私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  史観 >  サヨクが自衛官の身の安全を慮るという“偽善”

サヨクが自衛官の身の安全を慮るという“偽善”

← 応援クリック、ありがとうございます。

 政治家やマスメディアら言論機関は、その職業柄、見解にある程度の一貫性を求められるものだ。政治家がコロコロと言うことを変えれば風見鶏扱いされ、信用されない。選挙で訴えたことは、有権者との約束であるから、簡単には反故にできないのだ。数年前、これで自爆した民主党という政党があったが、それ以来、彼等は何も学習していない。

 民主党は今国家において、安保法制に十分な議論を求めていたはずだ。ところが、政権側が95日間という、戦後最長の会期延長を決めた途端、国会を閉じろと言いだした。言っていることが真逆なのだ。よくもこのような変わり身を臆面なくできるなあと思うのだが、彼等がこれほどいとも簡単に方向転換できるのは、政権への抵抗こそが目的化しているからだと思われる。

 この安保法制の議論において、しばしば自衛官の安全が、左派メディアや野党から指摘されている。勿論、自衛官を守るための法整備は必要なのだが、言っているのが、野党や、今まで自衛隊そのものを苛めぬいてきた左派メディアだから、「一体どの口で言う?」と呆れてしまうのだ。

 朝日新聞を例に取ってみよう。このふたつは、同じ朝日新聞の見出しだ。

  • 裁判官 世間へ飛び出す 新聞社で中堅研修(1982年9月15日)
  • 自衛官、新聞社で記者実習 プレスの独立どうなる(1993年9月14日)

 これは、井沢元彦氏の著書「虚報の構造オオカミ少年の系譜―朝日ジャーナリズムに異議あり」に書かれたものだが、公務員の新聞記者体験という点では同じなはずなのに、何故か自衛官の実習だけが否定的にタイトルを付けられている。裁判官ならよいのに、自衛官の場合はダメというのは、明らかに自衛官に対する差別なのだ。朝日以外でも、中日新聞が、人命救助をした自衛官をわざわざ「会社員」と書き替えたこともある。左派メディアにとって、差別の対象である自衛官に“栄誉”など不要なのだ。戦後、朝日をはじめとする左派メディアは、こういう差別記事を垂れ流し続けてきたのである。

 そんな、自衛官への差別を社是としてきたような新聞に、「自衛官の安全はどうなるのか」と今さら言われても、朝日らの過去を知る者としてはまともに聞く気がしない。

 これと同じ構図が、政治にも当てはまる。辻元清美が、自衛官の身の安全を慮るような質疑をしているのを聞くと、蕁麻疹が出そうになる。共産党、民主党、社民党なども然りだ。彼等の場合、自衛官に身の安全など、政権に抗う道具に過ぎない。政権を揺さぶれるなら、自分たち信条的に否定してきた自衛官すら利用する。官邸や国会前でデモをするサヨクもこれらと同質であることは、改めて書くまでもない。

 もはや「ご都合主義」ということばひとつでは片付けられない。政治やジャーナリズムには、こういう「あからさまな偽善」がまかり通っているのだ。

虚報の構造オオカミ少年の系譜―朝日ジャーナリズムに異議あり (小学館文庫)
虚報の構造オオカミ少年の系譜
―朝日ジャーナリズムに異議あり


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/07/04 07:51 ] 史観 | TB(0) | CM(14)
真っ赤な偽善
サヨクが盛んに自衛隊員の安全に気を配ってくれているという話を最近聞きます。

そもそもソ連軍、中国軍をさしおいて、旧日本軍を地上最悪な軍隊であるかのような高評価を頂いていますが、その流れとして自衛隊忌避など最近までたっぷりしていたのではなかったでしょうか。
お仲間、左翼労組が騒いでいたのはほんの少し前の話でした。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53036309.html

つまり、『真っ赤な偽善』なのですよ。

これもさよくに共通したもので、目的の為には事実でないことでも利用するという朝日新聞の例のパターンと同様です。
ここでは「目的のためならば敵である自衛隊も利用する」という言い換えで的は得ていると思います。

ただ、気になるのは自衛隊、防衛省が反日メディアに脇が甘いことで、少し前今開発中の次世代戦闘機F-3を真っ先にTBSなどにじっくり報道させていたりと、少しは防衛省、自衛隊も反日メディアのことを勉強して貰いたいと思う次第です。

[ 2015/07/04 08:23 ] [ 編集 ]
死せる魂
目は口ほどにものを言ひ、てなことで、

 顔は心のほどをあらはす。

まあ、世の中で辻元清美ほど下劣凶暴下品冷血といふ概念をその顔面にさらけ出してゐるブツは無いでせうが、かの北海ドブ大学教授山口痔瘻などは「市民革命(←死語)の星」などと最大限にほめ、朝日新聞のなんとか政治部次長(顔は酒太りしている皮膚は性欲にギラ憑ひてゐる)が「輝いてる」とかコラムに書きしてます。この山口痔瘻の顔などもヒドい。特に、その、

 目は完全にイッてる

し、口は、

 痙攣(ヒキ)ツッてる

こんな顔で国会議員、国立大学教授、新聞の論説委員(←いずれも年収は2.000万円下らない)できるのも戦後レジームのおかげ、これを、

 死守

しますよ。これらの化け物。おいしい特権ですもん、自衛隊員の尊厳などかけらも思ふコトなし。 

[ 2015/07/04 08:36 ] [ 編集 ]
NP様
ちょっと前にTBSでドラマ「空飛ぶ広報室」を放送しましたが、その制作時からの交流なのかもしれませんね。放送時は「へ~、TBSが自衛隊ドラマなんてやるんだ~?」と不思議でしたが、そうか、そこが狙いでしたか・・・

イデオロギーのためなら人まで殺す方々ですから、自衛官の命を守れと言っている心の中では「自衛官が他所で一人でも死んでくれれば話が早い」などと思っているのだろうと考えると、はらわた煮えくりかえります。
[ 2015/07/04 09:13 ] [ 編集 ]
自ら護れる
一端、戦場・紛争地に出た自衛官の身の安全は自衛隊自身が守れます。ただし、
矢鱈な法規制で彼等を縛らなければ。

「何時、どういう時の、どういう状況では、どう出来るか,出来ないか」等を延々国会で反日野党が質問していますが、それは自衛隊員の身の安全の為では無く、自衛隊の無力化を図るためとしか思えません。

性根悪の口舌の徒の考え出す「技巧的」言い様に、どうも素直な自民党政権担当者は直線的に答えすぎ、逆に自衛隊を縛らざるを得ない結果を導き出している様にも感じます。
どうか、反日勢を上回る「超絶技巧的答弁」を編み出して対抗し、自衛隊員の信頼を厚くして戴きたいものです。

ご紹介の井沢氏の朝日・中日の姿勢は、そのまま沖縄二紙の「自衛隊の事は悪口だけを書く。イベントに隊員やその家族の参加を絶対認めない」と全く共通していますね。
潰れろ!滅べ!朝日、中日、沖縄タイムス、琉球新報!

辻本は、小泉政権時にはかなりの精度の自衛隊情報を持っていたように感じましたが、最近の彼女の国会質問を垣間見ると(聴きたくも見たくもないんですよね、あの声と顔)あの頃とは随分違って劣化の一途な内容。情報源が引退されたか閉じられたのか?
相手に嫌悪感を抱かせてイジイジほじくる作戦しか取れていない辻本を質問者に出して来る民主党の底の浅さ。人材不足ですなあ。佳き哉。
[ 2015/07/04 09:26 ] [ 編集 ]
無能で姑息で我欲だけの卑怯者を国会へ送り込む有権者が悪い。

捏造も言論の自由のうちと嘯き、報道しない自由を駆使する商品価値ゼロのプロパガンダ紙に金を払う消費者が悪い。

天皇陛下と自衛官諸氏には誠に申し訳ないことだが、こんな愚かな国はもう一度死ぬほどの痛い目に遭った方が良い、と熟思う。

己の愚かさ故に亡びるとしたら、それも仕方のないことだ。
[ 2015/07/04 14:08 ] [ 編集 ]
休題
タイトルが外れて仕舞うのですが、他ページの矢嶋博士様コメントにかこつけて(?)こちらの場所を拝借させて下さい。

永福門院様と光厳天皇様のそれぞれの和歌は、私にはどれが一番、と言えないぐらい皆しみじみ香気に満ちた御歌に感じて居りますが、御製・御歌と共に、門院様御一統の北朝の方々の御生涯をも、少しでも皆様に識って戴きたいなあ、と思うのです。(余り資料がないのか著書も少ないですが、絶無ではありません)

教科書では南北朝の事には深く触れない気が致しますし、特に北朝の方々の事は国文学でも素通りされる事が多い様に感じます。
南北朝の正統性に就いては、700年前の過去の事で、今更朝鮮の様にアジャコジャ言っても始まらない、と私は思います。唯、皇位を巡って争いがあった史実の研究は別として。
なので、どちらが正統か、という事ではありません。

下克上大転換の世情と、皇統分裂、南北朝内戦の中の、それまでの国内史でも極めて苛酷な時代を、伏見天皇中宮様として実にまともに生き抜かれた門院様。
その御孫様の光厳天皇(北朝第一代)の、本来ならばあってはならない御座所の転々とされた天皇様の御環境と、それを自らの中に静かに受け入れられて禅僧として御生涯を終えられた厳しい生き方を、未だご存じではない多くの方に、関心を持って識って戴けたらなあ、と思います。

特ににどの御製が、とは申しませんが(と言いながら)
 ともし火に我も向かわず燈火(ともしび)もわれに向かわず己がまにまに
 夜鴉はたかき梢になきおちて月しつかなる暁の山

どうです?この心の底ふか~く沈み込む大和魂は! と言える立場では全くないのですが、イイと思いません?
ちなみに、光厳院様の御陵墓は京都の山奥の常照皇寺域にお鎮まりです。
[ 2015/07/04 14:46 ] [ 編集 ]
左翼の本質は嘘を広げた幻影による富の略奪
こはる様、典雅なるおコメの直ぐ下に、野暮コメ恐縮でございます。<(_"_)>

フランス革命は大衆を扇動して王様の富を略奪し、次に貴族間での略奪。
死んだルイとマリーの遺したものは、一人の皇帝ナポレオン。

ロシア革命は大衆を扇動して皇帝と貴族らからの富の略奪。
死んだニコライ&アレクサンドラが遺したものは貪欲非情なノーメンクラトゥーラ。

支那共産革命は大衆を扇動して地主から土地の略奪。
死んだ地主の遺したものは、人肉まで売るカネ狂いの亡者たち。

自ら富や美や制度を作れず、タカりと強奪を謀る下衆らは左翼ズラをするしか
ありません。 民主の奴らが、命や人権とかを美辞麗句で飾った「幻影」を
掲げて喚く時、なんと、その姿や口舌が朝鮮人らに似ていることでしょうか。
辻本は「御本尊」ですから、いやらしさが毒々しく現れるのでありましょう。
          ~~~~~~~~~~~~
* 心神 (F3 戦闘機)  *

現段階は飛行試験機であり、機体のどこに、どんな武器ををつけるのかも解って
いません。 もっと積極的に世界に広報してもよろしいのではないでしょうか。
宣伝することでミリヲタが増えますし、お花畑のアレルギーも減るはずです。
不肖・宮嶋氏が3千円を超える写真集「スクランブル」を売り出すようですし・・・

「心神」を作る意図は自衛官OBの見解をチラ見して、それをアホ流に脚色して
申しますれば以下のようです。

1.USへの圧力。 戦闘機を妥当な価格で売り、適切な補修整備法を伝え
  ないなら、オマエラがビビるであろう機体が出来ることになるぞ!
  (南鮮の場合、補修・点検は米軍に持ち込みのようで超割高みたい)

2.支那への圧力と不測のバトル抑止。 日本は70年前、5大強国を相手に
  戦った。 武運拙く敗れはしたが、支那一国で日本に勝てると思うのか?
  航空機の機体はロシアン・コピーでエンジンは丸ごと購入するしかない
  ヤツは分際をわきまえろ。

3.自主防衛を理想とする以上、いずれ戦闘機も作ったほうが・・。

敗戦直後、米が接収した日本軍の戦闘機を、米軍航空機燃料(ハイオクタン)
で飛ばしてみると、F6Fやコルセアを凌いだとのウワサがありますし、日本が
戦闘機を作ろうとするのは、それなりの刺激となるようです。
      (そりゃ~ 松根油では、涙とため息しか・・)
[ 2015/07/04 15:37 ] [ 編集 ]
京極為兼
永福門院、伏見院、の御歌御製群、を折口信夫は日本短歌の行き着いた極みと言うてをります。風雅集、玉葉集(京極為兼編)。ですわね。
京極為兼はこのお二人とともに“血尿”だしながら短歌の深淵に手を携えて行つた豪傑です。言ひたいことを言ひ時の権力から囚人として竹かごに入れられて護送されるやうな羽目外して平気な。

光厳天皇御製の豪儀な大和魂、はこれら偉大な“血尿だしながら”和歌の深淵を目指したおばあさま(永福門院)連中の高貴の血の中にあるのでせう。

短歌は、言葉の遊びお上品の趣味ではありません。

 切ったら血が出る

命がかつた行為であります。
こはるさま、末田さま、管理人さま、このこと当ブログの主題、

 日本人のアイデンティティを奪還

する大戦略上、ないがしろにしてはならぬ戦術の一つ、と考へをり候ところ、笑つてこらへてくだされたく。



[ 2015/07/04 16:29 ] [ 編集 ]
そういえば 潜水艦も
末田様の「死んだ○○の残したものは」の部分をつい歌って仕舞いましたw 誰が歌って居たのだったか?

日本軍の戦闘機が接収した米軍の関心をひどく喚起した、らしきお話は私も幾つか読んだ事があります。

NHKで私が見たのは再放送だった様ですが、折りたたんだ戦闘機を三機(四機?)搭載できた巨大潜水艦を取り上げた番組がありました。
実戦にわずかに間に合わず、結局それも丸ごと米軍に接収されて、脅威を以て研究材料になる筈だったけれど、ソ連の共同調査要求になってはイカン、と言うことで爆破されたそうですが、映像を見るだけでも、何とかつての日本人の発想とそれを図面に起こし、現物を造ってしまう技術者の力のスゴイ事よ、と思いました。

戦闘機も潜水艦も、今日本が独立国の精神を発揮しようとすると、なにかと邪魔をするのは同盟国米国というのが何とも言いようのない不快感を引き起こしますが、こういう面を考えれば,日本の反日野党は今の様に「戦争」と誇張捏造して与党攻撃をする必要はないのに、と思います。
集団的自衛権は権利であって、行使の選択権はあるのですし、今現在、沖縄でも本土でも米軍基地の存在自体が既に集団的自衛権が成立しているのではないのでしょうか?

反日民主党がパンフ50万部を刷って平和安全法案を廃棄訴えをするそうですが、肝心の同盟国米国がイザとなれば日本を抑えに掛かるのですから、民主党は当分は米国に任せておけば良さそうなもの。
無駄でいやらしい悪意満々の「人殺し、戦争に向かう、徴兵になる」宣伝で国内をかき回すな!

[ 2015/07/04 16:45 ] [ 編集 ]
なるほど、道理で「私は地球市民です!」なんて叫んでいる連中から文化・芸術の香りがしないわけですね。納得です。
[ 2015/07/04 17:25 ] [ 編集 ]
擬特亜売国奴集団の血と思想とを清浄なる我が国に残すべからず
売国奴~今日は東でチョン斬られ~明日は西で首くくられ~ア~ソリャソリャ♪、と。

真っ当な法治国家を回復し、皇軍将兵が売国奴共の腐れた命を守らねばならない気違いの様な状況を打破しましょう!

今日の言葉:皇軍将兵には悠久の大義の為に後顧の憂い無く尽力せしめるべきであり、彼らを暴力装置などと抜かす極左売国奴共を国家意思として物理的にも思想・教条的にも絶滅させなければならない!その白々しい言葉を愛国者の誰一人として信じる者は無い!
[ 2015/07/04 18:14 ] [ 編集 ]
詐欺師顔負け、国民を欺くサヨク
詐欺師が他人を欺く為の3手順

その1:思惑を悟られないように、笑みを浮かべながら【きれいな言葉】(平和、友好、保護、人権、愛、命など)を主張しながら相手に近づく。

その2:相手からある程度の信頼を得られたら、急に手のひらを返したように、悪意に満ち、焦燥に駆られた脅迫紛いの言葉をかけ、相手の精神を攻撃し、揺さぶる。

その3:相手の精神をぼろぼろにしたところで、目的の交渉を行う。

この3手順を踏めば、詐欺が成功するという事です。

詐欺師は金を取る事が目的ですが、恐ろしいのは詐欺は金だけでなく、相手の精神も破壊しつくすところです。

サヨクが都合が良い時だけ【自衛官の命】を叫びますが、普段は(普段どころか【自衛官の命】を叫んでいる時でさえ)【自衛官の命】を大切にしていないので、嘘をついているという事は明白です。

辻本清美も嘗て秘書の給与を詐欺的な手法で横領して逮捕されているくらいですから、詐欺師顔負けの騙しテクニックを身に付けた彼女が信用されるわけも無く、そもそも公人として政治の場にいること自体がおかしい。

犯罪歴がある時点で選挙権を剥奪すべきだろうと思います。もしくは数年間無効にするかのどちらか。

そもそも民主党自体が詐欺師の集まりのようなものですから、民主党の存在自体が憲法違反だろうと思う所です(共産や社民なども当てはまりますが)。

このような詐欺師に未だに騙される集団がいる事も懸念しなければなりませんが、詐欺師のサヨクがいくら【きれいな言葉】を使っていても信用してはいけません。

まともな大人ならばその言葉の裏に満ちた悪意に気が付いているはずです。表向きはきれいな政党を装う時点で、独裁を公言している中共や朝鮮労働党などの国家組織よりも悪質であると言えるでしょう。

サイコパスなのか知りませんが、確信犯が自己反省する事はありません。民主国家なので建前上は議論に応じる必要がありますが、まともに相手にしないようにする他ないでしょう。

そもそも民主党は議論する気などありませんから、このような政党が自分達の主張が通ら無い為に、「ファシズム」だとか「議論が尽くされていない」などと叫ぶこと自体がお門違いでしょう。

サヨクは、馬鹿の一つ覚えのように「ファシズム」「ヒトラー」を連呼する前に、自己反省せよと言いたいところだ。無理だろうが。
[ 2015/07/04 21:21 ] [ 編集 ]
矢嶋さま
どうぞ、どうぞ、愚生にお気遣いなく投稿くださいませ。
その御方の立ち位置と誠意が感じられるものは、どのようなものであれ一礼を
いたしまして拝読しております。
なお、愚生は上から目線の「エラソー・コメ」には直ぐに火病の発作を起こします
ので、さような節は叱責下さいますようお願いいたします。
(ご先祖にスケベがおりまして朝鮮の血が入っておるのかも・・・・)

こはる様
「死んだ男の遺したものは」
小室等など反戦を衒う輩が多々歌っていたようですが、私めには、森山良子や
矢野顕子のものが印象に残っております。

残念なことに、和歌など伝統が蓄積されたものは、それだけ含蓄が多く、自分の
感性に合うもの以外は時間をかけないと馴染み難いものがございます。
ところが、「革命」を題材とすると歌であれドラマであれ、たちどころに劇的になり
人の心に食い込んでくるように思えます。  「ベルバラ」が当時のうら若き
オナゴ、今のオバサマの涙を誘ったのも、よ~く解る気がします。
[ 2015/07/04 21:39 ] [ 編集 ]
もののあはれ
司馬遼太郎のファン、なんですがワタシ、彼の「街道をゆく」のある巻(たしか本郷界隈だつたか)、

 源氏物語の「もののあはれ」
 平家物語の武士の持つ「名こそ惜しめ」という気概
 明治の「漱石の持つた悲しみ」

の三つの情を喪へば、日本人は情緒不安定の境涯にさまよふ。だらう、と言うてをりましたが、戦後レジームとはこの三つを完全に亡きものにした上に蔓延つてきたものでせうね。
大東亜戦争時までには、この国の兵士も下士官も将軍も銃後の民もこの三つの情持つがゆゑに凛々とゐました。一部の例外はありますよ当然のコトです。

 戦後日本サヨク

ですが、ゼロ情緒の持ち主ですわね。顔つきにあらはれてをります←コレは例外無いかも。スターリン電池装着のロボコップのやうな、翁長ヅラ某、辻元清美、枝野幸男、四位某、民主党社民党共産党朝日新聞沖縄タイムス琉球新報に巣くうモノらですわね。亡びるモノらですわね。
福島瑞穂といふモノですが、ガンメン(顔面)が破壊され果ててますわね見るも無惨に、←コレ、ちゃんとした理由ありますよ。情緒という栄養素が顔面をひたすコト無くなつたせいでせう。サヨクガンメン症候群。不治です。



[ 2015/07/05 00:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: