私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  南鮮で進む「請求権協定」のちゃぶ台返し

南鮮で進む「請求権協定」のちゃぶ台返し

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「この大雨は天にいる慰安婦少女の涙だ」
 「日本への心配より、日本沈没への期待が増してしまう」

 これらは、日本を襲った台風18号と、その甚大な被害を伝えた朝鮮日報の記事に寄せられた、南鮮ネットユーザーのコメントだそうであるあの大震災の後、セレッソ大阪対全北現代の試合で、「日本の大地震をお祝い(し)ます」という弾幕を掲げたほどの民族のことだから、何をやっても驚かないが、こういうヘイトコメントを見るにつけ、やはり彼の国との友好など、こちら側からお願いして実現するものではないことを再認識する。

 南朝鮮では、中高歴史教科書で日中韓3カ国の歴史問題に関する記述が拡大される見通しだという。

韓国歴史編纂委員会は11日午後、京畿道果川市庁舎で「歴史編さん準拠開発試案公聴会」を開いた。試案は日韓が対立する竹島(韓国名:独島)と従軍慰安婦、中国が高句麗を自国の歴史とするいわゆる「東北工程」の執筆基準を現行より明確にした。高校「韓国史」の試案は執筆留意点として、「従軍慰安婦が日本の官憲関与のもとで、強制的に連行された事例を紹介する」などを挙げている。

レコードチャイナより


慰安婦像


 拙ブログでは、南鮮が語る歴史は史実に則したものではなく「物語」であると幾度も指摘してきたが、彼等の悪しき習性は今後も続くということである。彼の国の教科書は、反日分子を大量生産する道具だ。我々日本人が、GHQの教育政策によって魂を抜かれかけたのと同様に、南鮮では、“物語”によって“偏った思想”を持つ国民が量産され、その価値観が広く国民を支配する。だから、日本人の人命が失われる惨事を喜ぶ輩も後を絶たない。「日本の不幸は南鮮の幸」という図式は、今後も継承されていくのである。

 そういった価値観が支配する南鮮では、反日無罪という原理に基づき、日本との約束事すら反故にして良いという動きすら見られる。

さてさて、韓国の外交の(日本関連の)は日本の戦後処理を破壊すること、結果的には基本条約の破棄を狙っている・・と、本ブログでは書いてきました。

・日本の植民地時代に強制徴用で父親を亡くしたイ・ユンジェ氏は、2009年、憲法裁判所の門を叩いた。私たち国民の大日本請求権問題が完全に、最終的に解決されたことを確認するという内容が盛り込まれた1965年の韓日請求権協定2条1項は、国民の財産権を保障すると規定した憲法に反するので違憲だと宣言してほしいという趣旨だった

・しかし、李氏が提起した件は、2009年11月以来、5年9ヶ月が経っても、まだ決定が下されていない

・判決を6ヶ月以内に宣告するように規定した憲法裁判所法があるが、憲法裁判所がその裁判所法を「強制ではない」と解釈している状況だという


 これは、シンシアリーさんが書いている記事からの引用だが、要するに日韓基本条約で「完全かつ最終的に解決」された約束事に関するちゃぶ台返しだ。南鮮の憲法裁判所は、この事案に関し、「年内には判決を下す」とコミットしたとのことで、「盗んだ仏像は返さなくて良い」「慰安婦問題で韓国政府が日本に何も言わないのは違憲だ」に続く、突拍子もない判決が出る可能性すら否定できない。

 日韓基本条約が締結された1965年、時の南鮮大統領は朴正煕である。言うまでもなく、朴槿恵の父親だ。南鮮にとっての朴正煕は、日本から多額の援助を引き出し、漢江の奇跡という彼の国の経済成長の土台を作った英雄だろう。その娘の政権下において、父親の功績を曲げるまでの反日工作が、憲法裁判所を巻き込む形で実施されることになれば、いよいよ南鮮は退路を断った反日政策に舵を切るということを意味する。日本の対南鮮感情が更に過熱することは、想像に難くない。

 日韓基本条約における請求権の取り扱いとは、国家間の賠償等を整理し、条約後は、国がその国民の面倒を見るということで一致している。慰安婦問題に関する南鮮側の主張は、慰安婦問題が起こったのは請求権協定の後であるというものだが、後付けでいくつもの問題を提起すれば、未来永劫、日本に金を無心できるという彼の国のやり方の典型例だ。

 南鮮憲法裁判所の出方が注目される。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2015/09/13 09:44 ] 外交 | TB(0) | CM(12)
嗚呼 韓民族よ 君を泣く
偽りの 捏造にすがり
捏造の 空虚にすがり
それのみが 息する根拠と
号泣す スカスカの土偶に

しかし…こんママで、南朝鮮人のアイデンティティ(←こんなものがもしあるとしてだが)は古田博司教授の指摘するがままに北朝鮮中国に吸収されるカタチで完全に消滅してしまう。

 自身による自身の魂からの完全ホロコースト

をおこなう。まあ勝手にするほか他民族の者が言うのは内政干渉になるので呆れてみているほかないが、しかし鬱陶しい迷惑不快実害がふりかかる時間空間(辛ナニガシなんかも高給に飼いつつ……ハァ(´ヘ`;))に、われわれ普通の素朴質朴柔和お人好しの真日本人が生活しているワケで、

 地理的の宿命

と、どっしり構えてゆくほかないか。
憲法を改正せねばならんでせう。死ぬ気で。
安倍総理よろしくお願いします。

[ 2015/09/13 12:45 ] [ 編集 ]
憲法改正の前に自分自身を改正したほうが、正当な右翼だと私は思う。
何でもかんでも、現憲法のせいにしていたら、それこそ左翼の主張とたいして
変わりがないのではないでしょうか?。
[ 2015/09/13 15:45 ] [ 編集 ]
メクラである我々に、何が言いたいのだ?

>盲人が盲人を導く。 ネトウヨの私的憂国の書氏からド壺堕ち 矢嶋博士
  では みなさま さやうなら

>普通の素朴質朴柔和お人好しの真日本人が生活しているワケで・・・

なんじゃ、これは? 我々をメクラと罵り喚く奴のブザマなちゃぶ台返しか?
ナニワ西成の罵詈雑言漫才かなんか知らんが、朝鮮漫才のほうが潔よいわ。
[ 2015/09/13 18:23 ] [ 編集 ]
ちゃぶ台は使わない
ちゃぶ台という多機能テーブルの発想ができない民族に説教しても無駄じゃないでしょうか。ハングルは発音記号を羅列し、音の集合で意味を伝達する言語。したがって、漢字のような表意文字でコミュニケーションする場合とちがって、時代とともに意味が簡単に浮動する言語といってもいいでしょう。しかも国民の90%が統合失調症をわずらっていて、まともな判断力を常に期待することができない人々に条約の条文を振り翳す方がどうかしているとおもいますよ。
[ 2015/09/13 19:21 ] [ 編集 ]
矢嶋様
このブログにお戻りになるなら、ブログ主はじめ主要投稿者に一度は詫びを入れましょうよ。

後ろ足で砂をかけるような言行をなさったのですから、それはやむを得ないことだと存じます。

人間は一定年齢を過ぎますとね、何を言うかも大事ですが、それ以上に、どのような言い方をするかは、もっと大切なことになります。

矢嶋様は有り余る言語的な才能がおありになりながら、いや、それ故にか、失敗なさいました。

ここのブログ主は寛容な方ですから、何も仰らないかもしれませんが、人様の寛容に甘えてはなりませんぞ。
これは私が言っているのではない、教育勅語には朋友相信ジ、恭儉己レヲ持シ、とあり、また、軍人勅諭には軍人ハ礼儀ヲ正シクスヘシ。とあります。

いずれも明治陛下のご勅諭にある言葉でありますぞ。
一度、猛省なさいますように。


[ 2015/09/13 19:50 ] [ 編集 ]
流石、名に恥じぬミンジョク
半島土人の名は伊達じゃないを実証してくれる、それが南半島土人国です。北の兄弟より酷いんじゃないかと思うことがここ数年顕著ですね。めでたく支那様の藩国として認められたのですから、益々北に負けじと宗主様に色目を使いまくって世界中から見放されて行くでしょう。

世界で唯一の土人国ですから、国際法の観念どころか国内法も事後法のオンパレードです。歴代大酋長達は後任大酋長に政治生命を奪われるのが伝統行事ですしね。女酋長様もそろそろ塀の中に入る準備した方が良いんでしょうね。

そう言えば次の大酋長様は連合国史上最低最悪最無能の名の誉れ高き世界大統領閣下と噂されていますナ~
[ 2015/09/13 22:00 ] [ 編集 ]
被害者営業中
植民地時代の《強制徴用》を世界遺産登録申請予定だそうです。
ほとんどストーカー。
上から下まで、あと1000年は元気に被害者予定です。
[ 2015/09/14 00:29 ] [ 編集 ]
お給金
徴用は強制性を持つのですから「強制徴用」なんてまるで刑務所行きみたいな表現ですよね。
その刑務所だって従事したお仕事のお給金は出る様ですし、徴用にも徴兵にも支払われて居ましたものを。

アチラの裁判所のする事ですから結果には全く期待は出来ませんが、どう賽子の目が出ても、締結した国際条約を無視する判定なら自らの「法治国家」の真価を国際社会に曝すだけで、逆に面白いミモノになると思います。
無効となれば、日本はインフラ及び民間投資金額から計算し直して請求出来ますから、それに支払った金額を足して、そんなに悪い事にもならないと思います。いいんじゃないですか。

管理人様は何を言っているんだか?甘いよなあ、と思いながら読ませて戴きましたw。
今どき南鮮人に、日本の災害他に世間並みの同情を寄せられてご覧なさいな。寒イボが固定されて鮫肌になっちゃう。
今が好いのです。彼等に何かがあっても「ヘーそりゃテーヘンだねえ」と棒読み出来ますもの。
南鮮には、只ひたすら「カネカエセ」で良いのだ。
[ 2015/09/14 00:58 ] [ 編集 ]
安倍政権の「ちゃぶ台返し」への対応や如何?   
第二次安倍政権になってから感ずることは姿勢が周到になり二枚腰になった
ことです。 識者から70年談話など藪蛇であり止めるべきと諌められつつも
敢えて発表し、「必須用語」を使いながら村山愚談を柔らかく全否定すること
からも凄味を感じさせます。

南鮮が「請求権協定」破棄のちゃぶ台返しをやったとき、南鮮有利な条件で
新条約を結ぶために最悪の場合は、南鮮の日本企業の全従業員を出国不可
の形で拘束し新条約締結のための担保とすることも考えられます。 

この時、安倍政権が深謀遠慮で対応しようとしているなら、その対応は我々の
意表を突く超ヘタレたものになるかも知れぬことを考慮しておくべきと思って
います。 例えばODAに応じるとか、通貨スワップ協定を再締結するような。

今、在日らに対しての在留カードへの切り替え期限が過ぎていることに加え
10月から銀行の隠し口座を暴く「マイナンバー」制度が始まろうとしています。
渡邊哲也氏によれば、これは在日らの不法滞在の炙り出しと左翼団体への
資金供給を断つ強い強制力になるとのことです。

上記の政策によって炙り出された在日らを全て南鮮に送還し終わるまでは
南鮮と強い緊迫関係を作らないとの深謀遠慮がある可能性があります。 
そうならば南鮮と緊迫状態を回避するために資金の援助や何らかの協力を
惜しまず、殊をまとめようとするシナリオも在り得ると考るからです。
[ 2015/09/14 07:30 ] [ 編集 ]
そうかしら?
有り得る事だとは思いますが、その一方で、それをしたら安倍さん支持率かなり危ないわよ、と強力に思います。

李明博が始めた「韓流ドラマ推し」で、逆に日本人の多くが南鮮の実態のあれこれを知っちゃった今、ODAだのスワップ協定だのを再発させたら、政権が保たない気が致します。断定ではないですけど。

日本企業には責任を以て社員の措置をして戴くしか無い、と冷血に思います。
拉致被害者とは違いますから、在日との割高な交換は可能ではないか?と。(在日三人~五人に一人の日本人、とか)楽観的希望的観測です。
[ 2015/09/14 08:23 ] [ 編集 ]
日本の隣国ではない韓国
DNA的にも全く違った民族、日本人と心情的にも相容れない反日敵対国。
地理的に近いだけの決して隣国ではない韓国。

自国の富や文化を収奪し尽くした日本、その極悪な日本から
独立を勝ち取ったとして国家の成立を嘘の歴史から出発した韓国。
幼稚園児の小さな頃から捏造の歴史を陳列する独立記念館へ連れて行き、
日本軍の残虐さを身体にしみ込ませ、反日ばかりで埋められた教科書を
使って成長して行く。

そうした国民が、日本人の不幸を喜ぶのは、ある意味極めて自然な流れですね。
反日分子を国家が創出しているのですから。

この様な反日の国民が量産される危険性を日本人がもっと意識すべきなのに、
日本のあちらこちらでハングル文字を溢れさせている日本の現状。
それは国内に、ごり押しする勢力がいるという証明ですが。
情報戦で敗けて、戦争に至るのが常なのに、
この情報戦の重要性を敗戦から少しも学んでいないのが日本人。

また一方で、自分達が困れば平然と嘘をつき、多文化共生などと、
平気ですり寄り、利得を得て来た姜尚中に代表されるような
被害者ビジネスに長けた在日の彼ら。
こうした国内の反日勢力から、メディアを通じ教育を通じ、
今日まで如何に、し放題にされてきたことか。

この国は真の日韓友好などとはこれっぽっちも考えていないし、
(真の英明な国士がいたとしても決して声をあげられない状況には
 痛ましい思いもあるが)
未来永劫、日本叩きの手綱を緩めることもない。

事ある毎に日本を貶める材料を見つけては、恫喝の種とする。
度重なる反日毀損行為に、ほとほと嫌だと思っている日本人の鬱積する感情は、持って行き場がないところまで来ています。

冒頭に書いた韓国は隣国ではないと言ったのは、西尾幹二氏。
日本の隣国は、最も重要な国アメリカ。
それはドイツに於けるフランスであるように。
言うならば日本にとっての韓国は、ドイツに於けるポーランド。
仲が悪いのは相当なものとか。

韓国は価値観も歴史観も共有するこのない、日本にとって災厄の国。
友好促進などと甘い言葉に翻弄されることなく、
冷静に相手を見ていることに尽きるのですね。
彼らが中国と共闘し、今後も創り続ける嘘物語、大プロパガンダには
その都度、反撃することで、日韓、日中は仲良くするべきだとのべき論に
一切、耳を貸す必要もないことを肝に銘じて。

[ 2015/09/14 09:18 ] [ 編集 ]
優雅な生活こそ最高の復讐
正直、韓国に対して悪口雑言をついて…それが正確な批判であったとしても…ほとんど意味がないと思います。批判するほどの実体性がない相手ですし、身内の中でそれを言っても、誰かに何かが伝わるわけでもない。

彼らに決定的なダメージを与えられるのは、日本人が真に優雅な生活をした場合においてです。

各人の生活の質が南朝人とは隔絶していることが重要ではありませんかね。例えば、矢嶋師匠のように作業現場で歌を詠むとかですね…南鮮人には逆立ちしても出来ないことですよ。
(聞いてますか、矢嶋師匠)

反韓、嫌韓はよいのですが、一年中、目を三角にしてそればかりやってると、段々相手に似てくるのですよ、日本人が。

支那、朝鮮に対しては、我々は納税者なのですから、なるべく不愉快なことは見聞きしないですむように、外務省で適当にやってくれというのが正直な気持ちです。

そのような意味から、支那、朝鮮のごとき華夷秩序に属する特異な政治心理を持つ国々に対しては、「特亞庁」の新設を求めます。

通常の外務省職員のローテーションの中では、まずこの手の人材は育ちません。名称はともかく、支那、朝鮮を相手にするには、それなりの特務機関、特殊作戦班的な人材が必要かと。

求む「支那屋」の復活!

あ、朝鮮はそのついでということで、宜しくお願いします。
[ 2015/09/14 19:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: