私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  百田尚樹氏の発言を撤回せよという憲法違反

百田尚樹氏の発言を撤回せよという憲法違反

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日のエントリーについて、コメントを見ていると何やら誤解があるようなので、はっきりと言っておきたい。私は百田尚樹氏の発言に問題ありとは全く思っていないし、発言内容は言論の自由の範囲内である。ただ、出席議員が「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番。経団連に働きかけて欲しい」などと発言したことに対し、擁護するつもりは全くない。マスメディアの偏向報道は批判されてしかるべきだが、立場を考えて言ってもらいたい。これでは、「電波止めるぞ」とメディアを脅した輿石東(民主党)と同レベルである。

勉強会の内容を盗聴(笑)するマスコミ
勉強会の内容を盗聴(笑)するマスコミ
長尾敬氏のFBより


 自民党若手議員の発言は、もともと密室で行われた勉強会で出たものである。擁護する気にはなれないが、公の場での発言とはトーンが異なる筈だ。しかし、この一件を受け、公の場で愚かなことを言うもっとレベルの低い馬鹿がいたので、紹介しておきたい。

百田氏発言「断じて看過できない」 沖縄選出国会議員らが抗議声明 (産経)

 安倍晋三首相に近い自民党若手議員の勉強会で、沖縄の有力2紙をはじめとする報道機関に圧力をかけるような発言が出た問題をめぐり、沖縄選出の野党国会議員ら5人は27日、勉強会の講師を務めた作家の百田尚樹氏に「憲法21条の報道・表現の自由に反し、断じて看過できない」と抗議する声明を発表した。(中略)

 声明はまず、マスメディアが権力に批判的なスタンスであるのは健全とし、2紙が基地問題を大きく扱うのは「沖縄が国策の犠牲を強いられ続け、問題が解消していないからだ」と強調。県民世論の代弁者として政府を追及しているだけだと指摘した。

 その上で、百田氏の発言には著しい事実誤認があり「暴言、妄言だと指弾せざるを得ない」として、発言撤回と2紙への速やかな謝罪を求めた。声明は百田氏と、勉強会に参加した全国会議員に送付する。(以上、抜粋)


 この声明に名を連ねたのは、照屋寛徳(社民)、赤嶺政賢(共産)、玉城デニー(生活)、仲里利信(無所属)、糸数慶子(同)の5名である。ちなみに、無所属の仲里利信は、米軍基地の辺野古移設に反対して自民党を離党したクチである。糸数の左傾斜ぶりについては、改めて述べる必要もないだろう。

 今回の騒動の文脈は、自民党の若手議員が国会議員という立場、即ち権力を持つ立場でマスメディアを「懲らしめる」といった議員に対する批判である。ところが、この声明を発した議員5名は、その国会議員という権力者の立場を使って、民間人である作家の発言を封殺しようとしているのだ。声明議員5名は憲法21条を持ち出し、報道・表現の自由を主張しているのだが、この声明自体が、民間人である百田氏の表現の自由を侵害する憲法違反だ。こんな単純な自己矛盾が、どうして分からないのだろうか。

 百田氏も、転んでただで起きるタイプではない。売られた喧嘩は言論上でしっかり買っているようだ。


 憲法違反を平気で侵す議員を選出する沖縄世論は、やはり病んでいると言えるようだ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/06/28 09:32 ] 政治 | TB(1) | CM(17)
ドイツの「キリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟(CDU/CSU)」: 「捏造は、捏造であり、言論でもなく表現でもない。」
ドイツの「キリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟(CDU/CSU)」:

「第一次資料に基づかない言論は、言論の自由、表現の自由などの保護下にない。すなわち、捏造に基づく言論は、言論の自由、表現の自由などの保護下にない。捏造は、捏造であり、言論でもなく表現でもない。」
[ 2015/06/28 11:12 ] [ 編集 ]
>転んでもただでは起きない(*^_^*)/Vお人柄
百田尚樹氏への最大の誉めことば。か、とも。

 なにはともあれ 朝日不買 (字足らず)
         朝日広告品不買 (字余り)
[ 2015/06/28 11:59 ] [ 編集 ]
御ブログの主旨に賛同します。百田さんの発言は、発言の内容としては例のメディアの実情を適格に踏まえて述べており私も賛成しますが、他方で私も問題だったと思うのが彼の発言した場だと思います。保守側の声がどんなにまっとうでたとえそれが真実であっても、事実や意図をなおざりにその声を平気で歪曲し、批判するのが反日メディアです。その当たり前すぎる現状を念頭に置いておけば、いくら政治家ではない立場の人間であっても、場によって発言を選ぶのは当然だと思います。百田さんは、メディアを批判するならもっと適切な表現、言い方があったろうと思います。そこが悔やまれるところではないでしょうか。
[ 2015/06/28 12:12 ] [ 編集 ]
反日メディア
何回か書いていますようにこの問題の本質は「メディアの偏向」にあるわけです。
先ず百田尚樹氏のコメントですが、まったく非の打ち所のない正論です。

しかしそのコメント、それを日本の社会に伝える媒体、それに反日メディアであるという宿痾ともいえる存在があるということです。
それは当然、正論が反日マスメディア経由で国民に伝達されるという構造です。

つまり何を発信しようと、その中間業者である反日メディア、朝日、毎日、NHKなどが恣意的に加工し、或いは捏造して国民に伝えるということです。

そこに於いて、この中韓マージンを取る反日メディアを代えなさい方法は現在のネットの政治部門の弱さにより早々には代替は出来ず、既存のテレビや新聞などが日本国民の洗脳機関となってしまうというわけです。

しかしその壁がどんなに高くても、日本を正常化させるにはこれら反日メディアにメスが入らない限り左翼の志向する再生産の犠牲に若年層が取り込まれるという繰り返しになるのでしょう。
[ 2015/06/28 12:42 ] [ 編集 ]
出席議員の発言は亡国の縁に有る我が国の窮状からのもの
経団連に圧力を掛けろ云々という出席議員の発言は敵側工作勢力(カスゴミ連合ら)のによる不当圧力・世論誘導の中で為されたものでしょう。更に与党議員としての立場からの発言であっても、ミンスら特亜側政党を援護し続けて来たカスゴミ連合の余りの酷さの裏返しですから、十分理解出来ます。これは作用反作用と捉えれば至極自然な成り行きですし、そういう考え方(経団連への圧力云々)が出て来ても仕方が無いのではないでしょうか。人間、清濁きれいに分かれることを期待していては我が国の窮状を救うことは出来ないと思います。ミンスやその亜流、狂産らは濁だらけでまさに汚物集団ですが。

あと炎上ついでの百田氏のコメントも素晴らしいです。垢日・毎ニヒ・東狂全社員は地獄に落とされるべきです。
[ 2015/06/28 12:42 ] [ 編集 ]
まぁ、百田さんの発言は政治家じゃないから、批判はあっても撤回の必要は無いですね。
自民の議員の発言は論外ですけどね。その問題は終わらないと思います。
[ 2015/06/28 12:45 ] [ 編集 ]
ニューズレター・チャイ ‏@NLChina2009 6月26日
安倍総理は「日本周辺の情勢が急速に緊迫感を強めており、それに対するための法案である」と言い続けている。この認識は正しい。野党は中国の軍拡と北朝鮮有事、そして南シナ海の軍事対立について認識をあきらかにすべき。他方、船田議員、自民党若手議員、百田氏らは緊張感がなさすぎはしないか。


ニューズレター・チャイ ‏@NLChina2009 6月26日
ホシュ「言論人」の病は自民党を味方だと信じ込んでいることである。自民党は権力を維持するためにはいかなることをも実行する「政権政党」である。彼らは政権復帰のためならあの社会党、それも左派と手を組み、創価学会をバックにもつ公明党とも連合した。
こうして村山談話が生まれたのである。


ニューズレター・チャイナ ‏@NLChina2009 6月27日
なぜ「広告主を通じた圧力」論が出てくるのか。政治がわかっていないのだ。
必要なのは日本周辺の情勢が急激に悪化し、軍事的危機が現実のものになろうとしていることを冷静に、事実で国民に語り、理解させることである。そのための法制化であると。
国民は決して愚かではない。それが政治である。


ニューズレター・チャイナ ‏@NLChina2009 6月27日

百田事件のさまざまな教訓。

安倍政権を攻撃する側から見れば、総理周辺の「言論人」の脇の甘さが誰の目にもあきらかになったことは「戦果」だろう。
この間は在特会がドイツのナチスのように、印象操作され、彼らと写真を撮っただけの閣僚がそれだけでバッシングされた。右の脇の甘さは致命的。


ニューズレター・チャイナ ‏@NLChina2009 24時間24時間前
NHKの籾井勝人会長、作家の百田尚樹氏。総理と親しい彼らに対する「変わった人」「とんでもないことをいう人」という印象操作は成功している。反論する人もいるだろう。だが、政治は右と左の間に横たわる膨大な「中間地帯層」をどちらが取るかのパワーゲーム。彼らに届く丁重な言葉が重要なのだ。


ニューズレター・チャイナ ‏@NLChina2009 24時間24時間前
この「中間地帯層」が政府の傲慢ぶりと安保法案に対する無理解(これには一定に理由があり、批判してもしょうがない)から政権に対する支持の姿勢を転換すれば、内閣の支持率は30%台に転落する。ここから下はなくても、支持不支持が逆転すれば政権は苦しい。「安倍応援団」はわかっているのか。

[ 2015/06/28 13:47 ] [ 編集 ]
最近の日本人は公と私の区別がつかないのではないか.
非公開における発言をメディアが報じて良いものか.
これは悪質な言論弾圧である. 例えば, 組合の会合で
会社役員に不満を言ったと社内広報誌が報じて良いか.
その点で自民党が戦わないは民主主義を理解していない
証拠である.

発言内容の議論はその後だ.

そして, 自民党内部に他人のミスに付けいって足を
引っ張るものが沢山いるようで, それも情けない.
義を持たない政党が日本を正しく率いることができるのか.
[ 2015/06/28 14:23 ] [ 編集 ]
簡単に漏れる様な危機管理能力の無さ、非公開だろうと、報道するでしょう。
[ 2015/06/28 14:34 ] [ 編集 ]
産経新聞 讃
けふの産経新聞を読んでいる。
沖縄~戦後70年(5.完)を何度読み返しても、涙が出てくる。

文句なしに、いまの産経新聞は日本で最高のクオリティを持っている。真摯真剣の記者が論説委員が寄稿者が躍動している。

 日本の宝

であります。(涙)。
ただ、もうちょと部数伸びんか?ゑ。福島交通飯坂温泉駅のサンクスには一部しか入ってない。私が午前3時半に買ってそれで売り切れ、とは、あんまりである。朝日新聞なぞドッサリ売れ残るほど置いてあるぞ(実際全部売れ残ってる。反エコの極致)。
まあ、

 なにはともあれ 朝日不買で


[ 2015/06/28 16:58 ] [ 編集 ]
既に若者へのアジテーションは始まっている。
そんな反日メディアに関係する、しかも今後危惧されることがあります。

それはツイッターなどで「安保法案反対」に参加している学生などが増えていますが、ここには工作が存在しています。

まず自民党が進める「安保法案」に反対する共産党や民主党などの野党、朝日や毎日などのメディアの存在があります。

その下部組織として例えば共産党の青年部などがあったりするわけですが、何処かがこれら野党やメディアを司令塔として動く学生等の若者に指示が出ているのではないでしょうか。
そこまで来ればもうあとは即時大量情報伝達というITの時代ですから拡散は早いでしょう。

そこでこれが問題なのですが、確信犯としての反日組織の下部組織にいる者ではなく、それに誘導され、扇動される若者が増えるという問題があります。

これは注視しておくべきことでしょう。

それらはファッション的軽い感覚で今は参加している者が多数でしょうが、やがてサヨクに取り込まれて行くのでしょう。



[ 2015/06/28 17:48 ] [ 編集 ]
偏狭 変態 狂気 破廉恥な売国集団
朝日、毎日、東京新聞、沖縄タイムス、琉球新報、NHK,アサヒTV,
TBSの国民が名づけたい蔑称。
[ 2015/06/28 19:33 ] [ 編集 ]
ネトウヨと安倍自民は愚か過ぎる。
貴様らが左翼を生み出してる事に気付かない限り、また戦後みたいに学生は完全に左翼に染まって行く。
現に多くの若者は左へ傾いてる。
[ 2015/06/28 21:00 ] [ 編集 ]
百田氏は【私人】です 若者の衆愚化に対する懸念ー国語、政治教育の重要性
私人である百田氏に対する言論撤回要求は筋違いだ。言論人は言論らしく堂々と議論すればいい。

公人の発言は問題かもしれないが、これが私的な場における発言である事を考慮すると、どうなのだろうかと思う所です。本来メディアが部屋外部から盗聴している時点で若干の問題ではありましょうが、やはり公人である事を考慮すれば、発言した議員らもメディアを舐めていたところも否めません。

ただ、あくまで党内の一般議員の発言であり、閣僚級の発言ではないので、その点では影響力が大きいのか小さいのかは定かではありません。

安保法案反対デモなるものもありますが、こういったデモは若者の政治の無知さと無関心、そして若気の至りというか、遊び半分で参加する集団が多すぎるのは気に掛けるところです。

20代と言えば所謂「ゆとり教育」の影響もあるのかもしれませんが、最近ではまともに考えない、変な若者もかなり増えてきているようです(ラッパーマン等はその類だろうか)。見れば衆愚と分りますが、恐ろしいことに最近ではSNSなどを通じて仲間意識(?)のようなものを高める傾向にあるようです。孤独感も原因なのでしょうか、煽動されやすいタイプが多くなっているようです。

確信犯を除けば、安保闘争の時ように遊び半分で参加しているものが大半かもしれませんが、何と言うか大衆は民主主義の元では恐ろしいものです。

教育を左翼から取り戻さなければなりません。

若者が思考停止してしまえば、サヨクの展開する扇情的な言葉に翻弄され、ああいった意味も分からず叫びまくる無知な若者が増え続けるだけです。

「ファシズム、軍国主義、9条壊すな、改憲反対、安倍ヒトラー、戦争法案」などといった言葉を、本来の言葉の意味も分からずに連呼すれば反論できていると思っている時点で頭が悪すぎますが、こういった無知な若者の存在は今後の社会に対して大きな懸念です。

大衆のネット利用の問題点は自分が見たい情報しか見ない点です。

本来情報は対立する物でも双方に理がある点もあり、その情報の取捨選択は原則として情報を受け取る側にあります。これを俗に情報リテラシーといいます。

自分が観たい情報だけしか見ない若者は、例えネットが有れども、無知ですから、扇情的なキーワード(戦争法案、ファシズム、軍国主義など)に弱く、その結果思考停止し、確信犯のサヨクに扇動され、ああいったデモに参加してしまうのです。

若者が本を読まなくなったなどと言われますが、やはり国語力は極めて大切です。英語教育が小学校から導入されるなどと言われていますが、これには大反対です。

本来国語力は情報判断能力に直結しますから、間違った情報をつかまないためにも小学校の段階ではあまり意味のない英語教育よりも国語教育に時間を割くべきです。

英語ができるかどうかよりも母国語で自分の思考ができるかどうかの方が重要です。思考が停止してしまえば、色々と間違ったことをしてしまいます。

小学校では国語と算数の教育の推進、中等教育からは英語、そして政治について学校で教えるべきです。

これ以上衆愚が量産されない事を祈りたいです。200%有り得ないですが、民主が再び政権を取れば世も末ですから。
[ 2015/06/28 22:16 ] [ 編集 ]
百田氏批判は筋違い
百田氏に緊張感がなく油断してるとか、変人だとかいってるニュースレターチャイナのコピペを、何も考えずに貼ってる人がいますが、まさに朝日その他の反日サヨク勢力の罠にハマった主張・内容であり、呆れるというか怒り心頭です。

他の方も書いてるように、民間人である個人の言論は報道機関以上に自由で、恐喝といった犯罪行為や公序良俗に反しないものであれば、最大限尊重されるべきものです。

今回の件は、ある程度制約のある自民党議員はともかく、民間人の百田氏を責めるのではなく、盗聴という不当な手段で、しかも内容を切り貼り改竄して報道した報道機関こそが責められるべきでしょう。何で保守側だけが北朝鮮の思想警察のような不当な盗聴といった手段による一方的な言論統制を受け入れなければならないのでしょうか。

少なくとも保守派の言論人やブロガーその他は、朝日新聞の不当な取材方法や改竄報道、また反日サヨクから百田氏に突き付けられた理不尽な批判や要求を徹底的に糾弾すべきで、ここはまさに戦う局面です。
[ 2015/06/28 23:40 ] [ 編集 ]
この国は大丈夫なのでしょうか?
百田氏は罠にハマったか?
単に自らの信条を語ったのか定かではありませんし、その結果が脇の甘さという批判を受けるかも知れません。
ただ、言える事は沖縄での報道の偏重がすさまじいという事実です。

百田氏の発言の良し悪しを判断する上で、沖縄での報道の現状把握がなされているか、とても疑問に思います。
一般の国民は発言だけを取り上げれば、報道への圧力、危惧を感じるのは当然です。
しかし、沖縄在住30年の私からすれば、沖縄の新聞社は狂っているのではと感じざるを得ません。
逆に戦前の報道統制を連想します。

沖縄県人全てが新聞報道に同調しているわけではありません。
辺野古地区、二見地区、久志地区の住民の声が世の中に報道されていないのが現状です。
名護市と言っても、辺野古は旧久志村で東海岸に有り、西海岸に位置する名護とは山を隔てて反対側に位置し基地の影響は少ないと思われます。
連日このような報道が続けば、洗脳というか、そのように信じ込む県民が大多数になってしまいます。

「つぶさないといけない」というのはというのは本音でしょう。
政党が明確に分かる赤旗などの機関紙や聖教新聞ならまだしも、大衆を対象としたマスメディアが行う行動としては度が過ぎています。

左右どちらでもない私が、国旗を揚げるのに躊躇します。
フランスやアメリカの国旗はかっこが良いと何の躊躇もせずに、掲げるのに…
自らの国の国歌を知らない、国旗を揚げるのに人の目を気にする教育がなされている。こんな国があるのでしょうか?
自民党議員は、広告収入を取り上げましたが、それを政治家が言ってはいけません。
権力による圧力です。

県民の購読理由の第一は告別式欄でのおくやみ情報の入手です。
有料のおくやみ情報サイトはありますが、無料ではありません。
最近の報道偏重を見るにつれて、本気で無料の告別式情報の提供サイトを立ち上げようかと思います。
単に時系列のコメントの掲示でも良いですし、技術的ににはメールの転送機能や添付ファイルデータを使えば、日付毎の自動分類も可能だと思われます。
メディア権力に対抗するには良い方法だと思うのですが…
この国は本当に大丈夫?でしょうか・・・
[ 2015/06/29 12:12 ] [ 編集 ]
単なる思い込みでないのなら
>現に多くの若者は左へ傾いてる。

単なる思い込みでないのなら、それを実証する1次データを示しなさい。
ただし、どこかのクズサイトの資料じゃダメだよ!
どうせ、反日変態サヨクの願望交じりの妄想だろうけどね。

[ 2015/06/29 14:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

「文化芸術懇話会」報道問題 反日マスコミを懲らしめるには事前準備が必要です
自民党青年局長が、「文化芸術懇話会」での発言の責任を取り、更迭される見通しとなった。
[2015/06/28 19:12] 美しい国への旅立ち
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: