私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  「拉致より憲法」 ~ イデオロギーに染まり、人の道を踏みはずす馬鹿者たち

「拉致より憲法」 ~ イデオロギーに染まり、人の道を踏みはずす馬鹿者たち

← 応援クリック、ありがとうございます。

 3.11から半月ほど経った2011年3月24日、「イデオロギー馬鹿」というエントリーをUPした。多くの震災被災者が、必死に生きようとしていた時期である。被災者は、生きるために支援・救援を必要としていた。その時、@JPCCN_NWというツイッターアカウントを持つ禁煙ファシスト団体が、信じ難いツイートを発信したのだ。このアカウントは現在非公開に移行しているが、同じ団体の別アカウントのツイートは今も残っている。


 タバコを忌避し、タバコおよび喫煙者を原理主義的に社会から排除しようとしている団体のようだが、彼等は震災後の混乱、救援物資の不足などを全く勘案せず、被災者にJT等の「タバコ擁護勢力」からの義援金を受け取るなと主張した。自らのイデオロギーを至上とするあまり、現実を見る事が出来なくなった、哀れな者たちである。(参考: まとめ記事「本性を現した禁煙ファシスト」)

 こういうイデオロギー馬鹿は、しかしながら、日本の至る所に存在している。4日、秋田市で行われていた拉致被害者家族会の街頭活動中、隣で活動していた安全保障関連法案に反対する社民党系組織のメンバーが「拉致より憲法だ」と発言し、家族会が反発する一幕があった。団体は「秋田・戦争をさせない1000人委員会」で、代表は県教組委員長の山縣稔。この山縣とは、連合秋田の副会長も務める、いわゆる「あっちの人」である。家族会がJR秋田駅前で街頭活動を行っていたところ、すぐ隣で「秋田・戦争をさせない1000人委員会」が街頭活動を始めたため、救う会秋田メンバーの男性が1000人委員会メンバーの男性に署名を求めたところ、「拉致より憲法だ」と拒否されたという。

 ちなみに、この「秋田・戦争をさせない1000人委員会」は2014年6月に創設された団体で、「集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の撤回を求める陳情書」、「沖縄県名護市辺野古新基地建設工事の中止を求める陳情書」を提出し、不採択となったという記録が、秋田県美郷町の3月の広報誌に残っている。恐らく他の市町でも同類の請願を提出していると思われる。本家はこちら。中心には大江健三郎ら、昨日書いた「安倍政権NO!☆実行委員会」と大して変わらないいつものメンバーが名を連ねている。

 しかし、「拉致より憲法」などと、よく言えたものだ。護憲というイデオロギーが強すぎ、人としての道を踏み外していることを自覚できないのだろう。この「拉致より憲法」と宣った人物も、恐らく人の親だろう。自分の肉親が北朝鮮に拉致され、家族が引き裂かれたとしたら、同じことが言えるのか。人それぞれ、自分の考えやイデオロギーは持っても構わない。ただ、自分の考えやイデオロギーを至上のものとするあまり、それを反社会的行為や犯罪の阻止・解決の上位に位置づける姿勢は、明らかに異常だ。

 有事と言うものは、こういう馬鹿を浮き立たせるのに効果的なのかもしれない。東日本大震災はそれ自体が日本にとっての有事だったが、安倍政権の誕生と政策遂行は、戦後民主主義者や敗戦利権者にとっての有事なのである。安倍政権が「バカ発見器」であるという産経・阿比留記者の主張は、まことに正鵠を得ていると言わざるを得ない。

 朝日新聞の慰安婦訂正記事から1年が経過した。彼等が、「古くから嘘」と誰もが思っていた吉田清治の証言を採用した記事を訂正・取り消しできなかったのは、朝日自身が反日論・日本悪玉論というイデオロギーを事実確認に優先させたからだろう。彼等は反省ていると言ったが、冨永格の捏造ツイートを見る限り、反省は口先だけのものである。こういう反社会的な団体には、やはり社会的制裁が必要だ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/08/06 07:15 ] 社会問題 | TB(0) | CM(7)
原爆被害さえ利用するさよく
その『原理主義』繋がりというところで、日本ではさよくによる原理主義運動が多数有ります。

その一つが本日の広島原爆投下という出来事です。
8月6日は広島に原爆が投下された日であり、今年は70年目に当たります。

折りしも国会では安保関連法案に絡み武器輸送の具体的な兵器、弾薬など定義を含めての野党の追及が行われていて、それに返答する中谷元防衛大臣の答弁の歯切れの悪さも感じます。
ですが、そもそもそこに安保関連法案を「戦争防止法案」と考え、歯止めは当然設けるとしてもより国防を自由度のあるものにすべきという安倍政権の考えと、「戦争法案」と考えまったく逆にがんじがらめにし、廃案、或いはある意味安全保障法案を骨抜きにでもしようとしているのかと思える共産党、民主党などの野党の考えとが真逆にぶつかっているという背景があります。

そこに原爆というものを考える際、本来はそれを世界で初めて広島に投下し、無差別大量虐殺を行った米国、フランクリン・ルーズベルト大統領、ハリー・S・トルーマン大統領などを強く糾弾し続ける事や、先のウクライナに於いてロシアのプーチン大統領が核兵器使用準備をしていたり、中国などの核兵器増産を強く非難しなければならないところ、これらさよく陣営の向かう先はあの広島の原爆死没者慰霊碑の主語不明な後付解釈で誤魔化している自虐碑である「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」に表されている、日本は「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して・・・・」という念仏平和主義がまだまだ幅を利かせている日本の異常さを拡散させようというものです。

そこではこの原爆を世界から失くすは二の次で原爆と原発を同一視し、日本の原発を失くすという倒錯がさよくから出、それに一般の日本国民が乗せられるという図式に成っているわけです。

この広島原爆投下70年に当たっても被爆者の声とか個人個人の経験を語る姿を様々なテレビ局が報道するのは結構でしょうが、その反戦意識は日本に向かうのではなく加害者、核保有国に向けるべきあり、また戦争を日本が起したという一方的誤解を招く様な表現をする事を何時までも続けるのではなく、正しく歴史を見る事に結び付けなければならないと思います。

ですが、常にその被爆者の声は日本が起した戦争であり、日本は悪い事をした。
戦争さえなければよいという憲法九条護憲派に繋がる、戦争には相手があるという事を無視したさよくが利用し誘導する洗脳である『反原発原理主義』同様の、『戦争忌避原理主義』を盛り込んだままこの夏も又報道されるのです。

そして勿論それを安倍内閣の進めている「安保関連法案」打倒に利用します。

http://www.sankei.com/premium/news/150805/prm1508050006-n1.html

[ 2015/08/06 08:09 ] [ 編集 ]
拉致された人なんてほんのちよっとだし自分には関係ないし・・・とでも思っているのか、この人でなしっ!
「子供達を守る」とかなんとか言っているが、大事な子供を拉致された親の気持ちも分からずに言っているんだから、なんて中身の無い言葉だろう。

本日の「原爆死没者慰霊式・平和記念式」はNHKの中継で珍しく総理の言葉を最期まで放送していました。特に踏み込んだ発言でもないので放送して当たり前ですが、だいたい途中でぶった切って朝ドラを始めるものだと思っていたので少しびっくり。
会場の外で色々なのぼりが行進しているのが見えました。「原爆落とされたのも安倍のせい」なんて言い出しかねないな、あの連中は。とにかく私は「平和憲法」(そんなものは存在しませんが)と心中する気はない。
[ 2015/08/06 10:01 ] [ 編集 ]
増元さん当選してほしかったです
民主党が差別撤廃法案と名前を変えて、ヘイトスピーチ規制法案を可決させようと画策しているが

これは日本人だけを対象にした言論弾圧になる可能性大

http://m.blogos.com/article/126359/

皆で反対の声を上げましょう
[ 2015/08/06 11:37 ] [ 編集 ]
日本のヘタレ左翼売国奴
何でも平和、どんな時でも平和、どこにいても平和、いか成る理由でも平和とのたまう日本の左翼売国奴は何故支那狂惨党のホロコーストであるチベット、ウイグル、南モンゴル人の虐殺、民族浄化に抗議しないんですか?!北朝鮮での人民圧政に反対、抗議運動しないんですか?!金を貰ってる相手にだけは反対出来ないだけで、その理由は明白ですね。歴史的考証から明白なように日本の反日左翼は約50年時流から遅れて賞味期限切れ人間でしょうね。廃棄処分が妥当です。
拉致事件より憲法が大事?!人の命より憲法が大事って言ってるのですね。国民より憲法が大事!国家が消滅しても憲法が大事ですか?日本の左翼売国奴はオーム信者並みに脳が腐ってるね。どの国家、国民にも数パーセントいる馬鹿阿呆なヒトモドキですね。
[ 2015/08/06 21:48 ] [ 編集 ]
許せない
拉致より憲法の話は、一昨夜から知って以来、酷い話だと頭に残っていました。
書かれた記事を読み、こうした日本人の存在が、拉致問題を容易に解決に
向かわせない要因となり、許すことが出来ないと思ったのです。

人倫の道を外しているまさに、そうですね。
昔とは違い、見ることもないままに来た
嫌いな「朝まで生テレビ」ですが、
青山繁晴さん出演の最近の動画がUPされていたので見ていました。

7/25(土) 【一喝あり!】
朝まで生テレビで青山繁晴が一番本質論に斬り込んだ瞬間 (A.S.op)
https://www.youtube.com/watch?v=j-TnBNzT9Dw

ここにも「拉致より憲法」と言い放った人間と寸分違わぬ人間の姿が
映っていたのです。
青山氏が「個別的自衛権が行使されているとみんなが
思われているのだったら、拉致事件の多くは起きていない。
北朝鮮と交渉して、話しても話しても話がつかないんだったら、
止むを得ず取り返しに行きますよ。
戦争と言うより、国際法で決められた自国民の救出行為ですよ」と。

ここで笑う人間がいました。
一人は高橋博子、現広島市立大学平和研究所講師。
一人は三浦瑠麗、東大政策ビジョン研究センター客員研究員。
青山さんたまらず「笑わないでくださいよ。自国民を取り戻しに行くのが
侵略戦争なのですか」と怒りを込めて発言されていたのです。

彼女たちです。少なくとも学識を備え、社会的地位を得た人間が、
人間としての当たり前の心情を持ち得ないこと。
彼女らの学問は、人の道から離れていくことなのですね。
相手を馬鹿にして笑い、恥じ入ることのない傲慢さです。
彼女らのせせら笑いに最も卑劣で卑猥な人間性を見てしまいます。

[ 2015/08/07 00:29 ] [ 編集 ]
拉致より援助=辻元清美
あのエテ公・辻元清美某は「拉致(問題解決)より援助が先」と言ってましたな。
山口二郎はこのチンパンジ・辻元清美を日本市民主義革命のジャンヌ・ダルクとか言ってましたな。岩波新書でなぁ。

で、この山口二郎ですがいつのまにやら北海ドヴ大学教授から今法政大学教授になってますが、こんな低脳がナニを教えているのかな~?。

法政大学の生徒諸君もお気の毒な、な~。

エテ公=ワシらと辻元清美を一緒にスナッ~い。
チンパンジ=同文。



[ 2015/08/07 01:35 ] [ 編集 ]
社民党系
秋田のその人非人集団は社民党系と聞きました。
「拉致は無い」「北朝鮮がするわけが無い」と長年主張して来た旧社会党が元祖の党です。
神戸の有本恵子さんのご両親が地元議員と頼った土井たかこ党首は全く取り合わず、その子飼の辻本清美は、あの万景峰号船を自らが関係するピースボートが使える事になって感激を表明した、という程、非日本人の党だと認識致します。

秋田は我が生れ故郷。極めて極めて恥ずかしい事です。
日本海側の、北朝鮮からは幾らでも密入国できるであろう海岸線を持つ県ですので、当然未認定の拉致被害者は複数居るはずの土地柄。
人の悲しみ、辛さに寄り添えない者達が掲げる「憲法」とはどんなに冷酷な内容か、彼等の行動が示して居る事に、県民こぞって早く気がついて欲しいです。そして、撲滅を。
[ 2015/08/07 02:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: