私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  「安倍政権NO!☆実行委員会」の鼻をつく香ばしさ

「安倍政権NO!☆実行委員会」の鼻をつく香ばしさ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 言うならば、「金返せ」と叫びたくなる三文芝居を見た後のような感覚を持ったのが、安保法案に反対するSEALDsのデモに参加した水島朝穂早大教授のスピーチである。

 そして、『民主主義って何だ』って彼らが問うたら、『これだ』と言ったんですよ。私、初めて、憲法やって33年、飯食って来ましたが、今日、初めて、憲法って何だって分かりました。

 これなんですよ。

 俺たちが人民なんです。だから、それに反対するあそこにいる政権には退陣を願いましょう。廃案しかない。廃案しかあり得ない。がんばりましょう」


水島朝穂


 「俺たち」のことを「人民」と表現すること自体、非常な香ばしさを漂わせる。しかし、この水島という憲法学の教授、憲法学を33年間も研究し、共産党系のデモに加わって初めて憲法を分かったというが、33年間、憲法の何を学び、教えてきたのだろうか。「今日、初めて、憲法って何だって分かりました」という言葉に、今まで水島氏の抗議を受けてきた学生を不憫に思うのは、私だけではないはずだ。まぁ、この教授の授業を受けるという選択自体が間違いだったと、諦めるしかないのだろうが。

 先だって、「安倍政権というバカ発見器」というエントリーを書いたけれども、この水島教授もそのバカのうちの一人である。そして、そういう類の人たちが集まり、「安倍政権NO!☆実行委員会」という組織が設立された。安保法制だけではなく、憲法、TPP、秘密保護法、沖縄基地問題等々、安倍政権が進める政策にはことごとく反対というスタンス。カンパの送金先が「首都圏反原発連合」というからお笑いだ。「反原連」は、IWJ岩上安身や、田中龍作らサヨクジャーナリストが好んで取り上げてきた、文字通りのサヨク運動団体である。

 組織の概要がこのページの下部にあるが、あまりの香ばしさに鼻がやられて、涙が出てきそう。実行委員会参加団体の筆頭にはSEALDsの名が挙げられ、他は共産党系の団体、労組、護憲団体、反原発運動団体という、「お約束」的な陣容である。

安倍政権NO! ☆ 0724 首相官邸包囲


 参加団体が香ばしいなら、賛同にも同様に異臭を放つ。有田芳生や佐高信、香山リカ、内田樹あたりが名を連ねる時点で私的にはアウトなのだが、中には中山千夏という懐かしい名前も。現在の看板は、津田大介、茂木健一郎、ラサール石井という面々だ。津田と茂木のアピール文を確認してみよう。(ちなみに、ラサール石井のアピール文は、取り上げるほどの内容を含んでいない。)

(津田) 経済のことだけ掲げて選挙を行い、選挙後は「選挙で我々の政策が信任された」とうそぶき、国民の多くが反対しても、学者たちから違憲であると言われても、踏むべきプロセスを無視して進める安倍政権。

(茂木) 民主主義とは、多様な声を反映させた、適法的手続きのことである。安保法案の提出、審議、そして採決に至る過程は、民主的政治プロセスとしての適格性を著しく欠いている。


 まず、経済のことだけ掲げて選挙を行ったという事実はない。昨年夏の集団的自衛権に関する閣議決定以来、左派メディアはこの閣議決定を徹底的に叩いた。昨年暮れの総選挙はそのような条件下で行われたのであり、経済というシングルイシューを争ったものではなかったはずだ。茂木の「多様な声」とは朝日新聞や毎日新聞が好むキーワードだが、代議制の最終的な意思決定は、我々の多様な声を反映した選良たちに委ねられるのである。そもそも、安保法案の提出、審議、採決のプロセスのどこに問題があるというのか。採決ひとつとっても、責任は野党にあるのではないのか。

 この運動家サイトに頻出するキーワードは、戦争法案、憲法違反、民主主義およびそのプロセスというものだ。憲法学者は国策を決める立場になく、学問のフィールドから意見を述べるだけの存在である。何故なら、彼等は、日本を如何にして護るかという方法論を示さなくて良いから、意見陳述に国防の責任を負わないからである。そういう中途半端な人々の違憲論を利用し、戦争法案というレッテル張りをするくらいしか、この勢力に保守政権打倒の方法がないということである。

 平和安全法案には国民の多くが反対しているというが、民意が常に正しいというのは勘違いである。この手の団体は戦争を嫌うが、先の大戦は日本国民の大多数が後押ししたのである。水島朝穂早大教授の「俺たちが人民だ」という意見の傲慢さは言うに及ばずだが、このサヨク団体が民意をバックにしていると標榜するなら、何故安倍政権の支持率がいまだに40%近くあり、自民党の支持率がほとんど下がらないのか、説明して欲しいものである。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/08/05 07:15 ] 社会問題 | TB(0) | CM(10)
早稲田大学大丈夫か?

安倍政権No!のポスターがなぁ、なんか素人くさいよなぁ。
カクカクした拳のイラストといいロゴといい「スターリンかっけ~」とか言ってそうなおしゃれ気分だけ共産主義小僧がちょちょっと作ってみました風に見える。
なんだかだいたいそうなんですけど、私としては、反政府の方々は何かに酔っている風にしか見えない。
[ 2015/08/05 10:28 ] [ 編集 ]
自己陶酔
>反政府の方々は何かに酔っている風にしか見えない。

「反権力を貫く自分かっけ~」と「己」に酔っているのが見え見えですな。
偽善的ダブスタご都合主義のマスタベ集団。超キモイ連中です。

そのキモイ集団を操るのが支那工作員(コミュニスト)。
「人民」と工作員ならではの専門用語がつい口をついてしまうから
これまた分かりやすい。
この水島とかいう曲学阿世の徒は支那のハニトラかマネトラに絡め取られていると思われます。
[ 2015/08/05 10:41 ] [ 編集 ]
津田大介という偏向
ここで注目は
>参加団体が香ばしいなら、賛同にも同様に異臭を放つ。有田芳生や佐高信、香山リカ、内田樹あたりが名を連ねる時点で私的にはアウトなのだが、中には中山千夏という懐かしい名前も。現在の看板は、津田大介、茂木健一郎、ラサール石井という面々だ。

というものですが、問題はやはりここでもメディアであってこの津田大介などネットに関して若者の分析第一者的な位置づけを恣意的に作りNHKは番組出演をさせ、フジテレビも同様に使っています。

まずこの様な偏った人物をたび重ねて使い続けるという事が日本のメディアの偏向を表しています。
なにもネット社会を解説させるのに津田大介だけしか人材がいないなどということもなく、偏向つながりで資金提供を結果しているように見えます。
NHK、フジテレビ。
偏向していると思います。

しかもそれはバラエティでの茂木健一郎、ラサール石井なども同様ですが、逆に常識的な、別の言い方をすると右寄りと現状は言われる出演者などはかなり出演規制をしていませんか。
その様に見えます。



[ 2015/08/05 12:38 ] [ 編集 ]
写真を読む
このオッサンですが、登壇前に、30分以上かけて、頭の毛に櫛いれまくり整髪物質塗りたくってますわね。
その根性が浅ましいので、アウト。
顔面がゲスなのでツウアウト。
目のひかり乏しくスリアウト。
論評外。

ポスターですが、
大正時代ですか昭和初期ですか、

 共産党系のモダニズムの図形

そのものですわね…。村山ト夢っちゅうのがをりましたか?レッドバロン碩学閣下さま。?。
この

 停滞後退頽廃退廃

あわれといふほかありません。
ブサヨクブサイクあぁ君たちを哀れむ。
ネットウヨクの文をよおく読んでご覧 な。
目ぇ覚めるまでを。な。


[ 2015/08/05 20:56 ] [ 編集 ]
安倍政権No.1
かと、思いましたよ、最初は。(笑)
左翼人士が悔い改めて、あるいは戦勢利あらずということで、急遽、小早川ったかと思いましたが、なんだ、No-ですか、つまんないの。


矢嶋博士様、1920年代から戦後にかけて、左翼文化を代表する作家、劇作家、美術家であり、舞台制作なども手掛けた村山知義というのがおりました。このポスター、確かに似ていますね!?

村山自体は20年代にベルリンに遊学してカディンスキーやパウル・クレーの影響を受けていますが、このポスターはクレー風だな。。要するに百年前の左翼モダニズムの、そのまたパクりのパクりでありまするな。

それでも文化創造力の無い左翼としては、村山らがいた時代はマシな方でした。今でも時折、展覧会をやってますね。

1920年代のドイツ共産党のポスターがまだ日本では生きていることに、驚きを禁じ得ません。物持ちのよいことで、いや、頭の中身の方が。
[ 2015/08/05 22:11 ] [ 編集 ]
緊急拡散
特アの手先のヨシフ有田がヘイトスピーチ規制法(日本人への言論弾圧)を全速力で推進中

愛国者は全力で止めましょう!
[ 2015/08/06 00:26 ] [ 編集 ]
憲法カルトの信者は専門家ではない
【人民】などという、共産主義者特有の文言を言い放つ時点で、氏の思想が滲み出ておりますが、氏が理解できた【憲法】とやらは、一体何なのか意味不明です。

それとも、33年間、大学の研究室に籠り、共産カルトにはまったが為に、現実と虚構の区別がつかなくなったのだろうか。

安倍首相を退陣させること、安保法制も【廃案】ありきで、具体的な議論する気などないことが分かる。このような集団が【強行採決】などと叫んだところで、外野から吠えるだけの野次馬とそれ程差は無いだろう。政治活動自体が自己目的化していないだろうか。

水島氏は憲法学者らしいが、そもそも、憲法学の教授とやらの95%くらいは不要な存在だと思っています。

理由は、憲法学者のほとんどは「文章解釈学派」だからです。すなわち、憲法を読み解くのが仕事であり、内閣などが提出した法案等が違憲か合憲かの精査をする参謀役を担っているだけなのです。

これは、言わば立法府における、企業の顧問弁護士のような存在であり、法案が違憲か合憲か、立法府だけでは判断できないような場合において、専門家に判断を仰ぐ為の存在です。

この仕事は正直、10人もいれば問題は無いだろうと思います。

一般に、法律文は、ある程度曖昧に解釈できることが許されているので、その道の専門家である弁護士などに法律違反であるかどうか判断を仰ぐ者ですが、文章解釈学派の憲法学者は、単に法案が違憲になる可能性がある場合に、それを指摘するだけなので、それ程権威ある存在という訳ではありません。違憲判決を出せるのは最高裁だけです。

憲法学者と言うと、【憲法学】というもの(日本国憲法ではない)を研究する人だと思いがちですが、多くはそうではないのです。

大学に残すべき憲法学者は、あくまで学術的な観点から憲法を研究できる者だけです。すなわち、自然法、立憲論、人権の(時代、地域による変遷等を含めた)平等性などを研究できる者だけです。これらは中々簡単にはできないでしょう。

文章解釈学派や憲法カルトの信者ではありません。彼らは本来、大学の自治、学問の自由の観点から見ても、直接的には政治に口を出すべき存在ではないのです。

また、自称憲法学者の中には何故かは知りませんが、博士号未満(学士号もいる)でも教授職に就いている場合も多く、更に言えば、文系の論文審査の基準が謎なので、専門家の実力の評価基準が不明確であり、実力が疑わしい者も多いです(博士ですら)。このような存在が普通に野放しにされていたこと自体異常としか思えません。

最近、大学から「文系学部が消える」などという話が出ていますが、正直ある程度はやむを得ないでしょう。水島氏も、もしかしたらこれに反発しているのかもしれません。

理系のように厳密な論文審査(これも最近やや怪しい面もありますが)を経て学位が認められる場合とは違い、特に文系の場合、学位が認められている者であっても、専門家としての実力が疑わしい存在が多いからです。

もちろん、実力が高いと思われる人もいますが、その辺の審査基準が曖昧すぎて、もはや形骸化していると言わざるを得ません。下手すれば指導教授のイデオロギーに合致するような論文しか認めないという所もあるようです。

正直、主に文系の自称学者を削減し、まともな学者を主要大学のポストへ抜擢した方が良いかと思います。研究費も限りがあるので、その分を理系の研究費に回したほうが資金繰りが良くなります。

戦後体制になり、大学で左翼思想が広まりすぎた為か、何故か95%もの自称学者が左翼思想的な理由で反対する始末です。学生が左翼思想に洗脳されないように、リストラを勧告する事は戦後レジームからの脱却に必須です。

最近では本来直接的には関係が無いはずの憲法学者、その他主に文系の学者が、政治を語るという、不自然な光景が見受けられます。

別に政治を語るのは専門家でなくともいいのですが、しかしながら、大学と言うか、何故か権威ある学者などは自らの専門分野とは直接関係のない分野でも発言力があると勘違いする傾向にあるようです。

一般に自分の専門分野以外での発言には、発言の重みや権威は感じません。
また、専門分野であっても必ずしも正しい発言をしているとは限らないので注意が必要です。

日本国内から【自称専門家】が居なくなる事を祈りたいです。まともな学生が育たなくなります。
[ 2015/08/06 00:50 ] [ 編集 ]
わたくし 民衆
今どき「ジンミン」という?
まあ、今分ったと言うのですから,そんなものかも知れませんが。
自分が立つジンミン側が正義である論証を披露して戴きたいですね。

私は普通に民衆の中の一人が好いわ。

そのポスターに使われている色、問題になっている五輪エンブレムと共通して居ますね。

矢嶋師匠
今日も酷暑に生きておいでで、安堵。
こちら北関東の、17万ぐらいは居るはずの市ですが、本屋さん、軒並み閉店で、水戸まで行かないと短歌関係本などにはお目にかかれません。そんなに遠くは無いのですが、汗でアレルギーという体質になってしまって皮膚科直行。で、閉じこもり最中という情けない事になっております。
飯舘山中にお籠もりの方に、ヘタレな事は申せませんが、もう少し涼しくなるまで化けられませんので(お化粧) 請うご寛恕。

ところで、佐佐木幸綱さんと仰るからには、信綱さんの関係者(三代目ぐらい?)かと思えるのですが・・・だとしたらマサシク三代目らしいですね。能筆な人なら長屋でもお仕事があるでしょうけど。
その「吉田調書」への朝日の訂正お詫び以降に、かの歌壇には”捏造紙”ぐらいの投稿があったのでしょうか?(無いわねきっと)
[ 2015/08/06 01:59 ] [ 編集 ]
民意というなら
左翼陣営は民意を無視して政府が強硬、といいますが

安保法制案について民意を問う

yahooアンケートでは
賛成 51%  反対 46%  よくわからない 3%弱 
(確か8/5までだったので未確定ですが)

J-castアンケートに至るや
賛成が80%近くでした。

国民の8割が反対、という報道、調査対象が偏りすぎていませんか?
[ 2015/08/08 16:05 ] [ 編集 ]
こはるさま
幸綱といふモノは信綱のマゴらしいでんな‥‥。
ヂヂイの七ビカリかと。
本来無知無才無能。

かの正恩氏が日成氏のマゴ、
ヂヂヒの十四ビカリにパラレル。かとも。

ちなみに、ヤシマヒロシが戦後のただ一人の歌人、学者と思ひ来しひと 一 折口信夫釋迢空は、こん信綱が当時の日本短歌業界会長に満場一致で推挙された場に、憤然として立ち上がり、

 わたくしはこの屑を会長に値する才を持つとは認めてをりませんぞ ゑッ

と、平然と舐めまはすコトをしました。が
いかんせん馬鹿の多勢にたつた一人、といふコトで却下されてまっせ(末世)~。

 まことに実にヂヂヒの因果が孫に報ひ

でござませう。
言葉ございませぬ。
(‥;)

[ 2015/08/08 18:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: