私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  史観 >  村山よ、河野よ、日本国民との論戦を受けよ

村山よ、河野よ、日本国民との論戦を受けよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ネットでニュースを徘徊していたら、支那系メディアの「日本メディアが掲載した村山富市元首相と河野洋平元内閣官房長官の対談」という記事を目にしたので、どの日本メディアかと探してみたら、行き着いた先は「世界」だった。確かに、岩波であれば組みそうな対談である。日本憲政史上、間違いなく最大級の国賊であるこのふたりは、老いてなお盛んである。彼等はいまだに異様な反日の歴史観を披歴し続け、さも影響力のある元政治家を演じている。

河野洋平・村山富一 ~ 二人の国賊
河野洋平・村山富一 ~ 二人の国賊


 影響力があるのは確かにその通りだろう。彼等の出したステートメントが、日本外交が行き着く所々に在り、諸外国との国家間関係を拘束し続けている。河野が朝鮮に土下座した1993年8月4日から始まった謝罪外交の歴史は、村山が特亜に土下座した2年後の終戦の日に、文字通り「国是らしきもの」として決定づけられた。産経新聞の努力によって、河野談話は南鮮との談合の産物であったことが明らかになっているが、先の安倍総理の訪米における対応や、187人のお節介な声明を見る限り、いまだに河野談話で認めたことが既成事実になっている。

 河野の談話は、閣議決定すら経ていない。いま、野党は、安倍総理が安保法制を国会の承認を経ずに米国に約束したと大騒ぎしている。しかし、彼等が拠り所にする河野談話とて、ほぼ私見とも言えるものが海外に発信されているのだ。昨日、次世代の党の和田政宗参院議員の質問主意書に対し、政府は外務省ホームページの「歴史問題Q&A」のコーナーから「植民地支配と侵略」の文言を削除しないという答弁書を閣議決定している。これは村山談話の拘束に他ならない。

 雑誌「世界」は、間違っても金を払って買わないが、日本のメディアが取り上げない中、喜び勇んでの対談を取り上げたレコードチャイナには、ふたりの国賊の発言内容が掲載されている。

村山

「外交において日本はまず近隣国との安定した関係の構築に尽力すべきだ。だが中韓など隣国との交流は冷え込んでいる。その重要な原因が日本政府の歴史認識に問題があることだ。第2次大戦終結後長い間、日本政府は日本軍の犯した戦争犯罪について明確に反省しないままきた。だが中韓など被害国からすると、日本が史実を直視し、深く反省するか否かは国民感情に関わるだけでなく、日本が歴史の過ちを繰り返すのか否かという重大な問題にも関わる」

「第2次大戦終結50年という節目に当たり、私は日本政府の歴史認識を明確に示すことが重大な政治責任だと考え、『村山談話』を発表し、侵略と植民地支配の史実を率直に認め、再び過ちを繰り返さないとの決意を表明した。今『村山談話』が焦点となっているのは、安倍晋三首相が最近『村山談話をそのまま継承することはない』『侵略の定義は定まっていない』と繰り返し表明したからだ」「こうした発言を受けて国際社会は日本政府の歴史認識に深い懸念を表明している」

「時が経つにつれて、史実を知らない日本人がどんどん増えていく。さらに日本の教育も十分に全面的でないため、第2次大戦時に日本が犯した戦争犯罪と負うべき歴史責任を理解しない日本人が増えている。日本政府はこの問題を真剣に考え、反省しなければならない」

「『村山談話』は後の歴代内閣に継承された。もし安倍首相がこの談話を見直すのなら、国際社会は日本政府を一層信用できなくなる」

河野

「(日本の教育は)『平和憲法の下、二度と戦争を発動しない』と強調するが、『あの戦争』が起きた原因を明確に教えていないため、第2次大戦時に日本軍の犯した戦争犯罪に対して多くの日本人は深い認識と反省がない」

「『村山談話』の内容は事実を根拠としており、これによって日本は国際社会の信頼を勝ち取った。もし『安倍談話』が『村山談話』を真摯に継承しなければ、日本国民にとって重い負担となるだろう」


 村山は、「時が経つにつれて、史実を知らない日本人がどんどん増えていく」と語っているが、これは現実とは真逆だろう。歴史研究はどんどん進み、今まで明るみに出ていなかった、戦後民主主義者にとって極めて不都合な歴史的事実も、インターネットを通じて広く共有されてきている。共有されてきているのは、「日本が犯した戦争犯罪と負うべき歴史責任」ではなく、「日本が犯した戦争犯罪という嘘」だ。つまり、「史実を知る日本人がどんどん増えている」のである。日本悪玉論者にとって、非常に居心地の悪い状況なのである。

 河野談話という、日本国と日本人にとって、余りに重すぎる負担を負わせた河野洋平自身が、「村山談話の継承しなければ、日本国民にとって重い負担」と説くのは、ブラックジョークとしてでさえ受け入れ難いのに、真面目な持論なら噴飯ものである。

 昨日は、日本での論戦から逃亡し、朴槿恵のように米国で告げ口講演をする植村隆のことを書いたが、村山、河野とて、本格的な論戦から逃げているのは同じだ。特に河野については、河野談話の発出プロセスが妥協の産物であったことがほぼ明らかになっているにもかかわらず、その妥協を暴いた産経新聞の取材を拒否している。

 植村同様、彼等には自分の言葉・談話に対する責任がある。その責任は、日本国民に対して負うべきものなのだ。国民が公の場で発言せよと要求するなら、彼等に拒否などできない筈である。少なくともこの老害ふたりが鬼籍に入る前に、国家としてひと区切りつけなければ、先人にも将来の日本人にも申し訳が立たない。安倍総理はその「区切り」を、70年談話でつけようとしているのだと、私は忖度している。心ある国民なら、この総理の挑戦を支援すべきだ。



~ 日本の名誉を守るために ~
NPO法人 歴史の真実を求める世界連合会
今すぐ寄付を!
https://gahtjp.org/


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/05/13 07:17 ] 史観 | TB(0) | CM(10)
思考停止
年寄りは頑迷というのが世の常なれど
反日談話を出した二人の老害はまさに思考停止状態。
いつまでも脳みそをGHQに占領されたまま醜態をさらして恥じない。
国賊の代表格であるこの二人が何をどう言い繕おうが
大東亜戦争は侵略戦争に非ず。
いわゆる「従軍慰安婦=性奴隷」は捏造。
これら歴史の事実がもはや覆されることはない。
[ 2015/05/13 09:13 ] [ 編集 ]
史実を世界に!
河野は国会で堂々と証言しろ!
河野を国会に招致し、真実を語らせ、世界に史実を知らせる必要がある!
日本は、植民地支配はしていない。
価値観を共有しない韓国に慮る必要はない、史実を世界に発信するべき。
歴史を捏造・歪曲するのは中国、韓国であり、もはや矛盾だらけの様相が見える。
安倍内閣は正々堂々と史実を発信して欲しい。
次世代の党も頑張れ!
[ 2015/05/13 09:29 ] [ 編集 ]
身方の仲間内だけでしか発言しないなんて、結局自分の発言は間違っていたと認めているも同じですよねぇ。
あの世に行く前にちゃんとスッキリしておけばいいのに。これほどの愚か者は畳の上で◯◯なんて許せない。
[ 2015/05/13 10:27 ] [ 編集 ]
学徒動員なれど
wikiを見てきましたら、村山は学徒動員でも内地で軍曹終戦。戦地には行ってないのですね。
河野が官房長官だった内閣の首班が宮沢。
宮沢は1941年12月に大学卒業し翌年一月大蔵入省。
同時期大蔵採用の高文官僚27名中、戦時中省勤務は宮沢含めて5人だけ。

実戦に出ていない者二人が総理まで上り詰めて、同年代の御英霊の貌に泥を塗って恥じない。これ以上の恥知らずもそうは居ないでしょう。

河野・村山にとっての「史実」の、根拠を問いたい。
村山「史実」も例の「吉田証言」に依拠する物なら、たちまち「虚偽」。
国賊ノートに名前を何度でも載せたい輩です。

外務省が「植民地支配と侵略」を削除しない、というのは米国への「配慮」でしょうか?消さない理由も書いて欲しいわ。



[ 2015/05/13 19:30 ] [ 編集 ]
戦後レジームの構成員
日本の構造というものが有ります。

例えば新聞。
朝日、毎日、東京、ほとんどの地方紙 対 産経新聞
例えばテレビ局。
テレビ朝日、TBS、NHK、テレ東、フジテレビ 対 なし
例えば出版社。
岩波、講談社 対 なし(多少小学館)
例えば雑誌。
世界 対 正論
例えば週刊紙。
週刊朝日、サンデー毎日、週刊現代 対 週刊文春、週刊新潮
例えば写真紙。
フライデー 対 なし

例えば法曹界
弁護士会(憲法九条護憲派) 対 なし
例えば教育労組。
日教組・県教組 対 なし

結構大雑把ですが、そういう対立関係があり、しかも戦後レジーム体勢ですから、さよく満載なわけです。
それがおおよそ現状だということです。

そしてそこで政界です。
野党(左傾政党がほとんどです) 対 自民党(内部には反日議員もまだまだいますが)

何気なく動いている日本ですが、こういうさよく対保守の対立で動いているということを日本の国民も知るべきでしょう。

そして過去より日本に非常に大きな害を成して来た村山富市や河野洋平など、これらの人物は単なる誤まりを犯しているのではありません。
明確な確信犯として反日言動を今までしているわけで、朝日などと同様です。

ですから温情を持って悔い改めて貰おうと考えるべき対象ではないのです。




[ 2015/05/13 21:39 ] [ 編集 ]
内向きな国賊~河野・村山
日本は内向きだとか言われるが、内向きなのはむしろサヨクなのではないだろうか。仲間内で傷口を舐めあっているのも、論敵から逃げ、どこかの国(特亜、欧米など)にお伺いを立て、虎の威を借りなければ日本を非難できないとは、まさに内向きそのものだろう(ここで言う内向きとは、海外に喧伝する事ではなく、論敵と討論せずに仲間内で馴れ合う事を指す)。

この河野と村山も、国会に来て堂々と自己の主張の正当性とやらを示せばいいではないか。自分達の傷口を癒してもらえる場所で自己満足しているのか。現実逃避、蓋し内向きそのものだろう。

河野が言う、【あの戦争】が起きた原因を明確には教えていないのは事実だが、それを河野が南鮮との取引で【河野談合】を作ってしまった歴史的責任はあまりにも重い。

村山も支那の走狗なのか知らないが、中共の主張の受け売りは情けないとしか言いようが無いが、彼が未だにそれが真実だと信じ込んでいるところは、もはやお笑い芸としか言いようがない。

彼らの言う国際社会とは、特亜しかいないのだろうか。

【百聞は一見に如かず】とはよく言ったもので、当事者が最もその当時の事情を知っているというのは事実だが、その【知っている事実】というものが、自身の【目で見たもの、聞いたもの、感じたもの】に限るということをこの二人は心得ていないのがあまりにも痛い。

彼らが知っている事が全てではないのだ。歴史には可変性がある。その可変性とは、歴史文献の解釈の可変性を指す。新たな歴史文献が発見されれば、他の歴史文献と合わせて新たな解釈が生まれ得る。

「侵略の歴史を知らない」などと南鮮や中共の言葉を繰り返すロボットになる前に、この二人は歴史文献をもう一度、洗い浚い読み返してみてはどうだろうかと思うところだ。

内向きな国賊、河野・村山は温室から抜け出て、論敵、国会、そして国際社会に向けて自己の主張の正当性を訴えるべきだろう。温室で主張していてはダメだ。厳しい論争の場で主張させなければならない。

このまま他界して地獄へ行ってもらっては困る。その前に現世でこの二人の大罪を裁かねばならない。
[ 2015/05/13 22:23 ] [ 編集 ]
言論の自由には要件が有る。お前ら国賊・売国奴には一分も無い
利敵主義者やら共産主義者ら国家転覆思想者に言論の自由を与えているのがそもそもおかしいのです。こいつらを逮捕取り調べ出来る国にせねばなりません。先ずは平成の治安維持法・防諜法の二法を制定すべきです(正確には復活)。
[ 2015/05/13 23:35 ] [ 編集 ]
国賊に対して罰則はない?
国賊に対して、他国であれば何らかの罪を着せられであろう。
こいつらが今もって、へらへらと国内、世界に拡散している日本を貶める発言。
死ぬ前に牢獄へ入れるよう法律を改正願いたい。
[ 2015/05/14 18:46 ] [ 編集 ]
パチンコ完全廃止法を
パチンコに、どれだけの日本人が金を奪われてるか?
偶数月の15日、日本国中の年金受給者がパチンコ店に殺到する。
毎月の1日に、全国の生活保護受給者が殺到する。
毎日、全国の主婦が数万円単位でパチンコ店に布施して回る。
福島県のいわき市に巨大パチンコ店が林立し、原発保障者が毎日十万円単位で金を落とす。
何万人という除染作業員が毎週十万円、二十万円単位で給料の大半をパチンコ店に献金する。

これら、年間にして数兆円~数十兆円が、南朝鮮人、北朝鮮人の経営者に渡され、それは、南朝鮮国、北朝鮮国の金正恩個人に渡ってゆく。

日本人および日本国ってホントにお人好しですなァ、はぁ~。

安倍総理、集団的自衛権の次はTPP、憲法改正、お願いしますね。
それと、片手間でいいですから

 パチンコ完全禁止法

よろしくお願いしますね。(^_^;)

[ 2015/05/15 05:14 ] [ 編集 ]
「時が経つにつれて、史実を知らない日本人がどんどん増えていく」
しっかり覚えてますよ、村山さん

あなたが「神戸の被災者は見殺しにしても良い」とやった歴史をね!
[ 2015/05/16 23:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: