私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  反対だけの岡田と、共産党と組むしか生存方法を見つけられない小沢

反対だけの岡田と、共産党と組むしか生存方法を見つけられない小沢

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民主党とジャーナリストの櫻井よしこ氏の間で、妙な文通が行われている。櫻井氏がNHKの番組で、「岡田克也代表が外相時に集団的自衛権は必要と述べていた」と発言したもので、岡田が6月の党首討論で「集団的自衛権の行使は要らない」と主張したことを「180度の転換」と変節を指摘。これに民主党が真っ向から反発したやり取りである。

 基本的にはどうでもよい話だ。どうでもよいが、敢えて少し掘り下げると、岡田の読売新聞での発言は、「日本を防衛するために活動している米軍が攻撃された場合、日本に対する行為と見なし、日本が反撃する余地を残すのは十分合理性がある」というもので、民主党の抗議状では、岡田の趣旨は「個別的自衛権の範囲の拡張」だ。これが本当だとしたら、個別的自衛権の解釈として、余計に筋が悪い。米軍が攻撃されて、日本が反撃するのを個別的自衛権と定義したなら、個別的自衛権は無限に拡大する。これこそまさに、憲法の恣意的解釈ではないのか。

岡田克也


 その岡田民主党代表は、一時は共産党の秋波になびく姿勢を見せたものの、党内の猛反発にあったのだろう。共産党との連立政権を明確に否定した。岡田は、共産党の「国民連合政府」構想について、「あり得ない。一つの目的だけで共に政府はつくれず、さまざまな政策の一致が前提となる」と語ったそうである。言うまでもなく、当たり前の話だ。仮に民主、共産、他の木端野党が選挙で多数を獲得し、連立政権を組んだとしても、安保法案への対処にかたが付いたその瞬間に、もうやることがなくなるのである。

 残るは選挙協力だが、来年夏の参院選と次期衆院選については、民主党は共産党との「候補者調整」の協議だけは継続するとしている。安保法案への対案をロクに提示できず、反対するだけの政党としては、政策で勝てないから政局で対抗するしか手段がない。反対する有権者の支持は、多少は集まる可能性はあるものの、その後の党の展望はまるで開かない。細野豪志など、党の政調会長の立場にありながら、ブログで「目指すべきは、政権を担いうる新党の結成だ」などと言いだした。

 やきが回ったのは、岡田だけでなく、小沢一郎も同じだ。小沢率いる国民の生活云々(面倒なので省略)という政党は、共産党の志位和夫の提案に見事に食いつき、国民連合政府の樹立に向けて「全面的な合意」をしたという。剛腕と謳われ、我が心の師である保守論壇の重鎮、江藤淳から高い評価を受けた小沢も、絶滅危惧種になると手段を選ばないらしい。いや、選べないというべきか。

小沢一郎


 小沢は、安保法制の廃止する大原則の政策を決めておけば、その他の細かい政策は、政権が取れてからの話で良いと語っている。小沢シンパのブロガーなど、「さすが、小沢氏は民主党岡田などとは器が違う」などと絶賛しているが、支持者というものは、えてして盲目になるのだろう。小沢の発言を逆説的に捉えれば、「政策なんてどうでもいい。政治は数だ」ということである。確かに、政治は数の力で決まる。ただ、数を形成する上において、政策や理念など置き去りにして、果たして政治家をやっている意味があるのだろうか。

 小沢一郎の支持者は、むしろ、共産党に乗っかることに生存を賭けるしかなかった小沢一郎の凋落を嘆くべきだろう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2015/10/01 07:14 ] 政治 | TB(0) | CM(16)
お願い
添付の写真ですが、醜い顔の写真はなるべく小さくしてください。
老眼世代は文面を拡大するので醜い顔が画面いっぱいになり
男の私でも恐ろしくなるので・・・・お願いします^^
[ 2015/10/01 07:54 ] [ 編集 ]
私も・・・
心の準備もないまま・・・。
本当に怖いです!
[ 2015/10/01 10:30 ] [ 編集 ]
そその君、エダノ、オカダ、レンホー、ホワイトしんくん、陳哲郎、神本、ツジモトらは、共産党の方がお似合いです。
そその君、エダノ、オカダ、レンホー、ホワイトしんくん、陳哲郎、神本、ツジモトらは、共産党の方がお似合いです。
[ 2015/10/01 10:52 ] [ 編集 ]
醜さは顔に出る
性根の醜さは顔に出るものなんですね。

利用できる物なら何でも使うのが
「目的のためなら手段を選ばない」テロリストと同じ
ブサヨクオリティーだ。
[ 2015/10/01 10:54 ] [ 編集 ]
岡田何某の顔ですが
醜い都言うよりは死相が出てますね
[ 2015/10/01 12:22 ] [ 編集 ]
軍門に下る
小沢
中国共産党軍野戦司令官
ついに日本共産党と共闘…
[ 2015/10/01 14:25 ] [ 編集 ]
愚生は大きな小沢議員の写真 良いですね!! 本性、根性がくっきりです。
[ 2015/10/01 16:55 ] [ 編集 ]
政党闇鍋パーティ
岡田、小沢の選りすぐりド・アップを並べますか。イイ根性だわw

政策無視で選挙協力でもたれ合い。どんな組織もこういう部分から腐敗が一気に進行するものですから、結構ではないか。
共産党は党臭を薄められ、小沢の党は政党消滅の危機に流れてきた一本の藁にすがり。利害一致ですかね。「共倒れ」にお汁粉一杯掛けようかな。

櫻井よしこさんへの民主党の再質問、というのがありまして、それが何とも餓鬼レベル。
9月28日付けの民主・近藤洋介議員の質問状に櫻井氏が30日に書面で答えた事を「速やかにご回答戴きましたことは多としますが」として再質問。
その内容の幼稚さも国会議員、国政の党として問題なのですが、「10月2日までに書面でご回答願います」というに至っては、どこまで自分勝手な物言いであることよ!と関係のないこちらが怒りを掻立てられます。

暇をもてあましている三流ジャーナリストならばともかく、櫻井氏の様に幾つもの活動場所を抱えている人に、手前勝手な「訂正、謝罪要求」で、日時を、それも一両日しかない時間を切って要請する、この世間・常識・恥知らず。

読売新聞と中央公論に岡田が同盟国米国と日本の関係に於いて述べている内容が集団的自衛権そのものなのに <「集団的自衛権という言葉を使わない方がいい」と言って居るのだから謝れ>だとか 
<岡田代表は、安倍政権が進める集団的自衛権の行使は憲法違反であり容認しないとしつつ「未来永劫ないのかといえば、それはいろいろなことがこれからもあり得るわけですから、すべてにわたって未来を否定する、そういうイデオロギー的な考え方は、われわれはとらない」と明確に述べているのだから>集団的自衛権は要らない、と岡田は言って居ない。  などなどなど
結局その部分だけ読めば、岡田は安倍総理の手に依る集団的自衛権には反対、と言う事かいな?と何と姑息で妬む者よ、と思えました。

櫻井氏の話される内容ではなく使用言葉の細部の違いにしか拘れないのでしょうが、これが一政党、それも三年半とはいえ極最近までの政権党だった者が言うのか?と情けなくなります。
しかも、
<誤りが明確となった以上、貴殿は発言を撤回・訂正し、岡田代表および民主党に謝罪すべきです> アホ抜かせ!
民主党は国民を欺し、国政を混乱に陥れ、国益損失ばかりしていた政権時の事だけでも、一切国民に謝っては居ないだろうに、このド厚かましさ。言語道断である。
[ 2015/10/01 18:18 ] [ 編集 ]
まあ
デマゴーグ櫻井よしこの発言なんてどうでも良い。着目する方が馬鹿を見ます。
[ 2015/10/01 18:19 ] [ 編集 ]
言いっぱなし
竹田松蔵の話なんてどうでもいい。

意見にもならぬ嫌がらせを掲載する方が馬鹿を見ます。
[ 2015/10/01 18:55 ] [ 編集 ]
デマゴーグの意味はご存じか
頓珍漢竹田松蔵の発言なんてどうでも良い。ここに落書きしないでくれる。
[ 2015/10/01 19:29 ] [ 編集 ]
醜悪さが酷くなっている。
かつては剛腕と称されるも、いつの間にか細腕に衰え、
今では、誰かの腕に縋りつくだけの醜態を晒す。

何故、彼はここまで無様な姿を見せるようになったのであろうか。

それは政策実現のための手段であるべき権力奪取が、自己目的化したからである。彼には目指すべき政治的方向性はない。
手段と目的の倒錯。

今日の姿は当然の帰結である。

彼に限らず、目指す方向性がない集団は迷走するだけである。
民主党のボードには「権力の暴走を止める」などと威勢のよい言葉が踊っているが、止めるべきは我が身の迷走だ。
しかし、全く止めることはできず、その気配もない。

ともに方向定まらず、もうすぐ自爆するだけだ。
国会内でのゾンビの彷徨はもう沢山。

一刻も早く、ゾンビ共を消し去りましょう。

そう言えば、この二人、顔もますますゾンビらしくなってきているようで・・・。


[ 2015/10/01 20:01 ] [ 編集 ]
烏合の衆野合夜盗と反日メディアの声
中国共産党による対日工作活動が記されているとされる文書
日本解放第二期工作要綱

3-5.対社会・公明・民杜各党工作
A.基本方針
・各党内の派閥闘争を激化せしめ、工作による操縦を容易ならしめる。
派閥というに足る派閥なき場合は、派閥を形成せしめる工作を行う。但し、党を分裂せしめる必要はなく、分裂工作は行わない。日本共産党を含めた野党共闘を促進する。 

支那の工作通りに乗せられた野合集団で烏合の衆反日野党が共闘して実現寸前ですね。
反日では一致してる訳ですから侮れないと捉えて起きましょう。
[ 2015/10/01 21:47 ] [ 編集 ]
スパイ容疑ですとさ
中共が日本人二人をスパイ容疑で逮捕。いつの事じゃ?と思ったら五月。
他に六月に一人だとか。
余程日本政府の平和安全法案を潰したくて圧力のつもりだったのでしょうね。
尖閣とレアアースの時のフジタ社員拘留を思い出します。
日本人がスパイを出来たら、逆にわたくしは嬉しゅう御座いますワ。

本当に疑わしい行動だったとすれば、想像するに、記念写真のつもりでカメラを向けた場所が軍港だったり、かな?と思いましたが、共産圏や軍基地の在る場所で無闇に写真を撮らない用心は絶対必要だと思います。

ともあれ、中共が潰したい日本の平和安保法制、日本国内の反日政党が潰したい安倍政権と何故か「平和安全保障法」。
この一致が何とも・・・食べた事がないですがクサヤというものより臭いそう。


桜田梅藏様 なんと天敵ピッタリの素敵なHNで御座ろうか。www
雑魚を天敵というのも、勿体なさ過ぎですが。
[ 2015/10/01 22:38 ] [ 編集 ]
やっぱ脳ミソ薄いね
自分の気に入らない論客を「どうでも良い」としか批判できないブサヨは
やっぱ脳ミソ薄いね。
ブサヨは感覚でしか物を言えない。
筋道立てて反論ができない。
だから常に言動が感情的で暴力的。
しかも幼稚なご都合主義。
常習的な嘘つきで遵法精神が欠落している。
「目的のためなら手段を選ばない」という精神構造は
テロリストと同じ。
[ 2015/10/02 10:01 ] [ 編集 ]
民主党が保守本流 ですと ギョエ~
「我々が新保守だ」と言ったのは枝野らしいですが、民主党大幹部(多分それも枝野?)が「保守はもう終わった。我々こそが保守本流だ」と、御述べになりましたそうです。
”終わった保守の本流を誇る”というこの文脈が、非常に珍味。

彼等の「分析」では、日本ではもうリベラルは流行らない、という事なのかな?
古いコートは脱ぎ捨ててリベラル気取りを保守に塗り替えて、哀れ民主は何処をうろつく?

枝野に限れば如何にもなりすまし得意技の革マル面目躍如、でしょうか。
身元がバレバレで「保守本流」って、どこまで国民を馬鹿にする気か、津田弥太郎だけではなく、民主党すべてに天罰下れかし!
津田弥太郎は特に重罪で石抱きの刑。

あ、細野、逃げだし準備中の様ですね。貧乏神が新党構想して誰がその指に止るか見てようっと。
[ 2015/10/02 12:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: