私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  議会制民主主義における民意の反映とは「選挙の結果」だ

議会制民主主義における民意の反映とは「選挙の結果」だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安全保障関連法が19日未明、参院本会議で可決、成立した。各種メディアが「戦後の大転換点」と評しているが、まさに大転換である。もちろん、良い方向への転換だ。

安保法成立


 この、世界では当たり前の法整備に、通常国会開会後のほぼすべてのエネルギーが費やされたと言っても過言ではない。参院での終盤での肉弾戦は、我が国の国会に「話し合いが通じない議員」が多数存在することを国民に示し、そういう議員らは、話し合いを実力行使で封殺するという、まさに悪意を持つ隣国のような態度を隠しもしなかった。まさに、安保関連法が必要であることを、身を持って示した格好となる。

 参院本会議における野党の醜態も、品性の欠片すらなく、目を覆いたくなるような幼稚さだった。山本太郎の時代遅れの牛歩ももちろんだが、参院平和安全法制特別委の鴻池委員長に対する問責決議案の趣旨説明で、議長の制止も無視して延々と演説を続けた小西洋之は、前日のダイブに続き、非常識が人間の衣をまとったような存在であることを自ら示した。法案には賛否があってしかるべきだが、こういう議員を国会に送ることで、国の在り方に関する議論が、タブロイドの芸能関連記事のような陳腐なものになってしまう。選挙区の有権者には、彼らの姿をしっかり御認識いただきたい。

小西洋之


 この安保法案成立を受け、今回の参院特別委で肉弾戦の先鋒を担った福山哲郎は、こう語っている。

 民主党の福山哲郎元官房副長官は19日未明、安全保障関連法が成立したことについて、「数がすべてなら議論も民意もいらなくなる。そういう今の政治に、議会人として残念に思った」と述べた。国会内で記者団に答えた。(以上、産経)


 福山(陳)は、議会人として残念に思うことがあるとすれば、多数決より自らの暴力行為が先に来るべきだろう。発言の趣旨は、安倍政権が民意を数の論理で無視したということである。しかし、議会制民主主義における民意とは選挙の結果であり、世論調査の結果でもなければ、国会前に集うごく一部の国民の声でもない。

 民主党にとっての解は、選挙に勝つということである。2009年、彼等は実際に選挙に勝利し、果実を味わった。もしもう一度政権に返り咲きたいと思うのであれば、今回のようなピケ、バリケード、女性議員をつかったセクハラ冤罪、自民党女性議員に対する暴力行為を、彼等自身が総括し、本当に民意にそった行動だったのかを自省すべきである。そういった一連の行動を見る限り、民主党にはいまのところ、政権奪還の意思は微塵も感じられない。

 安全保障関連法の成立を歓迎する。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/09/19 11:18 ] 政治 | TB(0) | CM(15)
自省・・・ねぇ・・・
管理人様、お言葉ですが、民主党に自省が出来るとは思えません(笑)

反省する猿が本当に反省しているかと言えばそうは思えませんが、とりあえずポーズだけは取れます、でも・・・これ以上は言いますまい。

文明人らしく扱って欲しければ議論には対案が必要であることくらい知っていなければ・・・。
お分かりでしょうが「文明人らしく」と言うのは精一杯優しい表現の皮肉です。


[ 2015/09/19 11:52 ] [ 編集 ]
無駄だった!
全く長い、長い時間の無駄だった!
それ以上に議員歳費の無駄であり、税金の無駄使いを許せない!
参議員はもう要らないし、国会議員の大幅な削減を望む!
[ 2015/09/19 11:55 ] [ 編集 ]
早速、さよく護憲派連合の若者取り込み工作が始まる。
9月19日、『安保関連法案』が成立しました。

今週、民主党、共産党、社民党、維新の党、生活など野党の様々なみっともないパフォーマンスがテンコ盛りでした。
そこで国会内の政治家、国会外のデモ参加者を見ていると何か自分に酔いしれているように見えて仕方がありません。
あの福山哲郎など舞台で独演でもしているかの様に見えました。
国会前のデモでも同様、何か日本の政治を正していると勘違いしてのヒーロー意識があるのでしょうか、これも酔っているのでしょう。

そして、この度の法案成立までの国会内、国会外の動きを見ていると様々なことが浮き出されていた事が分かります。

先ずあの言葉です。
『戦争法案』とさよく野党及び偏向メディアが盛んにレッテル貼りをした言葉ですが、これを安倍内閣は『戦争防止法案』と呼びます。

まるで真逆に解釈が違うわけですが、それが別の言葉で言えば『さよく』と『保守』の違いとも言えるでしょう。
実際、この法案が頭の中で「自衛隊が危険な法案」だと思える人たち。
いや、これがある事が「抑止力ともなる」と考える人たち。

それを具体的な言葉で言えば『護憲派』と『改憲派』とも言えます。

http://www.sankei.com/politics/news/150915/plt1509150010-n1.html

今後、護憲派連合(さよく野党、偏向メディアなど)は次の闘争と既に頭を切り替え若者の取り込みに動き出しています。

この度の事で今まで態度を現さなかった者達も含めその護憲派の姿がより浮き上がって来ました。
民主党、共産党などの野党、朝日、毎日などの偏向メディア、国会前のデモに参加していた労組、九条諸々の組織、そしてそれに繋がる学生、若者など。
又、いわゆる有名人も考えを表しています。

何しろ国民に情報を伝えるメディア自体が公平、公正ではなく、護憲派さよくなわけですから、このSEALsなどの若者やデモ参加者を出来るだけ一般市民として報道します。

そんなさよく野党、偏向メディアなどのさよく護憲派連合がタッグを組み、今回の『安保法制』は成立はしても、水面下で今後も虎視眈々と安倍政権の失脚を狙い勢力拡大を企んでいます。

本来、安全保障に付いては矛盾だらけの現行憲法を『憲法改正』で行う事は正論でしょう。
法律家など分かっていないのか、とぼけてか中には『憲法改正』で国民に問えといいます。

http://www.sankei.com/column/news/150917/clm1509170001-n1.html

しかし戦後占領軍による洗脳に今まで晒され、またさよくメディアに汚染され、日教組教育を受けて来た今の日本国民に『憲法改正』はまだ通りません。

急激な日本を取り巻く安全保障の環境が悪い方に変化する中、とりあえずこの様な法整備することは応急処置としての意味を持ちます。



[ 2015/09/19 12:28 ] [ 編集 ]
早速、さよく護憲派連合の若者取り込み工作が始まる - 追加
普通間違いに気づいても訂正しないのですが、

ちょっと意味不明過ぎな様で。

>実際、この法案が頭の中で「自衛隊が危険な法案」だと思える人たち。
「自衛隊が地球の裏側まで行けるようになる危険な法案」というようなことです。
[ 2015/09/19 12:43 ] [ 編集 ]
参議院が不要といわれる方もいらっしゃいますが・・・

民主党が衆議員で圧倒的議席数をとり、それこそ強行採決を乱発し、民主主義は期限付きの独裁と豪語し、日本を壊すためにやりたい放題だった時。

参議院で民主党の圧勝を防いだからこそ、民主党政権の3年強をなんとか耐えしのび、政権交代を成し遂げられたと思っています。

民主党が衆参両院で圧勝していたら・・・今頃日本はどうなっていたでしょうか?

民主党でないにせよ、今後もどのような政権が誕生するかわかりません。
そんな時、衆議院の暴走を止めるための抑止力として、参議院の存在は必要ではないかと思います。

あの、民主党阻止のために情報拡散に必死だった参議院選前の恐怖は今も忘れられません。
[ 2015/09/19 13:19 ] [ 編集 ]
民主動物園のチンピラ小猿
見よ見境のない小猿がごときチンピラ風貌の輩を国会に送り込み、長々と唾を飛ばす屁理屈で日本国の電波と多数の議員の時間を独占し、税金の大きなムダ使いをしてもさえ得意満面で居られるアホ、それを許したのは日本国民の恥。次の選挙が楽しみ、二度と国会に送り込んではいけない一人として刻み込まれた。
[ 2015/09/19 13:43 ] [ 編集 ]
議員条件
わたくしもcoco様のご意見に賛成です。
あの三年八ヶ月の民主党政権は、参院あってはじめて多少のレールを歩けたと考えます。
二度と民主の様な政権を生まない、と私達が性根を据えて居ても、時の流れの内には何も保障はされません。

衆参それぞれに、まともに国会議員として機能して居れば、こんな醜態を国民は観ずに済むことですし、議案も当然日本国家国民のために、右左中間から審議討論する任務を果たしている、筈だったろうと思います。

なので国会の構造改革は員数や組織だけではなく、議員の資質への条件なども設定し国民全員が監視できる様にするべきではないか?と未明の国会を見てつくづく思いました。
[ 2015/09/19 14:09 ] [ 編集 ]
同じ風景
この平和安全法案への反対行動を見て、麻生政権時の選挙風景と同じものを感じて居りました。

今回は国会周辺や都心部で若者が主導権を握った集会デモを多く報じられていましたが、ネットによれば彼等はアチラ系の人々が多いそうで、実際安倍総理や閣僚への過度の悪口雑言、言い募っている内にエスカレーション、プラカードの文字の大間違い、お顔の作りやケバ子化粧を見ますと、そういう指摘もあながち間違いでは無い気がしました。
ああ、あの選挙の在日帰化人の活動も、数々の捏造流布も、(あの時は大人層でしたが)それに勢いを得た民主党と反麻生・中川報道も、と昨日のように思い出した次第です。

戦前に日本に来て、戦後の帰国推奨にも応じなかった450人(でしたか?)の氏名は分かっているのだろうから、改めてその後の入国者の分別をして、反日意識とパスポート利用の為等とふざけた帰化理由者や在日は、未だ滞在を選ぶなら日本国家への忠誠誓約書と義務づけ、氏名も彼等の誇りの朝鮮名で通す様に、などなどして欲しいな、と思います。
これから入国要請されるであろう難民問題には、日本にはアブナイ在日で手一杯、と世界に広めたい。

福山の本会議演説は全く基本的な議会制民主主義構造を理解出来ないのか?
彼等が民主党政権時「民意民意」と有頂天だったのは、選挙に依る議席増に裏付けられた安心感だったろうに。
呆れるほどのブーメラン党であるものです。

太宰でしたか?「論争は相手の論を理解したら負け」だと言ったのは。
確かに果てしないお遊び討論会などではそういう面はあるでしょうけれど、こと国会になれば勝ち負けで国益を無視した論争では議員じゃない、と言いたいが、民主党はじめ社民その他の有象無象には通じそうも無い。
[ 2015/09/19 15:02 ] [ 編集 ]
お言葉だが,
今国会はテロ対策法案国会であり,
非正規雇用法案国会であり,
電力法案国会であり,
農協改革法案国会であった.

全てが米国を中心とするグローバル勢力の長年の圧力の結果であり,
仕上げにTPP法案が通るなら
『「瑞穂の国の資本主義」ってなあに?』
という日本にしてしまうための重要な法案群であった.
(テロ対策法案は良い面もあるが.)

これらの重要法案群が国民の関心を引かずに成立したのは
安倍政権が安保法制に60日ルールを使わないと宣言したからである.
このため, メディア+反日勢力と自民党の衝突点が
安保法制に固定され, 国民の関心もこの点に釘付けになった.

安保法制成立の絶対命題の下では
本来なら相当にもめる筈の法案にも反対しにくい環境になった.

安保法制は重要だが, 支那を押しとどめる鍵には実際にはならない.
何故なら, 支那のような人治国家では非常事態において国内法が
自衛隊の手足を縛るとは感覚的に信じられないからだ.
実際問題として, 日本周辺において米国軍隊が攻撃を受けるなら
自衛隊は超法規的にでも防衛に参加するのは全く必然である.
現場においては当然の雰囲気があるのは勿論だが, 防衛システムとしても
共同防衛に当たらなければ自衛隊は米軍の情報システムから
遮断されてその能力を著しく失うからである.
支那に侵略してくれと言うようなものである.

安倍晋三の作戦は他面的(孫子的?)である.
彼がA点を指さす時には, B点, C点に注意を向ける必要があるのである.
TPPが成立した時には, 農業ビッグ・バンが起きる.
将来の日本人はアフリカ人が食べさせられるグレードの
食糧を食べさせられることになる.

一説には, 経済では安倍政権 v.s. 財務省の戦いがあるとされるが,
懐刀の稲田議員の活躍のおかげで省庁のトップ人事は
実際は首相に握られていると言う.
であるなら, 財政削減, 消費税増, 法人税減等は実は
安倍首相の主張であると考えるのが必然である.
しからば, 次の消費税増の実施でもめるとすれば
それは安倍首相が置いたA石であるから,
我々は B石, C石に注意を向ける必要がある.
[ 2015/09/19 15:33 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/09/19 16:38 ] [ 編集 ]
超法規的
自衛隊は現在の日本国の唯一闘える武装集団です。この法が成立したからと言って何処ゾの国の覇権意欲が損なわれる訳では無いのは当然の事で、そんな愚かな仮定を考えて居る者は何処にも居ないでしょう。
法があれば相手が攻めて来ない、と考えるのは九条信者意外には居りません。

よもやの時に、法の不備で自衛隊が少しでも窮地に落ち込まないように、(未だ満足な法完備ではありませんが)今出来る法整備しておく、というだけの事ではないでしょうか?

そして、如何なる場合にも動きがとれない自衛隊ではない、という基礎的な部分の構築が、少なくとも今までよりは敵の要心を喚起できるし、それが一つの抑止力だ、というだけの事でしょう。

自国を命を掛けて守る集団に、いつまでもその都度その都度の超法規的処理で任務に就けと言われたら、それを我が身に置いて考えるとき、私はそんな情けない事は無いと思いますし、今までの彼等の忍耐を思えば頭が下がるばかりです。

自国の為に戦って下さる尊い意志を持つ方々への、最低限の防衛法が少し出来ただけだと、私は考えております。
不足は幾らでもありますでしょう。
集団的自衛権行使が出来たとしても、日本は日本国らしい他国に引きずられない仕方で、平和な世界の構築に励めますように、と考えます。

ちび・むぎ・みみ・はな様のコメントは一体何を仰りたいのか?漠然とし過ぎて
良く理解出来ませんでした。
一つの内閣に多くのことを期待出来るなら、国政は難しくないでしょうね。

[ 2015/09/19 17:01 ] [ 編集 ]
身の引き締まる思いでおります。
安保法案が成立しました。
日本は大きな選択をしました。
今まで以上に、自衛隊に国の守りの負担を大きくし、隊員の生命の危機を増やすことは否定できません。
勿論、国会で繰り広げられたお為ごかしの「自衛隊員のリスク」レベルの論に波及するものではありません。

自衛隊に今まで以上の任務を求めるなら、国民は今まで以上に自衛隊員を守る努力を負うべきだと強く感じているのです。
自衛隊員が日本国民を守ってくれるように、国民は自衛隊員を守らなくてはなりません。
編成・装備、作戦行動等、自衛隊員の安全を守る課題は山積しています。それらの課題を政治が解決していくように監視すべきです。

法案が成立した直後は、「よくやった。」、「おめでとうございます。」の気持ちでおりましたが、自衛隊員のやそのご家族の皆様の心情に思いを致したとき、お恥ずかしいことですが、浮かれている自分に気づいた次第です、

国外からの日本への脅威と同じように、国内で日本の安全を脅かす勢力と戦わなくてはなりません。今回の立法化で、そのことを強く感じています。
残念ながら、政権与党のなかにさえ、日本の為にならない愚かなことをする者がいます。
愚かなシビリアンに自衛隊をコントロールさせるわけにはいきません。

今がスタートなのだと、改めて感じています。



[ 2015/09/19 18:00 ] [ 編集 ]
【新安保法制に期待するもの】
安保関連法案成立で日本が北朝鮮や中国に対して積極的な軍事行動を執るは有り得ず、憲法を読み違えた安直な平和主義者らこそ日本の将来を暗くする!→ http://chronos.blog.jp
[ 2015/09/20 09:10 ] [ 編集 ]
論理的
議会制民主主義における民意とは選挙の結果であり、世論調査の結果でもなければ、国会前に集うごく一部の国民の声でもない。

ということは、外国人に地方参政権やらの付与は
国民が反対でもOKということですね
選挙で勝てば民意なんでしょうから^^

人権擁護法案も通そう
自民党ならなんでもOKや
[ 2015/09/28 18:40 ] [ 編集 ]
>外国人に地方参政権やらの付与は
国民が反対でもOKということですね
選挙で勝てば民意なんでしょうから^^

人権擁護法案も通そう
自民党ならなんでもOKや

【選挙で結果が反映されたものが「民意」であり、国会前で大声で叫ぶ者達が「民意」であるというわけではない】と言っているだけであり、「民意」が支持していれば、どんな法案も通せるという話をしているわけではない。「民意」が支持していても、最高裁が【違憲】判決を出せば、法案は無効になる。

外国人参政権は、最高裁で「外国籍の者への参政権付与は認められていない」という判決が出ている。

人権擁護法案も、表現、言論の自由などの自由権(令状無の強制捜査)の侵害になる可能性が高い。

民意が支持していれば、どんな法案でも通せるとでも思っているのだとしたら大間違いだよ。そうなっていれば、独裁へと移行しているわけだから、とっくに憲法も改正されているだろうね。

[ 2015/09/28 19:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: