私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  安保法案とバカ基準 ~ 政府に責任を押しつけることによって、メディア、野党、国民が免罪されるわけではない

安保法案とバカ基準 ~ 政府に責任を押しつけることによって、メディア、野党、国民が免罪されるわけではない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 20日の祝日、安倍総理がフジテレビ系の夕方の情報番組「みんなのニュース」に出演。自ら安保法制の必要性を語った。フジが割いた時間は1時間半を超えただろうか。昨日書いた通り、フジは安倍総理出演の直前に、先の大戦時における戦意発揚国策映画と検閲の特集を組んだ。長い放送枠を割いたこと自体は評価できるが、演出についてフジの悪意を感じたのは、私だけではなかっただろう。

 フジが安倍総理を攻撃するために用意した材料はいくつかあったが、その中で、「安保法制について、まだ国民の理解が進んでいない」という点があった。これは総理自身の発言を引用したものであるので、メディアがネタにするのは止むを得ぬ部分があるのは確かだが、理解していない判例として取り上げられた若者たちの反応が、あまりにお粗末すぎた。「アンポ?なに?アポロ?」、「安保?わかんない。何?」「知らな~い」といった反応の数々。私はテレビを見ながら眩暈を覚えた。

安保?アポロ?知らな~い


 極めつけは20代教員。曰く、「日本が戦争に巻き込まれたら、安倍さんは戦争に行きますか?」という疑問を、恥ずかしげもなく語った。最高司令官に戦地に行くかを問う無知蒙昧。こんなのが教員をやっている現実を、私はいまだに受け止めることができない。

戦争に巻き込まれたら、安倍総理は戦地に行きますか?


 恐らくフジテレビは、現在進行形の安保関連法案に関して“全く知らない国民”サンプルとして、これらの若者を選び、電波に乗せたのだろう。だが、安保法制の中身を知る・知らないではなく、安保そのものを知らない者たちを出して来た演出は行き過ぎだった。こういう常識を知らない者に対して責任を負うのは、政権の役目ではない。親や彼等を担当した教師は赤面しただろう。「安倍さんは戦地に行きますか」と問うた阿呆な教員は別として、だが。

 昨日のフジのアナウンサーも例外ではなかったが、総理の「国民の理解が進んでいない」という言質を取ったマスコミは、あたかもその全責任が政府にあるかのように宣伝する。しかし、そうだろうか。むしろ、国民の理解が進んでいないことを論って政権批判をするマスメディアの行為は、天に唾するようなものではないのか。メディアとはその名の通り媒介である。事象と視聴者・読者を媒介し、分かり易いように伝えるのがメディアの役目であるはずだ。従って、国民の理解が進んでいない、深まっていないというのは、マスメディアの「伝える」という責務が果たされていないことを意味するのではないか。マスメディアが真っ当な仕事をしないから、安倍総理がわざわざ出てきて直接説明するという事態になっているのではないのか。

安倍総理 みんなのニュースに出演


 自分の無勉を棚に上げて、政府を批判するのは、一般国民の特権ではないはずだ。言葉が悪いが、言わせてもらう。彼等はいわば、バカ基準をつくるもととなる存在だ。バカ基準とは勝谷誠彦氏の造語で、「バカに合わせたスタンダードを作る事によって、「最低の馬鹿」に属さない側が結果的に何らかの不便、迷惑を被ること。まともな側が皮肉な事態を被る」ことを言う。「アンポ?え?アポロ?」と言っているような層に合わせて安全保障法制を作るわけにいかないのは、誰もが理解するだろう。メディアや野党がこのバカ基準に合わせて「国民の理解が進んでいない」というなら、それは「バカの政治利用」と言えるものだ。

 メディアは、安保法案反対の結論報道を止め、読者・視聴者に法案の中身を丁寧に報道し、判断は読者・視聴者に任せればいいのだ。報道がイデオロギーを偏重し過ぎるあまり、法案の肝がずっと覆い隠されたままになるのだ。野党も然りで、反対のための材料探しに躍起になって、我が国を如何に守るかという論争をしない。プラカードをあげて反対を叫んでいる場合か。

 戦後の平和ボケは、国の存続について考えたこともないような国民を大量生産してきた。安保法案に関する理解がないことにつじて、政権にももちろん責任はあるけれど、その責任全てを政権に負わせることによって、野党やメディア、国民自身が免罪されるわけではない。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/07/22 07:15 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
逆の意味での戦前の日本
 おはようございます。
 小生も、この場面見ていました。国民の理解が進んでいない例としての流されていましたが、「いくらなんでも、バカ過ぎるだろ!」と思わず叫んでいました。しかし、こういう連中が、一方的に偏向されたテレビ・新聞等に扇動されて、安保法制反対へ向かっていくのでしょうね。
 専門外のことに自分の肩書を利用して口を出す学者の集まりや、マスコミの偏向した扇動によって過激なデモを行っている連中等を見ていると、逆の意味で、戦前の日本はこういう類の連中が戦争の空気を生みだし、政府や軍部を戦争の方向追い込んでいったんだなあ、とつくづく思う。
[ 2015/07/22 09:27 ] [ 編集 ]
この番組は見ていなかったのですが、テレビの街頭インタビューなんて殆どやらせです。自分達が欲しいコメントをしそうな人に声を掛け、取れそうになければエキストラを仕込み、コメントを切り貼りし・・・「報道番組です」なんてよくも言えるな。
ただし、こんなプールできゃっきゃきゃっきゃ騒いでいる連中にマイクを向けたら「お~テレビに映るんか~、なんか受けそうなこと言ってやろ」ということで、知っているくせに「あんぽ?それ美味しいの?ひゃはははは」なんて言いそうで、こんなところにも悪意の演出を感じる。
こんなバカ達にも分かるように説明してやれということだったのですか?

「バカ基準」、学校の授業で出来ない子に合わせて授業内容を軽くするとクラスが荒れるということも忘れたのかなテレビ業界は?
[ 2015/07/22 10:27 ] [ 編集 ]
アカとバカ
アカヒなどの反日新聞は
アカが書き、ヤクザが売って、アカが読む。
なので地上波テレビはさしずめ
バカ仕込み、バカが作って、バカが見る―でよろしかろう。
[ 2015/07/22 11:09 ] [ 編集 ]
馬鹿な国民をさらに馬鹿にするマスゴミ!!!
 日本の安全を確保するための法案を総理が支持率低下を覚悟で推進するなどまったくナンセンスな国ですね。
 やはりGHQが20万人を入れ替えて日本を叩きのめした作戦は今ボデイブローで効いてきています。
 マイノリテイだけの意見をマスコミに報道された結果が支持率のダウンなんでしょう。せめてNHK位はまともな放送局にさせないとまともな政治家は存在すら難しくなります。
 是非、ネットパワーでマスゴミ解体作戦を推進しましょう。

 今朝、マチカネワニ(S39年大阪大学敷地で40万年前の地層から発掘された)の写真を自宅の次世代の党掲示板に掲示しました。
 古事記が如何に古代からの言い伝えを伝承しているかの証左となります。(ねづきちブログで知りました)
[ 2015/07/22 11:54 ] [ 編集 ]
罵詈雑言多い………
安保には賛成だが、何も今回の問題は、与野党、左翼やメディアだけでなく、ネトウヨも要因になってるだろ?
左翼にもやたら危ない団体が出てきたが、タレントのSHELLYに差別用語を並べて、罵倒したり、賛成派に負のイメージしか与えていない。
彼女が賛成派ならそれとして、容認すればよい。
右も左も極端な奴が論点をおかしくしてる。
[ 2015/07/22 15:03 ] [ 編集 ]
みんなでFAX「憲法9条第二国連新設」
安倍晋三は憲法9条を柱に第二国連「全地球平和国家連合」を新設せよ。

国連もそのまま安保もそのままで地球上から戦争が無くなるよ。


117.相互安全保障条約は日本が立憲国だから憲法がある国ならどの国でも二国間相互対等安保条約を締結できる。平和通商条約を結んでいない国でもよい。パレスチナのようにスエーデンなど一部の国しか国交がない国でも、日本と安全保障条約を結ぶことが出来る。

ロシアもいいけどまだ日ロ平和条約がないからちょっと手数がかかるかな,平和条約がある中国と比べて。

いちばんいいのはまず安倍が訪中して日中対等相互安保条約を結び調印してそのままロシアへ行ってそれを手土産にロシアと日ロ対等相互安保条約を結び調印して帰国すること。

帰国後国会で批准すれば安倍晋三の超特大ノーベル平和賞百倍掛けの大手柄になるね。尖閣北方領土問題解決するし。

日米安保はそのままでよい。敵国条項も地位協定も実質何の役にも立たなくなるからね。
_______

これ、安倍じゃなくても中ロに旅行に行った日本人が中国やロシア政府官庁へ国家主席や大統領に宛てた「日本と安全保障条約を結んでちょうだいませ」お手紙を渡したらいいね。郵便代が要らんし。国内の人は大使館宛てに国家主席や大統領宛のお手紙郵送したりふぁxしたりメールしたりすれば、安倍政府以外の日本人はみんな他国との平和を求めているWe're not Abeが海外に向かって大々的に発信できるよ
[ 2015/07/22 17:26 ] [ 編集 ]
60年安保も70年安保も
毎度安全保障問題が国会に上程されると、必ず「戦争に巻き込まれる」論調が突出する日本です。
60年安保の時にも、70年安保の時にも、今と殆ど変りのない左巻き持論。
キューバ危機、ソ連空軍機の亡命飛来、ベトナム戦争、その都度元気になったり温和しくなったりの社会党・共産党系系議員達は居りましたが、日本人の移ろい易い世論もあってかすぐに現実の生活に戻ってみれば「戦争に巻き込まれる」「戦争に繋がる」主張は、そのまま平和なニッポンの前に破綻してきた、と思います。

フジの番組は視ておりませんが、オバカな脳みそ真っ平らの一般ピープルは、いつの時代にも居る「人種」です。
ただ、昔のノンポリは意識的ノンポリだけではなく、表面上だけでも恥ずかし気に「わたくし、関心がなくて・・・それではいけないのですけれど・・・」と断りを言ったモノです。
傍若無人に己のバカさ加減を晒す事の恥感覚を持たない。この点には違いがありそう。

また、TVに映るインタビューに答える人は、局の意向に添った意見の人、と思っても間違いはない、と思います。本人は顔を晒してバカをみるだけ。

審議時間116時間を経ても、「国民の理解が深まっている」とはお考えではない総理の表明は、事実をそのままお認めで誠実な言辞だと思います。
但し、何故に国民の理解が深まらないか?唯にマスゴミの邪な報道姿勢に原因がありましょう。そして真剣に関心を持たない国民にも、仰る通り責があります。
[ 2015/07/22 19:08 ] [ 編集 ]
安倍首相ほどいい仕事をしている首相はいない
新聞に於いては朝日、毎日、東京などの偏向メディアに対して産経というクオリティーテーパーが存在するのですが、ことテレビジョンに於いてはテレビ朝日、TBS、NHK、そしてフジテレビなどオール偏向メディアと言っても過言ではないと日々各番組を見ている者としては実感として思えます。

そのフジでも確か伊藤利尋アナウンサーはどちらかといえば保守系アナウンサーであったと思うのですが、何しろ局自体が左傾メディアですからこの様な番組作りになってしまうのでしょう。

そもそも番組を作るにあたってメディアであれば基本中の基本が事実を報道する。
そして公平・公正であるというものだと思います。
そこに於いて今回のような恣意的な声の集め方は作為そのものですし、これは朝日やTBSなどがよく行う国会前、沖縄で拾う声と同じものです。

今までの首相の中で最もフットワーク軽く世界各地を外交として周り、国内政治の多忙さもこなす、この様なハードな仕事をする首相は見当たりません。
日本の国益の為に走り回り、どの首相よりも仕事をしている安倍首相。
更に野党やら偏向メディアの足の引っ張り、党内の後ろからの攻撃というハンデも背負って仕事をしています。




[ 2015/07/22 20:06 ] [ 編集 ]
平成の治安維持法と国家総動員法の制定が必要だ
カスゴミフィルターに掛かってますから世論誘導工作であることが自明ですね。電波法も含めこいつらの処置は急がねばなりません。

しかしながら政治経済国際に無関心というか考えたことも無いお馬鹿な若者層が居るのは事実。こいつらを見てると虫酸、いや殺意が走ります。如何に戦中以前の我が国がマトモな国民国家であったかを何度も思い知らされる訳です。

やはり今日の結論は、国家が反日極左らの売国奴を取り締まり、国民が民主国家に奉仕するのが当たり前の時代にし、その法整備を着実に進めねばならないということです。そうすれば少なくともお馬鹿で脳天気な連中が居なくなるのはそう遠い日ではないでしょう。
[ 2015/07/22 22:18 ] [ 編集 ]
現憲法廃棄 新憲法制定しか無い
今の憲法前文、第九条ある限り「安倍さんは戦地にゆきますか」式の非世界標準馬鹿はなくならない。

一刻も早く、産経新聞の提唱している新憲法を制定しなければならん。でせうが。国会で通しても、国民投票の壁はとてつもなく巨大ですわね。

 なにはともあれ朝日新聞毎日新聞TVアサヒMBSフジテレビもですか倒産

させてしまう勢い要るでせうほどに、
気が遠くなつてしまひさう。しかしこの国に正気を取り戻すためにはこれしかないんですが。ね。


[ 2015/07/22 23:24 ] [ 編集 ]
バカ基準とマックス・ウェーバー
バカ基準に合わせて政治を行ってはならない、と真っ向からデマゴーグを批判し、政治家のあるべき姿を説いた者がいます。マックス・ウェーバーです。

マックス・ウェーバーの名講演「職業としての政治」から

ウェーバーは「政治と倫理の関係」について、

聖書の考える無差別な愛の倫理は「悪しき暴力に抵抗するな」と説くが、政治家に求められるのはその反対のことである。汝は悪に向かっては暴力によって断乎として抵抗せよ。さもなくば悪が蔓延したことの責任を負わなければならぬ。これが政治家にとっての倫理である。(中略)

この世のいかなる倫理であっても、多くの場合において「善き」目的を実現するには、倫理的にいかがわしい手段や、少なくとも倫理的に危険な手段を利用せざるを得ないということ、こうした手段のために悪しき副産物が生まれる可能性のあること、こうした副産物が生まれる可能性が高いことを、政治家は考慮に入れて行動せねばならない。そのような勇気と行動力を持ちうる政治家のみが、真に「職業としての政治家」に値する政治家なのである。

現実のうちで貢献しようとしているものと比較して、世界がどれほど愚かで卑俗に見えたとしても挫けることのない人、どんな事態に陥っても、「それでも私はやる」と断言できる人、そのような人だけが政治への召命(ベルーフ) [天職]をそなえているのです。

と、ウェーバーはこのように講演を結んでいます。安倍総理とそれを支える人たちの胸の中に、小さな灯りがぽっと点る言葉ではありませんか。
[ 2015/07/22 23:37 ] [ 編集 ]
政治に無関心では流石にまずいという事を理解して欲しい
政治的に高度な内容は、一般国民に理解するのが難しい事は止むを得ませんが、流石に政治に無関心はまずいです。

国民に少なからず降りかかってくるのが政治なので、有権者ならば誰しも政治にある程度は関心を持っておくことが必要かと思います。

政権側の責任としては、やはり説明責任という事に尽きるのでしょうが、この点でも、一般国民が分かるレベルにまで相当噛み砕いて説明していても、やはり相手も一定水準以上の知識を有していなければ理解できないのも当然であるかと思う所です。

政治に無関心、無知な人が多いのは、教育上の責任もあるかと思います。
義務教育段階で最低限の政治教育を行わなければ理解できない事も多々あります。

さらに、よくある「誰に投票しても同じ」「投票に意味が無い」などというのは、自分が望む候補者がいない、投票を行っても少数派の意見が通りにくいという点で、半ば民主主義に対する諦めの部分もあるのかもしれませんが、しかしながら半分は言い訳になります。

民主主義の元では少数派の意見が通りにくいという意味では投票行動の意味が薄く感じてしまうのもやむを得ないのかもしれませんが、だからと言って投票しなくても良いという訳ではありません。

投票行動にはもう一つの意味があり、それは「政治に参加する権利を得る」という事です。実は選挙権は持っているだけでは政治に参加する権利はありません。選挙で投票して初めて参加したことになります。その際に自分の望む候補が居なくても、消極的賛成であっても投票はしなければなりません。

そうしなければ、所謂「白紙委任」となり、「成行きに任せる」という意味になってしまい、文句を言う権利も無くなるので、絶対に投票するべきです。

この事を最低でも義務教育課程で教え込むべきなのですが、教え込んでいる学校が少ないようです。ここは改善しなければなりません。

野党も議論を拒否してしまえば、与党案に一任したことになるのですが、理解しているのだろうか。議論に乗る事(対案を出す事で、与党案との整合を図る事)で初めて議論をする権利を得るのだが、外野からでは非難する権利すらない。その点を無視してひたすら「議論が尽くされていない」だの「独裁」だのと叫ぶのはお門違いな言い訳でしかない。

現代人は、多忙で時間もそこまで取れず、政治に直接関わりがあるわけではない為、一般国民が政治的な内容にそこまで詳しくないのは仕方が無いですが、これでは即効性のある情報を提供できるマスコミに世論誘導されてしまうのもある程度仕方が無い側面も無きにしも非ずです。

その点ではこういったマスコミなどの既存のメディアに囚われないブログなどの存在は大きいのですが、まだまだ浸透は(高齢世代は特に)弱いのかなと思う所です。

しかしながら、フジのインタビューに出てきた一般人は、やらせかどうかは定かではありませんが、流石にここまで知らなさすぎるのも危険かと思う所です。

さらにひどいのは、こちらもやらせである事を願いたいのですが、20代、所謂【ゆとり世代】です。こちらもゆとりの影響なのかまでは定かではありませんが、これが教育者としての教養であるという事ならば、もはやこのレベルでも教員になれるという現実から逃避したいほど酷い、社会に対する知識不足です。

たとえ、担当教科が社会科などでなくとも、教育者として最低限の教養(社会人としての)は身に付けていなければならないはずですが、この有様に愕然とします。

いずれにせよ一般の国民が政治に無関心である事は、政治や教育の責任も無いわけではないが、一般の有権者も、流石に政治に無関心である事が相当な危険を招きかねないという事にもう少し危機感を抱いてもらいたいものだ。

政治に無関心であると衆愚政治を招きかねない。民主党が政権を取った時がそうだった。自民党も褒められたものではないのは事実だが、民主党は最悪だった。

衆愚政治にならない為にも、我々一人一人が、専門的なことは知らなくてもいいが、それでも最低限の政治的知識を身に付け、そして、少しでも多くの国民が政治に参加する事が必要であるという事だ。
[ 2015/07/22 23:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: