私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  「多様な意見を聴け」と主張しながら、自分たちは「多様な意見を抹殺」する朝日新聞

「多様な意見を聴け」と主張しながら、自分たちは「多様な意見を抹殺」する朝日新聞

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先の南鮮大統領選で朴槿恵に敗れた文在寅が、「相手の国家元首を侮辱するのは国民全体を侮辱することだ」「口にできないような低級な表現に羞恥心を感じる」と発言した。笑止千万である。朴槿恵、李明博をはじめとして、南鮮の政治家もメディアも、我が国の天皇や安倍総理に対し、今まで悪態をつき続けてきた。陛下や安倍総理に対する罵詈雑言は、日本国民全体を侮辱することだ。彼等の反日原理主義が、自分のことを棚に上げることで成り立っている証左であろう。

 原理主義者は、自分の意見を声高に主張するくせに、反対意見は全く聞き入れない。自分の意見が唯一の答えであると考えるため、人の意見に対する寛容性が全くないのだ。そして、自分たちが過ちを犯したとしても、それを認めようとしない。その典型が、26日の朝日新聞社説「政権と決め方 基盤崩す「結論ありき」」だ。

 仏つくって魂入れず。

 安倍政権下での物事の決まり方を見ていると、見てくれは立派だが魂の入っていないうつろな仏が、ごろごろと転がっているような印象を受ける。

 決定の正当性や公正性を確保するためには、各界各層の幅広い意見を聴き、それを十分に考慮したというプロセスこそが重要だ。そのための仕組みは、現にさまざま用意されている。

 一般から広く意見を募るパブリックコメント。学識経験者らの意見を聴く、国会の公聴会や参考人質疑……。だがその多くは、政権がやりたいことをやるための「通過儀礼」や「アリバイづくり」と化している。(中略)

 圧倒的な議席を有するがゆえか、安倍政権下、結論は最初から決まっているのだから、定められた手順を踏み、一定の時間を費やして外見を整えればそれでいい――そう言わんばかりの態度が目につく。

 しかし、そのような統治のあり方は、実に不安定だ。

 民主的なプロセスを軽視すれば、民主的に選ばれたはずの自らの基盤も揺らぐ。できるだけ多くの意見を聴き、納得をえたうえで物事を進めることは、一見遠回りなようだが、政権の正当性を高め、足腰を強くする。このことに安倍政権が思いを致すことができるか。


 朝日新聞は安倍政権の政治の進め方が「結論ありき」であり、少数や多様な意見を無視していると批判している。全く、自分のことを棚に上げるとはこのことだ。朝日新聞自身にその手の批判を展開する資格があるとは思われない。社論と対極にある意見をほとんど無視して掲載せず、逆に紙面やデジタル版を総動員して世論誘導を試みたのが、昨年の特定秘密保護法であり、いまの平和安全保障法案だ。社説や天声人語、報道記事以外にも、読者の投書欄やコラムさえも利用している。

asahi-2014-07-02.jpg


 要するに、多様な意見を反映せよと訴える朝日新聞自身が、その多様な意見を無視し続けているのだ。安全保障法制にしても、朝日、毎日らの新聞、報道ステーションをはじめとするテレビ報道番組は、賛成意見をことごとく排除し、客観報道、両論併記など、ジャーナリズムの規範を逸脱して恬として恥じない。「お前が言うな」とはこのことである。

 集団的自衛権行使の部分的容認が閣議決定されたのは、ちょうど1年前の夏だ。昨年の暮に安倍総理は衆議院を解散し、信を問い、民意の支持を得た。民主主義において、「できるだけ多くの意見を聴く」機会が選挙なのであり、選挙に優る民意の反映方法はない。選挙結果まで否定するなら、朝日新聞が言う「民主主義」とはいったい何なのか、朝日は読者・国民に説明すべきだろう。

 政治家が政策を挙げて民意を問い、国民の支持表明を得られた暁にその政策を実行するのは、別に結論ありきの進め方でも何でもない。逆に、あらかじめ決めた結論にあわせて記事を書く「結論報道」は、朝日のお家芸ではないのか。そういう報道姿勢から撤退できず、結果として謝罪に追い込まれたのが、朝日の「慰安婦報道」である。朝日新聞は、安倍総理を批判する前に、自分の足元を見てみたらどうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/07/28 07:15 ] メディア | TB(0) | CM(12)
魂のないマスゴミ
正に朝日の主張は笑わせる。
(できるだけ多くの意見を聞き納得の上にすすめる)
だって、最初から廃案狙いでどれだけ議論しても納得などしないくせによく言うものだ。反対ありきの結論で議論を進めているのは朝日などのマスゴミや左系の民主党や共産勢力ではないか。
(各界各層の意見を聞きそれを十分に考慮したというプロセスを踏む)
戦前の報道は各界各層の意見を聞いたのかい、創作ねつ造の世界ではなかったか。従軍慰安婦問題は各界各層の意見を聞いて考慮したのかい、日本を世界の中でさんざん貶めておいて形だけの謝罪だけ、北朝鮮を地上の楽園と宣伝しあまたの人々をこの世の地獄に駆り立てたのはどこの新聞でしたっけ、天に唾するそのものではないか。
民主主義は議論をしてより良いものを作り上げることであり、最後は多数決で決めるのがル-ルでしょう、議論が尽くされていないと言うが妥協する気でもなく最初から反対廃止では何時間議論してもそれこそ無駄ではないか。
ブログ主の言う通り朝日は自分の足元を見て物を言えといいたい、もっとも朝日の上から目線の正義面はこれからも続くに違いない、なにせ多様な意見を聞かずプロセスも踏まない体質だから
[ 2015/07/28 10:56 ] [ 編集 ]
本日も「平壌」運転
ご都合主義のダブスタは支那のプロパガンダ紙アカヒの得意技。
なのでアカヒは本日も「平壌」運転であります。
[ 2015/07/28 11:06 ] [ 編集 ]
キムチ朝日新聞
キムチ朝日新聞
-----

「多様な意見を聴け」と主張しながら、自分たちは「多様な意見を抹殺」する朝日新聞

=「帰化未帰化在日韓国人の意見を聞け」と韓国式出鱈目主張しながら「日本人の言論を弾圧する」帰化未帰化在日韓国人新聞の朝日新聞
[ 2015/07/28 11:11 ] [ 編集 ]
でも…
個人の診療所等で、たまに産経や正論を見かけますけど、何で、ホテルや空港のラウンジ、また病院などは、朝日や毎日ばかりなんですかね。
[ 2015/07/28 12:54 ] [ 編集 ]
戦へと 駆り出されるぞと 脅す口 後ろを向いて ぺろり舌出す 

政府への 批判は全て 潰される 言った舌の根 未だ乾かず

9条で 守れるものは 中国の 国益ばかりと 知らせてなるまじ

お粗末さまでした。
[ 2015/07/28 13:35 ] [ 編集 ]
ならば仕事をしておくれ
ST様 お見事!


多様な意見を取り入れた国政を望むのなら、第一歩として朝日その一統は、真面目に極力まっすぐ事実を報道して国民に知らせるべき。
国民はそこで初めてしっかり自分の頭で考えた意見を持てる。

朝日特技の捏造ネガキャン報道では、とても「多様な意見」は出て来ない。
罪は朝日一統反日マスゴミにある。
朝日のして居る報道は、一党独裁を誘導するモノである。

安倍内閣、一致団結して頑張れ。
野田聖子 足を引っ張るな!貴女は能力的に日本の首相は絶対無理です。古賀の操りに踊るんじゃない!
[ 2015/07/28 17:59 ] [ 編集 ]
見てくれも
慰安婦捏造で記者会見していた前社長その他も、朝日関係者の風貌は見てくれも貧相だし、中身なんて嘘八百が音を立てて邪なだけ。虚ろなんてものじゃあないでしょう。

この口で民主党政権時の評を発表して貰いたいモンだわ。あの能なし連中の何処を評価する?

朝日とは関係ないですが(多分、一応)今月15日に国会周辺だったか議員会館での事だったか?
中核が南鮮労組と「連帯」して、その会場に南鮮労組三名をご招待していたのだそうです。
当の中核が、そう演説していたそうですから、嘘では無いのでしょう。
日本の平和安全法案に南鮮労組がどういう関わりがあるというのか?中核も堕ちたモンだわ。・・・元々だけど。

「徴兵で子供を戦場に送らない」「殺さない、殺されない」「反安倍」と母親達が乳母車に赤ちゃんを乗せて、小さい子の手を引いて、この炎天下の東京で集会デモをしたそうですが、乳母車も子供の背丈も、道路の反射熱を大人以上にモロに受けるのは常識を持つ母親なら十分に予想出来た筈。
戦場云々以前に、赤ちゃんに苛酷な思いをさせている母って子供や人への愛情を言えるのだろうか?
[ 2015/07/28 19:39 ] [ 編集 ]
日本優勝さま
まさに、そこです。本質の本質が、

 ホテル、空港ラウンジ、また病院

に露呈されてをります光景であります。
正視すれば網膜が爛れて仕舞ふ。
福島県月舘町~飯舘村へ通勤途上にセブンイレブン数個ありますが、どこのセブンイレブンにも朝日新聞紙束になつて置いてありますが、産経新聞置いてあるとこ僅か一店、それも、

 一部ポッチリ

です。
絶望してはなりませぬ。

 なにはともあれ 朝日不買

であります。
現に、朝の朝日新聞、夕方寄れば全部売れ残り棚ざらし、

 産経新聞売り切れ

てをります。
産経新聞よ、もっとマジメに配送せんか(*≧m≦*)

 【正論】が

泣いてをるわッ。
東京のチョ~一等地のチョ~快適ビルで汗もかかず靴の踵の外側も減らさず鼻毛抜いてボケ~としてる場合か?ゑ!。全国津々浦々のコンビニに届けて回れや、竜馬や幕末の無数の志士のごとくに。大先輩の司馬遼太郎がさぞや嘆いてをることだらうて、彼の世でなぁ~…。馬鹿(アホウ)めらが。
役員幹部が給料削れば何万人の足代飯代スズメの涙ほどの日雇い志士代捻出出来るものを、ブルジョアのチシキジン故そのやうな勇気気概喪失済みか、ゑ、老後の犬の幸せ大事だから、なう。コケ(虚仮)の。

 朝日新聞と同程度

の売国奴的貧相貧弱幼稚貧足販売網やの、オノレたちゃ~、
目ぇ噛んで死んだらどない、ゑ。
産経の販売配送担当よ、
それとも、もしかしてオノレは、

 朝日新聞中国共産党の犬

として潜りこんでる二重三重工作員か。ゑ
永田和宏某か、オノレたちゃ。アァ~、


[ 2015/07/28 20:49 ] [ 編集 ]
アカヒのご都合主義
アカヒは世の中には一つの真理しかないとでも思っているのだろうか。

元々共産主義は専ら独裁体制であり、一つの価値観(共産主義)しか認めて来なかったため、それ以外の価値観がある事を知らないのかもしれない。

そもそも、安倍総理が多様な意見を聞いていないわけではない。

正直、安保法制も不本意であるはずだ。本音で言えば憲法を改正したいと思っているはずだが、残念ながら世論は改憲の達成要件にまだ達していないために、改憲を発議しようにもできないのだろうと思う。

これは、民主主義の厄介な所で、多数派ばかりを重視するのではなく、少数派の意見も考慮して法案を作成しなければならないという事実がある。

そもそも、民主主義は多数決を基本原理としているはずで、現在の内閣が一定の支持を得ている以上、基本的には「国民の理解を得ている」と考えるべきであろう。

もちろん、少数派や反対意見も考慮しなければならない事も事実であるが、それでも基本的には多数派の意見を重視し、その上で少数派の意見も尊重しているのならば、特に大きな問題ではない。

そもそも法案に民意の全てを盛り込むことは不可能だ。一部の民意だけで法案が作られるわけではない。多様な意見の妥協点を探りつつ、合意形成し、法案を作成している。

アカヒは自分達の意見が完全に通らない事が、国民の理解が得られていないと考えているのだとしたら、それは民主主義ではない。

これは、原則として多数派の意見を重視するが、少数派の意見も尊重するのが民主主義である事をアカヒ事体理解していないという事だろう。アカヒはその点で、少数意見の独裁を願っているようにしか見えない。

多数派が常に正しいという訳ではないが、少数派の意見ばかり考慮し過ぎても、民主主義の原則に反するという事実をアカヒは理解すべきだろう。
[ 2015/07/28 21:42 ] [ 編集 ]
誰かが言ってましたが
悔しかったら政権獲れ、特亜側勢力の気違い共よ、で話は終了ですかナ~

自分達若しくはシンパが野盗の時:
『多様な意見を吸い上げろ』『数の横暴だ』『多数決は民主制度とは言えない』
自分達若しくはシンパが権力に就いた時:『少数意見は飽く迄少数意見。意見は聞いてやる、文句言うな(核マル枝野調)』『60日ルールは憲法の規定だ、与党は堂々と使えば良い(垢日調)』『多数決という民主制度の大原則であらゆる選挙は行われる。強行採決とは言い掛かりだ(左巻き評論家調)』

駄目だ、コリア~!
[ 2015/07/28 23:34 ] [ 編集 ]
一票の格差

学者九割反対
が矛盾なく両立するのがメディアですから、論理回路なぞ持ち合わせていないのでしょう
[ 2015/07/29 00:20 ] [ 編集 ]
地方切り捨て
1票の格差是正は過疎化する地方の切り捨てに他ならない。
なので学者9割反対と根っこは同じ「数の横暴」。
国会の多数決に異論を唱えるなら1票の格差是正と学者9割反対も疑義を挺すべきだろうが、
ダブスタが当たり前の反日メディアはそんなことお構いなし。
[ 2015/07/29 10:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: