私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  多数派を「翼賛体制」と呼ぶ、香ばしい少数派の主張

多数派を「翼賛体制」と呼ぶ、香ばしい少数派の主張

← 応援クリック、ありがとうございます。

 今日はまずこの記事から。

ISILによる邦人人質殺害事件後、現政権の施策を批判することを自粛する動きを懸念し、ジャーナリストで市民グループ「国民投票/住民投票」情報室・事務局長を務める今井一氏は、「翼賛体制構築に抗する」という声明を発表した。この声明には、岩上安身氏、香山リカ氏、坂本龍一氏ら約1000人のジャーナリスト、表現者などが賛同している。9日に記者会見を開き、正式に発表する予定だ。(オルタナ副編集長=吉田広子)

「私たちは、『ISIL』と称する組織・集団による卑劣極まりない邦人人質惨殺事件を強く非難し、抗議するものである。また、この憎しみと暴力の連鎖の帰結として起きた事件が、さらなる憎しみや暴力の引き金となることを恐れている。同時に、事件発生以来、現政権の施策・行動を批判することを自粛する空気が国会議員、マスメディアから日本社会までをも支配しつつあることに、重大な危惧を憶えざるを得ない」(声明文(案)から)

同声明では、自粛が広がることで、戦時と同じように「物言えぬ空気」がつくられることを危惧し、「表現の自由」を訴えている。

今井氏は、「テレビ番組のキャスター、コメンテーターをはじめ、作家、映画監督、俳優など、言論・表現に携わる人々すべてに、『誰が、どの党が政権を握っていようが、政権への批判や異議申し立てを自粛するようなことをしてはならない』」という考えから、今回の声明を発表するに至った。

記者会見は9日、参議院議員会館で行われる。


 その記者会見の録画をUstreamで拝聴しようと思ったら、「会員じゃない人はお引き取りください」と言わんばかりに、映像が途中で消えた。(こちらの問題かもしれないが。) 何やら、会見を開くことをマスコミに表明したところ、最初は3人くらいしか反応を示さなかったらしいが、最終的には集客が功を奏し、「こんなに沢山の人が起こしになって」と胸をなでおろす状況にはできたらしい。

 さて、岩上安身、坂本龍一、香山リカなど、いかにも香ばしい連中が賛同する「翼賛体制構築に抗する」声明は、執筆者のひとりを古賀茂明が務めているとのことだ。「I am Not Abe」で一世を風靡したこの脱藩官僚は、周囲が驚くようなスピードで左傾斜しているようだが、もともとそういう思想の持ち主でもあるのだろう。声明の賛同者はここにリスト化されているが、岩上、坂本、香山などの名前を聞くだけでも香ばしいのに、国籍もバラエティに富んだ、なかなか貴重なリストを提供してくれるものだ。ほとんどの人物を知らないが、このリストに名を連ねる人たち全てが、様々な言論機関における「物言えぬ社会」を、身を以って体験しているとは到底思われない。従って、これもひとつの「市民運動」だろうと思われる。

古賀茂明

 「2人の人質の首を切らないように、安倍の首を差し出せ」と言い放ち、一躍名を挙げた(笑)岩上安身は、ツイッターで、メディアに対して当局から過大な圧力がかかっていると、自分の情報を披歴している。彼の話によれば、政権批判をしただけで官邸からメールで抗議が入り、番組の担当者は更迭され、「恐怖政治に支配されるマスメディア」という構図で情報を散布している。

 そもそも、メディアというのはそんなに弱いのか。政府当局からクレームが入ったくらいで、番組の方向性を変えてしまうような軟な業界なのか。そんなはずはないだろう。それ以前に、政権批判なんて、いくらでもしているではないか。サンデーモーニング然り、報道ステーション然り。朝日新聞と同様に、まず「安倍政権は悪い」という結論を定め、それに沿って報道内容を決め、コメンテーターが発言するという構図は、昔も今も変わっていないではないか。報ステなど、BPOに倫理違反を指摘されるほど偏向している。古館がBPOの指摘に対し、「一にも二にも再発防止」という気持ちのこもらぬコメントをを発していたが、報ステが偏向を止めれば報ステでなくなる。総じて、マスメディアが委縮しているなどというのは、視聴者のひとりとして、私には全く実感がない。

 彼らは声明の中で、「事件発生以来、現政権の施策・行動を批判することを自粛する空気が日本社会やマスメディア、国会議員までをも支配しつつあることに、重大な危惧を憶えざるを得ない」と言っている。であれば、こう反論しよう。政権に対する批判が大衆から賛同を得られないのは、批判すべき瑕疵や過失など、現政権に対して感じていないからではないのか。

 彼等は、自分たちがマイノリティであることを認めているようなものだ。安倍政権を倒すという、彼等にとっての究極の目的に近づくために、政権批判をしなければならないと主張する。そのプロパガンダが、民主党政権を誕生させたような時のようなうねりを見せないため、必死に世論を煽ろうとしているにすぎないのではないか。彼等がマイノリティであるが故に、踊らない世論を憂い、攻め手を欠くメディアが翼賛体制の一翼を担うかのように批判し、「もっと批判しろ」と煽っているだけだろう。

 メディアは委縮もしていなければ、自粛しているなどとも思えない。翼賛体制とは、彼ら少数派から見える多数派の姿に過ぎない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/02/10 07:19 ] メディア | TB(0) | CM(13)
No title
更新ありがとうございます。
全く持ってその通りですね。左の人達ってどうしてこうも自己中心的で勝手なんでしょう。
坂本龍一・・戦メリのテーマなど好きでしたのに、いつの間にやら変な人になってしまって残念です。
以前、電気自動車のCMに出ていましたが、まるで「走行時にCO2出さなければ発電所でのCO2は自分には関係ない」と言っているように聞こえ、凄く気分が悪かったです。
反原発で火力発電フル回転している現在、CO2排出しまくっているのはOKなんですかね?
左が言うことはだいたいどこかで矛盾が生じますね。
[ 2015/02/10 10:36 ] [ 編集 ]
震災復興も翼賛体制
このクズ連中の言いがかりが通用するなら
震災復興も翼賛体制ということになるね。

こいつら基本的に自分らの都合が悪いことで
日本人が一致結束するのが嫌なんだろうな。

反日変態サヨクは矛盾や自家撞着なんか気にしない。
日本つぶしが使命だからね。
日本つぶしのためなら手段を選ばない。
ほらね、テロリストとおんなじ。
[ 2015/02/10 11:05 ] [ 編集 ]
No title
私は政府支持者ですが、自衛隊派兵に関しては政府内での対立があると確信しています。

政府内が一致していれば沖縄基地や原発のように自衛隊派兵も粛々と進むはずです。

今回の事件に関して政府が秘密指定云々っていう話は自衛隊派兵が不可能ならみんかjfんcでふぉいんふぃおqmr@くぃm@

↑いや秘密法に抵触したらまずいかなーと思ったから。

政府支持者としては政府が一枚岩でない場合、誰を、どこを支持していいのかわからなくなるのが困ってしまう。
[ 2015/02/10 11:57 ] [ 編集 ]
No title
一般大衆を莫迦だと思っているのだろう。確かに賢くない。だから山本太郎のような出来損ないを当選させてしまったりする。

日本のサヨクが支持を失ったのは、嘘を吐き続けたためだという分析があった。嘘を吐き、それが嘘だとばれても謝罪もせず、剰え開き直って屁理屈をこね続けてきたからだと。

呉善花氏によれば、日本人は物事の価値を善悪ではなく美醜で判断するというが、当たっていると思う。右寄りや自称保守でも勝手な理屈をこねる醜い人たちはいるが、サヨクはその何百倍も醜悪だ。
[ 2015/02/10 12:33 ] [ 編集 ]
朝日イズム - BPO
昨日のテレビ朝日「報道ステーション」、いつもはネトっと安倍内閣批判をする反日さよくコンビ、古舘伊知郎と恵村順一郎も控え目でありました。

なぜなら、BPO(放送倫理・番組向上機構の委員会)により「放送倫理に違反している」という意見集約の公表に対して謝罪があったからです。
このBPO発表もテレビ朝日に配慮しているような面があるのはこそばゆいのですが、それでも「違反」と明言しました。
しかし「朝日問題」の根本病根はあの「朝日新聞虚報報道」が持つ朝日の本質、「事実より朝日イズム」を優先させるというメディアとしての欠格を抱えていることです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150209/k10015331251000.html

あの「朝日新聞虚報報道木村社長謝罪会見」以後、暫くテレビ朝日のこのコンビも大人しくしていましたが、根が根だけに今では毎日のように安倍首相への護憲派視点、さよく視点でチャチを入れています。
そう「ISIL関連」もこのところの扱い題材でした。
それだけに今は大人しそうなコンビのコメント、また暫くしたら朝日らしさ、本心が顔を出して来るのでしょう。

そんな朝日でも少しまともな公表をしたのが直近の意識調査ですが、今回かなりまともに調査をしたように見えます。
ここでの項目「憲法改正」の「憲法第9条を改正することの賛否」についてはここまで反対が多く、賛成が少なく、またわからない・答えないが少ないとも思えませんが、大枠現状を表しているようにも思えます。

而して、結論として多数の日本国民が「憲法九条」を肯定的にとらえているようだという現状認識は必要なのではないでしょうか。
そもそも反日メディアなどが長い年月をかけて日本国民を洗脳してきた中心的事柄だけに、その効果を今又反日メディアから「さあ、どうだ」と言われても返答に困ります。

また、この世論調査にどういうわけか含めておらず、テレビでは放送していた「最も重視する政策は?」で「外交・防衛」が「財政再建」の上に来ているグラフを提示されていたのが印象的でした。
「イスラム国」効果なのでしょうか。

最後に「世論調査」は主体によりバラつきが当然でます。
ですが、今回TBS(毎日)の調査結果はなにか異様です。
NHKをはじめ他メディアと比べても胡散臭い世論調査のように見えてしまいますが、是非比べて見られるとよいと思います。

http://www.tv-asahi.co.jp/hst/poll/201502/index.html

http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/yoron/backnumber/20150207/q1-1.html



[ 2015/02/10 12:41 ] [ 編集 ]
No title
サヨマスコミは尋常じゃない量の安倍バッシングで
世論誘導図った結果、支持率アップという結果が出ても
まだ諦めませんか
[ 2015/02/10 14:45 ] [ 編集 ]
イスラム国と呼ぶマスコミ
テロ朝だけでなく、基本、ISILを未だ「イスラム国」と呼び、一般のイスラム教信者への中傷があることを無視するマスコミは信じてませんけどね。
彼らは、安倍批判をしたいために、どうしてもISILを「イスラム国」と呼び、あたかもイスラム圏の国が日本を敵対視している=安倍の中東訪問が失敗、という構図を作りたいんでしょうね。そんなのに騙されるのは反日のみなさんだけですけどね。
[ 2015/02/10 16:04 ] [ 編集 ]
No title
安倍政権の支持率が上がる度に左巻が必至ですね。まるで火病を起こしたかのような状況になってきました。まさしく半島人の醜い姿を露呈したかの有様です。賛同者には何人の背乗日本人が居る事やら?こいつ等もかの有名な「何でも官邸団」でしょうか?
[ 2015/02/10 17:40 ] [ 編集 ]
09年
あの魔の政権交代成った09年夏の選挙前、麻生政権全体の月日の世上を思い出すだけでも、今の日本の如何に健全な事か、と私などはかなり安心して居るのですけれど、日本に敵対する彼等の顔ぶれを浮き彫りにする作用のためにはイイかも知れません(前向きに考えないと情けないばかりで)。

安身、というお名前の通り「我が身が大事」なのか、ヤケに大物勘違い甚だしい人なのですね。妄想が逞しい人なのでしょう。

古賀氏を管理人様は「脱藩」と優しく表現されますが、かの御仁、「○○の遠吠え」という省内の評判も当時あって、ご本人が必死に宣伝するようにマトモな「戦う官僚」とは違う面も囁かれていたように聞きます。大声で言った者勝ちでしょうか(確かに腐敗官僚に因る腐敗政治は未だにあるとしても)。
彼はいよいよ本性を顕わしているだけだと思います。
[ 2015/02/10 19:29 ] [ 編集 ]
追加
今井一氏(誰?)の「誰が、どの党が政権を握っていようが~」ですって?
政策と言えない事ばかりの魔の三年半にはメディアの批判は随分静かなモノでしたけどね。
まあしばらくは無策無能な国賊党には政権が渡りませんでしょう今なら、こんなマジメな論法も使えるのですね。モノは言いよう、ですね。
[ 2015/02/10 19:39 ] [ 編集 ]
国家緊急権
なになに「翼賛体制」?
そうなんだよ、日本の憲法は国家の緊急事態に対する規定をまったく欠いておるのじゃ。

それを真剣に議論すべき時が来ているね。ヒントをありがとう。
[ 2015/02/10 21:05 ] [ 編集 ]
No title
この人達のメンタリティ。
日本人には見えませんよね。日本人はしつこくされればされるほど安倍総理を支持するんじゃないんですか。
それがわからない左巻き。
まるで韓国人みたいです。
[ 2015/02/10 22:09 ] [ 編集 ]
無責任がサヨクの本質
無責任はサヨクの本質なので、自分たちの思い通りにならないことを他人の所為にする。(ここではメディアの所為にしている)政権攻撃が自己のアイデンティティーなのだから仕方が無いといえば仕方が無いのだが。

そもそも朝日等を初めとして政権に迎合しているメディアなど全く無いのにどこを見ているのか。目が節穴としか形容するしかない。

赤ちゃんプレイを許せば社会が成り立たないのは誰でも分かることで、そんなに日本国家が嫌いで自分勝手に行動したければ日本国籍を捨てて、シリアでも支那でも南鮮でも北朝鮮でもどこでも日本国外の好きな所へ行けば良いのだが。(在日の方々も然り)

しかし、我々もサヨクの駄々捏ねを批判する前に、憲法改正議論があまり湧かないことを懸念はすべきだとは思う。国民が無頓着だから仕方が無いが、いつまでも周りの国が改正を待ってくれるわけではない。

早急に改正しなければ支那が日本の領土(特に尖閣と沖縄)を侵略する日が刻々と近づいていることを国民も自覚すべきだろう。

サヨクの駄々捏ねなど気にせず、我々はこの憲法改正議論を湧き立たせるにはどうすれば良いか考えるべきだと思う。
[ 2015/02/10 23:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: