私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  客観報道を装う偏向報道

客観報道を装う偏向報道

← 応援クリック、ありがとうございます。

 マスメディアが世論誘導する常套手段として、「〜がこう言っている」という、第三者の言動を借りる報道の仕方がある。マスメディアには客観報道が求められるので、メディア自身が「こうだ!」と主張することのほかに、「〜がこう言っている」という報道を織り交ぜることで、客観報道をしている“振り”をするのだ。

 さしずめ、デモなどは「〜がこう言っている」という、他人の威を借りるには格好の材料だ。しかも、デモの参加者の人数が多いほど良い。それが多数派であることの傍証として使えるからだ。この手の報道に接すると、マスメディアの存在意義とはなんなのか、改めて考えざるを得ない。

安保法案反対、全国で一斉デモ 国会取り囲み廃案訴え(朝日新聞デジタル)

参院で審議中の安全保障関連法案に反対する市民によるデモが30日、東京・永田町の国会議事堂前や周辺を埋めた。主催者発表によると、参加者は12万人で、安保法案をめぐる抗議行動では最大。参加者が歩道からあふれて、警察側が車道を開放した。市民らは国会議事堂を真正面に見据えた車道に帯のように広がり、雨の中、「戦争法案廃案」「安倍政権退陣」と叫び続けた。


 予め確認しておくと、記事にある通り、この12万人だかいう数字は主催者発表の請け売りだ。それを、朝日は既成事実のように、またはそう取れるような書き方で書いている。しかし、警察発表では3万人だとか。ネットには早くもこの参加者数検証記事が出ており、実際の参加者数は10分の1という分析まで出ている。


 偏向メディアの鉄則とは、このようなものだ。
  • 社論に反する言動は、さも無きことのように無視する
  • 社論に合う言動だけを、さも圧倒的多数のように報じる
  • 権威と民意を強調する
  • 反対派を邪悪なものとして浮き立たせる

 安保法案賛成デモが全く報じられないのは、そういう人たちが存在することを知られないための、マスコミの恣意によるものだ。安保法制反対国会前デモの人数を主催者の発表通りに報ずるのは、彼等が圧倒的多数だという印象を、読者に植え付けるためだ。権威については、安保法制に反対する憲法学者をことさら取り上げることで証明済みだ。そういう積み重ねによっていうメディアは安倍総理を「我が国を戦争に導く邪悪な首相」として宣伝するのである。

 客観報道とは、情報の伝達に記者の主観を混ぜないことを言う。しかし、対立する一方のみを際立たせ、もう一方を無視する選択が成り立つ時点で、朝日のようなメディアは最初から客観報道を放棄していると言わざるを得ない。イデオロギー達成のためなら、安保法制反対デモを首謀する共産主義者とも共闘する ーー それが朝日だ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/08/31 07:13 ] メディア | TB(0) | CM(17)
【世界における日本】
安保関連法案に反対する人々の無理解→ http://chronos.blog.jp
[ 2015/08/31 08:19 ] [ 編集 ]
邪悪と卑怯そのもの 朝日新聞
未来ある子供達に嘘を教えて恬として恥じない
邪悪かつ卑怯の朝日新聞。

多くの敗戦利得者を擁した朝日新聞でした。
東京裁判史観に則った戦後利得者の巨大な集団を支え利用した朝日新聞です。

今や、シナの崩壊と同様の歩調を合わせた、この新聞の崩壊は
国民の視界に入ってきました。
生存をかけた最後の戦いに挑んでいるかのような
なりふり構わぬ安倍叩きは熾烈をきわめます。

国民は見ていますよ。そう馬鹿にしたものではありません。
日本人をたらしこんだと思えたこの長い年月は、中国に御執心では
ありましたが、その実、アメリカを見ていたのですね。

戦後、GHQから発行停止命令を受けた朝日さん、
それが余程こたえたのか反日の旗振り役をさんざにやって
朝日の天下は長く続きました。

反日の為なら歴史を捏造、歪曲お手のものの悪行三昧の日々は
ネット社会で白日の下に晒されました。
如何にあなた方が国を売り、先人を卑しめ、
日本人の誇りを無くすことで潤ってきた日々であったかを。

世界情勢は変わりましたよ。
日本人は覚醒してあなた方を許しません。

[ 2015/08/31 08:26 ] [ 編集 ]
新聞部数
赤峰和彦の『 日本と国際社会の真相 』
コラム(38)朝日新聞の発行部数はなぜ激減したのか2015-08-29
朝日新聞の内情に詳しい識者から新聞社の実売数について情報を頂きましたこれは、押し紙【※1】などを除く、購読者数です。
朝日新聞 公称680万部 実売数190万部
(※2014年9月時点 公称 760万部 実売数 280万部)
[ 2015/08/31 09:25 ] [ 編集 ]
支持率アップ!
本当に保守側、今回で言えば安全法案賛成推進側の集会デモは報道しませんね。呆れるほどにそれは徹底している。
都内であればせいぜい産経が書く程度で、それも反日集会ほどのスペースは無い。

ああいう「人口」は70年安保時には三倍前後、と思って居たのですが沖縄少女暴行事件時には、気がついたら十倍以上の主催者発表で、ほぼ定着?でしたが、それに対するネット批判でか、今回国会周辺は四倍、他県で行われたデモにはどれだけの盛り具合か?

ですが、デモの集まり具合で政治が左右されたらロクな事はなりません。
そのデモには明らかな中共簡略文字のノボリ写真がネットにありましたし、報告ではハングルもあったと。彼等は日本の国政に自国の主張を押しつける事に何の遠慮もなくなっているのでしょう。

安倍総理の支持率も日経調査では46%に上がったそうですから、国民はしっか
り観ているし、自分の頭で考えて居るのです。
日本を取り戻す。日本国と国民の安全を守る。この基本線をしっかり貫徹して戴ける為に、応援賛同致します。
[ 2015/08/31 10:36 ] [ 編集 ]
朝日新聞の広告主への抗議をしましょう
日本を貶め国益を棄損し国家発展安全保障を妨害することの為には捏造虚報妄想記事オンパレードの朝日、毎日、中日、東京、沖縄タイムス、琉球新報、日刊ゲンダイ、NHK,TBS,TVアサヒ、共同通信などのメデイアの広告主への抗議を皆で継続続行して行きましょう。扇動されて踊らされる一部馬鹿国民はどの国にもある割合で存在するのは仕方ないが、新聞、テレビで放送法に抵触する報道姿勢には国会議員、国民で対抗して行く必要があります。正に外患誘致罪に該当します。
[ 2015/08/31 13:26 ] [ 編集 ]
 ロンドン五輪の銀座凱旋パレードの50万人との比較検証も、有用と思います。
[ 2015/08/31 13:44 ] [ 編集 ]
大本営発表!
まったく、日本の左翼にとって歴史的経験とは何なのか。本当に懲りない連中です。

客観性を持たない言説を振り回す勢力はいずれ滅びます、まあ、日本の変態左翼は既に滅びかけていますが、今回の「戦争でっち上げ法案」が最後の線香花火かも。

それにしても十倍増とは、同じ盛るにしても恥ずかしくないか。70年代の大デモを見慣れた目からすると、デモ隊は1万を多くは越えておりません。実数7~8千といったところか。その辺が現在の左翼勢力の最大動員数でしょう。昔は社・共が7万数千、新左翼系でも2万数千ぐらいは平気で動員してました。12万は昔の夢再び、左翼のノスタルジーの数字でありますな。

戦国時代も数字はある程度盛っていました。例えば尾張に侵入する今川の軍勢2万数千を4万と号すとか、最後に桶狭間に突入する織田の軍勢3千を信長が総勢5千と称すとか、景気づけを兼ねて宣伝戦はやってますが、そこまでですね。

実際、動いてる部隊は倍近くに見えるのですね。全共闘生き残りの先輩に、デモ隊の数え方を習いました。(笑)

だから、初期の大河ドラマ「太閤記」で、エキストラの青年団3百人が山上から槍を連ねて桶狭間に突入するシーンは人数以上の迫力がありました、まるで山津波を見るような。あの時代はC.Gがありませんから。
信長が2、3千の手勢を3万と号したら、この殿様は大丈夫かと兵隊達が呆れ果てて、みんないなくなってしまいますよ。戦国時代の足軽でも、今のシールズの諸君とは違って、みんなその程度の知性はありました。

大本営がペーパー上の兵力を動かして、何かしらやった積もりになって、朝日新聞以下が、それをまた宣揚する。
既視感がただなりませんな。この道はいつか来た道♪ですよ、それこそ。

右と左がショーバイ上、入れ替わっても、紙面を売っている彼らの本質はまったく変わらないということですね。
[ 2015/08/31 14:30 ] [ 編集 ]
人民日報朝日支社
朝日新聞を日本の新聞と思うのは間違い、中共の手先人民日報の日本支社と言うのが正解だ。今度のデモをことのほか喜んでいるのが中共であるからして、彼らが喜ぶからには安保法制は間違いなく日本の為になることは子供でも分かる論理である。
朝日は戦前さんざん戦争を賛美し煽っていた、そして今は日本の弱体化を喜ぶ中共のために、防衛のための法案でしかないものを、ことさら大げさに戦争になると大騒ぎ、平和の主のようにふるまっているのだから、その欺瞞性にはあきれてものが言えない。
彼ら左の意識は、マスコミは目的の為のプロパガンダに過ぎず手段を選ばない、動員人数のごまかしは朝飯前、一般人を装ってしゃれた名前を付けた若者の集団は、間違いなく共産党の組織、民主青年同盟が動員した集団である、だまされてはいけない。
[ 2015/08/31 15:40 ] [ 編集 ]
さよく野党連合と偏向反日メディアとSEALDsなど憲法九条護憲派による日本をミスリードする「反安倍反安保法制運動」
国会前の憲法九条護憲派デモの前に現れた民主党の岡田代表、共産党の志位委員長、社民党の吉田党首、生活の党と山本太郎となかまたちの小沢代表が手を繋いでいる姿はまことに気持ちの悪いものです。

http://www.sankei.com/politics/photos/150831/plt1508310015-p1.html

http://www.sankei.com/politics/news/150830/plt1508300019-n1.html

本来、ここに維新の党の松野代表も入って手を繋いでいても不思議ではないのですが、時間が少し足りませんでした。
それにしても写真はこのメンバー実態を見事に表しています。

共産党、社民党、民主党、維新の党、生活の党。
そもそも共産党や社民党といえば親北朝鮮、親中、親韓の現実離れした特殊な党です。
それが民主党や維新の党に近づいたのか、それとも民主党や維新の党が共産党、社民党に近づいたのか。
やはり民主党や維新の党の本質が共産党や社民党に近いのではないかと思います。

それは政治理念などが即ち、変化する国際情勢を客観的、現実的に見て国民の生命や財産を守ると言う国益の基本が欠落しているということだと思います。

そしてそれらの者たちが徒党を組み今行っているのが『扇動による国民の安全保障潰し』というものです。

そこで改めて思う事は『日本人の力への無知、鈍感さ』というものです。

かつて満州にあった日本国の権益、資産、そしてそこにいた日本人の財産、生命などが日ソ中立条約を一方的に破ったソ連の不法な力により如何に失われてしまったのか。
北方領土、千島列島も同様です。
韓国に奪われた竹島も又同様です。

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1941-50/1945_nissochuritsu_haki.html

力(軍事力)により奪われたものは戻っては来ず、しかも奪った相手は居直っているというのが世界の現状です。
そしてそのような日本の例は例外ではなく、世界中多数の例があります。

だからこそ、奪われたら帰って来ないという事を肝に銘じ、今後はもう奪われない様にするという事が大切なわけです。

先ず若者はSEALDsなどで無駄な時間を使わず、日本の近代史を学んだ方がよいでしょう。
基本的には今の教育現場でそれらが不足しているのが日本の原状の問題なのでそれは早急に改善すべきです。

そこから自分の国土を守るという正しい知識、意識が出来、国の安全保障へのまともな思考が出来るようになるというものです。

尚、今後も毎週の様に行われる『さよく連合安全保障関連法案潰し』の国会デモの様子を偏向メディアを通じ、「安保法制反対」への誘導を目的に洗脳コメントを付け加え報道して行くことでしょう。


[ 2015/08/31 19:24 ] [ 編集 ]
たぶん、この中に居る
昨日のデモに参加しているだろう一集団だけは許せません。
27日にやはり国会周辺で主に僧侶の反対集会があったそうですが、何とその名が「呪殺祈祷僧団」。

文字通り安倍総理を鈍い殺すと表明して国会周辺で祈祷したのだろう、と思います。
ヒダリにも反日にも百万歩譲って「まあ日本では許されているけどね」と言えても、この「呪殺僧侶団」には、ひと言も許せません。

一応は僧侶であれば、少なくとも人の生き死にに謙虚である筈で、それが平安時代の様な祈祷で反対者を呪い殺す発想。
効力の有る無しではなく、人として僧侶として大問題でしょう。
彼等の云う「平和、人権、自由、平等、反戦」というものの実態を顕著に物語っているのではありますが、この僧団はテロ行為として断罪されるべきだと思います。
何故か、こんな酷い者達も報道されていない(テレビは観てないので断言出来ませんが)。
[ 2015/08/31 20:24 ] [ 編集 ]
日本のサヨクの異常性
夕方のニュースはどこもこのデモを取り上げていましたね。主催者発表と警察発表をだしてたのが日テレ一番ひどかったのがTBS,ここは全国でもとまた嘘の数字を盛っていましたね。デモ参加者のいろんな年代に聞いてみましょうと…みんなバカのひとつ覚えのごとく戦争させるなの一点張り!この人達の頭の中はどうなてるのか疑いましたね。
珍しく創価学会の反対者も取り上げていました。公明党の支持母体であること反対派は平和を唱えてきたから支持したのにと…それに対しての公明党のコメントも放送してました。気持ち悪い三色旗がいくつかふられてましたね。都合の悪いことは報道させない公明党が汚いですね。実は創価アピールでは?安保法案が戦争法案なら世界中にある安保法案は戦争法案なんですか?だったら世界の中心で戦争法案反対だと叫んでこい!!
[ 2015/08/31 21:18 ] [ 編集 ]
政権批判は安全だからね
決してダメージを受けない
[ 2015/08/31 21:59 ] [ 編集 ]
あれって、ヘイトスピーチですよね。
逆だったら絶対そう騒いでると思う。

ヘイトスピーチだ!!

日本国の首相を呼び捨てにして、辞めろ!とか
叩きつぶすとか。

しかも、何処にも日本の国旗がない。
つまり、日本のため、日本国民のためになんて欠片もない。
明らかに第3国が煽動している。

馬鹿だね。冷静な日本人がそんなのに騙されないよ!!
騒げば騒ぐほど、あらが見えてくる。
そのうち仲間割れするから、間違いなく。
[ 2015/08/31 22:51 ] [ 編集 ]
大衆の煽動と洗脳手法にだけは長けているアカヒ
アカヒの記事は、基本的には「アカヒイズム」(「捏造」「誇張」「やらせ」)に基づいて書かれています。

アカヒも基本的には、日本を支那・朝鮮の属国化、共産革命への煽動のために、「衆愚」を対象にして記事にしているのです。

このような新聞は、ただのサヨク宗教新聞ですが、残念な事に、このような欺瞞だらけの新聞を「クオリティーペーパー」などと呼んで、崇め奉っているイタイ人々が、未だ少なからず存在しているのも事実です。

正直、アカヒでまともなのは「科学欄」と「受験特集(天声人語とアカヒ御用の有名人の著書は除く)」だけです。

アカヒは「権威」が大好きですから、「学者」だとか、「作家」だとか、「役人」だとか、「元政治家」の意見をやたらと載せますが、何故か門外漢の人物にまで意見を貰おうとする上に、例え専門家でも基本的に的を射たものは少なく、大抵はテンプレのような発言か、平和カルトか、何が言いたいのかはっきりしないものが多いです。

アカヒに対立するような意見が載るようなことはほとんどありません。まあ、これは新聞全体である程度自社の政治スタンスに沿った意見が多く取り上げられているのはやむを得ない面もあるのですが、アカヒは社を挙げて「アカヒイズム」で反対派を煽動していますから、悪質でしょう。

アカヒが反省する事などありません。アカヒは、創立当初(戦前)から「アカヒイズム」を貫き通してきたカルト新聞です。まともな国民は読みません。

このような組織はさっさと解体されるのが日本の為です。

アカヒには、曲りなりとも行動力のある記者が多いのは事実ですが、その行動力が「捏造」となっていては仕方が無いだろうと思うところです。
[ 2015/08/31 23:17 ] [ 編集 ]
偏向メディアが主導する『安倍首相安保関連法案つぶし』
安倍政権が誕生してから、特に第二次安倍政権が誕生してから日本のメディアというものが如何に偏ったメディアであるかということがクッキリとして来ました。

そう成らざるを得ないからです。

朝日を代表とする朝日イズムなり、その同調者である毎日が自己の利権と存在をかけて抵抗しているのです。

相手が弱小であればこれほど正体を暴露しないのでしょうが、もう形振り構えなくなっているほど安倍政権は力を持った行動力があるという事です。

既に朝日や毎日が望む『首相戦後70年談話』戦で負け、次の大きな戦いがこの『安保関連法案』です。

ですから朝日、毎日は今から、例えば国会前のデモを「労組中心の今までのデモではなく、一般の市民のデモであり、その市民が反対している」、「ごく普通の学生など若者などが不安感を持って反対している」、そして何時ものように「中国、韓国のみならず欧米はこう伝えている」と特に今の「安保関連法案」に反対するニュースに『一般市民・若者を強調』して採決を『強行採決』をするなと釘を刺すという干渉を交え伝えています。
誠に偏向したメディアです。

そんな日本の癌の様な偏向メディアの抵抗ですが、恐らく安倍政権は強行と言われようとなんだろうと法案を来月半ばに参院を通過させるのではないかと思います。
何しろ安倍首相の「経済・歴史認識・安全保障」という三本柱の一つであり、此処迄での残りの重要課題がこの安保ですから。

偏向メディアは言うでしょう、事前にも事後にも。
「安倍政権は強行採決をした」と。
しかし、それこそ過去の保守政治家が覚悟のもと行った決断と同様、将来を睨んだ正しい選択です。
迷わず強攻してください。

それと常に美しく正しい日本の足を引っ張り続ける日本の偏向メディア対策ですが、民放という隠れ蓑はやはり日本という民主主義国で攻略の難しさが有ります。
そこで既にさよくもよく理解している事ですが、公共放送であるNHKに目が向くわけです。
つまり偏向メディアであるNHKを潰すという正論ともう一つの戦略としてNHK改革というものがあります。
NHK改革とは偏向NHKの局内さよく勢力を駆逐し、NHKを健全化する事です。
NHKを健全化するということはまだまだ一般国民に信頼があり、ブランドを辛うじて保っているNHKがこういう様に報道しているが朝日、毎日はまったく違う事を報道しているというギャップを一般国民に見せられるということです。
その様な意味ではNHKは潰すのではなく本来の意味での改革をすべきであると考えます。
又新聞では産経ただひとり孤軍奮闘していますが、テレビ界ではまったくさよくに牛耳られているままです。
何とかフジテレビをまともに出来ないものかとむず痒い思いです。


[ 2015/08/31 23:53 ] [ 編集 ]
マスコミの記事は偏向でご自分のは客観的ですか、なるほどなるほど
[ 2015/09/03 08:33 ] [ 編集 ]
Re: マスコミの記事は偏向でご自分のは客観的・・・
> マスコミの記事は偏向でご自分のは客観的ですか、なるほどなるほど

私のブログが客観的って、記事のどこに書いてますか?
[ 2015/09/03 10:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: