私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  朝日よ、そんなに日の丸・君が代が憎いのか

朝日よ、そんなに日の丸・君が代が憎いのか

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先だっての教科書検定の結果は、安倍政権による教育改革の勝利だと言えるだろう。朝日は、竹島における「南鮮の主張」、北方領土における「ロシアの主張」を、日本のそれと同じレベルで教科書に記載せよと主張したが、8日のエントリーで書いた通り、これは教科書の無国籍化を求めるものだ。朝日は、国家という存在を、可能な限り希薄にしたいのである。

 そういう朝日の姿勢は、今日の社説でも繰り返し語られている。彼等は今度は、国立大学の入学式や卒業式での国旗掲揚や国歌斉唱について、安倍総理が参院予算委員会で「正しく実施されるべきではないか」と述べたことに噛みついた。

国旗国歌―大学への不当な介入だ (朝日新聞社説 2015/04/11)

 「学問の自由」が保障されない社会に未来はない。「大学の自治」はそのための原則の一つである。

 ところが安倍首相は、国立大学の入学式や卒業式での国旗掲揚や国歌斉唱について、参院予算委員会で「正しく実施されるべきではないか」と述べた。

 下村文科相も「各大学で適切な対応がとられるよう要請したい」と語った。

 政府による大学への不当な介入と言うほかない。文科省は要請の方針を撤回すべきである。

 まず安倍首相である。国立大が「税金によって賄われていることに鑑みれば、教育基本法の方針にのっとって」実施されるべきだとの考えを示した。

 「基本法の方針」とは「我が国と郷土を愛する態度を養う」という目標を指したつもりだろう。だが、基本法は大学について「自主性、自律性が尊重されなければならない」と定めている。これを忘れてはいないか。

 カネを出しているのだから、政府の言うことに従えといわんばかりの論法は乱暴すぎる。国が補助金を出している私立大にも同じことを求めるのか。

 文科相は要請の根拠として、国旗・国歌法を挙げた。この法律が成立する際、政府は「国として強制や義務化をすることはない」と答弁したはずだ。

 なのに文科省は小中高校の学習指導要領に基づき、国旗と国歌を徹底するよう求め、実際に全国の学校での実施状況を調べた。各地の教育委員会も処分を掲げて締めつけを強めた。

 今回、文科省は国立大86校の卒業式や入学式を調べ、国旗掲揚や国歌斉唱を行ったのはどこかをつかんでいた。実態を調べていたこと自体、驚きだ。

 文科省は「大学に強制や指導はできない」として、国立大の学長が参加する会議で要請することを検討中だという。

 大学には当然、自主性を貫いてもらいたいが、足元には厳しい現実もある。国立大学は法人になっても、主な収入の柱を国の交付金に頼っている。

 そのうえ文科省は、国が用意した改革に取り組む度合いに応じて、交付金を配分する姿勢を強めている。今回の要請を拒めば、予算に響くと大学が心配しても不思議ではない。

 大学は国の言いなりに教育を行う機関ではない。政府の意向や社会の価値観など一切に縛られず、自由で多様な研究を深めてこそ学問の価値が保たれる。

 そんな敬意もなしに介入しようとする政権の姿勢は、大学の空気を一変させかねない。首相と文科相は猛省すべきである。


kokuritsudaigaku_kokki_kokka.jpg


 毎日新聞も同じく安倍総理の発言に反応し、今朝の社説を構成している。朝日、毎日とも、彼等の素性を知るものにとっては、非常に分かり易い反応だ。今朝の朝日など、社説に加えて天声人語、素粒子と、全方位体制である。

 朝日や毎日は、しばしば、先の侵略やら慰安婦問題やらをとりあげ、国際社会の視線に目を向けよというご高説を講じる。しかし、教科書や国旗、国歌のことになると、内向きの議論に走りがちだ。実際のところ、国旗や国歌について、国際社会におけるスタンダードに照らして考えれば、国旗を掲揚する必要がない、国歌を歌う必要はないという主張は常識外れである。自社の社是に合う点だけを取り上げ、国際社会の目やら批判を持ち出すのは、ご都合主義というしかない。

 左派メディアは、国旗、国歌について、戦後サヨクの「先の大戦で、日本は日の丸、君が代のもとに他国に侵略戦争を仕掛けた」ことを反省する点に立脚し、国民の意識から国旗、国歌の存在を除去しようとする試みを続けている。先の大戦に対する論点や解釈は様々あり、私は日本が一方的に過ちを犯したとは考えない。だが、仮に彼等の主張に沿って、70年前に終結した戦争を引き、今を生きる国民に「同じ過ちを繰り返す可能性」を見出すとすれば、彼等は国民を馬鹿にしているとしか考えられない。

 今回の総理発言は、税金で運営している学校が国旗、国歌を疎んじるのは如何なものかという論点で批判を述べているが、そもそも朝日や毎日にとって、税金云々は単なるひとつの材料に過ぎない。もともとが反日の丸、反君が代、反安倍なのだから、「いい材料が見つかった」と、嬉々として安倍批判をしているだけである。

 70年前に終わった戦争を引きだして、君が代や日の丸を批判する朝日の姿勢は、「日本を千年恨む」と公言した朴槿恵のそれと大差ないことを、読者は知るべきだ。朝日は、その社内において、反国家全体主義なのだ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/04/11 11:40 ] メディア | TB(0) | CM(13)
国旗・国歌はその国のアイデンティティー
 国旗や国歌を不要とするやからは、多分日本人ではないだろう。戦後GHQの公職追放後、マスコミに投入された左翼や朝鮮人が現在多くの組織の中枢に入って暗躍しているのだろう。
 多くの日本人は、奈良教育大付属で国歌斉唱をしないニュースに唖然としたと思うが、東大・京大をはじめ大半の国立大学で国旗も国歌も斉唱されていない現実には晴天の霹靂だったのではないか?
 多くの国民の意識と国立大学の教授達の意識格差があまりもえげつない。マスコミと同様大学も左翼と朝鮮人教師にかく乱されているのだろう。学習院大学にさえ朝鮮人教授が入り込んでいるとの報道もあり、戦後70年経ち、歴史の真実が披瀝されつつあるというのに肝心の教育部門がこの有様では日本の将来は大変危うい。
 学長の更迭や補助金のカット等日本国としてふさわしくない大学への支援をやめたい。朝鮮人学校とたいして代わり映えしない。
[ 2015/04/11 12:33 ] [ 編集 ]
日本という二分化された世界
朝日という反日コングロマリットは現在の日本毀損集団を象徴した金字塔ですが。

さてそこで、かつて「マトリックス」という人気になった映画が有りました。
現実と思っている世界がコンピュータによって作られた仮想現実であり、実は現実の世界が別にあり、そこで主人公での戦いを描いた映画でした。
この暗示するものを自分は日本の現状にも当てはめて見ています。

一つは戦後「連合国軍最高司令官総司令部」が作り今でも存在する仮想世界、そしてもう一つがそこから脱却した現実世界というものです。

これを更に具体的に言うと「戦後レジーム」を続けるか、「戦後レジーム」から脱却するかということにも当てはまるのではないでしょうか。

その二分化されている日本の現実を続けて言うと、
自民党、安倍政権 対 さよく野党
産経新聞 対 朝日、毎日、東京、NHKなど
日教組・県教組 対 PTA(一部の)
などと分類出来ると思います。

まずこの二分化されている日本の現状をマトリックスから醒めて気づけるか、気づけないかが重要です。

特に一般の国民の思考を作り上げる重要な基礎となる情報提供者であるメディアの責任は重要なのですが、朝日、毎日を中心とした反日メディアの戦後の活動が日本人多数の目を仮想現実の世界に留めています。

今年、8月に向けてこの両者のせめぎ合いが激しくなっていますが、敵は中国や韓国などとの同盟軍です。
常に中国、韓国の主張に協力し、所謂マッチポンプ作戦を展開し、この反日国を応援して来ました。
この4月の統一地方選から沖縄基地移設問題、安倍首相訪米、あっと言う間に8月を迎えるでしょう。

そしてその間、反日メディアは中国や韓国のお先棒としての動きをするでしょうが、全て「マトリックス」を意識して流れを見ていればこの反日勢力への疑問が多数散見されるでしょう。
[ 2015/04/11 12:52 ] [ 編集 ]
奈良教育大学付属中学に電話で抗議した者です。担当責任者の一人は戦後そのようにしていたのでそのまま変えずにしてきたとのこと。結果今春の入学式から改めるそうです。ことなから主義でしょうね。反対の抗議があれば素直?に変えると感じました。何よりもそのことを真剣に考えてこなかった学校関係者ですね。抗議されて初めて、そうかな?それじゃ変えようと感じました。今回は真っ当な国民の一人から産経新聞に記事にしてもらって、国民が知ったわけですが、他大学でもおかしいとおもえば新聞社などの連絡して取り上げて貰うことがいいと思いました。誰もおかしいのではないかと抗議しないから戦後体制のままズルズルと事無かれでこのようになってるように思います。国民はもっと抗議して行くべきです。ネットで発表するとか方法は沢山ありますね。
[ 2015/04/11 13:16 ] [ 編集 ]
とにかく朝日は自分のところの社旗をなんとかしてからもの申せと言いたい。
そのうち夏の甲子園から日の丸が消えても不思議じゃ無いですね。

私がもう何十年も前に卒業した母校の市立小学校では、3月11日に喪章を付けた半旗が揚がっていました。ここを卒業する子供達は頼もしい存在になってくれることでしょう。
[ 2015/04/11 14:00 ] [ 編集 ]
テロ朝の言う国旗を掲げない自由は自費でヨロシク
治外法権と自冶の区別が付かない子が朝日には多いんだね
[ 2015/04/11 14:39 ] [ 編集 ]
【保存版】ドイツ与党の「キリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟(CDU/CSU)」: 「睡眠中の夢や寝言の中でもドイツ国旗を掲揚しながらドイツ国歌を何度も何度も繰り返し歌うことができるドイツ人たちは、真のドイツ人たちであり真のドイツ国民である。」
里美です。

【保存版】

ドイツ与党の「キリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟(Christlich-Demokratische Union/Christlich-Soziale Union, CDU/CSU)」の見解:

「睡眠中の夢や寝言の中でもドイツ国旗を掲揚しながらドイツ国歌を何度も何度も繰り返し歌うことができるドイツ人たちは、真のドイツ人たちであり真のドイツ国民である。」

ご参考:
ドイツ国歌について、
名称 『ドイツ人の歌(Das Lied der Deutschen)』
作詞 アウグスト・ハインリヒ・ホフマン・フォン・ファラースレーベン(August Heinrich HOFFMANN VON FALLERSLEBEN)―1841年
作曲 フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(Franz Joseph HAYDN)―1797年
[ 2015/04/11 18:16 ] [ 編集 ]
テロ報道機関は潰すべきだ
ここまで露骨な国家観の確立に異論を唱える異常性の正体見たりです。
日本人の感覚からしてこの論調は異常性さえ覚えますが多分に特亜系の三国人共が日本人に成りすまし社員・役員として入り混じっているのでしょう。
朝日の社是は「安倍潰し」と公言して憚らない報道機関ですから、安倍政権も他の報道機関、メディアへの見せしめの為に、まず「朝日解体」から堂々と開始すべきです。
[ 2015/04/11 18:44 ] [ 編集 ]
【要拡散】在日朝鮮人が必死で隠す「君が代丸」の史実を広めよう!なぜ嫌がるのか? |莉緒のきまぐれブログ|Ameba (アメーバ)
ttp://s.ameblo.jp/9023410651/entry-11548718042.html

君が代丸は済州と大阪を航行していた尼崎汽船の船。多数の韓国人がこの船で日本に
出稼ぎに来ていた。この船のことを知られると日本人に強制連行のウソがバレてしまう、君が代を嫌う理由。


[ 2015/04/11 18:54 ] [ 編集 ]
幼稚なる大学
日英の財務省間の人事交流で英国の大蔵省に出向していた人物が本を書いています。

英国人というのはなかなか本音を語らない人種なのですが、その中でも著者が親しくなった人物が子供の頃から親に叩き込まれてきたことを3つ上げておりましたので、ご参考まで。

(1)1人で歯を磨くこと
(2)何より国を大切に思うこと
(3)お前は労働者とは違う!

典型的な英国中流階級のモラルだと思いますが、何より国を大切に思うことは歯を磨くことと同じように、本来は初等教育、或いは幼児教育に属することなのです。

昨今のわが国では、大学に入ってから辞書の引き方を学ぶそうですが、(笑)
かかる教育事情では国立大にて国旗国歌を尊重することを学ばせるのもやむを得ないものがあるでしょう。

ナチスのように学校でナチス党歌を歌わせるというなら問題でしょうが、国旗・国歌は1政権、1政党に属するものではありません。「政権交代」したって変わるものじゃあるまいし。

反政府ではない、反国家活動をする輩が浮き彫りになってきますが、こういう連中に限って、地方公務員や国公立大の教職員など、税金を喰って生きている連中が多いのです。戦後レジームの闇はなかなかに深く、文科系では一子相伝で?未だにかびの生えたマルクス主義を墨守している講座もあります。「学問の自由」に名を借りた、変態左翼の再生産・プール機構はいい加減にやめさせましょう。
[ 2015/04/11 19:45 ] [ 編集 ]
大学「自治」の起源
【大学に入学すると「自治会費」とかを徴収される。 新入生の多くはその内容が
解らず黙って支払ってしまう。 入学の取り消しを恐れるからだ。 「自治会費」
とは学校と関わりがなく、「民青」とか「革マル」とか「中革」を名乗る左翼達の活動費、
要は飲み食い色事の享楽費用なのだ。 学園内で彼等が「闘争」を繰り広げるのは
その利権をめぐる争いでしかない。】  (日下公人氏の本から)

大学の自治とかタカリの屁理屈を謳い、その屁理屈に長けた輩を社員としていれば
特亜との親和性が尋常でないのも当然なのかも知れません。 類は友を呼び、成り
すましが群れ集うのですから「首相の葬式はウチで出す」とかの内乱罪的な妄言が
飛び出すのでしょう。

一罰百戒の意味で、第二の「椿事件」を起こした時に免許取り消しの強権で臨む
べきと思っています。  これでも朝日の祖国、特亜の処置に比べれば、ぬるま湯
の温情なのですから。
[ 2015/04/11 21:27 ] [ 編集 ]
国旗掲揚・国歌斉唱はお上に言われなくてもやるべきことだ
国旗掲揚・国歌斉唱はお上に言われなくてもやるべきこと。こんな当たり前のことがなぜできないのだろうか。

しかも、国内2代トップ国立大を初めとして12校もの国公立大学が国旗を掲揚せず、さらに国歌については72(71)校(4分の3以上)が斉唱しないとは。

一般的に「学問の自由」は憲法23条にて【研究・講義などの学問的活動において外部からの介入や干渉を受けない自由のことをいう】とあるが、国旗掲揚する事自体が「学問的活動」とは考えづらい。よって朝日の言う【国旗掲揚は「学問の自由」を侵害する】は誤りだろう。最高裁判決でも違憲と出たことも無い。「学問の自由」は「政治活動の自由」の意味ではない。

厄介なのは国公立大学は「独立行政法人」であることだ。法人化以前は、国公立大職員(教授を含む)は公務員だったが、現在は法人職員で、公務員と違って憲法を順守する立場ではない。(国公立教授陣には実際に外国籍の方もおります)

実際に国立大には姜尚中東大教授等の在日・半島系が紛れ込んでおります。

入学式と卒業式で国旗を掲揚しない国公立大学が他の国でどこにあるというのだ。日本の光景は異常というほかない。

正直、国公立大学には未だに東大をはじめとして左翼教授陣がどっしり腰を構えて経っている現状を見ると、国公立大学での国旗掲揚・国歌斉唱は中々厳しいかもしれません。

左翼がよく主張する「日の丸・君が代は日帝軍国主義の象徴」等というさびれた放言を未だに根強く持ち続けている象徴が、この国公立大学での国旗・国歌不掲揚・不斉唱ではないだろうか。

国公立小学校から国公立高校までの初等・中等教育課程での国旗掲揚・国歌斉唱は職務命令等で指導できるが、国公立大学職員は公務員では無い為、指導ができない点は痛い。

係争点ではないが、国公立大学の運営資金の大半は国からの補助金(税金)であり、その点で自由に資金調達が可能な私立大とは違う。この点を朝日は忘れているのは痛いが、大学は独立行政法人なので、憲法の制約を受けずに割と自由に活動できる。しかしながら、間接的に補助金を削るなどして左翼掃討しなければ少しばかり厳しいかもしれない。

安倍総理・下村文科大臣もこの異様な光景には気が付いているようだが、国公立大学での国旗掲揚・国歌斉唱を法で制約することは現状難しいと思える。国旗掲揚・国歌斉唱は「学問の自由」とは無関係で可能なはずだが、法で規制すると左翼陣が騒がしいのだろう。

国公立大学ごとの阿保左翼の運営陣の権力の強さがよく分かる事例だが、本来お上が指導などしなくてもやるべき事、やれる事であるはずで情けないだろう。

国旗掲揚・国歌斉唱すれば運営資金が更に入るのにもかかわらず、自分達の意味不明な自己満足な左翼プライドの為に他の多くの職員が迷惑している現状を国公立大の左翼運営陣は理解しているのだろうか。
[ 2015/04/11 22:00 ] [ 編集 ]
数年前の北海道教育大学の卒業式のことです。
国旗は「国際会議方式」という訳の分からない方式で、ステージ後方のテーブルの上や会場を出た通路に何か国かの外国旗と一緒に卓上旗として置いてあるだけだったので、驚愕でした。留学生がいるからなのか?と思いましたが、卒業生名簿に留学生は一人もいなかったので、意図的に日の丸を飾りたくなかったとしか考えられません。
それから、国家は歌ったかどうかちょっと覚えていなくて、すみません。
国公立大学は国の将来を担う若者を国費を使って教育する場なのだから、国旗掲揚と国歌斉唱をしないなら補助金を返却させたら良いと思います。
教育大学のくせして、採用試験に出るような教職の専門科目は東京アカデミーと言う予備校に外注して授業料を別途徴収してます。教師を育成する気がないなら校名を変更したら良いと思う。
[ 2015/04/12 14:59 ] [ 編集 ]
朝日の社長は、成りすまし朝鮮人が経営しています。韓国政府の直結新聞社、朝鮮日報朝日新聞。反日は当たり前。明日からは祖国のハングル文字で記事を書こう。成りすまし日本語で記事を書くな。迷惑だ。
[ 2016/06/06 21:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: