私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  国会で「青年の主張」をやっている場合か!?

国会で「青年の主張」をやっている場合か!?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 平和安全法性に関する参院の中央公聴会で、民主党が「公述人」としてSEALDsの奥田愛基氏を召喚した。いくらなんでもあのTシャツにキャップ姿で国会に登場することはないとは思っていたが、仕事中に公述の様子を伝える画像を見た限り、風貌に限っては、文字どおり「借りてきた猫」であった。

奥田愛基


 そもそも民主党は、何故この奥田氏を召喚したのか。それは、民主党が骨の髄までポピュリズム政党であるということではないか。奥田氏といえば、国会前デモのど真ん中に立ち、賛否は脇に置くとしても、「ものを言う若者」として時の人となった人物だ。そんな人物を召喚する行為に、若年層の支持取り込みという底意があるからに他ならない。奥田氏がフジテレビに出演し、見事に論破されたことなど、取るに足らないと考えているのだろう。安全保障に知見を有する専門家は、ほかにいくらでもいる。そういう専門家らを差し置いての奥田起用なのだ。兎に角、「話題性のある人物を立てたい」。この一心である。

 奥田氏の公述を動画で見るのは面倒くさいなと思っていたら、都合よいことに、ハフィントンポストが公述の全文を書き起こしていた。

 都合、3回読み直した。さして難しいことも、また新しいことも言っていない。この公述を自分で書いたのか、もしくは支持者にライターがいたのかは知る由もないが、ライターがいたとしても新ネタすら捻りだせなかったようである。

 早い話が、奥田氏はいわゆる「青年の主張」の体で持論を述べただけなのだ。彼が述べたのは、論理ではなく感情だ。もちろん、個人の感情はひとつの意見として尊重されてしかるべきなのだが、彼の立場は公述人である。その適正があったとは到底思い難い。その責は、民主党が負わねばならない。

 彼はこうも言った。

最後に私からのお願いです。SEALDsの一員としてではなく、一人の人間としてのお願いです。どうかどうか、政治家の先生たちも、個人でいてください。政治家である前に、派閥に属する前に、グループに属する前に、たった一人の個であってください。自分の信じる正しさに向かい、勇気を出して孤独に思考し判断し、行動してください。


 彼は勘違いしているか無知か、どちらかだ。国会議員はまさしく個人であるが、同時に何よりもまず、公に尽くす職業である。公よりも個をというのは戦後民主主義の教えなのだが、実はそう言っている奥田氏自身も、国会で議員先生がたを前に一節をぶったいま、完全な個ではあり得ない。

 さて、彼のことについて、周りの大人が悪い、親が悪いなどと、「若気の至り論」を展開するむきもあるようだが、そういうことばははっきり言って甘すぎる。集団を組織して国会前で音を鳴らし、アジ演説を行い、主張の合わない政治家に対して罵詈雑言を浴びせ、「戦争法案の廃案」を求め、自分たちが新しいムーヴメントを作っていて、その主張への支持者を獲得しようとする行為を見れば、奥田氏は政治分野において立派な活動家なのである。「まだ学生だ、若い」などという上から目線や他人事のような対処は、本質から目を背けるものでしかない。

 国会で「青年の主張」をやっている場合ではない。民主党は恥を知れと言いたい。

 (※青年の主張(Wikipedia)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/09/16 07:14 ] 政治 | TB(0) | CM(15)
「青年の主張にまで謙虚に耳を傾けちゃう俺」ってのはバカには受けるアピール
自分自身も気持ち良いし
まあ若者って基本的にみんな愚かなんですけどね
[ 2015/09/16 08:35 ] [ 編集 ]
千歳飴
二ヶ月後には七五三。この方にも千歳飴袋が似合いそう。

勘だけで生きてきた様なわたくしが、この公述人の文章を読んでいるうちに感じたのは、脚本枝野。
とても三回もは読む気にはなれず、しかも飛ばし読みですけれど、嘘も平気で滔滔と、自分に都合のよい「真実」だけを核にして擬似「正義」で肉付けの南鮮風枝野流派の免許皆伝かと思いました。

SEALDsという団体は日本共産党系だと、あちこちで言われて居ますから、民主党からとはコレ如何に?ですが、今は反日野党には境界線が無いですからそれも有り?

見事なくらいに自分が見たいもの聞きたいものだけを「真実」として語り、しかも「お願い」と言いながら自説に合わない議員にはお説教もどき。
どんなに甘えて生きてきた子なんだろう?と思いました。

安倍総理と閣僚及び賛成派議員の心中、お察し致します。

「青年の主張」とはよく名付けられ、タイトルから笑いが吹き出ます。

民主党は、選挙年齢が18才に引き下げられた計算でしょうが、これじゃああんまりご自分達の職場を穢す事になりませんかね?
[ 2015/09/16 10:56 ] [ 編集 ]
安保関連法案採決後
『安全保障関連法案』の参院平和安全法制特別委員会での採決が近づいています。
今の所、この9月16日乃至17日だろうと見られています。

当然、野党の共産党、民主党などは国会での法案成立妨害を行い、それと共に九条護憲派連合と共闘し場外での活動も活発化させるでしょう。

その場外活動の中心は今の国会前でのデモや憲法学者などのコメントを偏向メディアで流すであるとかですが、そこで国会前デモの関連資料を保存しておきます。

http://www.sankei.com/politics/news/150914/plt1509140020-n1.html

各調査主体により数値などの違いは出ますが、ANN、共同通信などと比べれば遙かに上記に信頼性はあると考えます。

そこでこの調査結果で注目する点は「デモ参加者は共産、社民、民主、生活の支持者が多くを占めている」、「参加世代で多いのが60歳代以上である」というものです。

そこからデモ参加者の主体は団塊の世代を中心とした70年全共闘世代と言い換えてもいいのではないかと思います。
彼らは70年から現在までの社会主義、共産主義の崩壊をまたソ連、中国の最近迄の行状の実像が判明した現在でも思考が70年で停止しているのではないかと思える程です。
でなければ既にベルリンの壁の様に崩壊したイデオロギーに参加した過去を悔い、恥ずかしく思って然るべきであると思えるのに、そうは思わずにノスタルジーと共に今に至っているという事を表しているということではないでしょうか。

しかもニュースに映っている映像には中高年の面々と共に労組の旗、九条護憲の旗が棚引いています。

そして何時もの偏向メディアである朝日、毎日などは国会前のデモを一般市民のデモとミスリードした報道をし、また参加比率が低い若者・学生とされる者たちを中心として比率を高めた映像、コメントをとり流します。

さもあの「今まで沈黙していた若者が声をあげだした」です。
これも偏向メディアの得意な印象操作というテクニックです。

然しながら、流石に護憲九条さよく連合も法案成立阻止がほぼ不可能と読んでいるか「これからも安倍政権に対立して行く」という声を四方から出し始めています。

そうなると既存の団塊の世代さよくという先の無い集団ではなく今さかんに持ち上げている『SEALDs』など若者を中心とした護憲組織を核として拡大させて行こうという構想となるでしょう。

その表れこそ、民主党推薦で国会、参議院特別委員会の公聴会にSEALDsの中心メンバー奥田愛基が招致され出席したことが何時もの学者などを使わないという不自然さも含め未来を暗示しています。

http://www.bengo4.com/internet/n_3690/

https://samurai20.jp/2015/07/sealds/
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5951.html

そして共産党、民主党、他反日野党、偏向メディア、その他さよく連合はこの『安保関連法案採決』に関して『強行採決』、『憲法違反』、『戦争法案』などと喧伝し、これからの闘争をその若年層をさよくとして育て拡大しつつ、活動目標である『沖縄辺野古基地移設反対運動』、先々は『憲法改正反対運動』へとつなげて行くというものです。

そしてそれがさよくの若年層の取り込みというものであり、その動きは一部在日韓国朝鮮人の活動ともオーバーラップしたものです。



[ 2015/09/16 12:49 ] [ 編集 ]
奥田君に託すような政党とは・・・。
奥田公述人を推薦したのは民主党なのですか。
民主党は、どうしようもない存在になっていますね。「有名人」ならインパクトがあると考えたのでしょうか。

国会前の反対派集会で、岡田代表が「皆さんが頼りです」と絶叫しました。
→リードするのが、政党だろうに。指導力皆無。

安保法案採決の動きに対応策が、まだ決まっていない。
→当然、予想されたことなのに、いつもながらの付け焼き刃対応。

昨今では、朝日、毎日から叱咤される始末。
野党にすれば「追い風」ながら、こんな状況でも支持率を落とす民主党。
自爆へのカウントダウンの音が大きく響く民主党です。

ただ、この間隙をぬって共産党が、巧妙に動いています。油断なりません。
[ 2015/09/16 14:30 ] [ 編集 ]
ブサヨとルーピーのコラボ
ルーピーネットワークとブサヨネットワークのコラボレーションで
出現したのがこのブサヨルーピー青年か。
確かにオツム悪そうなツラしてるね。
「個」を肥大化させ、己の権利ばかりを主張する世代の代表としては
まさにうってつけかも。
[ 2015/09/16 14:37 ] [ 編集 ]
連続投稿で恐縮です。
産経新聞によれば

>民主党の岡田克也代表は16日午前、国会内で開かれた緊急会合で「8割の国民が今でも(安全保障関連法案について)説明不足だと言っている。1億人だ。今国会での安保法案成立に反対が6割、7000万人だ」と指摘し、「私たちの後ろには7000万人、1億人がいる。民意をしっかり体現していくために一致団結して努力しよう」と述べた。


だそうですが、
いつの間にか、説明不足という国民が8割に水増しされ、勝手に1億人を反対派にカウントしている。

こう反論しましょう。
「お前の後ろなんかにいやしないぜ。」
「お前の前にいるんだ。」

もう岡田代表は、正気ではないようだ。
[ 2015/09/16 14:47 ] [ 編集 ]
まさに七五三ですね
こはる様
アングルのせいか「ハイ、ぼく~、ここ見ててね~」と言われながら撮った写真に見えますねw
お直しする間も無かったんですかね、袖が長~い・・・あ~、だから余計子供っぽく見えるんだな。

「青年の主張」も、ライターがいたとして最期の件は奥田本人の言葉でしょう。とすると奥田くんはやっぱり選挙とは?政党政治とは?が分かってないんですね。
オークダーキがキング牧師に見えた(爆笑)シールズ仲間も分かってない。

共産党が狡猾で民主党が馬鹿だというのが如実に表れていて面白いですね。
芳生スターリンが次も民主党から立候補というのと同じ臭いがする。

ここのところ家庭の事情でネットをのぞく余裕も無かったので、サイレント・マジョリティということが頭に浮かびました。
議事堂前や沖縄で「反対!反対!」叫んでいる、それだけが生き甲斐で他にする事が無いおっさんおばさんの集団が国民を代表している訳が無い。

[ 2015/09/16 15:41 ] [ 編集 ]
素顔
Y子様 この素顔を見て、今までの映像のよく居る今どき若者風な、髪で顔を見えなくして更にキャップを被る理由が、今回理解?出来ましたねw
足の短さを、思い切った腰パンで隠したつもりの高校生と似たものを感じます。

社会に出たらこの顔で勝負しなければなりませんから、彼にとってはよい経験でしょう。けれど、国税使ってまで見たい顔では無い。

14日の平和安全法制特別委員会で、ヒゲの隊長・佐藤正久議員が<民主党内にも集団的自衛権の必要性を訴えていた議員は居る>と岡田党首や野田元首相の以前の記事や著書を挙げたら、何故か民主党議員が一斉に激高してヤジヤジヤジ。
一旦審議が止ってしまったそうで、何をしても見事な程のブーメラン党です。

数の集計も出来ない。誇張は限度を知らない。全く裸の王様現象で、赤子を入れて一億二千万強の日本人口なのに、一億人が岡田に依れば法制化反対するそうで、やっぱり創業者がこの人を跡継ぎにしなかったのは我が子を観る目の確かさ。流石に伊勢商人だわ~。
それを国民の前に放牧されるのは迷惑至極ですが。
[ 2015/09/16 16:26 ] [ 編集 ]
ふぅ。。。
職場のテレビ見てた50代の女性が

『最近の若者にしてはしっかりしてるわぁ!』

『ほんまやわぁ! うちの息子もちょっとは見習い!』

ひっくりかえりそうになりました。。。

[ 2015/09/16 16:26 ] [ 編集 ]
NHK~
今放送中のNHK、分かっちゃいましたが酷すぎますな。
安保法案反対丸出しー。

こはる様
ふふふ、言っちゃいますねw
そういえば南鮮の若い男連中はみんな前髪が重たいですね。隠したいのね~
[ 2015/09/16 20:35 ] [ 編集 ]
視野検査
Y子様、こはる様、

眼科で、視力ではなく視野の検査をする時には、睫毛でさえテープで張っ付けて、邪魔にならないようにします。ましてや髪の毛など論外。

物事を広く見るべき青年が髪の毛で己の視野を自ら狭窄にする、心理的に何か説明ができるかも。

少なくとも、救助活動にあたる自衛隊員には一人もおりませんな。(笑) 一点の視野の欠落も、彼らにとっては命とりになりますから。

盲人の王国では片目の男でさえ王になれる、と言ったエラスムスの凄味がおそろしく胸に迫る昨今です。


頭のないシールズを目のない民主党が呼ぶ天下の奇観、国会は見世物小屋か?

自民党へは不満たらたらであっても、それでも盲人の群れよりはましと誰もが思います。片っ方だけでも、目がついてますものね。
[ 2015/09/16 21:20 ] [ 編集 ]
死ぬかと思った・・・
さっき、会社の帰りにラジオのニュースを聞いてたら、大爆笑ニュースがありましたので、シェアさせてください。

国会前で、憲法学者が集会を開いたそうで、
「早稲田大学の長谷部恭男教授は、「法案は、憲法違反というだけでなく、必要性も合理性も全くない。法案が成立したら北朝鮮がミサイルを作ることをやめるわけでもない。何の意味もないではないか」と述べました。」
とのこと。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150916/k10010237721000.html

酸欠で死ぬかと思うぐらい笑ってしまいました。

「消火器を備えたら放火魔が点け火をやめるわけでもない。何の意味もないではないか」
と言ってるのと同じ論理ですね。

バカだとは思ってましたが、単なるバカではなく、すごいバカだとわかりました。

早稲田はこの人クビにしないと、卒業生や現役学生などの関係者がかわいそうだと思います。
[ 2015/09/17 00:15 ] [ 編集 ]
ミンスってほんと無能な馬鹿政党ですね。
ネット発信で、どんどんミンスの馬鹿っぷりを拡散しましょう。
[ 2015/09/17 01:09 ] [ 編集 ]
アリナミンさん お見事です。消火器の例え感心しました。
それから長谷部大先生東大退官して早稲田にきたんだもんね。早稲田の憲法昔から左だもんね。樋口大先生も東大から早稲田に来たもんね。憲法違反がゆるされないのは権利侵害になるからでしょ。安保法案違憲ではないと考えていますが仮に違憲だとしても誰の権利侵害するの?教えてください。長谷部さん山口さん?
[ 2015/09/17 01:26 ] [ 編集 ]
世界で反対や難癖は中朝韓とスパイのみ! 自衛不要は警察不要!対案無き反対は国賊の難癖!
我欲スパイやNHK等の非現実好いとこ摘み食い無責任論は、ギリシャ化で日本全滅!
責任者は最悪を想定して備える!
 自衛の歴史で今がある!国防全てに優先は、国民常識!滅私一丸明治維新のように、最悪の事態を想定して備えるのが、資源無き小国、生き残り唯一の手段!
総括した米国と無検証の日本!
マッカーシズム(赤狩り・レッドパージ)(1950〜1954年)
 共産は戦争元凶の凶産とやっと気づいたアメリカは、冷戦体制化の1950年2月マッカーシー上院議員が国務省内に多数の共産分子がいると攻撃し、その追放を求めたことから始まり、リベラル(自由主義)派の官吏・外交官・文化人・軍人(ほとんどが言葉と文字業)をすべて共産主義者と決め付ける、ヒステリックな赤狩りが行われた。1954年にようやく良識と冷静を取り戻し、12月マッカーシーはその非民主的な調査と攻撃法から上院の非難決議で失脚、鎮まった。 共産と信じていた米国にとっての共産=凶産は、青天のへきれき(対日戦争は間違い!)で、ヒステリックな衝撃を与え、ルーズベルト、トルーマンも攻撃された。

日本ではこの獅子身中の虫は未だ裁かれず大手を振っている!アメリカは反省しタウンゼントに赤狩りで応えた!日本の赤狩りは!反省は!総括は!タウンゼントが繰り返し述べたように大東亜戦争は、英・仏の凶産無知と征服欲、米・中に潜んだソ連の凶産プロパガンダとルーズベルト凶産無知が起因。現在日本も、当時のアメリカ同様である。職責者「言葉と文字界」は、当時のアメリカ同様に信念無き、国無き唯物人間の巣で、札束で横っ面をひっぱたかれればすぐ言いなりになる拝金屋の巣!いまだもって無検証隠蔽が、揺るぎの無い証拠!
詳細は下記を選択し検索!
戦後米国反省赤狩りで応えた日本はスパイ亡国奴し放題野放しの戦後
真実史観
[ 2015/09/17 01:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: