の救援も懸念されますが、渡航中の人々はアンテナを高くして事前に各自帰国する努力をするべき、と私は考えます。
アチラの性癖が発揮されると、男女共に年齢関係なく、とんでもなくエライ目に遭うこと間違い無しでしょう。

それと、日本国領土に流入してくるであろうアチラは絶対拒否して戴きたいですし、問題は不良在日・・・・祖国へお帰り願いたい。
[ 2015/10/03 13:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: