私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  安倍総理による戦後70年談話を歓迎する

安倍総理による戦後70年談話を歓迎する

← 応援クリック、ありがとうございます。

 マスコミが煽る喧騒の中、昨日14日、安倍談話が発出された。「侵略」「植民地支配」「反省」「おわび」という4つのキーワードに最後まで固執するマスコミは、談話の中身などどうでもよく、そのキーワードが含まれるか否かで、談話の価値を評価しようとした。特にTBSは、談話を語る安倍総理を捉えたテレビ画面の隅に、その4つのキーワードを並べた「チェックリスト」を映し出し、ネット住民から非難を浴びたようだ。まったく品がないというか、節操がないというか・・・。

 私は当然仕事をしていたので、談話と会見の様子を生で見ることは叶わなかったが、帰りの電車で談話の全文を確認した。直前までの報道で「おわびが入る」と報じられていたので、正直なところ、過度な期待は禁物と思っていたし、それほどの期待感、高揚感はなかったのだが、一読し、談話は良く練られたものだと感じた。

 まず、談話の意義のひとつは、西洋諸国による地球規模の植民地主義、米国による無差別爆撃や原爆投下に触れたことだろう。終戦の詔で、昭和天皇は、「敵ハ新ニ殘虐ナル爆彈ヲ使用シテ頻ニ無辜ヲ殺傷シ慘害ノ及フ所」と、原爆投下を厳しく非難されたが、その昭和20年8月15日以来、政府の公式見解としての原爆非難は封印されたに等しい。戦後50年の村山、60年の小泉は、当然ながらその部分に踏み込んでいない。この意味で、安倍談話は画期的と言える。米国の反応が待たれる。

安倍談話


 この談話を出す前提において、安倍総理が避けなければならなかった、或いは払拭したかったのは、「歴史修正主義者(Revisionist)」というレッテル貼りである。その点に配慮し、日本の過去の戦争について、「新しい国際秩序への挑戦者となっていった」と語り、歴史修正主義に基いた姿勢を持っているわけではないという立場を表明した。他方で、その日本が歩んだ道に、西欧諸国の植民地主義、ブロック経済による日本孤立化の企図があったという背景を並べることによって、一般化と相対化を図った。ギリギリの線でバランスを保ったと、私は考える。

 4つのキーワードのうち、最も注目されたは「おわび」だっただろう。談話に「おわび」が入る、入らないで、日本のマスコミは大騒ぎだった。「おわび」しない談話など要らないという意思表示であり、「おわびしろ」という、第四の権力による圧力だったのは言うまでもない。この「おわび」に関する安倍談話の建てつけはこうだ。

  • 我が国は、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきた
  • その思いを、平和と繁栄のために尽力する形で、実際の行動で示してきた
  • こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎない

 つまり、おわびをそのまま継承するのではなく、平和と繁栄のための尽力という行動で示して来たといい、それを今後も継続すると言ってるのだ。おわびという言葉の継承ではなく、おわびの想いの継承だ。これも考え抜かれたものである。反省とおわびはセットではない。反省の対になるのは、平和と繁栄への継続的な尽力である。そのロジックを踏まえた結論として出てきたのが、この談話の最も重要な次の段落である。

 日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。


 談話では、日本が国際社会に復帰する段において、世界各国からの寛容に救われたと述べた。米国上下両院議会での演説で、硫黄島の戦士であった米国スノーデン中将と栗林忠道中将の孫、新藤義孝前総務相の握手で表現した和解を、かたちを変えて表現したものである。寛容さを微塵も示さないどこかの国にとっては、耳の痛い演説内容となろう。

 朝日新聞は今朝の社説で、「この談話は出す必要がなかった。いや、出すべきではなかった。改めて強くそう思う」と、苦々しく、また敵意丸出しで書いた。朝日が反対なら、概ね良いという方程式は、この談話でも成立しそうである。メディアは騒ぎに騒ぎ過ぎたので、今後、安倍談話を無視できなくなる。小泉談話は体よく無視できたが、安倍談話に関してはそうはいかない。これから攻撃は熾烈さを極めるだろう。本当の正念場はこれからかもしれない。

 正直なところ、安倍談話がことさら自虐的な色を帯びたものになったら、今日参拝する靖國の英霊にどう申し訳をしようかと危惧していたのだが、どうやら杞憂に終わったようだ。全ての人々を満足させる談話など、不可能だ。私は、村山談話になかった、主人公となるべき日本国民へのメッセージが、安倍談話にあったということだけでも評価したいと思う。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/08/15 09:22 ] 政治 | TB(1) | CM(22)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/08/15 10:12 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/08/15 10:13 ] [ 編集 ]
良い談話
まさぶぅです。
昨夕、安倍総理の談話を生で聞きました。管理人様が言われる通り、非常に練られた談話だと感じました。マスゴミが執拗に圧力をかけていた支那、南朝鮮への「おわび」も、特定の国に対するものではなく、過去、70年間、その思いをだきつつ、歩んできた日本が間違っておらず、そしてこれからの日本が進むべき道について、しっかりと述べられていました。
なにより、戦争を知らない世代に謝罪させるべきではない、という明確な発言には思わず拍手を送りました。この一言だけでも、談話の意味はあったと思います。
なには、ともかく朝日新聞が反対するのですから、非常に良い談話であったのは、間違いないでしょう。
[ 2015/08/15 10:23 ] [ 編集 ]
歴史書。はたれによって、いかに書かれる、か
モンテーニュ エセー
司馬遼太郎 この国のかたち 街道をゆく 風塵抄
シーザー ガリア戦記
安倍晋三 戦後70年談話 アメリカ議会演説
チャーチル 第二次大戦回顧録
江藤淳 閉された言語空間
昭和天皇 御製 実録


哲人のみが書き著はすことが出来るものであらう。
ネズミ顔の、朝日岩波子飼いの、
 ぶサヨクガクシャ
ヅレらの手に負えるモノではない。
願はくばこの安倍晋三談話の、

 薫り高き強き

文体に日本アジアアメリカの歴史教科書の近現代史がつくられ、この国の未来世界の未来を切り開きゆく者らに与へられん ことを。


 反歌
 平成27年2015年8月15日に
八月の十五日来て、青空の清きひかりに 世界の明瞭なる

 11時57分

しづむこゑに安倍晋三の 英霊に語りかけゐし。届きたるべし


 正午

天皇が こころからなる追悼の意。言ひたまひたるときわが泣きだしぬ


[ 2015/08/15 10:27 ] [ 編集 ]
アメリカでもリベラルによる言論封殺は行われている
>安倍総理が避けなければならなかった、或いは払拭したかったのは、「歴史修正主義者(Revisionist)」というレッテル貼りである。

このレッテル貼りは、アメリカでも(アメリカ人の歴史学者等に対して)行われています。

今でも、フランクリン・ルーズベルト政権の実態
 “容共” 
 “選挙公約(戦争には参加しない)違反”
 “事実上、アメリカからの宣戦布告=ハル・ノート”
を指摘すると、リベラル(=アメリカ民主党筋)からの「歴史修正主義者(Revisionist)」というレッテル貼りによる言論封殺が行われているとの事。

日本が“戦後レジームから脱却”する為には、
アメリカ共和党(アメリカ草の根保守)との共闘が必須です。


ルーズベルトの開戦責任
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2062.html
(引用開始)
本書は米国大統領フランクリン・ルーズベルトの最大の政敵であった共和党の重鎮、ハミルトン・フィッシュ元下院議員が、第二次大戦への米国参戦に焦点を当て、一九七六年に上梓した回想記の全訳です。

フィッシュ氏は、非干渉主義の立場から米国の参戦に反対していましたが(当時の米国世論の八割強が戦争に反対)、日本の真珠湾攻撃の翌日に大統領が対日宣戦布告を求めて行った議会演説を肯定し、宣戦布告容認を訴えて熱弁をふるいます。対日宣戦布告直後の11日にドイツが対米宣戦布告、これでアメリカはヨーロッパの戦いに参戦します。ところがのちにフィッシュ氏は、大統領が実質的な対日最後通牒(「ハル・ノート」)の存在を議会や国民にひた隠しにしていたことを知り、日本の戦争回避努力を知って、自らの発言を深く後悔します。氏は大統領ら関係者の死後、本書を執筆。開戦に向けての大統領の策謀を詳述し、外交交渉によって避け得たかもしれない大戦にアメリカを導き、あまつさえヤルタ会談ではスターリンに譲歩を重ねて戦後冷戦構造をつくりだしたとしてルーズベルトの責任を厳しく追及したのです。ニューヨークの名門出身、第一次大戦では黒人部隊を指揮して戦い、政治家に転じてからは議会の中枢にあり、ヨーロッパ要路に幅広い人脈をもっていた有力政治家が、終戦から三十余年の沈黙を破って公にした、まさに歴史的証言です。
(引用終了)
[ 2015/08/15 12:37 ] [ 編集 ]
道半ば
この度の「安倍首相戦後70年談話」ですが、中国、韓国、日本の朝日、毎日、東京などの偏向メディアや共産党、民主党などの偏向政党ががっかりして不満タラタラである事が談話の成功を表しています。

今後もそれらの者たちの安倍政権攻撃は続きますし、次ぎの「安保関連法案」、「沖縄辺野古移設」などを闘争の山とでも考えているのでしょう。
そして中国、韓国の工作も日本に入り込んで日本側と連携をとっていることでしょう。

勝って兜の緒を締めよ

自民党内には二階俊博、額賀福志郎、野田毅、野田聖子などもいますし、安倍首相をカバー出来る保守政治家も不足しています。

本日8月15日、未だに政治家の靖国神社参拝が特別視される日本、まだまだ道のりは遠いと言えるのではないでしょうか。


[ 2015/08/15 12:59 ] [ 編集 ]
【保存版】大日本帝国の日露戦争勝利は、日本人の同胞民族(gm細胞同一)であるフィンランド人とエストニア人の民族史上初の独立をもたらしました。1917年12月6日フィンランド共和国独立、1920年2月24日エストニア共和国独立。
里美です。

【保存版】大日本帝国の日露戦争勝利は、日本人の同胞民族(gm細胞同一)であるフィンランド人とエストニア人の民族史上初の独立をもたらしました。1917年12月6日フィンランド共和国独立、1920年2月24日エストニア共和国独立。
*****

大日本帝国[ドイツ語dt.: Das Kaiserreich von Grossjapan]が明治37年(西暦1904年)2月8日から明治38年(西暦1905年)9月5日までの日露戦争においてロシア帝国[ロシア語russ.: Российская империя、ドイツ語dt.: Russisches Imperium]に勝利した結果、

日本人[ドイツ語dt.: die Japaner]の同胞民族(gm細胞同一)であるフィンランド人[フィンランド語finn.: suomalaiset、ドイツ語dt.: die Finnen]とエストニア人[エストニア語estn.: estlased、ドイツ語dt.: die Esten]は、民族史上初めて独立しました。

それゆえ、フィンランドとエストニアにおいて、日本人は、とってもものすごく超英雄であり、とってもものすごく称賛されます。

*****
フィンランド共和国[フィンランド語finn.: Suomen tasavalta、ドイツ語dt.: Gleichherrschaft Finnland]=1917年12月6日独立
エストニア共和国[エストニア語旧字体estn. alt: Eesti Wabariik、エストニア語新字体estn. neu: Eesti Vabariik、ドイツ語dt.: Freistaat Estland]=1920年2月24日独立
[ 2015/08/15 13:12 ] [ 編集 ]
本日も良く晴れて、暑さもぶり返し、盛大な蝉時雨が少しうるさいですが、なんとなく昨日までとはちょっと違い軽やかな気持ちです。

>先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。
官邸HPへ何度もお願いメールをしたのが正にこのことだったので、私としてはこれだけで感動してしまいました。
「私のお願い聞き入れてくれた~」って「アイドルと目が合った~」みたい?w

うまく言えないのですが、朴さんの演説もいまいちハリが無いし、野党の「本音が見えない」なんて「あんたメンタリストなの?」な発言を見ても、この談話が反日売国勢力の「さぁー噛みついてやるからかかってこい!」とパンプアップして待ってた気持ちを跳ね返すのでは無く、ほわ~んと吸収してしまったところが凄いと思います。

閣議決定の前にお父様のお墓参りをされた安倍総理の表情がとても印象的でした。
勝手に想像させて頂いたのですが「できる限り考え抜きました。恥ずかしくない内容になっていると思います。どうか見守っていてください。」と報告されたように思われ、私はなんとなく安心したのでした。
桜島が大変で、問題はつきないですが、安倍総理には完全な休暇を取って頂きたいです。
[ 2015/08/15 13:33 ] [ 編集 ]
安倍談話は、韓国共産シナ向けのものでなく、欧米諸国向けのものです。
安倍談話は、韓国共産シナ向けのものでなく、欧米諸国向けのものです。

安倍談話は、欧米諸国に対し、今後一緒に頑張っていこう!、と言っているのです。加えて、日本国が、東南アジア諸国とモンゴルを立派な国々になるように鍛え上げます!、と言っているのです。
[ 2015/08/15 13:44 ] [ 編集 ]
朝日が「出すべきではなかった」と書き、村山氏が「村山談話を継承しているとは思わない」というのですから、大正解でしょう。

日経一面タイトルが 首相「反省・おわび」言及
産経一面が 「謝罪」次世代に背負わせぬ

全国誌記者なら発信者の核心を書け!と日経(多分他紙はもっと酷いかも)には言いたい。

「歴史修正主義」とレッテルを貼られる事は、欧米では致命傷でだとは聴きますが、そもそも歴史の性格として、ある時期言われて居た定説が実は間違って居た、と訂正されることはよくあることで、正しい事に修正するのが何で悪事の如くに扱われるのか?ものの筋道で考えればそちらの方がおかしい、と個人的には深く思います。
国際外交のレベルに合わせねばならない、という「大人」のルールは承知の上で。

安倍総理の談話の中で、台湾をしっかり仰った事に、花丸贈呈致したい。
「核」は・・・そうなの?ですが。


[ 2015/08/15 18:07 ] [ 編集 ]
異様な国
「安倍談話」は皆さまご指摘の通り、現下の内外の政治情勢の中で、ぎりぎりの表現をしたものでしょう。よく書けていると思います。優良可でいえば、良の上。

キーワードが入っているかどうか、世界中の誰よりも、ある意味では中・韓よりも熱心に監視し、安倍総理の「間接話法」に不満を示す、朝日新聞を筆頭とする日本のマスコミの存在は本当に異様な存在です。

10年ごとに総理が日本国民を代表して、平和主義の祭壇の前で信仰告白をせねばならない。

そういうのは 今回で終わりにしたいものです。
[ 2015/08/15 19:45 ] [ 編集 ]
今NHKラジオ第一で
トーキングセッション2015年(20時~)という番組やってます。
私21時30分くらいから聞いてまして、NHK沖縄放送局からの実況中継らしいですが、
沖縄県の高校教諭(アラシロって呼ばれてる)が『沖縄戦』について説明するように司会者からふられて、

 まるっきり朝日岩波文化人的視点
 九条教信者か

でしゃべり捲ってます。
沖縄に押しかけているプロ市民かコイツゥッ~、ってカンジ。
昨日の安倍晋三談話など無かったかのごとくです。

 いとうせいこうトーキングセッション2015年夏 戦後70年

という番組。いとうせいこう、ってwho?。芸能人でっか?。懲りないシトビトでっせ。
なお番組は22時10分から再開されるって、ニュースで中断中。

今再開
実況公開放送だって。
アラシロっちゅうのは沖縄のどっかの大学の歴史センコーだって。ウスペラの話し方してます。
ネット。スマホで参加を盛んに若者に呼びかけてる。

 シールズキャンペーン

してはりまっせ(末世)。
23時まで公開生放送してるって、まるっきりツマラン内容なのでぇ~って、
ワタシはいまから淡路マクドで歌でも歌いに。
ほな バイなら~…(‥;)ゞ

[ 2015/08/15 21:52 ] [ 編集 ]
矢嶋様
いとうせいこうは何でも屋さんです。小説家として色々な賞の候補に挙がっていたようですよ。読んだことありませんが・・・
私としては、日本にヒップホップを広めたラッパー(なんじゃそりゃ?ですね)のイメージが強いのですが、何が受けるかの感度に優れた、結構やり手な人だと思います。
 
話変わって、矢嶋様のアドバイス、非常にハードル高しです。
振り返れば高校一年の夏、担任の古典教師から「特別宿題」を課せられたほどダメダメなできの悪い学生でした。 あ~古典苦手
期待はせずに気を長~くして待っていてくだされば、奇跡が起きるかも・・・
なんて、そんな虫のいい話ありませんわねw
[ 2015/08/15 22:22 ] [ 編集 ]
シンプルイズベスト・社交辞令路線を採るべきであった
昨日の記事のコメントで概ねこの談話の評価は述べましたが、やはり余計な文章が多いとしか言い様が無いと思います。何故ならその多くが『現代人の価値観による先人達の行動の断罪』に終始してしまっているからです。

完全に特亜向けのメッセージである『子孫に謝罪の宿命を負わせない』部分だけで良かったのではないかと思います。あとは社交辞令的な、特亜以外の諸国とはうまくやって行きますよ~の如き文章で締めくくるべきであったと思います。

恐らく、多くの識者らの意見を反映させたことが大きく作用しているとは思いますが、安倍談話の限界をよく見せていると思います。

しかし小生はこれらの理由が有っても、安倍さん叩きをする腐れカスゴミ共に加担する意思は毛頭無いのは言うまでも有りません。
[ 2015/08/15 22:26 ] [ 編集 ]
河野、村山談話の負の遺産の処分はできたか
河野、村山談話における負の遺産を安倍談話で処分した形になったのではないでしょうか。

談話では、河野・村山談話における「謝罪」を全体として引き継ぐが、後の世代が「謝罪」を永久に続けないようにここで一旦総括し、「謝罪」の連鎖とそれに伴う因果の断絶をすると表明したのは大きいと思います。

そもそも、「謝罪」自体、戦後において「サンフランシスコ講和条約」、「日韓基本条約」などで「謝罪」しています。また、条約を結んだ時点で「法的、政治的に戦中の問題などは全て解決した」という認識を互いに受け入れているわけです。

したがって、既にこれらの問題は互いに「解決済み」であり、その後は「謝罪」を続ける必要はありません。特亜がずっと「謝罪」を要求していますが、条約を結んだ時点で、「解決した」という立場を互いに取る事を受け入れているのにもかかわらず、それでもなお謝罪を要求し続ける事は筋違いも甚だしいです。

過去の日本政府は、特亜が条約締結後も居丈高に「謝罪」を要求してくる事に対して、外交において、特亜の方が非常識なのにもかかわらず、勝手に「謝罪」をしてしまい、ひたすら日本全体の国益を害していました。

しかし、「謝罪」を続ける必要は、もはやありません。安倍談話で「謝罪」の問題に対して総括をし、後の世代が「もう謝罪をする必要は無いよ」と示唆したからです。特亜が「謝罪」を要求してくる方が非常識ですから、それに対してはスルーすればいいのです。

特亜や左翼の対外宣伝に利用されないように、上手く表現を工夫した談話であると思います。

個人的には、若干戦勝国史観が残る、自虐的な表現「国際秩序への挑戦」「我が国が与えた損害」「日本軍が耐え難い苦痛を与え」などを避け、前向きな表現にできれば、【優】にしたかったのですが、及第点として【良】の評価はできるものであると思います。

全体としては、今回の談話でマイナスがゼロか少しマイナスに戻っただけだと思います。

まだまだプラスには程遠いですが、負の遺産を処分する事には成功したかと思います。この点は大いに評価できる談話であったと思います。
[ 2015/08/15 22:57 ] [ 編集 ]
訂正
きょう付の
朝日新聞大阪本社版ラジオ欄では、
NHK第一
21.05 みんな、戦争のこと、知ってる?沖縄局で公開生放送
。古市憲寿、夢眠ねむ。~23時。


きょう付の産経新聞大阪本社版では、
NHK第一
8時 いとうせいこうトキングセッション2015年夏戦後70年 森村誠一、白井聡。~22時。

となってる。矢嶋博士は産経新聞のラジオ欄見ながら、朝日新聞ラジオ欄に載ってた番組聞いていた。いとうせいこう某の番組ではなかった。

どうも寝起きでぼうっとしていたか。
しかしわたしの聞いた沖縄局の生放送の感想は前コメントのとおりです。

【訂正しょの2ィ】
上の産経新聞、昨日付でした。イヤハヤ ハハハハハ~(‥;)ゞ。

[ 2015/08/15 22:58 ] [ 編集 ]
Y子さま
ハードル、ってそんなものは、

 蹴倒して

ゆけば良いのです。虫がよく気長な人に奇蹟はあらはれます。
本当のことです。(^_^;)/V


 反歌
マクドなる24時間開いてゐれば、丑三つ時にもわが入りをりぬ
 淡路マクド

イヒタテ(飯舘村)にマクドありせば、わが生のいかばかりにそしあはせならむ

[ 2015/08/15 23:05 ] [ 編集 ]
参考になります。
明確な分析参考になりました。
ありがとうございます。

シェアさせて頂きました。
[ 2015/08/15 23:23 ] [ 編集 ]
嬉しいお知らせ
今、西村幸祐氏のツイッターを見てみますと
以下が書きこんでありました。
ブログ主様の記事を褒めてありましたので、
我がことのように喜んでいます。(^^♪

早速お知らせです。

*******
西村幸祐 ‏@kohyu1952 20分前
以前から注目する優良ブログの安倍談話分析。実に冷静な評価。
是非読んで下さい。朝日新聞と中国共産党の反応がほぼ同じ事が、
安倍談話が歴史的なものである事を証明します。
筆者は僕の読者でもあります。

安倍総理による戦後70年談話を歓迎する
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-2048.html



[ 2015/08/15 23:23 ] [ 編集 ]
安倍総理談話への御苦心に詠む
 幾重にも掛けられし軛(くびき)放ちつつ修羅の道征く君に幸あれ
            
[ 2015/08/16 01:11 ] [ 編集 ]
安倍総理の見事な戦後70年談話に対し、相変わらずマスゴミの気持ち悪さは尋常ではないですね。特に捏造ステーションとTBS。
[ 2015/08/16 02:15 ] [ 編集 ]
きのふの朝日新聞紙を眺めて
きのふの朝日新聞はもしろかつた。
記事と広告に出てくるネ~ンゲンを狩れば、
 ニッポンバケモン動物園
が即座に出来上がる。ニッポン最新バカモン図鑑という様相で、きのふ号だけは150円だしても、気分はタダ同然、お買い得感味わえちゃった。
で、
一面 論説主幹・大野博人
一面 天声人語・福島猿痔、根本腐樹
十面 社説
五面 岩波書店全面広告・柄谷行人(←哲学者だって!)
他面 ぶサヨクチシキジンご一行
馬鹿ばかり。正真正銘からの、
正直言って、斜め見しながら、
 眉毛がピクリ
とも反応しなかった。怒る気も失せるほどのアホらしさ。
例えば一面下段の本の広告、
日本戦後史論(徳間)内田樹白井聡。内田樹が知のカリスマ、白井聡が気鋭の政治学者と肩書きしてある、言うたもん勝ちやな。いやあ笑わせられましたコト。


 こはるさま
 おはやうございます

神の加護、必定ゆゑは安倍晋三 追手に帆かけてしゆらしゆしゆしゆ

では(^_^;)V

[ 2015/08/16 05:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

安倍談話を魔方陣的視点から解き明かすと-----その狙いは?
安倍談話、魔方陣、一見無関係のように見える、二つ。 私は、共通点を見出し、出稿することとした。 安倍談話が、それほどまでに良くできていることを知ったからだ。
[2015/08/22 07:20] 美しい国への旅立ち
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: