私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  187人の日本研究家の声明 ~ 日本を批判する米国の“汚れた手”

187人の日本研究家の声明 ~ 日本を批判する米国の“汚れた手”

← 応援クリック、ありがとうございます。

 数年前、海外旅行のおともにと、ジョン・ダワーの「容赦なき戦争」を持って行ったのだが、旅先で読み始め、あまりの内容の酷さにその本を放りだし、ホテルのゴミ箱に捨てたことがある。氏は日本近代史の研究家であり、奥様は日本人であることから「知日派」の一人と言われるが、歴史観に関して言えば、決して日本に好意的なわけではない。

 そのジョン・ダワーの名前を久しぶりに見た。案の定、日本に歴史観に対する贖罪意識の強要である。ちょっと長いが、この事案をさも嬉しそうに伝える朝日新聞デジタルの記事を、全て引用する。

歴史「偏見なき清算を」 米の日本研究者ら187人声明 (朝日新聞デジタル)

 主に米国の日本研究者、歴史学者ら187人が連名で「日本の歴史家を支持する声明」と題する文書を5日に公表した。戦後70年間の日本と近隣諸国の平和をたたえつつ、歴史解釈の問題が「世界から祝福」を受ける障害となっていると指摘。過去の過ちについて「偏見なき清算」を成果として残そうと呼びかける。

 声明に名を連ねているのは米国に加えて英豪日などの大学も含んだ日本やアジア関連の研究者、歴史家ら。ハーバード大のアンドルー・ゴードン教授、同エズラ・ボーゲル名誉教授、同入江昭・名誉教授、マサチューセッツ工科大のジョン・ダワー名誉教授、英国のロナルド・ドーア氏ら世界的に大きな影響力を持つ学者も多く含まれる。3月にシカゴであったアジア研究協会会合での議論を機に、研究者のメール会議から生まれたという。

 声明は「戦後日本が守ってきた民主主義、自衛隊への文民統制、警察権の節度ある運用と、政治的な寛容さ」などは「全てが世界の祝福に値する」と指摘。しかし、世界から祝福を受けるにあたって、「歴史解釈の問題」が障害になっている、と言及している。

 歴史解釈、中でも慰安婦問題が日本だけでなく韓国、中国の「民族主義的暴言」でゆがめられたとする半面、「大勢の女性が自己の意思に反して拘束され、恐ろしい暴力にさらされたこと」は資料と証言で明らかだと指摘している。特定の用語に焦点をあて、狭い法律的議論や限定された資料にこだわるのは「より広い文脈を無視」していると述べている。

 同時に日本政府に対し、今年は「過去の植民地支配と戦時における侵略の問題に立ち向かい、その指導力を見せる絶好の機会」と促し、問題の解決は「日本、東アジア、そして世界における男女同権に向けた歴史的な一歩となる」と結ぶ。

 声明は英語と日本語で公表され、「いかなる組織や機関を代表したものではなく、署名した個々の研究者の総意」という。声明に賛同した入江名誉教授は「戦後日本が平和と人権を尊重してきたことは世界から評価されている。だからこそ過去の過ちを反省することが大切だと多くの歴史家は考えている」と話す。(ニューヨーク=真鍋弘樹)


 声明は、戦後日本の平和の歩みを称賛しつつ、「慰安婦問題などの歴史解釈が障害となっている」と指摘し、日本政府に過去の過ちを認めるように促すものだ。支那や南鮮の一方的な歴史認識=プロパガンダについては否定的に捉えているものの、それでも声明のターゲットは日本である。総理の戦後70年談話に向けた、ひとつの牽制だろう。

 お節介な声明だ。日本研究者と言えども、GHQが押し付けた史観を脱し切れていないのか、それとも現実を見て見ぬふりをしようとしているのか。声明に政治的な役割を持たせ、かなり上から、あたかも日本の政治リーダーを「指導」するような底意があるように思う。戦時の女性の人権に関しては、日本政府は度重なる謝罪を述べている。「もう一度謝れ」というのは、「永遠に謝り続けろ」ということだ。だが、米国の学者は、自国兵士による女性の人権を無視した事実に、盲目で居られるのか。そんなはずはない。

 日本の敗戦後、進駐軍が日本にやってきた。日本の降伏からたった3日しか経っていない1945年8月18日、GHQがいの一番に日本に要求したのが、慰安所の設置である。内務省警保局長通牒「外国駐屯地における慰安施設について」に基づいて作られた、日本で初の米兵用慰安所、いわゆるRAA(リクリエーション・センター)だ。米兵はそれでも、日本で強姦を繰り返した。同年8月30日、神奈川県下のみで発生した米兵による日本婦女強姦事件は、その一日だけで実に315件を数えたという。

リクリエーション・センター (RAA)
リクリエーション・センター (RAA)


 米国が巧みなのは、こういう不都合な事実を、日本メディアに対する検閲によって、無きことにしてしまったことだ。米兵がいくら犯罪行為を犯そうとも、日本のメディアはそのことを報ずること自体、禁止されていたのだ。拙ブログの2013年3月15日のエントリーに詳しく書いたが、1946年11月25日付でCCD(民間検閲支隊)が発布した「検閲指針」文書のなかに、検閲の対象として30項目が列挙されている。日本国憲法をSCAP(連合国軍最高司令官総司令部)が書いたことを秘匿したことで有名だが、その文書の23項目目には、このような禁止項目がある。

(23)占領軍兵士と日本女性との交渉
厳密な意味で日本女性との交渉を取扱うストーリーがこれに相当する。合衆国批判には含めない。


 米兵の日本婦女に対する乱暴狼藉を含め、米国にとって不都合な事実は日本国民からシャットアウトされていた。米国はその後も、自分たちの行いから逃げ、日本だけを批判するのだ。かなり乱暴に纏めれば、日本の手が汚れていると主張する、その米国の手も、明らかに汚れているということである。

 私は、このような米国の身勝手な主張に接する時、東京裁判で東郷茂徳、梅津美治郎の弁護人を務めたベン・ブルース・ブレイクニーの名弁論を思い出す。

 キッド提督の死が真珠湾攻撃による殺人罪になるならば、我々は、広島に原爆を投下した者の名を挙げることができる。投下を計画した参謀長の名も承知している。その国の元首の名前も承知している。彼らは、殺人罪を意識していたか?してはいまい。我々もそう思う。それは彼らの戦闘行為が正義で、敵の行為が不正義だからではなく、戦争自体が犯罪ではないからである。何の罪科でいかなる証拠で戦争による殺人が違法なのか。原爆を投下した者がいる。この投下を計画し、その実行を命じ、これを黙認したものがいる。その者達が裁いているのだ。彼らも殺人者ではないか。(動画はこちら


 大戦後の米国の歴史は、戦争の歴史である。RAAもそうだが、南鮮の洋公主ひとつとっても、日本のことを一方的に批判する資格は、米国にはないのだ。

 安倍総理の米上下両院合同会議での演説で、戦後日本の謝罪外交にはひとつの区切りがつき、米議会もそれを肯定的に認め、政治的にはひとつの着地点を見た。187人の日本研究家の声明は、その着地点を遥か後方に設置し直す作業にも見てとれる。安倍総理はこのような干渉に屈することなく、自らの言葉で談話を語るべきである。

閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本 (文春文庫)
閉された言語空間 - 占領軍の検閲と戦後日本
江藤淳


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/05/08 07:17 ] 外交 | TB(0) | CM(29)
田山たかし @neon_shuffle · 13時間 13時間前
日米歴史家、韓国メディアの"変化球"に困惑 | オリジナル | 東洋経済オンライン http://bit.ly/1dPkSW4


"まず、「学者187人が安倍首相に対し旧日本軍慰安婦問題とこれに関連した歴史的な事実をねじ曲げることなく、そのまま認めるよう求める声明を共同で発表した」としているが、そんな内容はどこにも書かれていない。" http://bit.ly/1PqzwyD

[ 2015/05/08 07:50 ] [ 編集 ]
名梨
日本語の全文は以下の通り。

日本の歴史家を支持する声明

下記に署名した日本研究者は、日本の多くの勇気ある歴史家が、アジアでの第二次世界大戦に対する正確で公正な歴史を求めていることに対し、心からの賛意を表明するものであります。私たちの多くにとって、日本は研究の対象であるのみならず、第二の故郷でもあります。この声明は、日本と東アジアの歴史をいかに研究し、いかに記憶していくべきなのかについて、われわれが共有する関心から発せられたものです。また、この声明は戦後七〇年という重要な記念の年にあたり、日本とその隣国のあいだに七〇年間守られてきた平和を祝うためのものでもあります。戦後日本が守ってきた民主主義、自衛隊への文民統制、警察権の節度ある運用と、政治的な寛容さは、日本が科学に貢献し他国に寛大な援助を行ってきたことと合わせ、全てが世界の祝福に値するものです。しかし、これらの成果が世界から祝福を受けるにあたっては、障害となるものがあることを認めざるをえません。それは歴史解釈の問題であります。その中でも、争いごとの原因となっている最も深刻な問題のひとつに、いわゆる「慰安婦」制度の問題があります。この問題は、日本だけでなく、韓国と中国の民族主義的な暴言によっても、あまりにゆがめられてきました。
そのために、政治家やジャーナリストのみならず、多くの研究者もまた、歴史学的な考察の究極の目的であるべき、人間と社会を支える基本的な条件を理解し、その向上にたえず努めるということを見失ってしまっているかのようです。
元「慰安婦」の被害者としての苦しみがその国の民族主義的な目的のために利用されるとすれば、それは問題の国際的解決をより難しくするのみならず、被害者自身の尊厳をさらに侮辱することにもなります。しかし、同時に、彼女たちの身に起こったことを否定したり、過小なものとして無視したりすることも、また受け入れることはできません。二〇世紀に繰り広げられた数々の戦時における性的暴力と軍隊にまつわる売春のなかでも、「慰安婦」制度はその規模の大きさと、軍隊による組織的な管理が行われたという点において、そして日本の植民地と占領地から、貧しく弱い立場にいた若い女性を搾取したという点において、特筆すべきものであります。「正しい歴史」への簡単な道はありません。日本帝国の軍関係資料のかなりの部分は破棄されましたし、各地から女性を調達した業者の行動はそもそも記録されていなかったかもしれません。しかし、女性の移送と「慰安所」の管理に対する日本軍の関与を明らかにする資料は歴史家によって相当発掘されていますし、被害者の証言にも重要な証拠が含まれています。確かに彼女たちの証言はさまざまで、記憶もそれ自体は一貫性をもっていません。しかしその証言は全体として心に訴えるものであり、また元兵士その他の証言だけでなく、公的資料によっても裏付けられています。
「慰安婦」の正確な数について、歴史家の意見は分かれていますが、恐らく、永久に正確な数字が確定されることはないでしょう。確かに、信用できる被害者数を見積もることも重要です。しかし、最終的に何万人であろうと何十万人であろうと、いかなる数にその判断が落ち着こうとも、日本帝国とその戦場となった地域において、女性たちがその尊厳を奪われたという歴史の事実を変えることはできません。
歴史家の中には、日本軍が直接関与していた度合いについて、女性が「強制的」に「慰安婦」になったのかどうかという問題について、異論を唱える方もいます。しかし、大勢の女性が自己の意思に反して拘束され、恐ろしい暴力にさらされたことは、既に資料と証言が明らかにしている通りです。特定の用語に焦点をあてて狭い法律的議論を重ねることや、被害者の証言に反論するためにきわめて限定された資料にこだわることは、被害者が被った残忍な行為から目を背け、彼女たちを搾取した非人道的制度を取り巻く、より広い文脈を無視することにほかなりません。
日本の研究者・同僚と同じように、私たちも過去のすべての痕跡を慎重に天秤に掛けて、歴史的文脈の中でそれに評価を下すことのみが、公正な歴史を生むと信じています。この種の作業は、民族やジェンダーによる偏見に染められてはならず、政府による操作や検閲、そして個人的脅迫からも自由でなければなりません。私たちは歴史研究の自由を守ります。そして、すべての国の政府がそれを尊重するよう呼びかけます。
多くの国にとって、過去の不正義を認めるのは、未だに難しいことです。第二次世界大戦中に抑留されたアメリカの日系人に対して、アメリカ合衆国政府が賠償を実行するまでに四〇年以上がかかりました。アフリカ系アメリカ人への平等が奴隷制廃止によって約束されたにもかかわらず、それが実際の法律に反映されるまでには、さらに一世紀を待たねばなりませんでした。人種差別の問題は今もアメリカ社会に深く巣くっています。米国、ヨーロッパ諸国、日本を含めた、十九・二〇世紀の帝国列強の中で、帝国にまつわる人種差別、植民地主義と戦争、そしてそれらが世界中の無数の市民に与えた苦しみに対して、十分に取り組んだといえる国は、まだどこにもありません。
今日の日本は、最も弱い立場の人を含め、あらゆる個人の命と権利を価値あるものとして認めています。今の日本政府にとって、海外であれ国内であれ、第二次世界大戦中の「慰安所」のように、制度として女性を搾取するようなことは、許容されるはずがないでしょう。その当時においてさえ、政府の役人の中には、倫理的な理由からこれに抗議した人がいたことも事実です。しかし、戦時体制のもとにあって、個人は国のために絶対的な犠牲を捧げることが要求され、他のアジア諸国民のみならず日本人自身も多大な苦しみを被りました。だれも二度とそのような状況を経験するべきではありません。
今年は、日本政府が言葉と行動において、過去の植民地支配と戦時における侵略の問題に立ち向かい、その指導力を見せる絶好の機会です。四月のアメリカ議会演説において、安倍首相は、人権という普遍的価値、人間の安全保障の重要性、そして他国に与えた苦しみを直視する必要性について話しました。私たちはこうした気持ちを賞賛し、その一つ一つに基づいて大胆に行動することを首相に期待してやみません。過去の過ちを認めるプロセスは民主主義社会を強化し、国と国のあいだの協力関係を養います。「慰安婦」問題の中核には女性の権利と尊厳があり、その解決は日本、東アジア、そして世界における男女同権に向けた歴史的な一歩となることでしょう。
私たちの教室では、日本、韓国、中国他の国からの学生が、この難しい問題について、互いに敬意を払いながら誠実に話し合っています。彼らの世代は、私たちが残す過去の記録と歩むほかないよう運命づけられています。性暴力と人身売買のない世界を彼らが築き上げるために、そしてアジアにおける平和と友好を進めるために、過去の過ちについて可能な限り全体的で、でき得る限り偏見なき清算を、この時代の成果として共に残そうではありませんか。

この声明は、二〇一五年三月、シカゴで開催されたアジア研究協会(AAS)定期年次大会のなかの公開フォーラムと、その後にメール会議の形で行われた日本研究者コミュニティ内の広範な議論によって生まれたものです。ここに表明されている意見は、いかなる組織や機関を代表したものではなく、署名した個々の研究者の総意にすぎません。
                       以上

全体的に見ると日本批判派との妥協の産物のように見えますが、今迄が今迄だけに大きな一歩と思います。
[ 2015/05/08 09:13 ] [ 編集 ]
敗戦利得者と戦勝利得者のコラボ
また、外圧利用の日本叩きというアカヒの常套手段。
敗戦利得者と戦勝利得者の一糸乱れぬコラボは
北のマスゲームみたいで超キモい。
アメリカ原住民虐殺の歴史から目を背ける米国の歴史家に
いかほどの説得力があるのか。

この妄言集団が指摘する
「自己の意思に反して拘束され、恐ろしい暴力にさらされたこと」は
売春を合法とする自国ネバダ州では現在進行形である。
過去の戦時売春を云々して現代の人権蹂躙に無関心な態度をとるのは
「より広い文脈を無視」する厚顔無恥な行為に他ならない。
[ 2015/05/08 09:39 ] [ 編集 ]
世界虐殺者ランキング: 第1位 毛沢東(共産シナ)7,800万人、第2位 ヨシフ・スターリン(ソ連)2,300万人、第3位 ポル・ポト(カンボジア)170万人、第4位 金日成(北朝鮮)160万人、第5位 李承晩(韓国)150万人
世界虐殺者ランキング: 第1位 毛沢東(共産シナ)7,800万人、第2位 ヨシフ・スターリン(ソ連)2,300万人、第3位 ポル・ポト(カンボジア)170万人、第4位 金日成(北朝鮮)160万人、第5位 李承晩(韓国)150万人
-----

世界虐殺者ランキング

■第1位 毛沢東 (中国共産党) 7,800万人
毛沢東は良識ある人たちすべてを憎悪し、抹殺を指令した。
知識人などを切り刻んで調理し皆で食べた。この虐殺は毛沢東の死ぬ1977年まで続いた。

■第2位 ヨシフ・スターリン (ソ連共産党) 2,300万人
様々な強制収用所を100箇所以上作り、労働させて殺した異常者。

■第3位 ポル・ポト (カンボジア) 170万人

■第4位 金日成 (北朝鮮) 160万人

■第5位 李承晩 (韓国) 150万人
自国民=韓国人を殺害しまくった異常者。

参考: http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53112772.html

-----
平塚パラヤン女
[ 2015/05/08 09:56 ] [ 編集 ]
日本一国を非難するヘイトスピーチ
藤岡信勝氏のFBに掲載されていた、関野通夫氏の批判。

和文を読んでのことですから、最終的には英文も読んでからでないと、正確性に疑問は有りますが、とにかく声明に対する批判を書いてみました、参考にして頂ければ幸いです。
1.何故、日本の慰安婦制度だけをターゲットにしたのか。
  兵士の性処理問題に、アメリカ、ソ連、韓国他他の国はどう対応したかのの視点に欠けてています。それらを研究・把握したうえで、日本を論じているのか?
「韓国と中国の民族主義的な暴言」を非難することによって、一見公平なふりをしているが、欧米は、どうだったかに触れない人種差別的な見解である。結局、日本だけをターゲットにした一種のヘイトスピーチである。
2.被害者の証言について、彼らは、その真実性について検証を行なったのか。諸々の反証を考究したのか。そういう作業なしに、一国民を貶めるのは誣告を構成するものであることを理解しているのか?
3.「恐ろしい暴力」、「残忍な行為」、「彼女たちを搾取」とは、具体的に、どこで起こった、どのような行為を指しているのか。検証された証拠に基づかずして、このような抽象的な言葉を使うことを印象操作(impression management或いはmanipulation)という。これだけで、この声明の知的レベルが知れるものである。
4.「日本政府が言葉と行動において、過去の植民地支配と・・・」とは、具体的に、どこのことを言っているのか、また、欧米の植民地支配については、どう思うのか?

全般に、一見良識的で公平な議論をしているように見せかけながら、結局は、事実の検証章をせず、具体論を行わず、他国との比較を行わず、日本一国を非難するヘイトスピーチにすぎないことを、自ら暴露している。関野通夫
[ 2015/05/08 10:03 ] [ 編集 ]
偽日本研究家集団
誰だったか先の戦争の何が悪かったかと聞かれれば、「負けたことが悪かった」と言っていたのはある意味真理とでも言えることのように、長く続く歴史修正主義(正しい意味での)で痛めつけられている日本をみると感じることです。

その代表的な出来事が戦争の終わり、戦後のはじまりとでもいう『東京裁判』ですが、改めて一人一人の罪状を精査してみる時期でしょう。

時も丁度、「南京事件」が題材として大きく取り上げられる年だけにB級戦犯とされ処刑された松井石根陸軍大将の名前も挙がります。

『128人の日本研究家の声明』、一ことで言っての『戦争責任』。
そこに前述の「いわゆる南京大虐殺」もあれば、この「いわゆる従軍慰安婦」もあります。
このたびの米国での『128人の日本研究家の声明』の底辺にある歴史観が戦勝国からの『日本侵略史観』であるわけですが、米国が戦争で負けていれば『米国侵略史観』となっていたかもしれません。
その日本侵略史観の事例とされているのがこの「大勢の女性が自己の意思に反して拘束され、恐ろしい暴力にさらされたこと」で表されている『いわゆる従軍慰安婦』ということでしょう。

ここに何時も指摘されている『現在的価値観で過去を断罪する』というおかしな論法が含まれています。
そしていつもながらの朝日の諸外国の声を利用しての反日論調というパターンです。

128人の日本研究家とされていますが、可也怪しい人物も含まれているようですし、何しろ代表的に名を挙げられている人物こそ、もっとも信頼性に疑問がもたれる日本研究家であるジョン・ダワーです。

もう一つつけ加えると朝日の得意な一般的に権威が有りそうな人物などの発言を利用し、自己の主張を代弁させるという手口がここにもあります。
NYTをよく利用するのと同様の手口です。

米国自身にもっと目を向けるべきにこれら日本研究家と称されている人たちには、研究者としての誠実さを求めたいと思いますし、自らが日本のさよくに利用されていることを是非認識して行動してもらいたいものです。

http://www.sankei.com/world/news/150507/wor1505070046-n1.html

[ 2015/05/08 12:43 ] [ 編集 ]
日本いじめ
187名の学者??
ふざけるな!
日本イジメの前にアメリカの戦争犯罪追及があり、アメリカからの謝罪がないのはおかしい!
国連においても広島長崎の市長が綺麗ごとをいい、核廃絶を訴えました。ちゃんちゃらおかしいです。目には目を!の迫力がないとダメだと思います。
マスコミもこぞって、WGIPに沿って日本軍は悪かった報道をいつまでやっているのか!と叫びたくなる。でもキムチマスコミだから・・・納得
[ 2015/05/08 15:48 ] [ 編集 ]
最終戦にしよう
タイトル、お名前空欄様、そして管理人様ご紹介の関野通夫氏文章を拝読して、久々に血圧乱高下?w。
七十年だからと言って総理談話が必要だとも思えなかったのですが、コレには、だったら米国合同議会演説の上を行く格調高い日本男児の談話をお出し戴きたい!と思い直します。

それにしても、米国著名大学の歴史学者という肩書き、大丈夫かい?でした。
何と感傷的な文章でしょう。とても資料の細部にまで拘って史実を積み重ねて行くお仕事であるべき歴史研究者の書かれた文章とは思えません。
彼等のいう「資料と証言」は万全で、日本側のそれには「狭い法律的議論、限定された資料」と切り捨てる態度。
自説を覆す物には頭から拒否するそのスタイルは、日本で言えば朝日流そのもの。
前以てご丁寧に「如何なる組織や機関を代表したものではない」とお断りには、逆にその「立場」が解りそうなのもカワイイわ。

そもそも第一級の資料というものは極めて「限定」されたものであって、歴史学者はそれらの精査とつなぎ合わせと積み重ねでモノを言うべき立場では無いのか?
彼等がいう「日本軍にはない」資料も米国にはしっかり公文書として保管されていて、日本側の主張を裏付けてくれています。
彼等が持つ「資料」が何物なのか?自信があるなら題名と在り場所の提示を即刻するべきでは無いのか?

ジョン・ダワー著「敗北を抱きしめて」を上下巻纏めて買った事ほど本購読で悔いたことはありません。
如何に戦勝国の記者だとしても、手前味噌のフィクション”歴史”を日本に押しつけるでない!と激しく思いました。それも上巻の数ページで。
全文読む気力を失わせるに充分な駄本です。
なので昨年末、高山正之氏が雑誌に<「敗北を抱きしめて」などいられない>と題した文章に、飛び付いて胸の空く思いでした。
彼はその11ページに亘る文章を
「スターリンを褒め称え続けたニューヨークタイムズ紙のウォルター・デュランティ記者に就いて、ウクライナ系米国市民が「彼はウクライナの大虐殺もなかったと嘘ばかり書いてきた」と訴えた。~中略~ 人の道を踏み外したダワーが第二のデュランティになる日もそう遠くないと思う」
と締めて、期待を持たせてくれています。
[ 2015/05/08 17:19 ] [ 編集 ]
相手の国を十把ひとからげに攻撃する。あら探しをして、その上嬉しそうに罵倒する。
ネトウヨの韓国人化は止まらないな。近親憎悪だな
[ 2015/05/08 17:28 ] [ 編集 ]
十把一絡げ
国を十把一絡げになんぞ誰がしています?
纏まった187名の声明文に怒りと意見と批判は述べますが、一国を「十把」とは言えませんし。

ねるとん様のご意見の方が、私には「韓国人化」に思えますけどね。
近親だったら化でもなし。
[ 2015/05/08 19:36 ] [ 編集 ]
この学者を自称している方々に対しての書き込みじゃないですよ。
コメントを見て、感想を書き込みしただけです。
韓国人化はその通りだと思いますよ。実際
[ 2015/05/08 20:07 ] [ 編集 ]
勝てば官軍、負ければ賊軍、ただ今マイクのテスト中。
昔、大河ドラマで「2つの祖国」というのがありまして。

ドラマ自体はNHK流の反戦平和調で 面白くもおかおかしくもなかったですが、たった一つ印象的な場面がありました。それは主役の日系米軍将校を演じる松本幸四郎が東京裁判が始まる前にマイクの試験をするのですが、その時にこの台詞を法廷に流すのですよ。

「勝てば官軍、負ければ賊軍、ただいまマイクのテスト中」とね。(笑)

あの時の実際の米人弁護人たちは被告人の利益のために、ほぼ完璧な弁論を展開してくれました。特に元満州国皇帝に対する反対弁論など、弁論術のお手本のような。普通の裁判なら、当然に被告人は無罪になったでしょう。しかし、なにしろ、疑わしきは被告人の不利益になる恐ろしい裁判ですから、せっかくの米人弁護人たちの活躍も功を奏しませんでしたが。

百二十何人かの日本研究者の意見陳述ですか?
いずこの国でもそうですが、頼まれもしないのに「良心」や「正義」を売り物にする人間にろくな者はおりません。仮にも研究者・学者を名乗るものが、タダの仕事だと?こうもスカスカで、突っ込みどころ満載の意見を発表するものでしょうか。自前の論文でこんな曖昧模糊とした概念用語を使い、実証もできない事実を羅列したら、忽ちズタボロに攻撃されるでしょうに。

研究者・学者の世界に本来、裁判官席などないのですが、日本に対してだけは依然としてそれがあると思っているのが困りものです。

日本人の戦犯は「負ければ賊軍」として、関ヶ原における石田三成や小西行長になったつもりで、慫慂として死刑台に赴きました。日本人は朝鮮人とは違いますから、いまさら謝罪も賠償も求めません。しかし、あの裁判が誤りであったことは、どこかでアメリカが認めねなりませんね。それが真の日米友好の始まりになると思いますが、果たしてその日は来るでしょうか?

[ 2015/05/08 21:49 ] [ 編集 ]
日本ですよね
これから日本はどうなってしまうんでしょうか。
私の住む地域にも、某Tメデティ・・という会社があり、外国人が多く働いているのですが、日本人でも職がなくという状況にも関わらず、外国からわざわざ呼んでくる必要が、全くわからないです。まぁ、このような会社は現在でも
かなりあるのでしょうが、マスコミも全く取り扱わなく、会社のHPを読んでも全く綺麗な会社のように見えます。個人的には、地域無視の会社にはどこかに移転して欲しいですが、なかなか難しいのでしょうか。残念です。
[ 2015/05/08 22:16 ] [ 編集 ]
あんた韓国人なんじゃないの?
ねるとんさん

韓国人化、いいえ、あんた韓国人なんじゃないの?
ネトウヨなんて言葉遣いは自分に不都合なものを抱えているものの言いぐさ
[ 2015/05/08 22:33 ] [ 編集 ]
閣下! まことに僭越でございますが、申し上げます  <(_"_)>
>それが真の日米友好の始まりになると思いますが、
  果たしてその日は来るでしょうか?

「神(紙)に見放された者は自らの手でウンを掴め」、、とか申します。 
政府がその気になれば友好は困難ですが黙らせることは出来ると思えますが・・

OR(オペレーションズ・リサーチ)でありまして、WW2において絶大なる効果を
上げた方法であり、それは民間の有能なる者の協力を仰ぐことでございます。

渡部昇一先生が対談の中で、慰安婦とやらに関して「私を政府弁護人としてUSA
に派遣してくれたら記者会見を開き朝鮮妄言など即座に論破できる」と述べて
おられ、周りが笑うと「貴殿方でも一人で論破できるくせに何を笑うか」で
でございました。

渡部先生は御歳でございますから、優雅にして淑やかなるシ客櫻井よしこ女史を
USAに送り記者会見を開いていただき「アホ学者どもに異議申しあげる」と
やれば、簡単にケリがつきそうに思えますが・・・

ついでに「日本の武士は己の不始末をハラをキッテ償った。 勇敢なる開拓者の
末裔の皆様はどうなさるのですか?」 とでも云っていただければよろしいかと。
[ 2015/05/08 23:22 ] [ 編集 ]
末田様
櫻井さんはいいですね。確かハワイ大学出身で英語もお得意なんじゃ。

戦前は美人で英語の達者な栄美麗が涙ながらに中国への支援を訴えるのに、アメリカのバカ議員はコロリとやられてしまって。チャイナドレスのスリットに目が眩らんだという説もありますが、こちらの代表人物が東条英樹では…確かに、余りにもヒールっぽいです。


スピーチだけなら「お・も・て・な・し」の滝クリでもいいのですが、質疑応答になると、残念ながら彼女は見た目ほど?賢くない。

毅然として、かつ優雅な櫻井さんにお願いしましょ。だいたいこういうのは見た目で七割が決まるのです。何しろアメリカン・デモクラシーですから。

[ 2015/05/08 23:47 ] [ 編集 ]
ドイツの「キリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟(CDU/CSU)」: 「捏造は、捏造であり、言論でもなく表現でもない。」
里美です。

ドイツの「キリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟(CDU/CSU)」: 「捏造は、捏造であり、言論でもなく表現でもない。」
-----

ドイツの「キリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟(CDU/CSU)」:

「第一次資料に基づかない言論は、言論の自由、表現の自由などの保護下にない。すなわち、捏造に基づく言論は、言論の自由、表現の自由などの保護下にない。捏造は、捏造であり、言論でもなく表現でもない。」
[ 2015/05/09 00:31 ] [ 編集 ]
江藤淳「閉された言語空間」禮讚
この記事の最後に江藤淳「閉された言語空間」の文春文庫版の写真が載ってをります。
この著作が、岩波の「世界」ではなく、文春の「諸君」に初出、連載されたことを思いますと、大いに感動せざるを得ません。その時点において、戦後サヨク思想のすべてに、

 引導

が渡されていたのだ。以後、単行本が長く品切れ状にあったものが、昨年か文春文庫版として蘇った。いまや、日本語をサヨク狂信盲信の占領下から解放しなければならないが、そのキツーい闘いを勝つための唯一といって言い過ぎでないチカラを持つのがこの文庫本で、あり得る。大江、村上、雑魚の群れのガクシャらは、すでに、価値亡きモノになっていた。

 江藤淳「閉された言語空間」(文春文庫版)

こそは日本人必読である。こういう根源の認識のもとに、真実の日本国憲法は成就されなければなりません。一家に一冊、この本を置け。この国の図書館という図書館にこの本を置け。英訳してこの地球上の図書館という図書館にこの本を置かねばなりませぬ。よ。
[ 2015/05/09 04:48 ] [ 編集 ]
日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人たち や 彼らに騙されている日本人バ.カ.サ.ヨたち が異常に好み、かつ、日本人へ強制するチェコは、特.殊.浴.場、売.春などの男.性.性.風.俗.王.国です。
里美です。

反日のジャーナリストでありアムステルダム大学名誉教授であるカ.レ.ル・ヴ.ァ.ン・ウ.ォ.ル.フ.レ.ン氏って、
名前からして、
チェコ系在蘭ユ.ダ.ヤ人かもよ。

1. フランス・ポーランド・チェコ・ルーマニア・共産シナ・韓国は、同盟国なのよね。
2. フランスは、ヨーロッパの共産シナなのよね。
3. ポーランド・チェコ・ルーマニアは、ヨーロッパの韓国なのよね。
4. それと、チェコは、特.殊.浴.場、売.春などの男.性.性.風.俗.王.国なのよね。

だから、日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人たち や 彼らに騙されている日本人バ.カ.サ.ヨたち は太平洋戦争終戦以降、フランス・ポーランド・チェコ・ルーマニア・共産シナ・韓国を異常に好み、日本人へフランス・ポーランド・チェコ・ルーマニア・共産シナ・韓国を強制し、何が何でも反ドイツ・反日本国なのよね。

もういちど繰り返して言うと、
「日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人たち や 彼らに騙されている日本人バ.カ.サ.ヨたち が異常に好み、かつ、日本人へ強制するチェコは、特.殊.浴.場、売.春などの男.性.性.風.俗.王.国です。」
[ 2015/05/09 10:17 ] [ 編集 ]
小学生の頃「大草原の小さな家」シリーズが全巻繰り返し読むほど大好きで、NHKで放送されたテレビドラマも欠かさず見ていました。
とあるエピソードについて、小学生ながら「なんでだ?」と疑問に思い、その後ずっとアメリカの一面として忘れないものがあります。
原作では一家のお母さんはアメリカ・インディアンに対して憎しみを持っているはずなのに、ドラマでは仲良くしている。子供心に引っかかって剥がれませんでした。
割と早いうちからアメリカの矛盾に気がついたので、こういうのもありだなと思います。
[ 2015/05/09 18:48 ] [ 編集 ]
江藤淳「閉された言語空間」禮讚 2.
この本の書き出しを読むと、優れた推理小説、冒険小説を読み始めるときのときめきを感じる。
厖大の海からスプーン一杯のエッセンスを抽出する!という破天荒の目論見に、江藤淳は突き進む。その勇気と根気と方法論の確実さこそ感動感動の連続である。

海、とはすべてアメリカにある文書である。ダンボールの箱の海、山←コレは比喩ではなく事実を言っている。

アメリカの歴史学者の幾人が江藤淳「閉された言語空間」を読んでいるか?。
ゼロに近いんぢゃないか。異邦人がアメリカにある文書の海に一人飛び込んでこの偉大な【成就】を成し遂げている。

アメリカの自称・歴史学者こそはオノレの怠慢と無能ぶりを恥じるべきであろう。まあ、怠慢で無能ゆえに、歴史学者を自称するのだが、例の「昭和天皇」でピュリッツァー賞という虚賞を貰った【歴史学者】のような、←著者の名前をど忘れ中、日本語版監修の吉田裕という【歴史学者】の後書きというか解説こそは馬鹿の証明のような駄文だが。
[ 2015/05/10 01:06 ] [ 編集 ]
次の一手、 改憲へ
ジョン・ダワーはナショナリストであることを伏せている。
日本への(押し付け憲法の批判)をかわすために(日本人のソフトパワーが日本の平和を守ってきたのだ)・・・と日本人向けに説いている。 ハードパワーと外交が独立国の主権を守るのだという当然のことに日本が気づき、アメリカの植民地状態から脱却することを防ぐために、洗脳を推し進めようと企図した明らかな宣伝工作と言える。
未来永劫に日本を占領憲法(日本弱体化憲法)で呪縛しようと企み、発しているということに日本人は気付くべきです。
(ソフトパワー)を母国であるアメリカに広めることは彼自身する筈もない。アメリカは(ハードパワー)が平和を守ると考える国。
9条を柱にした戦後の新憲法を堅持することが平和に導き、それが日本人の特質であるかのように理論付ける。・・・アングロサクソンは実に理論武装するのが得意な種族だ。 中国はユーラシア大陸の渦巻く謀略の歴史から、戦わずして勝つための(兵法三十六計)を手にし、これを戦略の拠り所としたチェックシートとしている。 海を外堀として安住している日本は対外戦略を不得手としてきた。
たった一度、アングロサクソンの首領であるアメリカに大敗したことで、いとも簡単に日本人は洗脳までされてしまった。
侍の国(日本)は幕末に欧米からの支配戦略に屈してはならんと、立ち上がった志士等の行動で見事なまでの明治維新を起こし、日清・日露・第一次大戦を経て軍事力を付けることで一等国として誇りを持つに至った。 しかし、欧米との外交に経験不足な結果、日独伊三国同盟の締結という誤った判断をしたことで(戦勝国日本に結びつく選択)を逃してしまった。 アメリカとの戦争をなんとしても回避していたら、日本は戦勝国であったことは間違いない。
勝敗の違いで一国の運命を変えてしまうことを、日本は事前に知るべきであった。
現在の国際連合は戦勝国連合であるが故に、要所で機能不全を起こしている。 日本が活躍できないからだ。
過去の為すべき選択を取り戻すことは出来ないが、日本は将来にわたって敗戦国で居続けるわけにはいかない。
戦後レジームからの脱却を成し遂げて、日本は(軍事力・外交力・科学力・生産力・経済力・文化力)のゆるがない、有効な世界平和を提案できる発信力ある国へと進路を取るべきときに来ている。
[ 2015/11/04 12:44 ] [ 編集 ]
「私は歪んだフェミニスト※1 たちを教化・説得しようと思ったことは無いし、彼らと対話できるなどという幻想を持ったことは一度も無い※3
マルクス主義であれ、フェミニズムであれ、あるいは宗教であれ、イデオロギーを持つ者※2 との対話などは不可能である」…林 道義

※1 フェミニストの具体例については【オナッ ニィー】 岩井志麻子 【5時に夢中!】http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/mature/1396442335/137-172のレス番137~172のテンプレの中で上野千鶴子に触れてるけど、
これ一つだけでも十分だろう。
田嶋陽子「北朝鮮の(日本人)拉致は、日本軍の従軍慰安婦(攫い)を真似してやったんだよ!」
すがすがしいまでの屑ですな。

※2 イデオロギーを持つ者は「始めに結論ありき」で思考停止状態。
決まってる結論(日本が悪いとか男が悪いとか)に導く詭弁を考えるのに知能を使うだけだから、知性はゼロ(憐)

※3 “187人声明”※4 の主犯アレクシス・ダデン「尖閣諸島も竹島も北方領土も国際的には日本の領土ではなく、安倍政権がその領有権を主張するのは危険な膨張主義」(NYT紙※6)
なりふり構わないにも程が有る(呆)
たしかに幻想の抱きようも無いわな(´・ω・`)

※4 度外れた狂人ダデンに荷担した連中は、中国に買収された※5 “人間の屑”か騙された“大間抜け”かどちらか。

※5 中国は反日工作に、アメリカだけでも年間1兆円ぐらい使ってるそうだ

※6 朝日新聞・毎日新聞・痴呆紙・ニューヨークタイムズの主張は悪のサイドの現ボス国(前ボス国はソ連)である中国の共産党機関紙『人民日報』と同じなのだから、
それらは廃刊して、購読者には『人民日報』の翻訳版を届ければいいんじゃね?
[ 2016/01/25 10:33 ] [ 編集 ]
「アレクシス・ダデンら187人声明」は、その2ヶ月前にだされた、マイナス100点である「アレクシス・ダデンら19人の声明」をマイナス90点に仕方無く後退させただけなんだよ(´・ω・`)

古森 義久「外国の学者や研究者が、他の主権国家の政府や国民に精神や心の持ち方についてあれこれ要求し、指示するというのは、考えてみれば傲慢そのものである」
誰か異論は有るかい?
[ 2016/02/27 22:35 ] [ 編集 ]
習近平も 中国の王に成ることを認めてもらう為に今上天皇に拝謁したように、
二千歳というダントツの長老である日本は 世界から尊敬の念を持って見られている。
左翼連中は“地上の楽園”をこっそり北朝鮮から北欧に変えたけど、
たかだか数百歳の欧米諸国※1 や、ましてやたった60歳の中国・北朝鮮・韓国が日本に物申すなんぞは十万年 早いんだよ※2

※1 機械文明では遥かに遅れていた明治初期でさえ、日本は清潔さや治安の良さ、人々のやさしさ、道徳や倫理において欧米を圧倒していた

※2 十万年後なら、十万二千歳と十万60歳だから、もう 年の差も感じないだろう
[ 2016/02/27 22:36 ] [ 編集 ]
「過去の植民地支配の問題に立ち向かえ」…187人声明
第二次世界大戦の時点で世界の殆どはオマエラ欧米列強の植民地(or準植民地)だったのに、なに言ってやがる(呆)
目眩がしそう(´・ω・`)

「第2次大戦での“過ち”について“全体的に偏見なく清算する”ことを求める」…187人声明
そもそも安倍首相は第2次大戦について偏見を述べたことなど無いし、
仮に「大東亜戦争は、アジアを白人の支配から解放した、正義の戦争」と発言したとしても、
「朝鮮戦争は、アメリカの侵略に立ち向かい平和を守った、正義の戦争」と言ってる中国よりは百万倍、正しいぞ。
なぜ中国に「朝鮮戦争での“過ち”について“全体的に偏見なく清算する”こと」を求めないんだい?(爆)

「慰安婦問題で安倍首相が大胆な行動をすることを要求する」…187人
中国に買収されて日本人1億3千万人を不当に侮辱しているオマエラに、1億3千万回死んで詫びることを要求するよ。

ちなみにこの下劣を極めた187人声明を、NHKを始めとしたマスコミ各社は「日本人よ、ありがたく承れ!」という姿勢で報じた(呆)
日本には絶望しか無い(´・ω・`)
[ 2016/02/27 22:37 ] [ 編集 ]
片や、やってもいない「従軍慰安婦強制連行」を自ら世界中に触れ回った日本。
片や、北朝鮮と組んで韓国を皆殺ししかけておきながら「朝鮮戦争は、平和を守り侵略に立ち向かった正義の戦争」とうそぶき、「朝鮮戦争はアメリカによる襲撃で、朝鮮人を3百万人虐殺した」というデマを世界中で触れ回っている中国。
その中国に買収されて「187人声明」などという下劣極まりない物を出した学者ども。
中国の手先になって、“中国・北朝鮮から守る為に韓国を負んぶに抱っこし続けている日本”の悪口を世界中で言いまくっている韓国。

神様、あんた、おふざけが過ぎやしないかい?
[ 2016/02/27 22:39 ] [ 編集 ]
世界には「何が何でも自国を貶め 悪者にし 損害を与えずに措くものか!」という凄まじい妄執に取り憑かれた基地外が2千万人いるけど、笑っちゃうことにそれが全員日本人。
内部の敵1人は外部の敵1万人に匹敵するから、日本にはそれだけで2千億人の敵がいるという事だ(´・ω・`)

慰安婦問題を見ても明らかなように、外国人は皆、法も道理も事実もお構い無しのサイコパス※ だけど、
「外国人も日本人と同様に法や道理や事実を重んじている」と真っ逆様に間違った前提で物を考えているお花畑が、残り1億千万人の内の1億人(´・ω・`)

※ 世界の歴史は侵略に次ぐ侵略、虐殺に次ぐ虐殺で、人類は何千年に渡って“騙し合い 殺し合い”を続けている。
そんな世界で生き残った者は「どんな汚い手を使ってでも自分だけは生き延びるぞ」という者。
[ 2016/02/27 22:40 ] [ 編集 ]
最後におさらい。
クイズ「正しいのはどっち?
・朝鮮戦争は、アメリカの侵略に立ち向かい平和を守った、正義の戦争(習 近平)
・大東亜戦争は、アジアを白人の支配から解放した、正義の戦争」

答「後者のほうが、少なくとも百万倍は正しい」
[ 2016/02/27 22:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: