私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「想定外を想定できない」岡田民主党代表と青瓦台

「想定外を想定できない」岡田民主党代表と青瓦台

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先週金曜日の夕方、政府の地震調査委員会が関東の活断層による地震の新評価を公表したが、こと「綾瀬川断層」は私の生活に直接的な影響を及ぼす可能性があり、最早地震が他人事ではなくなった。ネパールの大地震では、1500人以上が亡くなり、甚大な被害が生じている。現地の意日にも早い復旧・復興を祈るばかりだ。

 東日本大震災の教訓として存在するキーワードは「想定外」だ。あらゆるリスクを想定し、可能な限りそのリスクに対応することで、被害を最小限に食い止めるという発想である。「想定外をつくるな」という思想は、あの震災以来、理想ではなく「必要」になったのである。ところが、この思想に真っ向から反論した政治家がいる。民主党の岡田代表だ。

民主・岡田代表「集団的自衛権を認める必要ない」「あらゆる事態想定した法律は不要」 (産経新聞)

 民主党の岡田克也代表は24日の記者会見で、政府が進める安全保障法整備に関し「現時点で集団的自衛権の行使を認める必要はない」と明言した。同党は安倍晋三政権による集団的自衛権行使を「容認しない」との素案を基に、28日に見解をまとめる予定だ。

 岡田氏は、政府が集団的自衛権行使の具体例に挙げる戦時下のホルムズ海峡での機雷掃海について「経済的理由で武力行使するのは全くおかしい」と指摘。ただ「将来絶対ないとは断言しない」とも述べ、今後に含みも残した。

 岡田氏は「何が起こるか分からないとあらゆる事態を想定して法律をつくる考えはない」とも強調。「切れ目ない法整備」を目指す首相との違いが際立った。


岡田克也


 「何が起こるか分からないとあらゆる事態を想定して法律をつくる考えはない」という発想は、想定外を甘受するということだ。ところが、いざ「想定外」が起きた時、その被害を受けるのは国民である。政治家は責任を取って辞めればよいが、国民生活は、結果的に、その「想定外」の被害者となるのである。こういう発想は、民主党という政党の無責任さを明確に表わしたものとして、記憶すべきだ。

 「想定外」を予測できなかったのは、南朝鮮も同じだ。昨日も書いた、TBS山口記者のベトナム戦争下における南鮮国営慰安所の件だが、ハンギョレ新聞が敗北宣言ともとれる記事を掲載している。ハンギョレは、週刊文春を「日本国内の嫌韓世論を主導する週刊誌」とし、件の記事について「日本政府に慰安婦問題の解決をしつこく要求する韓国の努力に“焦点ボカシ”を図る疑いが濃厚な報道」としつつも、めずらしく控えめな見解を示している。

 このような作業を通じて山口氏が到達した結論は「朴槿恵大統領が慰安婦問題を内政と外交の道具としてでなく、真に人権問題として考えるならば(中略)韓国人慰安婦女性たちの事例と同様に(この懸案に対しても)率先して調査するだろう。そうでないならば(韓国は)自身に不利な事実には目を瞑り歴史を直視しない国家だということを国際社会に自ら証明することになるだろう」と釘を刺している。

 腹立たしくはあるが反論しにくい主張だ。韓国政府は今後、ベトナム当局との協議を通じてかつての戦争当時に行われたベトナム戦民間人虐殺はもちろん、このような韓国軍専用慰安所の運営・管理に軍当局がどこまで介入したのかなどを明らかにするための調査と後続措置に乗り出さなければならない。(以上、抜粋)


 朴槿恵はバンドン会議へ招待されず、この期間は外遊に転じたが、訪問国のブラジルで、相変わらずの告げ口外交を展開しているようだ。バンドンで日中首脳会談が行われたのも青瓦台の「想定外」だろうが、もっと無様な「想定外」は、彼等が対日批判のど真ん中に据えてきた「慰安婦問題」が、自分の身内にも存在したことであり、その事実が明るみに出た時、批判が自国に向かうことを想定できなかったことだろう。

 ベトナム戦争は、南鮮が対日批判に使う朝鮮人慰安婦の時代よりも、遥かに最近の出来事である。その時代の国営慰安所に関する記憶は、確実に存在するはずなのだ。身内の所業には少しも触れず、日本だけを非難することで発生する「リスク」を、南鮮情報当局が感知していなかった筈がない。文春の記事は、彼等に取って「想定すべきこと」だったのだ。

 岡田も青瓦台も、結局は自国の国益を守れていない。岡田代表は、イオンで売る食品に支那産・朝鮮産が含まれるリスクを、改めて想定するところから始められては如何だろうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/04/26 09:28 ] 政治 | TB(0) | CM(13)
異議あり
無記名での表示確認
[ 2015/04/26 10:21 ] [ 編集 ]
ほぼ断言
東京・埼玉・千葉・群馬は関東の中で一番低い活断層活動予想でしたでしょ。と言いながら、3/11の年の年初に発表された原発危険度ゼロが福一でしたが。

想定外禁止を言い出したのも民主党のホコリ・菅首相でした。その直前まで、L鳩に続いて原発50基と豪勢な事を言っていたのも。
ですが、その者は未だに議員を辞めて居ません。
ゾンビそのものの様に比例区最後の当選者で、お元気。
恥を知らなければ、当選さえしてしまえば歳費生活万々歳。

「あらゆる事態想定した法律は不要」って!眼科の手術で頭までおかしくなったのか、元からか?
こういうことを言う党首の下に、「居る」と言われている保守勢は未だ未練がましく在籍するのでしょうかね。

TBS山口氏の職を賭けたご奮闘(ネットでは日本にいた間筑紫に散々な目に遭っていたとか)の、南鮮ベトナム慰安所の資料は、もしかしたら南鮮には無いかも知れません。
あの国は書類を保存する能力が昔から欠如するきらいがあるそうですから(歴史研究者が言って居ます)、今ではその全てが秀吉軍の所為で無くされた、と。
それでなくとも国にマズイものは無い事なのでは?と変に楽観的に思います。
紙の質もはっきり言って悪いです。韓国紙は漉くのに混じり物が多くて破けやすい特徴があります。
確かにあるとしたら米国でしょう。それを山口氏は見つけた訳ですよね、それ以上正確なものは南鮮からは出ない!と言い切れそう。出たらゴメン。
[ 2015/04/26 10:37 ] [ 編集 ]
こはる様、きっと出ない。と、私も思います。

南鮮はいつだってごまめの歯ぎしりですけど、この「腹立たしくはあるが反論しにくい主張だ」には笑っちゃいました。今後どうなっていくか楽しみです。

阪神・淡路の時も東日本の時も、もしかして地球に意思があるのではないかと妄想してしまうほどダメタメ政権を狙い撃ちにしたような天災発生。
なのにまだ「想定内」だの「想定外」だのごちゃごちゃ言っているんですね。
民主党に投票する人の頭の中を見てみたいものです。
それと、世界中で起こる武力衝突はあれこれ理由を付けたところで結局経済的なものが理由だと思うのですが・・・
[ 2015/04/26 11:34 ] [ 編集 ]
南鮮には何を言っても無駄。
SWAPも破棄したし、価値観の共有も無いし、韓国とは同盟も無い。
もう後は断交するだけだ!
在日の通名呼称を擁護する仙谷の居た民主党・・・。
何故か安倍政権の邪魔ばかりしているが、日本の国益を損なう民主党は、岡田メッカチ諸共潔く消えて欲しい。

韓国との断交及び民主党の解党を強く支持!
[ 2015/04/26 11:45 ] [ 編集 ]
米大使館にクレーム送信!
4/24日にローズ米大統領副補佐官が記者会見でアメリカ合衆国議会での安倍総理の演説内容に過去の歴史談話(河野・村山)と合致した表現を入れるよう首相に促していると報道されています。
 およそ同盟国の首相たる安倍総理の演説内容に関してアレコレ注文をつけること自体が許されるべきことではなく失礼極まりないものですが、要請内容自身に問題が多く存在しており、日本国民の怒りを買うものです。
 第二次世界大戦で貴国と日本は戦いましたが韓国(朝鮮)は日本の同胞として貴国と戦ったこと位日本人なら誰でも知っていますがアメリカにとっても常識でしょう。
そろそろ韓国の主張に真実のかけらもないことなど貴国は見抜かれているはずです。いわゆる戦時売春婦の問題も日本は占領地の人達を強姦したりしないようにするための配慮でした。ベトナム戦争で慰安所を設置しながら利用もそこそこに多くのライダハンを生んだ国と日本は違うのです。こうした歴史の事実に多くの日本人が目覚めています。インテリが購読していた朝日新聞が慰安婦問題を捏造して世界に拡散しましたが今や多くの日本人が朝日を忌避するようになりました。
貴国がこれまで同様中韓支援の立場に立つなら、貴国の国際法違反の原爆投下・都市無差別攻撃による大殺戮を受忍してきた多くの日本人の反米感情に火がつくことになります。 
 是非、真摯な対応をお願いします。
[ 2015/04/26 12:53 ] [ 編集 ]
オカダエモン
「想定内」、「想定外」は広義に「安全保障」の問題に関係してくるわけですが、国の行う最も大事な仕事が「国民の生命、財産を守る」というものです。

ここにある「想定内」、「想定外」には自ずから時代的なものも含めてのバランスであるとか経済合理性なども関わってくるでしょう。

それと「想定外」としているのが本当に「想定外」なのか?
直近、首相官邸屋上にドローンが侵入していたことなど、まさに「想定外」であったがために対策が取られていなかったわけで、これなど本来は「想定内」の範疇であったと思います。
確かこの件では民主党議員からも危機意識の欠如がある的な発言があったように記憶しています。

そしてこの「集団的自衛権」を含め、日本国、日本人に欠落しているのが「安全保障に対する意識」ではないかと思います。

では何故安全保障に対する意識不足がはびこっているのか?
ということになりますが、ここが「反戦・平和・憲法九条-護憲・反国家・反軍」という戦後主流と成って来た野党、メディアなどによる世論の空気作りがまだまだ日本に強くあるため敢えて、「安全保障」に目が向き難いという土壌があるのではないかと思います。
それだけにその土壌に押されて国民の意識との乖離を意識して一部保守系政治家も正論が言いい難いということもあるのでしょう。
[ 2015/04/26 13:06 ] [ 編集 ]
「想定外」 を想定せざれば、祖国を滅ぼす

想定外の事態に対応できる法律は調えるべきですし、現時点では愚案、珍案、
笑案と思えるモノであっても、多種多様な案をシナリオとして集めて情勢により
立法・施行してゆくものだと思っています。

これを否定する岡田が自分の考えとして言っているなら亡国の徒弟であり、
誰かに云わされているなら売国の輩となります。

先の戦争で米国に惨敗したのは工業力の差もありますが、シナリオ力の差でも
あったように思えます。 米国は日露戦争で日本の勝利を見るやシナリオとして
「オレンジ計画」を作成しています。 
(日本のシ―レーンを遮断し、防御に出てくるだろう艦隊を殲滅)

日本は大東亜共栄圏を唱えながら、戦端が開かれてもシーレーンの防御が
出来ていませんし被害が目に見えて増えても、対処した形跡はありません。 

零戦設計者の堀越二郎氏が語っています。
開戦時、名古屋三菱の零戦は月産100機以上。 バシー海峡に米潜水艦が
出没するようになれば月産50機。 本土空襲となれば激減し月産2機と。
他の兵器生産も推して知れます。

米軍が日本のシーレーン上に潜水艦や魚雷艇をマトリックス(網の目)配備
すればミッドウェー等の勝敗にかかわらず兵糧切れの惨敗だったと思われ、
彼我の差は、多様なシナリオの運用の差でもあったと思われます。
[ 2015/04/26 13:31 ] [ 編集 ]
「自民党のIPアドレスでWikipediaの原発津波対策に関する記述を書き換えていたことが判明」
こんな事までする自民党は凄いな~流石ネトウヨの元締め
[ 2015/04/26 14:48 ] [ 編集 ]
岡田さん「帝国主義論」は読んだことがありますか?
それにしてもフランケン岡田氏はレーニンの「帝国主義論」を読んだことがないのでありましょうか?
帝国主義は独占資本主義の最終形態、レーニンは1910年代にこれを理論づけておりますが、現代の支那は先進資本主義国に遅れること一世紀、漸く帝国主義の段階に達しました。(笑)泉下のレーニンもこれには賛同してくれるでありましょう。


経済的要因で戦争になるなど阿呆らしいとフランケンは考えているようですが、ムード左翼はこれだから困る。本来の左翼思想家なら、すべての政治的な対立は経済的な闘争の反映と見るのですが。少なくとも、まともな大人の政治家なら、経済的な要因を含まない国際紛争の方が例外的と考えるべきでありましょう。

末田さんのご意見にもありました通り、長大なシーレーンを日本単独で防衛するのは聯合艦隊の全盛時代といえども不可能でありました。世界で一番目の海軍国との協力無しには、日本の繁栄どころか生存を維持することさえ困難なのが現実です。したがって日本の永世中立国化は不可能、集団的自衛権の保持と行使は不可避です。こんなことは議論の余地のない話でありましょうに。


フランケン岡田は見るからに頭が悪そうな、実際にも思考の柔軟性に欠ける人物でありますが、それにしても酷すぎますな。思想や発想法がせいぜい中学生レベル。ボクはこう思うと言うだけで、その思考のプロセスも理由も何1つ開示できないとは。

野党第一党の党首がこのレベルでは政権与党は楽でいいですが、逆に安全保障面の議論の深化など望むべくもありません。
その分、政権与党内で健全な野党精神を育て=あらゆる事態を想定した突っ込み役を大切にしないといけませんね。
外交・防衛担当の官僚はよほど思考を柔軟にして「敵側」に立って、日本の弱点を衝く訓練を怠りませんように。
[ 2015/04/26 14:49 ] [ 編集 ]
「経済的理由で武力行使」
大抵の過去の戦争の裏には経済的理由があったと思いますけどね。宗教戦争ですら経済利得を考えて居ますでしょうに。
世界はそうしたものだからこその安全保障ではないかいな?

ホルムズ海峡の事に限れば、日本は今、毎年3兆7千億前後のエネルギー代金を、民主党政権の結んだ高額契約のおかげで海外に支払っています。
これに加えて、高額エネルギー代の為の企業補償なども大変な額になります。そうまでしなければ日本経済はとてもここまで回復しなかったでしょう。合計したらどれだけになるやら。

年間それだけの国富が消えて行くのに、まるで”たかが経済”と言わんばかりの国会議員、それも党首が、となるとやっぱりこの御仁は不適格なのではないかしら?
L鳩を褒める積りは猫の髭の先程もありませんが、岡田氏を指して「役人根性が抜けなくてダメ」とか。
本当の役人だったら国富の増減は最低限考えますから、そうとうにダメか。
[ 2015/04/26 14:51 ] [ 編集 ]
追加
末田様のコメントで、思い出しました。
日露戦争時バルチック艦隊が、日英同盟に依って殆どの港から寄港を拒否され(英国の支配下にあった国々のなんと多い事か!)、ロシアの友好国だったフランスの植民地インドシナ半島のカムラン湾まで水・石炭・食料の補給が出来なかった、という事実。
同盟国と言うものの存在の価値を、若い頃私が初めて認識した記述でした。
[ 2015/04/26 15:20 ] [ 編集 ]
朝鮮人化を停め、日本をとりもどす。
岡田の発言は、政敵に一矢を報いることさえできれば、あとは何でもよいという、その場しのぎで無責任極まりないもの。
まさに朝鮮人的思考と思います。
岡田の国籍がどうであろうと関係ない。
徒然草の一節「狂人の真似をして大路を通らば、すなわち狂人なり。」を受け「朝鮮人の真似をするなら、すなわち朝鮮人なり」というブログを見かけました。
そのとおりだと思います。
http://fetia.blog34.fc2.com/blog-entry-1220.html

しかるに、朝鮮人的思考の根源とは何か。

「道徳?品性? けっ。道徳で腹が膨れるのかよ。品性でカネが稼げるのかよ。おまえだっていい暮らしがしたいだろ? 人をうらむことだってあるだろ? ”ホンネ”を言ってみろよ。 所詮は人間なんてそんなもんよ。 良い子ぶってんじゃぁねぇよ。」ということではないかと私は思います。
こういう、自らの品位を易々と捨て去り、振り返りもしない考えこそが、感情を優先し、真理を軽んじさせ、強きになびき弱きをいたぶる、ひいては、盗賊行為を正当化するに至る。そういう文化がはびこる社会では、人間として当然持つべき論理性が育まれず、恥ずべき人間が再生産される。
ローマ法皇がセウォル号事故に寄せて「韓国人が道徳的に霊的に生まれ変わる機会に」との発言したのとよく符号すると思います。

「腹立たしくはあるが反論しにくい」という言い回しなども、一見、やっと冷静に理解したかにも思わせるが、「正論」という一言がどうしても出ない。国民情緒法とも揶揄される社会では、そういう言い回しでしか言えない、いかにも「朝鮮人による朝鮮人のための言い回し」と言えよう。

日本の朝鮮人化は、岡田のみならず、先だっての福島瑞穂や小沢一郎、二階某はじめ、極めて多くの政治家が、進めようとしている。
そして、極めて多くの国民が、易きに流れ、朝鮮人化に進んでいると思います。

「日本をとりもどす」をスローガンにする真意は、そこに対してだと私は思います。

兼好法師の800年前の言は、深いと思います。
http://www2.yamanashi-ken.ac.jp/~itoyo/tsuredure/turedure050_099/turedure085.htm
[ 2015/04/26 16:23 ] [ 編集 ]
サヨクにとっての想定外とは中共の日本侵略である
サヨクにとっての想定外とは、中共が実際に日本を侵略する事であり、サヨクにとって中共は被害者であり、宗主ある為、そんな可愛そうな被害者(皮肉)である中共が侵略して来るなどという事は、あるはずが無いと考えているのです。

さらに言えば、仮に攻めて来ても、命乞いをして中共様の言いなりになれば、自分達だけは助かるはずだ考えている所が、実に疾しい。

日本の危機は想定外だが、特亜の危機だけは想定でき、宗主国である特亜の脅威になり得る、9条改憲阻止、靖国参拝に対して特亜(主に中共)の機嫌を伺い、属国化に向けて行動している、まさに売国奴にふさわしい面子でしょう。

このような中共の危機しか想定できない、特亜の走狗が国内に存在していること自体が異常です。売国議員の一刻も早い落選を望むばかりです。


≪おまけ≫

Wikipediaは誰でも編集できるので、政権与党の自民党だろうが誰が編集していても何ら可笑しくは無い。

Wikipediaに書いてある事項は不正確な情報や、誤りも非常に多い。

事実を捏造しているのならば問題だが、Wikipediaは掲示板ではないし、誰にでも編集権があるので言論弾圧でも無い。

誰にでも編集可能なWikipediaしか情報ソースは無いのだろうか。

「生野区通り魔事件」の犯人(在日南鮮人)による日本人へのヘイトクライムもWikipediaに書かれたが、ネトサヨと思しき人々の削除要請を受けて消されている。

こういったヘイトクライムの事実が有る事自体が、まさに「想定外」であろう。
[ 2015/04/26 23:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: