私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  南鮮立法府のヘイト決議 ~ 安倍首相糾弾決議は、南鮮からの絶縁宣言だ

南鮮立法府のヘイト決議 ~ 安倍首相糾弾決議は、南鮮からの絶縁宣言だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先月末の訪米で、今後の日本外交の方向性に道筋をつけた安倍総理。総理が生んだ成果は、同時に、朴槿恵政権が推し進める反日外交への引導である。少なくとも、あの議場に居た議員は共和党、民主党を問わず、スタンディング・オベーションを以って安倍総理に喝采を送った。あのマイク・ホンダすら、起立し、拍手をしていたというからお笑いだ。

 米国が日米同盟の重要性を再認識し、アジアのパートナーとしての日本を歓迎した言動は、世界に発信された。あの支那でさえ、安倍総理の演説に対し、いつもの罵詈雑言を控えたほどだ。日本と間接的な同盟関係にある南鮮にとって、あの演説と米議員の喝采は、足元を見つめ直し、必要な方向転換をはかるまたとない機会だったはずだ。ところが、南鮮から飛んできたのは、とんだKY的ヘイト決議。「安倍首相米演説糾弾決議」である。

安倍首相糾弾決議を採択 世界遺産登録も非難=韓国国会

【ソウル聯合ニュース】韓国国会は12日の本会議で、過去の侵略の歴史や旧日本軍の慰安婦被害者に対する反省を示さない安倍晋三首相を糾弾する決議を採択した。

 決議は、安倍首相が慰安婦問題に関し「人身売買の犠牲」と表現して本質をぼかしたほか、靖国神社参拝や集団的自衛権行使、独島領有権侵害、教科書歪曲(わいきょく)・捏造(ねつぞう)といった歴史責任を回避する言動をしていると批判。日本政府に真の謝罪と国としての責任を要求したほか、慰安婦被害者のいるアジア諸国やオランダ、国連などと協力し断固対応していくと強調した。

 また、朝鮮人が強制徴用された施設が含まれる「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録の推進を糾弾する決議も採択した。


 このばかばかしい決議に、菅官房長官は即座に反応。「友好国の首相を名指しする形の決議は非礼と言わざるを得ない」、「首相は米議会でわが国の歴史認識をしっかり発言し、米国から大きな評価をいただいた。こうした事実を全く踏まえず国会決議が行われたことは誠に遺憾だ」と、極めて強い言葉で不快感をあらわにした。初動としては完璧だ。

菅官房長官
「安倍首相米演説糾弾決議」に不快感をあらわにする菅官房長官(ロイター)


 このヘイト決議が、南鮮立法府で「全会一致」で採択されたことに、南鮮が抱える病理の深刻さが表れている。安倍総理の訪米成功に接し、南鮮には明らかに動揺があった。米国の圧力もあるだろうが、政経分離という屁理屈を捻り出し、政治では対立しても、経済面では日本の恩恵を受けるという、専ら勝手な方針を打ち出し、部分的な歩み寄りを見せるかに見えた。ところが、返す刀で出して来たのが「安倍首相糾弾決議」である。菅官房長官の「友好国の首相を名指し」という言葉がなければ、南鮮が我が国と間接的な同盟関係にあることすら忘れてしまいそうだ。拙ブログでは、南鮮の対日姿勢を「反日全体主義」と定義してきたが、まさに全体主義の極みだ。

 安倍総理の米議会での演説の最重要テーマが「和解」であった。日米は、70年前に戦火を交え、合法的殺し合いをした国同士だ。その国同士が、様々な困難を乗り越え、「和解」するという姿は、安倍総理が米国を上手く使った、南鮮や支那への当てつけと言えなくもない。その演出に、米国は乗った。共同声明には、「過去の経験は教えとすべきであるが,将来への可能性に制約を課すべきではないとの信念」を共有したと書かれている。未来志向を表わす言葉として、これ以上の表現はない。

 ところが、反日全体主義の南朝鮮にとって、日本との和解など、念頭にないのだ。反日は南鮮民族のアイデンティティそのものである。水であり、酸素である。仮に「反日」を失ってしまったとしたら、その時南鮮人は、「一体、俺たちのアイデンティティは何なのだ?」という難題にぶち当たる。反日を失った後に残されるものは、隷属と屈辱、主体性なき歴史なのだ。彼等が反日を捨てない理由のひとつは、自分たちの過去の屈辱的な歴史を直視したくないという「逃避願望」ではないかと、私は考える。

 いずれにせよ、我々の総理を糾弾するという決議は、全会一致の対日絶縁宣言であり、宣戦布告ともいえる。少なくとも、彼等が友好を望んでいないという宣言であろう。ジョン・ケリー米国務長官が、今週末、南鮮を訪問する。安倍首相糾弾ヘイト決議によって、南鮮立法府は日本だけでなく、米国立法府にも喧嘩を売ったことになる。その代償が如何ほどのものになるかは「お楽しみ」だが、我々から手を差し伸べなくても良いことが明確になったことで、付き合い方が限定されるのは、思いがけない副産物だ。

 これだけは言える。南朝鮮という国は、救いようがない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/05/14 07:12 ] 外交 | TB(0) | CM(11)
馬韓国!
救い様が無いお隣さん。
韓国自ら溝を作り、更にその溝を深く掘り進んでいる。
価値観が共有できないと云ってもこれ程とは?
NHKは、こんな韓国情報を日本の公共放送の立場で隠さずに放送するべき!
それができないのならば廢局を!
[ 2015/05/14 07:45 ] [ 編集 ]
榊原定征経団連会長の行い
韓国国会が全会一致で「安倍首相米演説糾弾決議」を採択したことは、今までの韓国主要紙が安倍首相を批判しているなどということとは次元が違うもので、これは時代が時代ならば国交断絶、或いは宣戦布告と見なすと言えるほどのことかもしれません。

そこで菅官房長官の不快感を込めた、「友好国の首相を名指しする形の決議は非礼と言わざるを得ない」には少し前の「日韓通貨スワップ打ち切り」、「外務省のホームページ、韓国との基本的価値共有を削除」との連続性が有ります。

これは以前からの安倍首相の言う「常に会話の扉は開いている」という日本側のスタンスに対して、「常に反日言動は続ける」とする朴政権への実際的な距離感でもあるでしょう。

既に韓国への日本人の感情は可也悪化して久しいのですが、政府、外務省なども韓国という国の実体を身を持って一般日本国民に遅れて認識して来たのではないかと思います。

そんな折、韓国を正しく理解しないのがさよくと経済界なのですが、これほどに本国の代表が最大の侮辱を受けているにも関わらず経団連榊原会長らが訪韓し、笑顔で会談するなどその神経を疑います。

http://www.sankei.com/economy/news/150513/ecn1505130045-n1.html

また既に凋落激しい韓国経済救済を日本に求める韓国を甘やかし、日本の国益を損ねる愚の繰り返しはやってはならないことでしょう。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150513/frn1505131829007-n1.htm


[ 2015/05/14 08:28 ] [ 編集 ]
絶縁なら祝着至極
ゴキブリと絶縁できるなら祝着至極。
だけど、これはゴキブリ特有の火病の典型症状だろうね。
日本は国を挙げて「除鮮三原則」を貫こう!
[ 2015/05/14 09:44 ] [ 編集 ]
朴さんが間違って霊的に生まれ変わってしまったらやだなぁと思っていましたが杞憂でしたw
普通の感覚で考えたら、とんだピント外れだってこと忘れていました。
アメリカへ行ってどうするか、今からワクワク楽しみです。これは期待を裏切らないで欲しと、照明器具の中で事切れている虫を見つつ思う。
[ 2015/05/14 10:13 ] [ 編集 ]
下等な朝鮮人には「関わらない、助けない、教えない、反論は千倍千回攻撃」が日本の永久外交方針!!!朝鮮人は日本が何もしなくても自ら自滅崩壊して行ってくれる便利な人種なので、放置プレイで行きましょう。無視すればする程に発狂狂乱してドジを踏んで世界の笑われ者になってくれます。世界NO.1のピエロにしてあげましょう。何でも世界1が大好きな人種です。日本は美味な和食を戴きながらただピエロの観劇さえしていればいいです。
[ 2015/05/14 11:12 ] [ 編集 ]
救う必要もない
>これだけは言える。南朝鮮という国は、救いようがない。

管理人様の言われるとおりですね。
これまで南鮮は、日本から金をせびるため反日を国是とし、反日教育を施したため、国のトップとかは、ある程度、捏造であることは理解しているが、収拾がつかない状態になっていると僅かながら好意的にとらえてましたが、国会で全会一致で、このような決議したとのこと・・・国会議員ですらこの程度、捏造された辻褄の合わない歴史を信じているということですね。まったく思考能力がない・・・救いようがないですね。まぁ、救う必要もありませんけどww
[ 2015/05/14 17:36 ] [ 編集 ]
井上太郎 @kaminoishi · 57分 57分前
南朝鮮の安部演説批判の国会決議と中共の核意識問題について、菅官房長官が安倍総理並びに日本国を代表して怒り心頭です。マスコミや野党のだんまり、こいつら本当に売国奴です。日本が馬鹿にされて黙っているのか!国民として一斉に抗議の声が絶対必要です。中共南朝鮮は日本の害であり完全な敵です。


井上太郎 @kaminoishi · 56分 56分前
いつまで日本は敗戦による遠慮というか控えめな気持ちを持ち続けるのでしょうか?安倍総理が日本を取り戻すと公約にしています。日本国民も共に戦わなければ日本を取り戻すことは出来ません。今回の南朝鮮の国会決議と中共のやり口に黙っていては日本人ではありません、取り戻せません。抗議の声を!!



井上太郎 @kaminoishi · 56分 56分前
台湾野党の民主進歩党の蔡英文主席が今月下旬から訪米します。早速中共が国際的に台湾独立の分裂活動を行うことに反対するとけん制しました。台湾は中共の一部などという中共独自の勝手な主張なんか世界には通じません。台湾はもともと立派な独立国です。中共から逃げた中華民国国民党が侵略してます。
[ 2015/05/14 17:52 ] [ 編集 ]
礼儀知ってたら、日本大使館前に売春婦像は建てんわな。
まず、自己主張。絶対自分が正しい。
それが韓国の属性だ。
[ 2015/05/14 20:09 ] [ 編集 ]
南鮮と絶縁することはヘイトでは無い
所謂「ヘイト」とは、不合理な理由で差別、誹謗中傷などの人権侵害をされる事であろうが、合理的な理由で絶縁、区別、非難することは、全然「ヘイト」ではなく、【必然】であろう。

南鮮と付き合う価値はあるのか、挙げてみて欲しいものだ。支那は曲りなりとも付き合う価値くらいはあるが(なるべく政治的な距離を置くことが必要条件だが)、南鮮は経済的(日本との競合分野が多い為、むしろ脱落してくれた方が有り難い)にも、政治的(民主国家ではなく、前近代的な情治国家である為)にも、心情的(反日火病患者は放置、隔離するしか打つ手はない)にも付き合う価値などほぼ無いと考えている。

朝鮮半島を併合したのは、東アジア地域における軍事的な理由(大陸からの軍事的緩衝地帯)だったと記憶しているが、現代において南鮮が支那に組み込まれた場合の軍事的リスクは、嘗てよりも小さいのではないだろうか(むしろ足手まといになる可能性が大)。

支那も、南鮮の併合をあまり快く思ってはいないようで、実際支那国内にも反対意見が根強いと聞いている。

南鮮はこれからどうしていくつもりなのだろうか。嘗ての宗主国(支那)にも保護国(日本)にも見放され、アジア、蓋し世界で最も孤立した国になりつつあるのではないだろうか。
[ 2015/05/14 20:57 ] [ 編集 ]
時期到来
明治からの先人方には大変失礼ながら、彼の国への関わり方が合邦統治前から今まで、甘すぎて間違っていたのだと思います。

長く支払った高い授業料でしたが、ようやく彼の国の不治の異常性(=民族性なので仕方がないのでしょう)を、日本人は骨身に沁みさせて、関わらない道を邁進するスタート点に立てたのだと思います。
離縁バスを発車させましょう。

経団連だの「日韓友好議員団」だの、どうするね?
関わるなら、日本経済と日本国民の税金とは全く関係ないところでお好きにどうぞ、貴方方に私共日本国民を巻き込む権利は一つもない。


米国にはるばる出かけて、「慰安婦捏造活動」に異議の講演をした、
谷山雄二朗氏の動画 を観ました。
55分ほどのものですが、途中から圧巻の講演でした。
お勧め致します。
会場の反日(南鮮?)聴衆が彼の演説に途中退場した様子も谷山氏の言葉で分ります。


[ 2015/05/15 01:21 ] [ 編集 ]
パチンコ完全廃止法を
日本国会は、衆議院参議院挙げ、全会一致で、

 パチンコ完全廃止法

を即、成立させよ。
民主党、社民党、共産党は反対するだろうなぁ。こういう反動賊は無視して、

 自民党公明党維新の党

でできるでせう。
[ 2015/05/15 05:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: