私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  大江健三郎を持ちあげながら、百田氏を叩くメディア ~ これこそ立派な偏向である

大江健三郎を持ちあげながら、百田氏を叩くメディア ~ これこそ立派な偏向である

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民主党幹事長の核マル枝野は、自民党の勉強会で報道機関に威圧的な発言が相次いだことに関し、「私どもも報道機関に政治の立場から言うべきことではないことを言ってしまったケースは部分的にあった」と述べた。ブーメランの名手が揃う民主党も、さすがにまずいと思ったのだろう。

 枝野は自民党の問題は「次元が違う」と強弁したが、クローズで行われた若手の勉強会で出た発言と、冠たる幹事長が「電波止めるぞ」と報道機関にかけた脅しとでは、確かに次元が違う。完全に民主党の負けだ。小西洋之が産経新聞を名誉棄損で提訴したことについても「次元が違う」で押し通したが、産経のケース以外に、小西は一般の方にも「法的措置」という威圧的な言葉を連発し、その方のツイッターを閉鎖に追い込んだ経緯がある。これも「次元が違う」。ことほど左様に、民主党はほぼ永久にブーメランを受け続ける政党であるのだ。ちなみに、枝野によるこの批判を伝える民主党のウエブサイトでは、このプチ告白には全く触れていない。(URL

枝野


 沖縄2紙は言わずもがなだが、そもそも、朝日や毎日など日本の多くのメディアは、何故大江健三郎のような左翼・進歩陣営の言説を貴重な意見として扱い、一方で百田氏の発言を叩くのか。言うまでもなく、多くの新聞は社論ともイデオロギーとも言えるものを持っており、そのイデオロギーに合致する著名人を、自社論説の説得力を補完する意味で利用したいからに他ならない。

 昨日の報ステで、若い解説者が、自民党の勉強会は安保法制に反対する憲法学者などを呼んで、勉強した方がいいという趣旨のことを言っていた。ならば、同じことを朝日新聞に言ったらどうだろうか。現下の安保法制も例外ではないが、特定秘密保護法の喧騒の中、朝日は紙面を総動員し、反対の論陣を張った。いつもは少数意見・反対意見に耳を傾けよと説く新聞が、反対意見を紙面上からほぼ抹殺したケースである。

 朝日新聞や他の左派メディアが、今さら論説を変えることなどあり得ない。間違いとわかっていても、過去の社論を撤回することなど出来ない。間違いを認識していても、長いあいだ論説を変えられず、遂にそれを撤回して炎上したのが慰安婦捏造報道だ。新聞社にとって、あれ以上の悪夢はないのではないか。

 翁長沖縄県知事は、那覇市長時代、「日本というくびきから沖縄を外してほしい」と語った。インタビューし、オピニオン欄全面を割いて記事を掲載したのが朝日新聞である。「オピニオン欄全面」というところがミソだ。その前後には、「琉球独立総合研究会」が新設され、「さまよえる地域研究 ―― 沖縄・台湾・韓国にとっての沖縄返還・日華断交・琉球独立」というシンポジウムまで開かれている。朝日新聞は、沖縄の独立を支援していると断定して差し支えない。

 特定のイデオロギーをもとに偏向しながら、その現実を認めず、ひたすら公平・公正ヅラして自社の論説を正論とし、他の意見を弾圧するメディアの構造が図らずも露呈したのが、百田発言とその報道の本質だろう。潰れて然るべきではないのか。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/06/30 07:17 ] メディア | TB(0) | CM(14)
大江健三郎?とは
まあ、戦後レジームといふ「シェルター」内限定(空間的、時間的)の流行モノでせうな。いま、そのシェルターが壊れまして、干からびて賞味期限切れのスタンプ押されとります。
古本屋軒先の百円均一棚で雨晒しになつてまして、価値は古新聞以下に。
そのエッセイといふか評論類の作文の、

 ですます調

は、「戦後民主主義」といふサヨク御用達もん(ソ連共産党コミンテルンからのお下がり)思想汚染者に、

 おもねる

効果グンバツでしたが、いまや臭気紛々糞々で見向きされない。今後見向きされる可能性無し。新聞などに取り上げられる際には【ノーベル賞作家の】といふマクラかまさなければ、自立できない廃人のよいよいになつている。大江健三郎 Who?ってな境遇に。肝心の小説については、ついに自分の文体を持ちえなかった!というのがこの流行児の致命傷では?。フランス文学あたりの直訳翻訳調の域を出ることなかった。日本文学たり得ない悲劇喜劇笑劇のピエロ。
ピエロの本能が、

 デマデモの先頭を歩かせる

ピエロの本望ココにあり、ってなわけですわ。
この大江健三郎のエピゴーネンとしては、貧相の朝日新聞の犬の、

 高橋源一郎

がいる。このゲンチャンですが毎月一回か朝日新聞オピニオン欄に半ページほどもらつてなにやら文のやうなものを書かせてもらつてをりますが、参考文献が岩波「世界」が主!だといふ、アナクロニズムに安住する白痴ブリブリ、

 馬鹿(アホ~)丸出し

といふ以外、言ひやうのないモンで、あはれ。

 なにはともあれ 朝日新聞沖縄タイムス琉球新報不買
         朝日新聞沖縄タイムス琉球新報掲載広告品不買

を。
 
[ 2015/06/30 12:33 ] [ 編集 ]
【日本国軍の包括的または部分的駐留を希望している国々(平成27年6月1日現在)】
里美です。

【日本国軍の包括的または部分的駐留を希望している国々(平成27年6月1日現在)】

♥アイスランド[アイスランド語islaend.: Ísland、ドイツ語dt.: Island、英語engl.: Iceland]
♥エストニア[エストニア語estn.: Eesti、ドイツ語dt.: Estland、英語engl.: Estonia]=日本人同胞民族であるエストニア人の国家。=現在、ドイツ連邦空軍とスウェーデン王国空軍が部分的駐留していますが、ロシア陸軍がロシア本国へ撤収せず不法駐留しています。
♥ラトヴィア[ラトヴィア語lett.: Latvija、ドイツ語dt.: Lettland、英語engl.: Latvia]=現在、ドイツ連邦空軍が部分的駐留していますが、ロシア陸軍がロシア本国へ撤収せず不法駐留しているだけでなく、ポーランドがラトヴィア国土の一部分を割譲譲渡要求しています。

♥エチオピア[アムハラ語amhar.: XXXXX、ドイツ語dt.: AEthiopien、英語engl.: Ethiopia]=エチオピアは、フランスにディプチ地方を独立させられ、ポーランド系チェコ系ルーマニア系米国ユダヤ人にエリトリア地方を独立させられ、海への出入り口を国土喪失させられました。

♥モンゴル国[モンゴル語mongol.: Монгол Улс、ドイツ語dt.: Die Mongolei、英語engl.: Mongolia]=日本人同胞民族であるモンゴル人の国家。
♥内モンゴル[ドイツ語dt.: Die Innenmongolei]=独立達成すれば、日本人同胞民族であるモンゴル人の国家。=独立達成すれば、日本国軍の包括的駐留を希望する予定。
♥フィリピン[フィリピン語philippin.: Pilipinas、ドイツ語dt.: Die Philippinen、英語engl.: The Philippines]=日本国軍の包括的駐留で合意済み。
[ 2015/06/30 12:44 ] [ 編集 ]
大西議員またやっちゃいました(笑)
第一次安倍政権と同じ、身内に潰されるな(笑)
[ 2015/06/30 15:47 ] [ 編集 ]
いまは、第2次安倍内閣
第1次のときの

 朝日新聞

は、消されてまっせ(末世)。まったく。

 なにはともあれ 朝日新聞沖縄タイムス琉球新報不買

の嵐、吹きまくってまんがな。


[ 2015/06/30 19:08 ] [ 編集 ]
あの時の佐藤首相
先日の沖縄特集の産経で初めて知った事ですが(不勉強でした!)、沖縄返還交渉の最終段階で、現地沖縄では日本復帰を祝う勢力と米軍基地全面撤退・無条件復帰でなければダメ!と現実無視癖の反対派でゴチャゴチャ。
折から70年安保闘争に続くベトナム反戦運動の国内、という殺伐たる雰囲気の中、復帰賛成派の女性達が訪米を前にした佐藤首相激励で官邸を訪れ、首相は落涙と共に「長い間沖縄の方々にはご苦労をお掛けしました」と。

一国の首相が(多分戦後から続いた自民党政権中通して)こんなお気持ちで居られたのか、と返還当時には思いもつかなかった永の苦悩に、感銘を受けました。
今でも沖縄にはこの気持ちが伝わらないのか、とても残念な事です。

個人的に好きな作家の一人、開高健氏の文学界でのライバルが大江と言われて居るようですが、開高さんをあんな奴の隣に置くな!と思います。何より人品が違う。
大江がどんな賞を取ろうと、作家が事を地道に調べもせず、沖縄戦「集団自決」の濡れ衣を二人の守備隊長に着せた罪は裁判がどうあれ、断罪されるべき。この者を持ち上げる事が出来る勢力の”良心”もまた然り。

百田氏は叩けば叩く程に良く鳴る太鼓の様なお方とお見受け致します。頑張って日本に仇為す者達を言葉で調伏して戴きたいですし、応援しております。願わくは決して敵の奸計に引っかかりませんように。
[ 2015/06/30 19:32 ] [ 編集 ]
初めまして
作家ってなんで日本下げや日本批判が好きなんでしょうか?森村誠一や村上春樹や龍も…自分らは他と違うと上から目線でさも正しい面して…空想の世界を仕事にしてる人は現実が見えてないと思えます…ジブリ3爺さんもそうだし…百田さん、案の定発言の叩ける部分だけ切り取り放送するしないの自由を行使して百田さん叩き、これメディアが権力使って個人攻撃してるとしか思えません!相変わらず卑怯で腐ってる、日本をダメにしたのは政治家やメディアも大きな原因ですね。日本の敵が日本人や日本メディアなのが日本の不幸です。

[ 2015/06/30 22:05 ] [ 編集 ]
民主は問題を追及する資格無し、百田氏は正論を述べただけ
民主が与党だった3年間に様々な報道圧力をかけていました。その例は

①菅内閣時、尖閣諸島漁船衝突のビデオ非公開圧力

②ドラゴン松本復興相による、メディアと村井嘉浩宮城県知事に対する恫喝、映像の非公開圧力

③輿石東幹事長のメディアに対する「電波止めるぞ」の恫喝

④仙石由人官房長官の古賀義明経産省官僚に対する脅迫

⑤鉢呂吉雄経産相、メディア記者に対して「放射能付けちゃうぞ」発言

その他圧力かどうかは定かではないが様々なメディア、個人に対する恫喝、問題発言がありました。

このような政党が自民党議員や百田氏の発言を追求するような資格はありません。悉くブーメランが返ってくるだけですので、辞めた方が良いだけでしょう。

アカヒも沖縄2紙も潰れて良いのです。あの新聞社はメディアなどではない。
このような中共の工作機関のような物が国内に存在する時点でおかしい。

アカヒと沖縄2紙は今回の問題で発狂しているが、図星を突かれてうろたえているだけでしょう。

百田氏に文句があるのならば堂々と討論を申し込めばいい。それだけの事だ。

百田氏はかなりタフだ。そんなに簡単に折れるほど腰抜けでは無いのが彼の強い所。私人である彼ならばかなり自由に発言できるところが良い所だろう。

大江健三郎も数々の問題発言をしているが(防衛大学校生に対する侮辱発言など)、そちらはほとんど問題にされていない。

このような新聞社がメディアを名乗る時点でおかしい。いい加減中共の工作機関であると正体を明かしたらどうだ。国内で未だにこの機関誌の信奉者が一定数存在する事には違和感を禁じ得ない。
[ 2015/06/30 22:20 ] [ 編集 ]
チェックしてみた2
①在沖縄米軍関係者の犯罪率
 ・在沖縄米軍+家族:47,300人(23年6月←沖縄県HP:4年更新されず)
 ・米軍関係者犯罪検挙数:29人(26年←沖縄県警HP)
 ・10万人当たり検挙数: 61人(凶悪犯に限れば2.1人)
②沖縄県民の犯罪率
 ・沖縄県の総人口:1,424,618人(26年12月←沖縄県HP)
 ・沖縄県民犯罪検挙数:4,356人(26年←沖縄県警HP)
 ・10万人当たり検挙数: 307人(凶悪犯に限れば4.3人)
結果、
レイプ犯罪のみでの比較は出来ないが、米軍関係者は沖縄県民と比較し、
 「一般犯罪では1/5の犯罪率、凶悪犯罪に関しても1/2の犯罪率」
となり、米軍関係者は県民と比較して圧倒的に順法意識は高く、
 「沖縄県民の方が犯罪率が高い」
とした百田氏の発言は正しいと言える。
では、沖縄主要2紙はこれまでに
 ・県民の犯罪に対して米軍の5倍の紙面を割いてそれを報道しているか?
 ・県民と比較し米軍関係者の方が犯罪率が小さい事実を報道しているか?
 ・より良い社会を目指すのなら、絶対数が圧倒的に多く犯罪率が5倍も大きい県民犯罪に着目し論陣を張るのが先と思うが、そのような報道をしているか?
答えはいずれも「NO」である。沖縄主要2紙は、米軍を撤退させたいがために米軍犯罪を利用し、県民生活を蔑ろにしている。
 この数日間、百田氏の発言の中で、軍用地・普天間に関する記事ばかりで、犯罪率に関する記事については見事にスルーされていたことから確認してみたが、結果は予想通りだった。(報道しない自由炸裂)

不都合な事実には目をつぶり、ことさら米軍関係者の失態のみをクローズアップして批判(今回は百田氏)を続ける沖縄主要2紙の報道姿勢は「偏向」そのものだ。
[ 2015/06/30 22:23 ] [ 編集 ]
大西議員の会見の全文を産経が掲載
>「みなさんにお話ししておきますけど、常にマスコミはつまみ食いするんだよ。都合のいいところだけ編集して、まったく本人の意図と違うような報道の仕方っていうのが極めて多いんだよ。

まず、最初に申し上げるけど、私は一言も『政治家や党が財界に圧力をかけて、マスコミを懲らしめろ』ってことは言っていない。それが今、そういう報道をされているでしょう。そんなことはない。・・・・

http://www.honmotakeshi.com/archives/45375426.html


ソースの産経記事

http://www.sankei.com/politics/news/150630/plt1506300033-n1.html
[ 2015/06/30 23:53 ] [ 編集 ]
「書いた記者を外せ」
今朝の産経に囲みで載っていた記事には、
民主党が政権時に気に入らない記事を見て、政治部のキャップを呼びつけ「書いた記者を外せ」(しっかり命令口調)「(別の記者名)あいつも外せ」と言い放ったそうで。
<最近もテレビの討論番組でさわやかなお顔を拝見するが、あの時のA議員とは別人のようで、自分が体験した事が自分でも信じられないときがある>
さて、このさわやかサンはどなたでしょう?アレかな?アッチかな?
最近の民主党の面々、一人も「さわやかさ」を感じ取れないもので、確定が出来ません。

<民主党はその後も前原誠司政調会長(当時)のことを「言うだけ番町」と書いたら、記者会見から本紙記者を排除した>等々など
既に一般名称化している言葉にも、この反応!ドヒャ

ざっとほじくれば幾らでも自民党を遙かに上回る民主党の「権力の驕り」(by岡田)例は出てきますでしょう。
これを枝野の言う「次元が違う」とするなら、たしかに違いますね。民主党政権時の高次元の驕り高ぶり、そしてそれを自覚も出来ていなかったらしい無自覚次元という意味でも。
それも、「部分的にあった」とは、あまりの謙虚さに唖然ですわ。
最終的に地団駄踏むのはどっちかな?
[ 2015/07/01 00:36 ] [ 編集 ]
このAの名前は出せる!この民主党議員にプライバシーは無いからだ。
上記の記事で、
船津寛政治部次長は、「密室の中での話なので」という理由からこの民主党議員を、

 A

として記述しておられますが、「密室」といってもそこが、

 議員会館

という国民の税金でできた

 国民という家主の管轄下にある

【公】の場であり、ここでの犯罪行為は開示されねばならぬ。しかも、この A からの強健的の強制の呼び出しがあって、の事態ですので、このような「公」の場所で「書いた記者を外せ」と憲法違反を犯した A にプライバシーは無い。一般人ではない、れっきとした現職国会議員でっせ!。Aの自宅ならばともかく議員会館に呼び出した!というのはこのAにとって致命的自殺行為でしたな。ご愁傷様。

 民主党A議員の実名

を挙げても罪にはならないでしょう。このケース。

 1 民主党政権できて一年後
 2 今も民主党議員
 3 「書いた記者を外せ」という口調のヤツ
 4 最近もテレビの討論番組にでて「さわやかな顔」の仮面をかぶっているヤツ
 5 民主党議員だが、下っ端ではない、まあまあ上のヤツ

コイツはだれやねん?
自首してくる前に名前を暴かんね!

 なにはともあれ 朝日新聞沖縄タイムス琉球新報不買
[ 2015/07/01 04:48 ] [ 編集 ]
A 候補
えらそうな口調と言えば、

 元NHK  安住淳
 核マル暴 枝野幸男
 日教組  ゲシュタポ輿石東
 人間失格 辻元清美
 歩く珍棒 細野性豪志
 菅直人のパシり 寺田無学
 チャラ女 蓮舫

しかし口が裂けても「さわやかなお顔」と言える連中ではないわな…。
ほかにも有力容疑者ゾロゾロおるでしょうが、まあ、わたくし、民主党政界に詳しくないもので。

 なにはともあれ 朝日新聞沖縄タイムス琉球新報不買

  反歌
  民主党議員 A に与へる 
メリメリイ(滅離滅離夷)仮面剥ぎゆく。ファシストの「さわやかなお顔」の化けの皮を剥げ 

[ 2015/07/01 05:33 ] [ 編集 ]
『事実よりもイデオロギー』という基礎を押えよう
朝日の本質は『事実よりもイデオロギー』という、これは社是ではないかと思えるものを固持していて、それが白日の下に晒らされたのが記憶にも新しい「福島原発事故捏造報道」と「吉田清治慰安婦報道」などでした。

その際の恣意的検証機関のお手盛りや形だけの謝罪で誤魔化そうとした姿勢がさっそく、月日も経ず今また本性を表している昨今ということでしょう。

その本性、今後もベースにまず「さよく・反日・反米・親中・親韓」を中心を置き、その上部に「安倍内閣打倒」というキーワードを置いて、そこでさまざまな「安保法制」、「沖縄基地移設」、「原発」などという事象を当てはめて見ることで、解答としての『偏向メディア』という答えが出て来ます。

反日偏向メディアの人あたりの良さような、権威があったり、知名度のある人物や学者などをコメンテーターとして使ったり、もっともらしく論説委員、解説委員などが語ってもそんな中間の工作に惑わされず、『事実よりもイデオロギー』という基礎をしっかり頭に入れて番組を見れば今どのような工作を入れ込んでいるのかなど。
たとえば古舘伊知郎の顔を見ながら、または岸井成格の顔を見ながらテレビの別の楽しみ方がお茶の間で出来ます。

[ 2015/07/01 08:02 ] [ 編集 ]
はっきり言って、両方共に問題あり
朝日の捏造は大問題だが?百田尚樹は行動、言動、作品でも亡くなられた遺族を怒らせたという報道される事自体、中々普通なら聞かない話
与党の若手の集まりなら、それは私人では押し切るのは厳しいよ。側で聞き耳たてるのは、申し訳ないが素人でも予想はつきます。手ぐすね引いて待ってる所にあの発言は書きますよ。仕事ですから記者も。
[ 2015/11/20 02:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: