私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  ISILによる後藤氏殺害と、空想的平和論の終焉

ISILによる後藤氏殺害と、空想的平和論の終焉

← 応援クリック、ありがとうございます。

 後藤健二さんがISILによって殺害された。安倍総理は「テロリストたちを絶対に許さない。その罪を償わせるため、国際社会と連携していく」と語り、ISを強く非難した。この言葉が「ISILを更に刺激する」と批判する莫迦も多いようだが、無実の自国民が公開処刑という手法で殺害された直後に、相手を語気強く批判しない国家のリーダーが何処にいるだろうか。米、英、仏などの首脳が一斉にテロリストを非難し、日本への連帯を表明している。そんな中で、日本のリーダーが控え目なコメントで「怯え」を見せれば、それこそテロリストの思う壺である。

 実際、日本政府はよく我慢したと、私は考える。この湯川氏、後藤氏の拉致と脅迫、惨殺という負の連鎖から、唯一の救いを見出すとすれば、日本が今回の事案を通して示した続けた態度によって、ダッカ日航機ハイジャック事件で見せた「テロに屈する国」というイメージを、国際社会から払拭したことだろう。「テロリストも輸出するのか」という国際社会からの軽蔑を、38年かかってようやく取り払った。世論の批判に晒されようと、ここは安倍総理が絶対に譲れなかった線なのだろうと思う。

shinzo-abe-goto.jpg

 国民の命が海外で危険に晒されるという事態は、ダッカも在ペルー日本大使公邸占拠事件も同じだ。1996年のペルー事件の時、時の総理は橋本龍太郎。橋本総理は、外務省に設けられたオペレーションルームを1日3回訪問することを日課とし、ある日には銀座の木村屋に行ってアンパンなど130個を買い、段ボール2箱に詰めさせ、外務省に戻ってオペレーションルームで配り、世間の笑いものになった。ペルーは長期戦で、湯川氏、後藤氏の場合は短期戦という差異を考慮したとしても、対処の質は歴然としている。そもそも、対応に瑕疵があったかなかったかなど、いち国民に解る筈がない。「安倍総理が後藤氏を殺した」と、ISILのプロパガンダの伝言係になっている輩も多数いるようだが、噴飯ものである。

 日本が取るべき方向性ははっきりしている。自国民の生命と財産を守る義務を負う国家は、こういった事案が発生した場合は国内外に関わらず、自国民の生命を守るために行動しなければならないこと、そして、その行動を法的に担保する環境を整えることである。その傍証となるのが、支那の新華社の論説である。

「自国の公民が海外で危機に遭遇しているのに、自衛隊は能力を十分に発揮する方法がないという安倍首相の理論は、まさに安保法制改革が切実で必要と訴えているのだ」
「今回の人質危機は明らかに、安倍首相が求めている自衛隊の海外派遣問題の突破口を得る口実になった」


 事件を安倍政権批判に利用した新華社が、いみじくも日本が取るべき態度を明示しているのである。護憲派が、後生大事にしてきた憲法を、そのままの形で残したいという気持ちを通すには、現実から目を背けなければならない。中にはこういう莫迦もいるが、今回の事案で、憲法な何の役にも立たなかったのは事実なのだ。「平和を愛する諸国民の公正と信義」がISILにも当てはまるのか。護憲派は胸に手を当ててよく考えるべきだ。

 空想的平和論の終焉。それを証明しているのが、ISILなのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/02/02 07:31 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
甘いもの
今回の安倍総理はじめ政府幾人かの疲労困憊度は、これで国政に本腰で臨めるのか?と心配になるほどでした。
昨日知った事ですが、動画で赤い囚人服を着せられた人は殺害決定者だとか?だとすると最初から奪還出来る隙は無かったのではないでしょうか。
橋本首相はあの時世間に笑われましたけれど、疲労には絶対甘いものが必要です。対策室の各員には感謝されたのではないでしょうか。

新華社の言をそのままそっくり日本国内で安倍政権に向けている連中が居ますね。そして、彼等はこれまでも殆ど「バカ」と表される結果を招いております。
更に社民党幹部は、”現地警察に任せるべき事で自衛隊などと言い出す安倍総理はおかしい”だそうで。
現地がどんな場所か、シリアの警察がISILに入ったらどうなるか、テレビもロクに見ない私でもとてもじゃないが考えられない言葉です。
流石の社民というべきか、こんなのが例え少数でも国会議員で国民の血税を啜っている、と思うだけで怒髪天です。

九条守って国家国民が亡き者になる愚かなクニにはなりたく無いものです。
[ 2015/02/02 08:01 ] [ 編集 ]
No title
「ISILを更に刺激する]
ってのは間違いです
もうすでに安倍は中東で刺激しまくってきた!のです
だからいくら援助が人道的支援だと安倍政権が言い訳しても殺害が実行されたってことです。
安倍の最初の不用意?いや確信犯的発言で日本はテロの標的になった
イスラム国のようなテロ集団は完全撲滅できないし
軍事産業で潤ってる国は完全撲滅を狙ってなんかいないだろ!
食い扶持を無くすようなもんだからね

安倍がバカなのは単なる首相の分際で
国民を守る知恵を働かさず
国民全員をテロの的にしたことだ
さすがは歴史上一番のバカ首相なだけのことはある
[ 2015/02/02 13:42 ] [ 編集 ]
通り道さん
>「ISILを更に刺激する]
ってのは間違いです
もうすでに安倍は中東で刺激しまくってきた!のです

この論法には基本的な疑義が持たれます。

これはブログ主の
「テロリストたちを絶対に許さない。その罪を償わせるため、国際社会と連携していく」と語り、ISを強く非難した。そして、「この言葉が「ISILを更に刺激する」と続くわけですが、
に対しての「通り道さん」の解釈は「すでに以前からイスラム国を刺激してきている」という理解であると共に、
>安倍がバカなのは単なる首相の分際で
国民を守る知恵を働かさず
国民全員をテロの的にしたことだ
さすがは歴史上一番のバカ首相なだけのことはある
というまとめ方で締めています。

*ここから読み取れることが視点、立ち位置が反安倍首相であり、取り方によってはこの悪辣なイスラム国肯定ではないのか?
というものです。

この「通り道さん」はイスラム国をまともな国と認識しているのでしょうか?
この組織は立派な非人道的冷酷なテロリスト集団であるということを先ずはくどく言いますが認識すべきでしょう。
文からはまるでイスラム国側に立場を置いているようにも見えます。
もしそれが分っているというのならば、テロリスト批判などより安倍首相を批判することが目的であるというさよく思考の持ち主の一員であると思われてしまうでしょう。

日本及び民主主義諸国がテロには屈せず、テロと戦うというコンセンサスのうちに安倍首相の発言はあります。
そして人道支援に資金を出す。
それになんの問題があるというのでしょうか?
相手は単なるテロリスト集団です。
それに対する非難や対処を日本国がするのは当たり前のことです。

>イスラム国のようなテロ集団は完全撲滅できないし
軍事産業で潤ってる国は完全撲滅を狙ってなんかいないだろ!

これはもうテロをなくそうという意思を最初から放棄した敗北主義者が反米主義者と同居しているようなコメントです。

本来、このような非道な事をするテロリスト集団は許せない。
駆逐すべきというものがまともな考え方ではありませんか?
それを安倍首相批判ということに帰結させる、しかもではどうすれば良かったかも記さない。

繰り返しになりますが、安倍首相批判をこの題材を利用して語っているだけで、一番の問題への日本人の一人としての怒り、イスラム国への対処を真面目に考えようとすることが欠落した、まことにくだらない書き込みとしか思えません。

[ 2015/02/02 15:08 ] [ 編集 ]
イスラム国なんて国はない!
ここ数日、テレビやコメントを見ていて気になるけれど、保守系の皆さんは、「ISIL」もしくは「いわゆるイスラム国」と呼ぶのに反日マスコミ(NHK他)、また左思想の方(>通り道さん他)は、「イスラム国」って呼ぶんですよね。
イスラム国を認めているの?わかりやすい・・・
[ 2015/02/02 16:29 ] [ 編集 ]
No title
いつも見てます。

>中にはこういう莫迦もいるが

この人の他の投稿見たけど笑えますよw

「私は通勤の電車のなかで、テープに吹き込んだ憲法9条を毎日聞いている。ひとりで聞くのはもったいないので、イヤホンを使わず大音量でスピーカーから流しているのだが、それに文句を言ってくるネトウヨ会社員が多数。日本の右傾化は深刻だ。憲法9条の流れる満員電車は人類の理想ではないか。」

「私は海外で暴漢に襲われそうになった時、憲法9条を唱えることにしている。たとえ日本語を知らない相手でも、9条の音の響きが脳に届き改心させる。憲法9条は人類の宝。後藤健二さんはなぜ憲法9条を唱えなかったのか。平和憲法を口にする人間をイスラム国は殺せない。」

さすがに釣りでしょう
[ 2015/02/02 18:59 ] [ 編集 ]
阿呆のあぶり出し
には役に立つかと思いましたけれど、今回の事件に奇妙奇天烈な反応を見せているのは、反原発とか、反機密保護法とかでいつでも騒いでいた常連さんたちばかりですね。何の新味もありません。

今回の件ではパレスチナ暫定政府でさえ日本政府の立場を支持しております。安倍首相の演説が中東を敵に回したとかいう愚か者がおりますが、日本の人道支援を非難する中東諸国は一カ国もありません。また日本からのせめてもの支援なくして、何十万という避難民はどうやってこの寒空を過ごすのでありましょうか。
まさか砂漠地帯だから夜も暖かいなどと思っているわけではないでしょうな。

日本の戦闘部隊が前面に出てISILと戦うことはなくとも、これも立派な戦いです。文明と野蛮の戦いにおいて、日本は常に文明の側にいるべきであります。
あ、日本周辺の野蛮国に対しても然りです。
[ 2015/02/02 20:12 ] [ 編集 ]
市民(サヨク)の自己満足に国家が付き合う暇は無い
どうも主語がおかしな人々がいます。


「【アベが】人質を殺した」「【アベが】2億ドル支援止めればよかった」「【アベが】イスラム国を敵に回した」「【アベが】「イスラム国と戦う」と演説しなければこんなことにならなかった」「【アベが】・・・」(以下キリが無いので略)

主語を【ISIL】ではなく、執拗に【アベ】にしたがるところがいかにもサヨクらしいですが、今回の人質殺害の一切の責任は【ISIL】にあります。

人質殺害の責任を【アベ】の所為にしたがる人々は、後藤・湯川両氏がイスラム国を甘く見て、警告を無視して渡航し、このような混乱を引き起こした【自己責任】を否定するのも然り、自らもISILの宣伝工作に加担して【テロリストのお友達】に成り下がっているいることに自覚がない。

安倍総理は総理大臣として当然のことをしたまでです。人質救出は残念ながら実りませんでしたが、対応としては及第点でしょう。

あえて異論を述べるのならば、水面下の交渉がどうなっていたのかという点でしょうが、ここの事情は一般国民にも分かるはずがありません。

しかし、このようなテロ行為に対しては人質の救出とテロには屈しないという矛盾にも思えることを同時に遂行しなければならない。政治的に極めて難しい対応を迫られていたことでしょう。

その中でよくぞ耐えたことは素直に評価したいですが、ISILは「日本はイスラム国の標的なった」等と脅迫を続けています。

もちろん、今回のように警告に従い、シリアに潜入していなければこのような事態を引き起こすことはほぼ無かったはずですので、これは虚仮脅しのように思えなくもありません。

しかし、ISILは人質交換の要求をすぐに変更し、現在もヨルダン政府によるヨルダンの空軍パイロットの安否確認にも応じない等から、端から交渉などする気はなかったのではないかと考えざるを得ません。残虐行為を非難されることも何とも思っていないようですし。

ISILはいわば日本でいえば全共闘のような【革命ごっこ】と似ている部分が多くあります。

内ゲバ、同じイスラム教徒と国内(自称)の無実(独自法規の為この表現)の一般市民すら虐殺するという恐怖支配と全体主義、欧米を中心とした全世界に対しての宣戦布告等、イスラム国家の樹立としてはおかしな方向に向かっている感じもします。

唯一近代的なのは宣伝戦略で、ネットを駆使して全世界にISILを宣伝し、各国の社会に不満を持つ若者を中心とした人材獲得と各国分断作戦が卓越しています。

彼らは乱世を望んでいるのかもしれません。既存社会が破壊されることを楽しんでいるようにも思える。望むのは無政府いわば野獣の王国、極左中の極左です。

ネットの害悪かもしれません。社会に不満を持つ人々はどの国にも居り、それは政治の責任もありますが、そこに付け入った過激派の宣伝工作に使われてしまうのはネットの負の側面と言えます。

今後こうした情報が「有害情報」に指定される可能性は高いでしょう。知る権利や言論・表現の自由が萎縮するのは最大限避けるべきですが、残虐な行為をも是とするテロリズムの場合はどうするべきかは議論の余地があるでしょう。

しかしながら、今回の事件を受けて早急に憲法、自衛隊法を含む安全保障の法整備の必要性を感じましたね。いつまでも現実を見ようとしない、所謂護憲派、お花畑、空想的平和論者の自己満足に国家が付き合っている暇はありません。

今後も「日本を標的とするテロ」は起こり得りますが、今の法体制では海外でテロリストに人質を拘束されれば、テロリストと交渉はできませんから、救出する術がありません。これは国家としては致命的です。

北朝鮮拉致に対しても有効な手立てですので、検討すべきでしょう。

余談ですが、【ISIL】は【国】と認められていないのにも拘らず、サヨク側は【ISIL】ではなく、未だに【イスラム国】という呼称に拘っているのが不思議でなりません。サヨク以外もまだ使用することはありますが、何だか不気味さを感じます。
[ 2015/02/02 23:50 ] [ 編集 ]
ヨルダン人パイロットとの扱いの差の理由
ISILは、パイロットの期限は後藤さんよりさらに短いと、後藤さんに言わせた。
そのパイロットをどう扱ったのだろう?
予告通り、後藤さんよりも先に殺したのだろうか?
あるいは、後藤さんと順序を入れ替えてパイロットの期限を延長し、拘留を続けているだろうか?

もしも、順序を入れ替えていたとしたら、何故なのか。
ISILは、日本政府の対応よりもヨルダン政府の対応にいらだち、パイロットよりも先に後藤さんを殺害したのだろうか?
交渉条件を出したヨルダン政府よりも、日本政府の方がISILに対してアグレッシブだったということは、全くない。

あるいは、あくまで仮にの話だが、パイロットが既にISILの凶行に倒れていたとしても、それなら、なぜISILは彼の亡骸を湯川さん、後藤さんのように晒さないのか。

いずれにせよ、ヨルダン人パイロットとの扱いの差が出ているのは事実。

この扱いの差が示すのは、ISILがヨルダンに対しては、より慎重になっているということ。
逆に言えば、日本はなめられているということ。

ISILの日本人に対する凶行・脅迫は、全くためらいがなく、虫けらのように殺し、さらした。

ヨルダン国は、ISILゆかりの死刑囚を捉え、ISILを空爆もしている。ISILに対して、交渉カードを持っている。
だからヨルダン人パイロットの無事を確認させろ、解放するなら交渉のテーブルにつくこともやぶさかではないとやり返した。

ISILはこれには沈黙し、日本人を殺した。交渉材料にならないと見るや、見せしめにして日本を脅迫した。


自国民の命を守る最大の牽制力は、交渉カードを持っていること。

9条で不戦国家を標榜し命乞いをするのは、交渉カードにならないことが示された。
それどころか、その命を軽視させ、さらには、他者の命までまきこみ危険にさらすことを今回の件は示した。

湯川さん、後藤さんの命を軽視させ、殺害の憂き目に遭わせ、遺体をさらされ日本人を脅す材料に使わせたのは、厭戦・反戦という良識の範囲をはるかに逸脱した、「不戦」の憲法を吹聴して回る護憲連中だったとすら言える。

この期に及んでも、9条はじめ憲法に指一本触れさせず、憲法論議の開始を妨害する者は、ISILはじめとするテロリストと同類であると自覚せねばならない。
[ 2015/02/03 00:26 ] [ 編集 ]
空間を作り出す人の空気
この前、NHKにて戦後史証言プロジェクト日本人は何をめざしてきたのか第7回三島由紀夫を観ていたが注目する点があった。東大全共闘との対話を経てその感想を三島由紀夫は「彼らは空間主義をとっている。歴史文化は空虚である。時間というものを考えないで彼らは行動したいらしい」と語っていた。
今回のISILが起こしたテロを背景に戦争反対だの国会前でのデモを思えば 彼らの行為はテロの前後における緊張感を離れ、 その意義はジャーナリストの死を建前にした異質な平和活動と解放区を探してさまよう共同体としての拠り所でしかないのではないか。民主主義におけるマイノリティを否定する訳ではない、包括的な平和を叫ぶ概念が人を動かすのなら何故日本にこだわる必要性あるのか。日本が平和である前提より世界の紛争を話し合いで解決する為に奔走する姿そのものを体現する方が感動や共感を与えるのではないか。日本に憲法9条で檻に入れる補完的な思想は他者からそれこそ檻に入れられ喚く従属者として連なっていく。
時間軸と空間軸に点在する人達が作り出した世界に痛みのない世界を作り出そうとしても、それは何ら感動や共感を得ない。
[ 2015/02/03 09:29 ] [ 編集 ]
教えてくれよ、その「知恵」ってヤツを
>国民を守る知恵を働かさず

教えてよ、その「国民を守る知恵」とやらを…。
まさか「9条を唱えること」じゃないよね。
だとしたら、「馬の耳に念仏」ならぬ
「テロリストに9条の教え」か?
嗤わせてくれるね~~、ヨシモト行けば? 
[ 2015/02/03 10:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: