私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  皇室 >  関東大震災のときの摂政宮と、東日本大震災のときの今上陛下

関東大震災のときの摂政宮と、東日本大震災のときの今上陛下

← 応援クリック、ありがとうございます。

 3月11日が来ると、色々な想いが胸と頭を通過する。ある想いは怒りであり、これは時の政権の無能さに向けられるものだ。そしてやはり、強い想いは震災でお亡くなりになった方々、いまだ帰らぬ行方不明者に対する哀しみである。昨年のこの日にもこの写真のことを書いた。

昭和天皇のお写真

 津波に流されたがれきの中にあった、昭和大帝、香淳皇后両陛下のお写真である。「仲睦まじい老夫婦が、ご自宅の壁にかけていたのかな・・・」。そんなことを勝手に想像してしまう。色々な方々の人生が一瞬にして奪われた忌まわしい3.11である。

 かつて、「天皇は神聖にして侵すべからず」と規定されていた時代に、関東大震災が起きた。その時のことを過去のエントリーで書いたのだが、もう一度呼び起こしてみたい。

 関東大震災のあと、皇室はどう対応されたのか。

 震災が起きた1923年9月1日、大正天皇は御病気で、日光の御用邸でご静養中だった。東京におられたのが22歳の若き摂政宮で、後の昭和天皇である。

 若き摂政宮は震災当日は一睡もされず、徳川侍従次長より報告を受けられた。そして翌2日には、御内帑金一千万円を下賜された。当時の一千万円とは、今の貨幣価値で十億円を超えるとも言われている額だ。そしてその翌3日には山本首相を赤坂離宮に召され、その一千万円についての趣旨を伝えられた。

 そして4日には侍従武官を横浜、横須賀、東京市内に差遣されて慰問にあたらせている。7日になると、全国の御料林から材木を伐採し、急場の住宅建設用にと下賜された。さらに各宮家では、避難民のために庭園を開放され、さらに御座敷までも開放された。大富豪の大部分が門戸を固く閉ざし、一歩も入れない者が多いため、一般庶民からは怨嗟の声が高かったという。

 12日、震災から二週間と経たない時に、大正天皇のお名前に摂政宮が副署された詔勅が出される。詔勅では、「自分の天子としての徳がないからこのような震災が起きてしまうのだ」という趣旨が述べられ、また、「非常事態においては、平時の法規に拘泥せず、また機会を損ねて前後を誤るという愚を犯さず」と書かれている。

 15日、摂政宮自らが市内の視察を開始しておられる。総じて、「機会を損ねて前後を誤るという愚を犯さず」のお言葉通り、まさに電光石火のご対応だ。阪神淡路で自衛隊の派遣を逡巡した村山富市、4年前の大震災を自らのパフォーマンスの場として利用した菅直人のような人たちと比べることなど怖れ多いが、天地ほどの差がある。

 この昭和の大帝の先例を、今上陛下は十分にご存知で会ったのだと思われる。だから那須の御用邸を開放され、ご自身も被災地をまわられた。

被災地を訪問された天皇皇后両陛下


 ここに日本の歴史があるのだと思う。皇室と国民の紐帯は、震災を経験して更に強固になる。震災後、諸外国のメディアが現地に入り、現場で守られる秩序と被災者同士の思いやりの精神を世界に報道した。日本人以外には真似ができない姿勢、振る舞いに、世界が驚嘆した。更に突き詰めれば、世界広しと言えどもどの国にも真似ができないのが、日本の皇室と国民の信頼関係なのだと思う。

 震災に学ぶ点は数多あるが、日本における皇室の静かだが底知れぬ力も、「再認識した日本」のひとつだった。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/03/11 10:57 ] 皇室 | TB(1) | CM(6)
ありがたい
「ありがたい」まさしく有り難しです。
世にも稀な皇室という存在、御心の尊さ。

天皇陛下の為されたことを掘り起こし、確かな筆で
記事にしてくださるブログ主様に感謝です。

あらためて、天皇陛下を戴く国民の幸せを思うことができます。
[ 2015/03/11 11:38 ] [ 編集 ]
感謝
国家、国民の安寧を常に祈り続けていっらしゃる天皇陛下に感謝の念を忘れないようにしたいと思います。
逆にボランティアとは名ばかりで、人が困った時に、そこにつけ込み、それを利用し、私腹を肥やそうとする輩もワラワラとわいてきます・・・おそらく、彼らは日本国民ではないのでしょう。
[ 2015/03/11 14:02 ] [ 編集 ]
ショアさせてください
[ 2015/03/11 15:23 ] [ 編集 ]
国家の望ましい統治形態とは
政治権力と祭儀権を分離した二権分立の下に三権分立を執る形が良いようです。
独裁が生まれ難いことや、民族の信仰心に裏付けされた統治になるからでしょう。

欧州でこれを最初に主張したのはダンテであり皇帝と法王の共存統治を主張し、
古くは紀元前のユダヤ教徒、預言者ゼカリヤとのことです。 しかし不幸な
ことに彼等の夢は「見果てぬ夢」であり実現していません。 (*1)

先進国の中で奇跡的に二権分立の下での三権分立を形作っているのは日本だけで、
この安定性は東北大震災のような非常時に如実に現れています。

立派なお屋敷には住めるのでしょうが、不自由極まりないであろう日々を敬虔に
御勤めされておられる天皇陛下に感謝を捧げると共に皇室の安寧を願うものです。

*1 筆名になにかと噂が多いイザヤ・ベンダサン 「日本人とユダヤ人」
[ 2015/03/11 20:53 ] [ 編集 ]
哲人政治とは
東日本大震災から4年。被災者遺族の方々のご冥福をお祈りするとともに、一日も早い復興を願います。

あの4年前の凄惨な光景、今でも忘れることができません。被災者の目にはテレビの箱に映る光景よりも遥かに衝撃的なものだったでしょう。

そして、あの原発事故を含め、当時の為政者(カンチョクト)の無能さの為に増えなくてもよかった犠牲者まで増えてしまった。

原発事故も適切な対応をしていれば、あそこまで拡大しなかったのかもしれない。

やはり、政治が愚かであると民衆が苦しむのは間違いない。哲人政治を望みたいが、やはり極めて難しい。

民主主義は衆愚政治と化し、独裁制は為政者の私利私欲の為に民衆が悪政に苦しむことになる。また、為政者が愚主ならば狡猾な僭主が為政者を裏で操り、同じく悪政を敷くことになる。

この事から、プラトンは哲人政治を唱えた。すなわち哲学を学び、私心を捨て、理性と感性を超越した存在である者に統治させようとしたわけだ。

しかし、この哲人と呼ぶほどの聖天子は、歴史上そうはいないと考えている。

哲人と呼べるほどの者は歴史上でも3大宗教の祖と聖人と呼ばれた「孔子」等のわずかな人物しかいない。

たとえ天子である天皇陛下でさえも聖天子になるのは並大抵の事ではないだろう。

厳しい修行と極めて高い知性と、聖人君子の如く至高の徳を備えた者で無ければ、哲人になる事はできない。

やはり現代に、哲人を求めるのは難しいのであろうか。この愚かで不幸な政治輪廻(サイクル)を抜け出すことができればいいのだが、民主主義制度の元では国民も成熟しなければ難しいのだろうと思う。
[ 2015/03/11 22:12 ] [ 編集 ]
先帝陛下は戦後に皇室最大の私有財産である御料林を国庫に納められました。昭和天皇は大化の改新という国家の成立後、私有財産を放棄された世界で唯一にして最後の君主であらせられました。

天皇陛下を戴く日本に生まれた事は有り難いことだと、つくづく思います。
[ 2015/03/12 11:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

ランキングブロガーへの道
拙ブログは、政策秘書さん、活動家の方以外に、ランキングブロガーの方にもご覧いただいているような気がしている。 また、コラボブログがランキング登録したことなどもあり、応援を兼ねて、出稿することとした。
[2015/03/11 18:46] 美しい国への旅立ち
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: