私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  上昇する安倍政権支持率と、民主党という税金泥棒

上昇する安倍政権支持率と、民主党という税金泥棒

← 応援クリック、ありがとうございます。

 メディアや一部の知識人と比較すると、一般の国民は世の中を冷静に見ているようだ。以下は読売新聞の世論調査の結果を伝える記事である。

内閣支持上昇58%、人質対応を評価…読売調査 (読売新聞)

 読売新聞社は6~7日、全国世論調査を実施した。

 安倍内閣の支持率は58%で、前回調査(1月9~11日)の53%から5ポイント上昇した。不支持率は34%(前回38%)だった。

 イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件を巡る政府の対応が「適切だった」と思う人は55%で、「そうは思わない」の32%を上回った。イスラム国対策として中東諸国への人道支援をさらに拡充するという安倍首相の方針についても「賛成」が63%で、「反対」は26%にとどまった。人質事件への対応が評価されたことが、内閣支持率を押し上げたとみられる。

 安倍首相が今夏に発表する予定の戦後70年の首相談話で、これまでの首相談話にあった、過去の植民地支配や侵略に対する反省やおわびについての表現を「使うべきだ」と答えた人は44%で、「そうは思わない」の34%を上回った。


 最後の一節は余計だとしても、この数値は国民が湯川氏、後藤氏の誘拐、身代金要求、殺害の顛末を極めて冷静に見ているという一つの証左であろうと思う。同じタイミングの読売調査で、政府が渡航しないように注意を呼びかけている海外の危険な地域に行って、テロや事件に巻き込まれた場合、「最終的な責任は本人にある」と答えた人は8割以上に上る。世論は概ね、メディアが煽る安倍総理責任論に踊らされているわけではないのだ。

 2004年の4月にイラク人質事案が連続した。興味があって、その時期のNHKによる世論調査を確認してみた(読売の過去の調査資料は見つからない)。結果はこうだ。

2004年4月 支持53% 不支持34%
2004年5月 支持53% 不支持37%
2004年6月 支持54% 不支持37%

 支持率は上昇も下降もしていない。かえって、不支持率が上昇したくらいである。つまり小泉政権は、人質事案に対する対処を支持率には結び付けることができていない。今回の人質事案は、結果的には2004年のそれよりも悪い。それでも、政権支持率は5ポイントも上昇した。これを政権側の対処能力の向上と見るか、民意の成熟と見るかは、意見が分かれるだろう。それでも、世論がメディアの意図通りに操作されていないという事実は、歓迎すべきである。ちなみに、2月8日に発表された共同の調査でも、今朝の新報道2001の調査でも、内閣支持率は上昇している。

 一方で、政府の対応を批判し、人質殺害の責任を安倍総理に転嫁しようと躍起になる野党にとって、この調査結果は目をそむけたくなるものだろう。第二次安倍政権発足時からスキャンダルもなく、改造内閣で出た小渕、松島問題も第三次内閣の人事で収拾し、集団的自衛権問題等の政策論議で野党は、政権の強い意志を折るところまで追及できない。そこに降って湧いたISILの事件で総理の責任を問おうとしても、結果は逆効果であるのだ。

 民主党の代表岡田克也は、1月の代表選で、「党首討論で安倍総理と真正面から対峙できる」ことを訴えていた。その岡田は「安倍政権が続く間は憲法議論はしない」と言う。

「私が申し上げてきたことは、要するに総理の憲法観ですね。憲法そのものを、素人のGHQが8日間でつくりあげた代物だと。総理として発言されているので、そういう発言は私は総理として極めて不適切だし、それから、その後70年間の積み上げというか、国民が憲法を大事にし育んできたことをどう考えているのか、そういうことをはっきり説明されないと、今の憲法を非常に悪く、というか、低くみている。さげすんでいるというと言い過ぎかもしれないが、そういう総理大臣の下での憲法論議は、私は非常に危ないと思います」(阿比留瑠比氏のFacebookより)


「首相は今の憲法を非常に低く見ているから、そういう首相の下での憲法論議は危ない」というのが岡田の見識である。幹事長の枝野は、自民党が検討している緊急事態条項を取り上げ、「戒厳令のように政府が何でも勝手にできるイメージがあるが、そんなことは駄目だ」と言う。

 立法府に籍を置く者が憲法について「議論もしない」というなら、税金泥棒のそしりは免れない。岡田の憲法に対する姿勢は、一般社会で言えば「不戦敗」である。勝負の意思もない者に相手を批判する資格もなければ、憲法議論もできない政党は、政党の看板を掲げるに値しない。民主党ひとりひとりの議員や党員、サポーターは、この岡田の姿勢を恥じるべきである。

 民主党のやり方というのは、自称を捉えて批判的意見を述べる、ワイドショーのコメンテーターのそれに等しい。政治家は批評家ではなく、実務者であるべきで、「政権交代を目指して国民の信頼を取り戻していく」と強弁した岡田代表が憲法議論におけるストライキを主張するなら、一部の護憲派を除き、国民の信頼など永遠に戻ってこない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/02/08 09:26 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
改憲賛成!
民主党の時代に原発事故起きたのは本当に不運であったと今になっても思う。
安倍晋三内閣には、何があっても信頼して任せられると考えている。
今夏発表される首相談話は未来に向けた展望のある中身にしてもらいたいし、大いに期待している。
政府はISILと云うのを何故マスコミは従わないのか、NHK含め報道機関はひねくれているとしか思えないし、敢えて安倍政権に背いているように見える。

安倍内閣を応援します。
[ 2015/02/08 09:50 ] [ 編集 ]
No title
民主党議員の発言、行動、国会質疑全てが稚拙。
いつだったか10人位の議員たちが国会内で椅子に座りながら手には反政府や反安倍のポスター。
どっかの市民運動の人達と全く同じで暗い気分になりました。
この人達は国会議員の資格なんて有りません。
ただ、ある一定数の支持者がいるから当選してるんですよね。ちぇっ!
[ 2015/02/08 11:00 ] [ 編集 ]
行くなと言われていた国へ行って捕らえられ人質事件を起こした、あのお二方によって日本は巻き込まれてしまいました。

欧米のメディアなどでは危険を冒して映像を録って来ても使わないと言っている。日本のマスゴミは後藤氏の映像を10分300万円で買っていた。危険を冒して映像を録って来ても使って貰えずカネにならなければ行かないでしょう。

[ 2015/02/08 11:08 ] [ 編集 ]
No title
 ISILに人質を取られているのだから、テロに喘ぐ人々への人道支援を控えろやテロ非難の発言を配慮しろと言っている輩は、日本国がテロに屈するヘタレになれと言っているも同然です。
 日頃、護憲を言っている連中ばかりですが、こいつらは憲法前文の「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」を何百回も読み返すべきでしょう。
[ 2015/02/08 11:29 ] [ 編集 ]
No title
日本は敗戦後の復興・・・・・事実上の日本再建国にアメリカが深く関わっており、今更それを排除するのは不可能。

それは原発事故での民主党の変貌振りでも理解できる。(原発事故後は野党すべてが大人しくなった)

今の日本を運営できるのは自民党しかない。(自民党は自己抑制機能として公明党を持っている、こんな優れた機能を保持してるのは自民党だけ)

私は日米安保と米軍基地の事実から自衛隊派兵は憲法据え置きでも可能と判断しているが安倍総理が望むなら応援したい。
[ 2015/02/08 14:49 ] [ 編集 ]
つまりは 安倍批判だけ
ISILがどうであれ日本人の殺害がどうであれ憲法がどうであれ、結局は安倍総理批判であわよくば引きずり降ろしたい。彼等が何故か日本より愛情を注ぎたがる中鮮サマのお気に召す様に働いているだけなのではないか?と思う面もあります。

岡田氏はそうですか、そう発言するとは結構ですねえ。ここは何としても安倍総理の長期政権で行って戴きましょう。
その間論じないと言うことは論戦放棄ですから、謂わば戦線離脱か敵前逃亡に等しい行為です。
ならば国民が声を挙げて、例えば79年成立の元号法、99年の国旗国歌法の様に国民の意思を国会に届けるしかありません。

国家の大事を放棄する党首は党首以前に議員の資格さえ疑います。
こと憲法に関する知識錬成は安倍総理の足許にも及ばない事の露見を、岡田氏は内心怖れて居るようにも見受けますが。
[ 2015/02/08 15:23 ] [ 編集 ]
No title
野党やマスコミによる安倍叩きには
テロへの怒りというまっとうな感覚が欠落してるから
国民の共感を得ない。

単に安倍降ろしに利用したいだけで
後藤さんの命なんかどうでも良かったのが
見透かされてるんだよね。
[ 2015/02/08 16:47 ] [ 編集 ]
No title
友達と政治・宗教については、当たり障りの無い事以外なるべく話さないようにしているので、友人達の朝日新聞購読者率が高いのに知らぬふりしている私はヘタレです。
反日左翼的思想など持ってはいない昔から読んでいただけのなんとなく読者なんだろうけれど、選挙の時にはどこに投票するのかな?と想像してみました。
学会員ではないし共産党ってこともないだろうし、維新か?・・・そう、そこで気がつきました。民主党の存在が頭からすこーんと抜けていました。
岡田代表、逃げてばかりいると、ただでさえ低い存在価値がゼロになってしまうだろうに。まぁそれでいいのですがね。
[ 2015/02/08 17:30 ] [ 編集 ]
最後の抵抗線
テレビ・新聞が「世論」を創出することはもはや不可能になりました。

朝毎系がどれほど安倍政権を叩き、天敵扱いしたところで、受け皿があれ(民主党)では…。(笑)いかんともし難い現実があります。

今では最後の「抵抗勢力」として、国会の三分の一、国民投票の半数を何とかクリヤーして、憲法改正の発議を妨害するのが精一杯でしょう。

ただし、この最後の防衛ラインを突破するのは結構やっかいであります。なにしろ、公明党が頼りになりませんからね。

民主党からの保守系議員の切り崩し、支持母体、連合からの民間労組系の分離などが必要になるかもしれません。官邸或いは総理側近では当然に検討していることでしょうが。

ですから、人質問題などで総理以下が消耗している暇はないのです。あれはまったくの時間の無駄でありました。またシリアへの渡航希望者がいるとか。いい加減にして欲しいものです。
[ 2015/02/08 19:03 ] [ 編集 ]
オカラの空論
>素人のGHQが8日間でつくりあげた代物

完璧な真実だ。

>その後70年間の積み上げというか、国民が憲法を大事にし育んできた

事実ではない。占領憲法の多くの条文を知る国民は極めて少ない。国民は無関心なだけ。一度も見たことがない国民はかなり多いだろう。
関心すらないものを「大事にし育んできた」と言い表すのは捏造と言う。

オカラの発言はその名の通りからっぽ。
[ 2015/02/09 10:39 ] [ 編集 ]
No title
占領下に作られた「日本国憲法」が平和を守ってきた訳がないでしょう。これまで日本が他国からの侵略を心配しないですんだのは「アメリカ親分」の力による。悲しいことに「アメリカ親分に守られてきた」だけ。国際情勢は急激に変化している。条文で平和が維持できるなどとの考えは欧米など他国からは笑われている。
[ 2015/02/14 15:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: