私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  李明博回顧録と、迷惑なレガシーづくり

李明博回顧録と、迷惑なレガシーづくり

← 応援クリック、ありがとうございます。

 産経新聞が「河野談話 日韓で「合作」 要求受け入れ修正、関係者が証言」という大スクープを掲載したのが、2014年の元旦である。産経はその前年の2013年秋あたりから、慰安婦問題の虚構を暴くスクープを掲載していたが、河野談話が事実上、南鮮との談合であったことが明かされたことで、政府による河野談話作成過程に関する検証作業が行われ、雪崩を打つように事が動いた。その帰結が、昨年8月の朝日訂正記事、年末の社長謝罪に繋がったのは周知の事実である。

 野田佳彦の首相在任期間は、2011年9月2日から2012年12月26日までだった。野田政権が2012年の年末に官邸を去ったことは、当時も今も、考えると必然と思えるが、当時野田のカウンターパートであった李明博が発表する回顧録の内容を知り、野田退陣は必然であっても、確実に現実となって良かったと感ずる。あくまで李の一方的な回顧によれば、野田と李は、自称慰安婦らに対する公式な謝罪と、日本政府の予算で彼女らに補償することで最終合意する予定だったという。

TKY201110190240.jpg


<韓国>李前大統領回顧録「慰安婦問題解決は9合目越え…」 (毎日新聞)

◇「最終的解決前に野田首相が衆院解散で合意できず」記述

 【ソウル大貫智子】韓国の李明博(イ・ミョンバク)前大統領が2月に出版する予定の回顧録で、従軍慰安婦問題について、2012年11月の日韓首脳会談で最終的に解決することで合意していたが、会談数日前に野田佳彦首相(当時)が衆院を解散したため合意できなかったと明らかにしていることが分かった。水面下の協議は李前大統領の側近と、斎藤勁官房副長官(同)が行い、「慰安婦問題の解決は9合目を越えていた」という。合意事項は、(1)野田首相が元慰安婦に謝罪の手紙を送る(2)日本政府の予算で元慰安婦に補償をする--との内容だったとしている。(以上、抜粋)


 中華圏の場合、歴史は王朝の都合のいいように歪曲されることが多いので、この李明博のことば100%鵜呑みにするのは危険である。ただ、野田がレガシーづくりとして慰安婦問題の軟着陸を画策していたのはよくしばしば聴く話で、一時、北と拉致被害者の帰国を交渉して頓挫した野田にとって、南鮮との関係修復を最後の材料だったのかもしれない。李の話は、信憑性に疑問符はつくものの、もし野田・李間で実際に、前述のような安直な解決を図っていたとすると、日本国民にとっては屈辱である。

 李明博は、政権末期、レガシーづくりと退任後の身の安全をはかるため、竹島に不法上陸し、天皇陛下に対する侮辱発言を行った。李は、陛下侮辱発言は日韓のメディアが李の意図を曲解して報道したと批判している。そして、天皇陛下が2012年12月、別所駐韓大使を通じ、「日韓相互の友好関係が深まることを望む」との立場を李に伝達してきており、天皇陛下との間では誤解はない、と受け止めたと主張している。

 「日本と南鮮の関係を壊したのは、自分ではない」とでも言いたげだ。天皇陛下に政治的な発言はないという大前提を、一国の元首なら理解していなければならない。元日本人、月山明博は、当然そのことは知っているはずだ。知っていて、陛下のお言葉を政治利用し、「誤解がない」と言っている。

 李明博も野田佳彦も、個人的なレガシーづくりのために、一国の政治リーダーという立場を利用しようとしただけなのだ。南鮮族の李に対する評価などどうでもよいが、野田に関しては日本人として「迷惑きわまりない」と言っておきたい。

 そういえば、支持率が30%台に落ちたことがニュースになった朴槿恵だが、ある調査では29.7%という数字まで記録したという。任期があと3年もあるというのに、早くもレームダック化する朴。一層反日色を濃くしてくるのは必然だが、日本を材料としたレガシーづくりだけは止めてもらいたい。せいぜい、「首脳会談には日本側の変化が必要」と、オウム返しのように言い続けてもらいたい。そう言っている限り、お近づきになることもないのだから。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/01/30 07:26 ] 外交 | TB(0) | CM(2)
真相は?
李明博の一方的な言い分か否か?野田佳彦元首相からも事の真相を聞きたい。
竹島上陸も、陛下侮辱発言にも李明博は謝罪を一切行わず居直っている。
日本側の立場をはっきりさせて、韓国側の罠に嵌まらない様、早急に対処しなければならない。

それにしても、次世代の党の勢いが削がれてしまったのが残念だが、再起を信じて応援します。
[ 2015/01/30 08:33 ] [ 編集 ]
いあんふ れきし 堅持を
この回顧録の日本に触れた記述が100%真実でも100%虚偽でも、実に気分の悪いモノに感じます。
個人の回顧録というもの、大抵が己褒めと言い訳箇所の多い物のようですが、特に南鮮大統領は引退した後の身の「安全」保険の為にもいろいろ書いておく必要性があるのでしょう。
過去の大統領の皆が本人或いは身内の投獄、蟄居、はたまた自殺?ですもの、風の音にゾ~驚かれぬる神経でありましょ。が、傍迷惑な事。

南鮮は南鮮としても、是非我が日本国首相だった野田佳彦民主党議員には「真実」を、国会の場で証言して戴きたいモノです。李明博は己の保険のために天皇陛下まで出して居るのですから。

ほんとうに、あと3年の任期全うの為にも、クネさんには「いあんふいあんふ レキシレキシ」とエンドレス鸚鵡でいらして戴きたいものです。平昌五輪があろうと経済破綻があろうと、決してその御姿勢を変えることの無い様、ご健勝を祈る。
[ 2015/01/30 21:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: