私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  世論に裏切られる朝日新聞の社論

世論に裏切られる朝日新聞の社論

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍談話が出された後、各種メディアはその談話、内閣支持率党の世論調査を実施し、その結果を発表した。20日の拙エントリーで、朝日新聞が世論調査結果を公表していない事を指摘し、「産経や読売、共同が調査を行っているくらいだから、自称クオリティペーパーの朝日新聞が調査に着手していないわけはない」とした上で、「恐らく、調査が(安倍談話に否定的な、朝日の)15日や16日の社説と真逆の結果を示したからではないのか」と、誠に勝手な疑問を書いた。

 その朝日新聞が、各社から遅れること約10日、自社の世論調査の結果を公表した。

安倍談話「評価」40%、「評価せず」31% 朝日新聞社世論調査 (朝日新聞)

 朝日新聞社が22、23日に実施した全国世論調査(電話)によると、安倍晋三首相が発表した戦後70年談話を「評価する」は40%で、「評価しない」の31%を上回った。「その他・答えない」も29%に上り、判断がつかない人も多かったようだ。内閣支持率は38%(7月18、19日の緊急調査は37%)で横ばい、不支持率は41%(同46%)でやや下がった。

 戦後70年談話は、内閣支持層の70%、自民支持層の67%が「評価する」と答えたが、無党派層では27%、民主支持層は23%にとどまった。

 談話で、日本が先の大戦での行いに「痛切な反省と心からのおわび」を繰り返し表明してきたことに触れて、「歴代内閣の立場は、今後も揺るぎない」と表明したことについては、「適切だった」が54%に上り、「適切ではなかった」の20%を大きく上回った。

 また、戦争に関わりのない世代の子どもたちに「謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」という談話の主張には、「共感する」が63%に及び、「共感しない」の21%を引き離した。談話を「評価しない」と答えた人でも、この主張に「共感する」は46%で、「共感しない」の39%より多かった。

 一方、談話が中国や韓国との関係に「よい影響を与える」は11%、「悪い影響を与える」は17%にとどまり、「どちらもない」が59%を占めた。戦後70年談話を「評価する」と答えた人でも、「どちらもない」が62%に及んだ。


朝日新聞世論調査


 朝日新聞が15日の社説で、「いったい何のための、誰のための談話なのか」、「この談話は出す必要がなかった。いや、出すべきではなかった。改めて強くそう思う」「村山談話の内容から明らかに後退」「(談話を)私物化しようとした迷走の果てに、侵略の責任も、おわびの意思もあいまいな談話を出す体たらく」と、発狂ともいえる激情をもってこき下ろした安倍談話だが、朝日の努力も空しく、自社の調査でさえ、肯定派が否定派を上回った。

 特に顕著なのが、安倍総理が「戦争に何ら関わりのない世代に謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」と、謝罪外交の区切りを宣言した部分である。拙ブログで、談話のキモであると指摘した部分だ。これを評価したのが産経・FNNで66.1%、読売では63%、朝日では63%だ。新聞社の世論調査は信用できないという説もあるが、保守系からサヨク紙までほぼ同じ数字を示していることは、「謝罪外交への終止符」を望む国民が間違いなく多数派であるということだ。

 失笑してしまったのは、下記の設問と答えだ。

◆安倍首相に今後、どのくらいの間、首相を続けてほしいと思いますか。できるだけ長く続けてほしいですか。しばらくの間は続けてほしいですか。続けてほしくないですか。
できるだけ長く続けてほしい15
しばらくの間は続けてほしい46
続けてほしくない29

朝日新聞世論調査より


 「できるだけ長く」と「しばらく」を合わせ、安倍政権の継続を望んでいるのが6割強。この数字は、集団的自衛権問題、戦後70年談話で安倍総理を徹底的に批判し、反安倍のリーダ役を担ってきた朝日新聞の大敗北を意味する。朝日の社論が、民意によって否定されているのだ。同じ日の、「集団的自衛権を使えるようにしたり、自衛隊の海外活動を広げたりする安全保障関連法案に、賛成ですか。反対ですか」という設問に対しては、いまだ反対派が多数ではあるものの、反対は先月の57%から51%と、6ポイントも下げた。

 朝日が取り得る手段は、大きく分けてふたつだ。まだ批判が足りないと認識し、安倍政権を徹底的に糾弾するか、もしくは、談話等への批判を収束させ、株安など別の要因で安倍政権を批判するかである。少なくとも、世論は朝日の社論に反応していない。朝日は世論によって、方針の転換を迫られているのだ。

新聞と日本人 (祥伝社新書)
新聞と日本人 (祥伝社新書)


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/08/26 07:15 ] メディア | TB(0) | CM(10)
どッワァッハハハハハァ~
(朝日馬SEALDs歌壇8月24日ヅケ)
●アルちゅう酒さ赤鼻の永田和宏選第2等賞
▼ここまで来たらやるしかないって戦争もそんな具合に始まってゆく
(東京都・野上卓某)
●永田和宏某評=野上氏、「事ここに至れば」もまた、どの時代の戦争にも利用された。

矢嶋博士講評=赤鼻のおっさんヨォ、そったらゴダァ、北朝鮮の正恩小僧、中華非人民不共産国のヒトラー野郎に言っでヤッダラええもんだってェ。

●アルちゅうメタボッチ佐佐木幸綱某選第4等賞
▼ヒロシマとナガサキの三つ目の街 見たいのは誰決めるのは誰
(横浜市・毛涯明子某)

矢嶋博士講評=そっだらゴトゴトはオメェさまが決めるゴトダンベ、ベタなグイズしてんぢゃあネェゾッチ。
ああ~あ、退屈ダンベ、こったら壇みる価値ねぇべ。

●アルちゅう中のアルちゅう浮腫高野公彦選第2等賞
▼妻強し嫁いだ娘とデモに行く兜太先生のポスター持って
(横浜市・沓掛文哉某)
●高野公彦某評=第二首、兜太さん筆「アベ政治を許さない」ポスター持った人々が先ごろ国会周辺をデモした。国民の怒りは高まりつつあるようだ。

矢嶋博士講評=

 「国民の怒りは高まりつつあるようだ」

どッワハハハハハァ~、グルヂィ~、ダヂゲデェ~、ウッ、ウゥッ~、兜太っちゅうだら字ィのドベダ下手糞ヤデェダラダラァッ、そっだら腐れアジボスタァ下げてごくろサン。そのボスタァの制作費は中華非人民不共産国提供と知ってのことかい?高野公彦チャン某ヨォ。どう?けさも飲んでる?例の佐佐木と永田デェ。朝日馬歌壇ネツゾウカイザン部屋デェ。朝日新聞のおごりでなぁッワハハハハハァ~って。グデングデン天国へ~。

[ 2015/08/26 08:43 ] [ 編集 ]
管理人様
朝から笑わせて頂きどうもありがとうございます。
朝日ったら何やってるんですかね?
まさに「バカか、お前は」

そういえば、朝日購読者の友人が「朝日って家庭欄がいいのよね」と言っていたのを思い出しました。
新聞をテレビ欄から見て(「読む」では無い)スポーツ欄以降はパラパラっとしておしまいな人が、朝日購読者にも結構いるのではないかと思います。
ヒダリ思想なんて無いけど、なんとなく朝日が多いのですね。
[ 2015/08/26 10:00 ] [ 編集 ]
捏造虚報妄想記事だけの朝日新聞
国民は怒っています。その結果朝日新聞の凋落は激しいです。2015年度前半期と2014年度後半期の比較では朝日新聞がマイナス4.7%、読売新聞 マイナス 1.51%、毎日新聞 マイナス 0.61%、日経新聞 マイナス 0.51%、産経新聞 マイナス 0,04%。朝日新聞の捏造虚報妄想記事オンパレードの実態が国民も気づき始めたのでしょう。朝日新聞だけの販売数減が際立っていますね。数年もすれば500万部を切るかも。いや朝日新聞の葬式は国民がだす決意でしょうね。
[ 2015/08/26 12:02 ] [ 編集 ]
朝日という偏向反日自虐メディア
>朝日が取り得る手段は、大きく分けてふたつだ。まだ批判が足りないと認識し、安倍政権を徹底的に糾弾するか、もしくは、談話等への批判を収束させ、株安など別の要因で安倍政権を批判するかである。

朝日といえば、あの朝日の自社イデオロギーの為に事実を無視する捏造と言える「吉田調書報道」、「池上彰コラムの掲載問題」、そして朝日の社是とも言える『反日自虐』関連である「慰安婦に関する過去の誤報取り消し遅滞」の謝罪などで当時の木村伊量社長がテレビで謝罪会見を渋々行ったメディアです。

木村伊量

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E4%BC%8A%E9%87%8F

この時には検証を行った朝日の恣意的人選第三者委員会の甘い検証の発表があったわけですが、その舌の根も乾かぬうちから朝日らしい報道に早速戻った事は衆人の知るところです。

http://www.asahi.com/shimbun/3rd/

その後と言えば、『沖縄基地移設』、『安保関連法制』、『原発再稼動』などですが、ことごとく旧来からの朝日イズムそのままに紙媒体、テレビなどを使い自社主張を巧妙に流し続けています。

その行いから見ても朝日は反省などするメディアではないことは明確です。

今や朝日と一般の日本国民との意識ギャップが日々広がるだけなのですが、朝日というロークオリティメディアがそう易々と気質、体質である『偏向反日自虐意識』を変えるとは思えません。
朝日がやっている事とは「木村社長謝罪会見」後、公平さを装う誤魔化し方を工夫した報道というものではないでしょうか。

そこで現在、一見表面的には大人しく見せ偏向を隠している積もりの朝日だけに、もう一つの『偏向メディア』である毎日が朝日の分も頑張らねばと思ったのか、やたら目だった露骨な偏向を続けているという昨今です。

http://www.sankei.com/column/news/150823/clm1508230009-n1.html

[ 2015/08/26 12:37 ] [ 編集 ]
毎日新聞
朝日新聞のレイアウト部に外注かけてるさうでこの頃、レイアウトだけは四流から三流半になったとよろこんでいる馬鹿(アホ~)ばかりだとか。
内容が一切「無いよう」で一見キレイなレイアウトが余計にスカスカに見えるのが、

 あはれ

余命幾ばくもなし、
毎日歌壇といふものもいっちょ前にでっち上げてるらしも、そんうちに、

 焼き討ち鏖(ミナゴロ)し

かけてみませう。ロクなもんで無いのはわかってますが。
ところで毎日歌壇ってナン曜日ヅケだっか?。調べるのんメンド臭い。ハァ~。

[ 2015/08/26 21:30 ] [ 編集 ]
調査不足
最後に挙げられた安倍総理の任期項目、これは新種の厭らしい「調査」ですね。如何にもすぐにも辞職させたい中鮮支社らしい。

安倍総理の「期間」を問う前に、朝日新聞社への「期待」を問えばイイのに。
 朝日新聞社は存続するべきと考えるか?今すぐ潰れろ!と考えるか?
 朝日新聞信記事を信じているか、いないか?
 慰安婦記事、吉田調書への捏造謝罪は充分か?不足か?不足すぎるか?
安倍総理の国益追及姿勢云々より自社の罪を問うべき。

安倍談話の諸外国への関係影響を言わず、中共と南鮮だけの「関係」を問うのも、如何に視野の狭すぎる新聞社か自白している様なもの。
この様な思想奇形な新聞社は既に公器の資格が無い。
[ 2015/08/26 23:59 ] [ 編集 ]
アイリス・チャン
台湾の馬英九総統があの、日本貶め捏造誇張本「ザ・レイプ・オブ南京」を書いて04年に自殺したアイリス・チャン(ご両親)に褒章授与、だそうです。
[ 2015/08/27 00:09 ] [ 編集 ]
アグネス・チャン
名が似れば考へヤルこと似てくる de. で、アイリスちゃんアグネスちゃん
        〃         、朝日(アサヒ)新聞毎日(マイヒ)新聞

 ……チャンチャン~ヒ~ヒ~
[ 2015/08/27 02:36 ] [ 編集 ]
朝日馬歌壇毎日鹿歌壇 馬鹿壇那亞(ばかだんなぁ)
(朝日馬歌壇8月24日ヅケ)
●高野公彦某選第2等賞
▼妻第し嫁いだ娘とデモに行く淘汰廃人(兜太先生)のポスターを持って
(横浜市・沓掛糞哉某)
●高野公彦評=兜太さん筆「アベ政治を許さない」のポスターを持った人々が先ごろ国会周辺をデモ行進した。国民の怒りは高まりつつあるようだ。

(毎日鹿歌壇8月24日ヅケ)
●伊藤一彦某選第1等賞
▼「われわれ」と群れるの拒み「わたしの」と主張をつなぐ若きらのデモ
(和歌山県・中西不幸代某)
●伊藤一彦某評=結句がポイント。かってのような組織票に基づく行動でなく「わたし」で行動する若者への信頼と期待。

矢嶋博士講評=よぉヨォ伊藤一彦のおっさんヨォ、このSEALDs っちゅうだらデモのドコが【わたしで行動する】ナノ?。阿呆ちゃう~?。日本共産党ヒトラーユーゲント中国共産党紅衛兵民青の色仕掛けひっかかり白痴連中のおちゃらけ行進やないのん。なう。ポスターが印刷物の量産品やがな、どこが、

 組織に基づく行動ではなく
 「わたし」で行動する

やねん!。馬鹿も休み休み言わんかいこの現実認識能力脳みそヘタレ腐れ野郎女郎が、ギグゲェゴッ。
ホント 馬鹿なんだから~。目ェ咬んで死にサラセ。

以上ニピキの【彦】のお粗末サマー。

[ 2015/08/27 05:15 ] [ 編集 ]
矢嶋師匠
やはり「葛」でしたか。
自生しているのを観た事がないし、くずきりや葛餅、葛湯、と食物としか思って居ませんでした。汗

「恋しくば~」の物語は、「保名」(やすな)で検索出来ると思います。
歌舞伎や日舞の演目です。
あの歌を役者は口に咥えた筆で書くのです(狐ですから)。
[ 2015/08/27 07:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: