私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  桑田氏の謝罪と「表現の自由」

桑田氏の謝罪と「表現の自由」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 桑田佳祐が、年末のライブや紅白の中継で見せたパフォーマンスについて、公式に謝罪した。謝罪文を読んだが、内容は、「感謝の表現方法に充分な配慮が足りず、ジョークを織り込み、紫綬褒章の取り扱いにも不備があった」とし、また、ちょび髭については「お客様に楽しんで頂ければという意図であり、他意は全くない」と言い切っている。総じて平謝りの文章だ。

 なんだか白々しいなぁと思うのである。桑田はラジオ番組で一連の騒動について改めて謝罪し、「ちょびひげというとコントの定番なんですが、そこをヒトラーと結びつける人がいるということに驚いている」と語っている。だけど、氏の思想は「ピースとハイライト」や、3月に発売される「平和の鐘が鳴る」の歌詞で解ってしまったので、これらのお詫びにおける一連の釈明は全て「後付け」なのだろうと想像している。今以て桑田の政治思想が解らないという人は、アベーロードを観てみることをお勧めする。

桑田佳祐

 私は桑田氏の言動を批判はするが、表現者に対する批判であって、威圧すべきとは思っていない。テロに及んだフランスの風刺画は非常に下品なものだと思うのと同じに、桑田氏の「ポケットから勲章を出してオークション」という行為そのものが下品であり、天皇から授与される勲章をその程度にしか捉えていないのであれば、それを返上すべきであると考える。これがデモにまで及ぶということについては、100%の賛同は難しい。

 ネットで盛り上がる桑田批判に対し、桑田擁護論もまた盛り上がっているようである。擁護派の主張の主な部分は、「表現の自由は担保されるべき」というもので、「自由な表現が抑制される」というものだ。アントニオ猪木を担いで残念な政党をつくった元みんなの党の松田公太も、「アーティストの表現の自由にプレッシャーが掛かるような国にしてはならない」とツイッターで語っている。彼等が一様に呈する懸念は、表現の自粛ということなのだろう。

 しかし、こういう論を聞くにつけ、問い質したくなるのは、この「表現の自粛」は今まで全面的に認められてきたものなのかということだ。今までアーティストなり表現者なりが、自分の思想、信条を100%露わにし、直接的なメッセージを伝えることが、こと放送の世界で可能だったのかという、反対の疑問なのだ。

 表現者の意図に関係なく、表現の自由と言うのはある種の制約の上に成り立っている。放送禁止用語がその最も顕著な例だが、私たちが普段目にし、耳にするものは、全て新聞界、放送界の検閲者のフィルターを通したものでしかない。一体いつ、新聞および放送界の検閲者に権威と権限が与えられたのかは時代をずっと遡る必要があるのだが、このフィルターは昔も今も、現実に存在しているのである。そこに、表現の全面的自由があるとは言い難い。

 桑田擁護派の「表現の自由は認められるべき」という反論は、一般世論に向けられたものだろうがし、彼等は放送や新聞界の検閲と、それによって強いられる自粛に対して、いっぺんでも声を発したことがあるのだろうか。また、自由を声高に主張する戦後民主主義信望者やリベラル派が、「差別はよくない」という理由で今まで行ってきた数々の言葉狩りの結果によって表現の自由が抑制されたきた事実を、彼ら自身はどう受け止めるのだろう。

 「与えられた自由」という土俵の上だけで「自由」を語るのは、ときに滑稽ですらある。特に、言葉狩りを重ねてきた左翼・リベラル派が「表現の自由」を主張する滑稽さを、私なんぞはシニカルに見てしまうのである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/01/18 10:05 ] 社会問題 | TB(0) | CM(4)
桑田を作った社会
「表現の自由」とは何処まで自由を許容するのか?
「表現の制約」とは何処まで制約をするのか?

これは何処までも「表現は自由」であるべきでもなければ、何処までも「表現を制約」するものでもないとすればそれはバランスの問題であるだろうし、「私」と「公」のバランスと似た面があるように思います。

それはそれで難しいのですが、このたび問題になっているサザンオールスターズの桑田佳祐という五十も上の年齢に成ったものが行った行為が思慮不足とかと言う年齢ではなく、基本的に本人の思想信条から出ているものとされて当然でしょう。

それこそがシンガーのメッセージというものの筈であり、そうでなければメッセージは歌に込めなければよいということになります。

つまり確信犯なわけですが、この個人をどうこうというよりもこの桑田佳祐という人物を作り上げた社会、環境が問題なわけです。

その社会、環境とはざっくりと言えば反日教育、反日メディアが蔓延した環境ということです。
[ 2015/01/18 16:06 ] [ 編集 ]
No title
表現の自由よりもゴミを死なせる自由が欲しいですね。あるいはゴミはまっとうな愛国者に駆除される自由を。
[ 2015/01/18 21:16 ] [ 編集 ]
No title
サザン・桑田はNP様の仰る様にその年齢とシンガーと、築き上げた立場も鑑みてしたい事をしたのだと思います。
けれど彼等が今までに経験しなかった批判の声の大きさに、興行的考慮が必要と「謝罪」に及んだものに見えます。
しかし、如何に「謝罪」しても、授与された紫綬褒章と、それを弄ぶ己の姿を披露した事は、人の記憶から消せないのです(忘れる事はあっても、きっかけがあれば思い出す事として)。

昔、「イムジン河」が歌われたとき(クルセダーズだった?)、少しして「放送禁止」になりました。確かな理由は分からなかったのですが、長い間聴く事はありませんでした。歌ったグループも解散し更に時間が経ってようやく、その「禁止」はレコード界(芸能界?或いは報道界)の自主規制であったことが調べた人の記事で解りました。芸能・報道界が考える政治的北への配慮、と言う事の様です。
メディアが未だによく使う「アチラ様が問題にするのではないか」という類いです。

彼等は「自由が禁則を掛けられる(であろう)亡霊」に心から自縄自縛に陥って居るのだと思います。そして”圧政体制に抵抗する正義の味方”と興行的損得勘定のせめぎ合い、でしょうかね。

フランス・週刊紙風刺画の欧米反応を、ロシアのコムソモリスカヤ・プラウダに、「本当の問題は、言論の自由が人を侮辱する自由になったことだ」と論じる識者の見解を紹介しているそうです。
プーチン大統領は一昨年「信仰心の侮辱」「同性愛の宣伝」を禁じる法律を発効させています。
この「同性愛の宣伝」禁止法令にオバマ大統領が「人権・自由の敵}と反撥しソチ五輪開会式欠席でした(表向理由だとしても)。
モラルという点に於いて、私はプーチン・ロシアの言に賛同致します。
[ 2015/01/19 00:24 ] [ 編集 ]
No title
反日の馬鹿や底辺のB層には言論の自由などありません。
[ 2015/01/19 19:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: