私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  「少年犯罪」と「人権」と「人権真理教」

「少年犯罪」と「人権」と「人権真理教」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 川崎市川崎区の中学1年、上村遼太くんが遺体で見つかった殺人事件で、18歳の少年が犯行を自供した。ネットでは逮捕のかなり前から、この少年の事件への関与が取り沙汰されていたわけで、一応、事件は一般の報道や巷での噂通りの帰結を見たわけである。上村くんのご冥福を心からお祈りしたい。

 18歳少年の父親は、先週末の時点で、「息子は今回の殺人に関与してはいない」とメディアに語っていた。それは、息子に確認したという根拠によるコメントであり、絶対的な自信をもってのコメントではなかったのだろう。冷酷に物言いするなら、この少年の保護者の責任は限りなく重い。人を殺めることが何を意味するのかという、生の根源的なことすら教えてこられなかった周囲の大人は、自らを戒めるべきだ。

AtVN18n.jpg


 今回の事件でも、少年犯罪の報道に関する悪しき面ばかりが目立った。被害者である上村くんは、殴られた後にアザができた顔写真を毎日のようにTVで晒されてきた。これは、人権への侵害ではないかと思うのである。亡くなった人に人権はあるのかと言われそうだが、亡くなった人の尊厳だって保たれるべきだろう。TVメディアは、刺激的なビジュアルを出せば視聴率が上がると思っているのだろうが、何かと言えば人権!人権!と叫ぶ人権真理教の信者たちは、こういう報道の仕方にこそ、声を上げるべきではないのか。

 一方で、加害者としてほぼ確定した18歳のリーダー、および、17歳の2人については、彼等の素性は頑なに秘匿されている。当然ながら、彼等の年齢が少年法の適用範囲であることからの対処だろうが、彼等の人権に対する扱い方は、被害者である上村くんのそれと比較して、余りにもアンバランスであるように思う。

 大東亜戦争後の混乱期に、食糧不足で窃盗や強盗などをする孤児・少年が激増したために、これら少年を保護するために制定されたのが現行少年法であるならば、時代や状況が変わった今、少年法は間違いなく改正すべきだろう。この法に関する指導者がGHQであった事実の有無にかかわらず、見直しは必須である。当初は、犯罪を犯した少年を再教育し、真っ当な社会生活を営むことができるように更生させることが目的だったのは確かだ。しかし、少年である以上、社会的制裁を受けなくて済み、それがともすれば「特権化」するようになることがあれば、悪の根絶から逆に遠ざかってしまうのではないのか。

 やってはいけないことをやれば、その代償として制裁を受けるという普遍的価値は、すべからく尊重されるべきである。人を殺めるというのはそれ自体が異常犯罪だ。性犯罪者にも共通することだが、そういう素地をもった人物が社会復帰した時、その人物の過去を知らずに近づけば、第二の被害者が出る危険だってあるのだ。犯罪者の人権を尊重するあまり、第二の被害者の人権を蔑ろにするようなことになれば、それこそ本末転倒である。

 私は「人権」を声高に叫ぶ「人権真理教」の信者ではないが、殊更「人権」に敏感な人々は、誰の人権を第一に守るべきなのか、もう一度考えた方が良いのではないか。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/03/03 07:20 ] 社会問題 | TB(0) | CM(12)
被害者と加害者に与えられる「人権」格差の不合理は、長い年月言われ続けて来た事ですのに、一向に治りませんね。
人権派弁護士とその周辺、報じるマスコミの在り様。全てが被害者に更に無情な被害を及ぼしています。

殺された後だからといって人権が認められないなら、この世は「死に損」が当然となりましょう。画像にも擁護されるべき権利はある筈です。
何度、何人の被害者が更なる被害者になれば、人権派は改心するのでしょうね?ほんとうに寂しい事です。
一度同じ被害者になって見れば?と言いたくなります。

可愛らしい素朴な少年の笑顔に、もっともっと生きて楽しい人世も、知って欲しかったと思います。
時間が経つほどに、哀れさが増して、可哀想でなりません。

救いようのない加害者には厳罰が下りますように!



[ 2015/03/03 09:22 ] [ 編集 ]
社会の常識
「少年法の目的は、更生にあり。」と声高らかに発し、ここぞとばかり少年法の改正を反対する人権派弁護士とやらは、であるなら、その加害者の更生に責任をとれるのか、是非、聞きたいところです。
権利を主張するのであれば責任を問われるのは社会の常識ですが、おれは人権派だと宣伝したいだけにしか思えませんね。本当に更生の可能性が信じているというのであれば、その加害者の一生に責任を持てと言いたい。・・て言うか、そもそも18歳って、やっていることの善悪が判らないような少年じゃないでしょう?社会の常識は。
[ 2015/03/03 09:40 ] [ 編集 ]
産経抄
先程は見逃していた「産経抄」にあった文章ですが
<昭和44年に神奈川県の高校1年生が、ナイフで同級生を刺殺した。
 被害者の家族はその後、地獄のような日々を強いられる。
 一方、少年法に守られた加害者は、約束した慰謝料も支払わないまま、弁護士として成功していた。
 事件から30年後、加害者は被害者の母親に謝罪するどころか、暴言を吐く。
 ノンフィクション作家の奥野修司さんによる衝撃のリポート「心にナイフをしのばせて」は、司法関係者が犯罪被害者の保護に目を向けるきっかけになった。
 奥野さんは言う。「歳月は遺族達を癒やさない。そのことを私達は肝に銘じておくべきだ」>

被害者の保護に目を向けている 現状とはとても思えませんし、歳月が遺族を癒やさない事に、将来も決して今回の加害者達は思いが至らないだろうな、と、弁護士付きの出頭で想像致します。
[ 2015/03/03 11:36 ] [ 編集 ]
人の尊厳こそが原点
>亡くなった人の尊厳だって保たれるべきだ
に、激しく同意します。

人権とか、命の尊厳とか、似てる言葉はメディアでもよく聞くが、私は「人の尊厳」という言葉こそが、真理に最も近い言葉ではないかと思います。
これに沿わない「人権」や「命の尊厳」という言葉の使用に出くわした時に、釈然としない感覚になるのではないかと思います。

もちろん「人の尊厳」も解釈の仕方は一通りではない可能性があると思います。世界は広い。
ただ、日本で培われ、育まれてきた「人の尊厳」はかなり収斂できるのではないでしょうか。
それこそが日本人の価値観であり、それを貴びながらのびのびと生きられる場所が日本人の日本だと私は思います。
それを子々孫々に確保することが国をまもるということだと思います。
[ 2015/03/03 12:47 ] [ 編集 ]
保守の人間は自民党の献金問題はスルー、実に客観的で素晴らしい。
まぁドミノ辞任は確実ですからね
[ 2015/03/03 18:02 ] [ 編集 ]
もう少し面白いことでも書いておくれ
バッジョさん

>保守の人間は・・・・・
という書き出しからも
保守系ではなく、又自民党批判をして下さいというところからも
左傾の思想の方とお見受けしますが。

自民党献金問題を云々するゆとりをサヨクの方々が日々対応するネタをたっぷり出してくれるので優先順序がなかなか回って来ないだけのことです。

サヨク諸氏がもっと下らないことをしなくなれば自民党批判への余力も出ると思われます。
[ 2015/03/03 19:33 ] [ 編集 ]
わざわざ右翼と言わずに保守と言わせて頂きました。

それと私は左翼ではありませんよ?右翼や左翼みたいな客観性がなく盲目的な人間が哀れなだけです。
[ 2015/03/03 19:51 ] [ 編集 ]
人殺しに、右も左もあるか!
クダラン投稿をするな!
[ 2015/03/03 22:47 ] [ 編集 ]
日本国民において【被害者の人権<<加害者の人権】な国
ブログで取り上げられていない話題だからといって、スルー云々と非難するのも失笑ものだが、他者が自身を何と言おうが無視すればいいだけの事なのに、「左翼」という言葉に過剰反応して「自分は左翼じゃないが」と枕詞を置く者は多い。何故だろうか。

実は保守派(一般には右翼(もしくはネトウヨ)といわれているようだが)を心底嫌う人間にこの表現を用いる者が多い(小林よしのり氏など)。彼らは真正左翼よりも保守の人間を忌み嫌っている為、態々自身の立場を中立または真正保守であるかのように偽装して保守派を攻撃する、心が卑しい集団だと認知されている。

ちなみにブログ主を含めて、自分達の立場を「保守」と言ったことはない。あくまで「保守派」と表現しているだけで、自民党の政策等に何でも賛同しているわけではない。

献金の問題はグレーゾーンも多く、政治家自身も把握しきれていない部分も多い。法に触れるか否かが争点になるだろうが、事体の推移を見守りたい。
ちなみに民主党代表の岡田克也氏も同様の献金がされていたようだが、こちらの方はあまり取沙汰されていないのは実に客観的で素晴らしい。


話が逸れたが、日本国民において、被害者の人権よりも加害者の人権の方が優先されるのはやはりおかしいだろう。

加害者も被害者も少年であるが、【死人に人権無し】とばかりに被害者少年は実名・モザイク無写真付で報道されている。

昔は「死人に人権は認められない」というのが法曹界隈の通説だったようだが、近年は死人にも尊厳が認められるようになったらしい。

少しおかしな通説だが、法曹界やマスコミ界での常識は市民感覚では理解できない部分が多い。

少年であっても凶悪犯罪を犯した者は更生の可能性を残しながらも、実名で報道すべきだろう。実名報道と更生可能性は必ずしも相容れないものではない。

服役後にはマイナスからのスタートにはなるが、仕方が無い。やったことの代償はそれだけ大きいのだから。しかし、更生の可能性があるのならば社会復帰は不可能ではないという事だ。

「獣に人権は無い」と述べた人がいたが、その通りだと思う。人権は【人間】だから与えられるのであって、生物学上の【ヒト】に人権が与えられているわけではないだろう。

ここで言う【人間】とは、理性に基づいた判断ができる【ヒト】を指す。一時的にかっとなって殺ってしまうことがあろうとも、相応の理由があるか、もしくは自らの過ちを認められる者は【人間】である。
[ 2015/03/03 22:59 ] [ 編集 ]
左翼だと言う指摘に違うと答えたら過剰反応なの?何故?

そもそも少年事件の事は何ら書き込みしてませんが?少年法反対だし

因みに岡田の件は先程知った所だよ~そんで両方辞めるか法改正すべきだと思いますよ。
民主が政権下なら退陣しろ~と叫ぶくせに都合が良いなと思います。


[ 2015/03/03 23:39 ] [ 編集 ]
そうだったかしら?
>民主が政権下なら退陣しろ~と叫ぶくせに
どなたのことを言って居られます?

民主党三年半の政権下で、金銭問題にも人間関係にも国会議員としての品性にも、ゾロゾロ出てきたルール違反者が居りましたけれど、マスコミは対自民党政権時と比べようもない程、報道しませんでしたよね?
とり上げても「せっかく政権交代したのだから静観を」とさえいうコメンテーター達が居たりで、随分物わかりが良くなった報道姿勢だと、私などは思いましたがね。
公的機関が触れなければ、ネットで「叫ぶ」事も繁くなるのはむしろ当然ではないですか?
それでも無能者達が三年半居座ることが出来たのは、偏に公的報道の「功績」でしょう?

それとも、個人的ブログとコメントまで総覧されて仰って居ます?
そうでなければ、バッジョ様もかなり「都合の良い」書き込みですよ。

ブログ主催者が書きたい事、訴えたいことを書くに、また、それに関するコメントを投稿するのが、貴方の関心事と違っているのが、何か問題でも?
貴方がご自分の問題意識を展開したければ、ご自分でブログを主催されたら如何でしょう。
[ 2015/03/04 01:36 ] [ 編集 ]
サヨク戦略に同調してどうするの?
人殺しに右も左もない。
まったくその通り。
さて、この企業献金問題、安倍首相に行き着くまでに民主党などから複数の自民党議員攻撃が始まりここまで来ました。
法的なことが絡むことであり、野党がこの点を突くことには確かに正当性はあるでしょうが、逆に見れば他に攻め所もなく、存在感を示す為も含めブーメランにまで起し今やグダグダです。
要するにもっとまともな国会論議をしてくださいよということ。
そして今、この件を盛んに持ち上げて油を注いでいるのがサヨク。
にて確認を一応させてもらいました。

つきましては、最初記載同様サヨクが日々問題を発生させてくれている現在、保守系(個人的範疇で考えています)も対応が忙しく安倍首相は後回しであるということと、今そのサヨクの動きに同調していたら結果どうなるの?という事からの判断です。
書くべきネタは他に幾らでもありです。

[ 2015/03/04 02:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: