私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  公募応募者はかつての10分の1 ~ 衰退の民主党が涎を垂らす、共産党の「国民連合政府構想」

公募応募者はかつての10分の1 ~ 衰退の民主党が涎を垂らす、共産党の「国民連合政府構想」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民主党津田弥太郎による自民党大沼みずほ議員へのセクハラ暴行事件に関し、自民党と民主党が手打ちした。何やら、自民のヒゲの隊長も民主女性議員に暴行したという話があり、24日、双方が謝罪。津田の言い草は、「けがをしたのは遺憾だった」というものだったそうだ。あの暴力行為が「遺憾」で済まされるものなのか。この後味の悪い決着で納得しろというのは、無理な要求だ。

 そもそも民主党にはガバナンスが全く機能していない。岡田代表は20日、本事件に関して、「承知していない」と語っていた。ネットをこれだけ騒がせている問題で、知らぬ、存ぜぬが通用するはずがない。枝野も21日、「双方に言い分がある。1個1個取り上げて申し上げるのは、適切ではない」と相対化を試みたが、一昨日、「参院国対での整理を踏まえた上で、党として対応する」と明言した。枝野としても逃げられなくなったのだろうが、そもそもあの証拠動画を見た上で「双方に言い分がある」という釈明が通用すると思っていたのであれば、議員として以前に人として失格である。

 セクハラ傷害事件に関しては興味がないくせに、選挙のこととなると、よだれを垂らして美味い話を探すのが民主党だ。拙ブログでも一度取り上げた、共産党志位委員長の国民連合政府構想。その構想を前提とした選挙協力等の協議で、志位・岡田両氏が本日会談する。岡田は「提案を大事にしながら中身を詰めたい」と前向きで、枝野も「思い切った提案だと前向きに受け止めている」と発言。「目的のためなら手段は選ばず」とは、彼等に対して美辞麗句過ぎるが、代表と幹事長が揃って前のめりの発言をすること自体、民主党バーゲンセールの前振り広告のようでもある。

志位とイオン


 岡田は、「参議院選挙、衆議院選挙で結果を出して、政権交代をするということに尽きるので、そのために全力を挙げていきたい」と語っている。本気か建前かは知らないが、政権交代が目標であるとの宣言だ。その政権交代を目指す選挙で、民主党が共産党と「握る」意味を、深く考えざるを得ない。

 まず、共産党の党是とはなにか。それは皇室の撤廃であり、将来的な自衛隊の解散である。そういう党是を掲げて、共産党は支持者を集め、選挙を戦っているのである。民主党が共産党と共闘する場合、民主党は「皇室撤廃」「自衛隊解散」を掲げる候補者を積極的に応援するということになる。果たしてこの現実を、民主党所属議員や支持者は呑めるのか?胸を張って「皇室撤廃の共産党候補者に一票を」などと叫ぶことができるのか。

 岡田は、いまのところ、共産党との連立政権には慎重な立場を表明している。しかし、現実的にはあり得ないものの、仮に民主党が政権交代を成した場合、単独政権は無理だろうから、共産党に何らかの見返りを渡すことになる。それが閣僚ポストだったらおぞましい。そもそも、「打倒自民」は政策ではない。政策ではないことで共闘したところで、未来の展望は開けようもない。「政権交代」という政策でもないテーマを掲げて政権を取り、大失敗した反省が、民主党にはあるのだろうか。

 共産党の提案に前向きな態度を示すことそのものが、民主党の加速度的な共産党化を表わしている。政治評論家の田崎史郎氏によれば、民主党が実施した公募の応募者が、かつての10分の1にまで激減しているという。あの「休みはなくなる。批判にさらされる。からだはきつい。収入は減る。当選の保証なし。しかも民主党だ」という自虐的なコピーを掲げた「反骨のエキスパート」の公募である。田崎氏は、「新入社員が入ってこない会社に未来はない」と指摘しているが、まさに言い得て妙だ。挙句の果てに共産党が掲げた「国民連合政府構想」に乗っかるということになれば、今いる数少ない支持者も離れて行くだろう。

 集団的自衛権は、自分だけでは守れない平和や生存を、他国と共同して守ることである。一党では対処しきれない自民党の強大な勢力を、両党が共同して対処するということでいえば、この共産党と民主党の共闘はひとつの集団的自衛権を形にしたものといえるのではないか。そんな現実、民主も共産も認めないとは思うが。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2015/09/25 07:16 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
谷垣には失望した。自党の党員を守る気持ちがないのか?
[ 2015/09/25 08:21 ] [ 編集 ]
ダイブ小西、バイブ辻元に次いでイオン岡田
共産党コミンテルンと行動を共にするようでは、民主党は完全におしまいである。民主党の支持者にさえ見放されるはずだ。
日本には、2大政党制は不要だ。仮に、自民党が大敗してしまい、反日連合が政権をとるなど考えただけで恐ろしい。その際、自衛隊には、米軍とともに共産主義者から日本国を取り戻すために、集団的自衛権を行使してもらいたい。多くの国民は自衛隊の行動を支持するであろう。それにしても、反対だけの無能無策な連合構想とは、恐れ入った。イオン岡田が本気ですり寄っていくのだろうか? 共産党などが政権をとれば、大資本のイオン自体が共産主義者により消滅させられてしまのではないか?本気であったら、岡田屋の次男坊:岡田は、本当に愚かな政治屋だ。
岡田の親父が、岡田克也ではなく、兄貴を跡継ぎにしたことは、克也が無能
であることを見抜いていたのであろう。
[ 2015/09/25 08:51 ] [ 編集 ]
自民党の谷垣に失望した
本当に谷垣って根性なしの阿呆公家見たいですね!リーダーとしての風格も資質もない。自民党に失望を招き寄せる谷垣だな!
[ 2015/09/25 11:16 ] [ 編集 ]
自民党に失望!
昨晩、今朝のネットニュースを見ていますと、大沼瑞穂議員への暴行事件はどうも、「党間の手打ち」が既定事実のようです。
このままでは、2009年に民主党が政権を取るきっかけともなった?「一度自民党にお灸を!」の再現にも繋がりかねません。
かく言う私もかつての投票行動において、日本国にとっての「失われた3年」に図らずも手を貸してしまった一人です・・・・。
安倍総理という日本国にとっての救世主がせっかく現れたと喜んでいたところに、今回のような”普通の感覚”では絶体に理解ができない「手打ち」などという旧態依然とした悪しき国対政治の再現を見せつけられてしまうと、「なぁ~んだ、昔の自民党に逆戻りじゃん(昔と変わっていなかった?)・・・。」という大きな失望感を抱いてしまいます。
じゃあ、来年の参議院選で民主党に投票するかと言えば、もちろん!もちろん!御免被る!ですが、このままだと”無党派に鞍替え”です。(次世代の党に投票します)
とにもかくにも今はただただ、安倍総裁の強力な指導力に期待します。
[ 2015/09/25 15:46 ] [ 編集 ]
衰退する理由が分かっていない民主党
2015年9月17日(木)、参院第1委員会室において「民主党の津田弥太郎が自民党の大沼瑞穂参院議員を後ろから羽交い絞めにして後方に引きずって行き投げ倒して怪我を負わせた事件」は口論の末、遂感情的にお互いがなってしまったという様なものではなく一方的な暴力事件でした。

永久保存版です。

https://www.youtube.com/watch?v=uegIloZIdGw

昨今、確かに共産党の議席は増えていますが、元々の議席数がそれ程多いものではありません。

それには注視は必要でしょうが、片や民主党、もう何を目指している党か分かりません。

まして、共産党と選挙協力をするかどうかという事を土俵に乗せるという段階でもう二大政党を目指す資格もありません。
そもそも日本での二大政党制など有り得ないと考えますが、その中心的理由は片方の民主党に国家観(安全保障意識)が無いという事です。
そこが米国と違う所なわけであり、この度の共産党への接近もその様な背骨の無さからのものです。
ですから民主党への支持の無さは民主党であるが故に支持が無いという宿痾というものです。

これから更に朽ちて行くことでしょう。

http://www.sankei.com/politics/news/150925/plt1509250008-n1.html

[ 2015/09/25 18:09 ] [ 編集 ]
大沼議員への婦女暴行事件(勝手に私的罪状命名)は、国会情勢の中で、こうした半端な判断を下したのだろう、と思いますが、これが最終結果だとはちょっと思いたくないです。
国会に於ける党間手打ちがあっても法的手段は執れるのでは?大沼議員次第ですが。
煽るわけではありませんが、女性としてこれは許せんのです。

それと違和感を持つのは、他議員が委員長席に集中していても彼女の近くいた男性議員達は何故誰も動いてないのか?こちらの方にも大疑問です。

民主党が先の政権大失敗を政治家として反省出来るのなら、国政資格の無い事を悔い、とっくに党を解党し、一から出直すか何人もの議員個人が政治家を辞めているでしょう。
道に迷いすぎて、かつての政権党のうま味を忘れられずに、夢を再び、と願っているのなら、共産党とでも一緒になるがいい。
更に大きな蟻地獄体験が出来るでしょう。
[ 2015/09/25 18:51 ] [ 編集 ]
皇室と自衛隊を無くすって共産党ってそんなやばい党だったんですか?

弱者を救済するふりをして売国 卑怯です
[ 2015/09/25 20:21 ] [ 編集 ]
共産党も辛いよ。
前回の衆院選挙では共産党は全選挙区から候補者を擁立したために、没収された供託金が7億6千万2百万円なり。

月額何千円かの「赤旗」新聞はじめ、その他の細かい購読料が党の収入の88%を占める共産党の財政規模は実質、地方紙の上クラスと言われております。それでこの負担はいかにも重いです。

かといって小選挙区に候補者を立てなければ、当然比例の票が伸びません。共産党は選挙さえやらなければそこそこの優良企業なのだそうですが、それでは本末転倒。(笑)

国民連合政府の樹立を掲げた提言の裏には、共産党の苦しい台所事情があると睨んででおります。

敵の糧道を脅かすのは戦いの基本です。共産党殺すに刃物は要らぬ、政権与党が毎年解散総選挙に打って出ればよいと言われるところです。まさか、そんな訳にはいきませんが。

余り戦術面ばかり云々するのはいけませんが、民主党の低迷が続き、共産党が比較的元気な状態が続くなら、衆参同時選挙に打って出るのも一法かと。資金と人員の両面で共産党がパンクします。
[ 2015/09/25 21:20 ] [ 編集 ]
清水の舞台落ち
のり様 共産党は共産主義を是とする政党ですから、ご皇室の御存在は「悪」であり「打倒すべき象徴」になるようです。
国民の間に階級を無くして、表向きは「平等社会」を謳いますが、かつてのソ連や現在の中国共産党を観ればお分りの様に、党の幹部は「赤い貴族」となって格段の内部階級を作る様です。言葉通りなら貧しい人が救われる筈なんですが、そうはならないのは歴史が教えるところです。(日本共産党は違う、と彼等は言いますけどね、彼等が貧しい暮らしをして居るとは聴いた事がありません。逆に、むしろ戦前にはご自分の財産を貧しい人々に費やした華族が居ました)
王室国家だった国が共産革命後、王位は剥奪され王族は国外亡命は良い方で、ロシア・ロマノフ王一家は処刑の憂き目を見ています。
自衛隊も今の日本国の防衛隊ですから廃止、追放となり、彼等の政権が成立するときは「人民軍」という、血の通わない軍隊が出来るものと(他国の例を見ると)思われます。


維新の松野代表は志位と穀田に「清水の舞台から一緒に飛び降りましょう」とオサソイを受けたそうですwww
兎にも角にも共産党は「戦争法廃止」で一点突破を狙っているそうで、24日の記者会見で志位は「結束して安倍晋三政権を倒して欲しいとの国民の声に野党は応える責任がある」 だとよ!
そんな国民の声をわたしゃ聴いた事がないけれど、共産党付近にはある のでしょうかね?

産経によれば
共産党が描く構想は、内閣不信任決議案を共同提出した野党5党が協力して「戦争法」を廃止し、集団的自衛権を容認した閣議決定を撤回する為の暫定的な連立政権樹立。
志位氏は「戦争法廃止」後に解散・総選挙を行う考えだ。

だそうです。
民主岡田も維新松野も、選挙協力だけなら歓迎らしいですが、そうなると何の為に選挙に出るのか?政策や思想の無い政党の無節操さが際立つ迷走です。
[ 2015/09/25 22:38 ] [ 編集 ]
手段のためには目的を選ばず
 逆ではありません。本来国会議員になるのは日本を良くする、国民を幸せにするための手段のはずですが、民主党は国会議員になることが目的になっているように思います。そのために時には情報公開、時には脱官僚、時にはコンクリートから人へとコロコロと目的が変わって一貫性が無いのです。
 まさに手段のために目的を選ばない、これが民主党です。
[ 2015/09/26 07:56 ] [ 編集 ]
共産主義は宗教
「手段のためには目的を選ばす」は、民主党はまさにそうですね。
それを看破しているからこそ共産党は国民連合政府を呼びかけ、芯のない奴らを一気に取り込もうという作戦ですね。
共産主義は、イデオロギーではなく宗教です。その最終目的は、私にも未だ不明ですが、最終にかなり近いところに「独裁をこの世にはびこらせること」があります。
そのために民衆を従わせる必要があり、そこに利用するのが「人を妬み憎む心。」
そのために「私的所有を禁じ、格差を生まない社会」などということを持ち出し、人心を惑わせる作戦をとっている。この作戦名をイデオロギーのように名乗り、共産主義と呼ぶことで社会科学的印象を狙っている。
が、紛れもな宗教。
その手先の共産党が「政権を妬み憎む心」を利用して「目的を持たない党」を従わせるべく動きだしたという構図です。
共産主義の正体と作戦を知ることが、この悪魔の宗教に永遠に毒されない唯一の方法と思います。
こういう認識を広く共有することが、まず、大事だと思います。
ならんで、日本が日本でなくてはならない理由を理解することが大事だと思います。
例えば、中国人がこなかったからiPhone6sの行列ができなかったというニュース。
こんなとこらからでも、日本が日本でよかった、これからも日本であり続けてほしいと思う人が増えるといいなと思います。
[ 2015/09/26 09:46 ] [ 編集 ]
共産主義者による浸透
 これを侮ると痛い目にあうことは我が国のみならず、世界が知るところと思う。(「レッドパージ(赤狩り)」という言葉が存在していることが何よりの証拠)
 おそらく日本共産党は、今後数十年にわたり存続し続ける。なぜなら、
 ①少数ながら熱烈支持者の存在
  ↑おそらく死ぬまで支持政党を変えない・・・・(彼らとは議論にならない)
 ②強固な組織力
  ↑党支部、○○平和委員会、民青○○委員会etc(他党とは裾野が違う)
   ↑組織化(浸透含む)のノウハウ・・・(安保反対時の動員力がその証拠)
 ③分党行為を厳しく戒める党規約※の存在
  ↑しかも第3条に記載・・・・・・(ここまで派閥を恐れる政党は他にない)
 ④一部の委員長による長期の党支配
  ↑戦後70年で委員長は僅か6人・・・(少数・長期の運営は軸がぶれ難い)
 一方、民主党はどうか?
 三馬鹿トリオにおいては、党内の主要な役職はおろか影響力すら持たず、それどころか政治生命も危うい状況にある。ひるがえって、現在の党要職にある者が、将来にわたり三馬鹿と同じ轍を踏まない保証はなく、10年後彼らが政界(国会)に残っているとは想像しがたい。
 更に、現在の党運営及び支持者離れの状況から察するに、民主党においては10年後、党としての体をなしているのかどうかも疑わしい。

 以上を前提に10年後を想像すれば、今回の日本共産党からの提案は、結果として民主党支持者の「切り崩し+囲い込み(=浸透)」となり、日共の独り勝ちとなるのではないか。
 民主党が潰れるのは勝手(それも民意)だが、日共支持者が増えるような状況だけは頂けない。

※逆に言えば、それを恐れるから規約(しかも第3条で!=実質の第1条)で縛るのであって、破戒者には厳しい制裁(総括?)が待っていると思われる。では、分党行為を恐れる理由は?を考えるに「日共はやましい事をやっている(=分党者によってそれが漏洩する)」ということなの?と勘ぐりたくなる。
[ 2015/09/26 22:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: