私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  史観 >  左翼メディアの「戦後70年キャンペーン」

左翼メディアの「戦後70年キャンペーン」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ロシアのナルィシキン下院議長が昨年のクリスマスの日、ロシア歴史協会評議会の幹部会合で米国の戦争犯罪について言及した。

ロシア下院議長:広島と長崎への原爆投下を人類に対する犯罪として認める必要がある (ロシアの声

ロシア下院(国家会議)のナルィシキン議長は、広島と長崎への原爆投下を、ナチスの犯罪と同じような人類に対する犯罪として認めることについて調査するべきだとの考えを表している。

ナルィシキン議長は、ロシア歴史協会評議会の幹部会合で、「来年は、ニュルンベルク裁判と、平和の都市・広島および長崎へ世界で初めて、そして唯一原爆が投下されてから70年を迎える。私がニュルンベルク裁判と日本の2都市への原爆投下を一緒に取り上げるのは偶然ではない。私たちはこのテーマを法律家や国際法に関する専門家たちと協議する必要があるのではないだろうか。なぜなら、人類に対する犯罪に時効はないからだ」と述べた。

ナルィシキン議長は、ナチス・ドイツの同盟国だった軍国主義・日本に対する勝利は基本的に、ソ連軍による関東軍壊滅によって確保されたため、軍事的視点から見て、日本の平和な都市・長崎と広島への原爆投下は一切説明のつかないものであると指摘した。


 日本に対する勝利はソ連軍による関東軍壊滅によって確保されたという歴史認識はお笑い草だが、これも彼等の歴史認識なのだろう。このコメントは、経済危機に目の前に迫るロシアが、その危機を誘発している米国に対して発したクレームでもある。

 昨日書いたように、朝日新聞は元旦の社説で、「グローバル時代にふさわしい歴史を考えようとすれば、歴史は国の数だけあっていい、という考えに同調はできない」と書いた。しかし、上の記事にもある通り、遥か70年前の戦勝国同士である米国とロシアでも、歴史認識が違うというのだ。それであれば、何故、日本の歴史認識を支那や朝鮮のそれに同化させる必要があるのか。

 朝日新聞と毎日新聞という左翼メディアの双頭は、元旦から「戦後70年キャンペーン」を開始した。ふたつの新聞の攻撃対象は「安倍総理の歴史認識」であり、それを後押しする保守派のナショナリズムに対し、声高に批判と牽制を展開する。

毎日新聞社説 戦後70年 日本とアジア 脱・序列思考のすすめ (2015年元旦)

 日本の役割は「大国残像ナショナリズム」を振りかざし、過去の栄光を取り戻すことではない。優越主義によるアジア観を排し、中国・韓国と共生できる地域の未来を考えながら、東アジアの和解と連帯に率先して取り組むことであろう。


朝日新聞社説 日本人と戦後70年―忘れてはならないこと (2015年1月3日)

 このところ政界でも社会でも、東京裁判を全否定したり、旧軍の行為をひたすら正当化したりする声が大きい。まるで、大日本帝国の名誉回復運動のように。


 朝日や毎日のような左傾斜したメディアにとってみれば、戦前・戦中の歴史を掘り起こし、真実を探求し、大東亜戦争に大義を発見することすら、復古主義になってしまうのだ。そもそも、「歴史を直視せよ」と主張するメディアが歴史の探求を否定するのは、大いなる矛盾だ。左傾メディアにとって、真実などどうでもよく、「軍国主義日本」という固定化した歴史観を丸呑みすることが是なのだ。

 戦後70年となる2015年、日本の首相に安倍晋三氏が就いていることは幸いである。過去、1995年の阪神淡路大震災のときに村山富市、東日本大震災のときに菅直人と、日本の危機においては何故か無能で有害な政治リーダーが為政者となっていた。それらと比較すれば、状況は遥かにましだ。但し、東京裁判史観を否定すればするほど、左翼メディアはその声を圧殺しようとする。

 安倍総理の戦後70年談話が、そういう状況の中で中身を吟味され、発表されることになることを考えれば、総理の思いがすべて談話に盛り込まれる結果を期待するのは甘い。となれば、談話発表までに為すことは、左翼メディアの欺瞞を晒し、広め、それらメディアが押し付ける戦後史観からの覚醒を、一人でも多くの人に促すことしかない。2015年とは、保守派にとっても勝負の年であることを自覚したい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/01/03 10:08 ] 史観 | TB(0) | CM(3)
◎NHK(帰化未帰化在日韓国人団体)は、日本国と朝鮮半島(韓国)の主語を入れ替えて「日本国の素晴らしい過去」と「朝鮮半島(韓国)の悲惨な過去」を入れ替えた韓国式捏造歴史すり替え番組を連発し日本国を貶め、日本人B層を誤誘導しています。
◎NHK(帰化未帰化在日韓国人団体)は、日本国と朝鮮半島(韓国)の主語を入れ替えて「日本国の素晴らしい過去」と「朝鮮半島(韓国)の悲惨な過去」を入れ替えた韓国式捏造歴史すり替え番組を連発し日本国を貶め、日本人B層を誤誘導しています。
-----

日本国財産電波と日本国予算と日本人受信料を流用し帰化未帰化在日韓国人を特別扱いし韓国のために違法操業するNHKには帰化未帰化在日韓国人、帰化未帰化在日共産シナ朝鮮族、北京採用共産シナ人、日放労(帰化未帰化在日韓国人団体)しかいない。
同一敷地内に韓国放送公社KBSと中国中央電視台CCTV

*****
Ri-Ri 女史 Twitter H25/5/13 (加筆済版)
韓国人および帰化未帰化在日韓国人の日本国を貶めるための韓国式歴史捏造方法の一つは、日本国と朝鮮半島(韓国)の主語を入れ替えて「日本国の平成26年時点で皇紀2674年の悠久の高潔で素晴らしく美しい過去と現在」と「朝鮮半島(韓国)の有史以来シナ大陸で短期間に成立と崩壊を繰り返す時々の政権の永遠属国の卑怯卑劣意地悪で悲惨で汚い過去と現在」を入れ替える方法です。
NHK(帰化未帰化在日韓国人団体)は、日本国と朝鮮半島(韓国)の主語を入れ替えて「日本国の素晴らしい過去」と「朝鮮半島(韓国)の悲惨な過去」を入れ替えた韓国式捏造歴史すり替え番組を連発し日本国を貶め、日本人B層を誤誘導しています。


@NHKエンタープライズ21←←←21世紀=21c=統一コリア=韓国語21(統一トンイル)+c(コリアCorea)。

@NHKは、日本国財産電波と日本国予算と日本人受信料を流用して、韓国の韓国式捏造宣伝工作に加担し日本人B層を誤誘導することをやめてほしい。

@NHKは、ペルシャ・北ツングース系エヴェンキ族の韓国人・共産シナ朝鮮族やペルシャ系の共産シナ人という日本人にとって全く異民族と交流することをやめ、モンゴル・ブリヤート・フィン・ウゴル系のモンゴル人・ブリヤート人・フィンランド人・エストニア人・ハンガリー人という日本人にとって同胞民族(gm細胞同一民族)およびゲルマン系のドイツ人(ドイツ・オーストリア・スイス)やノルウェー人という日本人にとって友好民族と交流してほしい。
@NHKは、日本国民の血税を流用して、日本国民へ韓国文化強制やフランス文化強制・ポーランド文化強制・チェコ文化強制・共産シナ文化強制し、日本国とドイツ・オーストリア・スイス・ノルウェー・モンゴル・ブリヤート・フィンランド・エストニア・ハンガリーの分断工作をすることをやめてほしい。
*****

文部科学大臣下村博文H25年6月下旬公用文統一指示[韓国式交ぜ書き「子ども」やめて「子供」へ統一]を遵守し韓国式交ぜ書き「子ども」表記をやめ「子供」表記するよう要求しましょう。
NHK廃止とニコ動&チャンネル桜公共放送化を要求しましょう。
日韓断交と日支断交を要求しましょう。
[ 2015/01/03 11:47 ] [ 編集 ]
朝日や毎日などの左翼メディアは日本人が侵略戦争をしたとの自虐史観から解き放たれることを怖がっていますね。日本軍と共に戦い、敗戦で日本軍が去った後に白人国の植民地から独立を勝ち得た各国のリーダーやパール判事の語った日本への尊敬、感謝の言葉がネットには出ています。ネットが無ければ大多数殆どの日本人が知ることもなく教えられることもなく終わっていました。日本を取り戻す為に一人でも多く出来ることをしなければなりません。長い長い間、サヨクやマスゴミ、日教組に日本は歪められて来ました。
[ 2015/01/03 22:11 ] [ 編集 ]
言い続けること
東京裁判当時に既にインドのパール博士がご指摘され、今では英国人記者ヘンリー・ストークス氏、米国人トニー・マラーノ氏、マイケル・ヨン氏、ケント・ギルバート氏と、今私が思いつくだけでも、これら各氏が慰安婦の真実や連合国戦勝史観と東京裁判に大疑問を呈して居られますから、何も日本国内の保守陣営だけが「自虐史観命のアンタ等はおかしいよ」と云っているわけではありません。

米国では既に日米開戦を誘導・画策したルーズベルト大統領への検証批判本が幾つか出ているそうですし、世界がなんとなくキナ臭くなって来るほどに戦争を回避すべし、と考える知識人に依って過去の戦争の真面目な検証は続くであろう、と考えます。
(ただそれも、何か突発的な事が起こって幾つかの国が一気に開戦気分になる、と言うことがなければですが。)

こうした世界の動向もあっての反日ニホンジン勢の必死な巻き返し活動なのでしょう。
この「抵抗」が何処からか司令が出てのことなのか?自発的保身の為なのか?見極める必要はありそうですね。

海外にこうした日本の真実を研究して下さる方々が出て来られたのは、偏に日本側からの「正当性」を訴える真摯な声上げが陸続とあったからだと思います。
何を言われてもな~んにも言い返さない日本国(人)の時代には無かった事です。
感情論ではなく、真面目に反論発信する姿勢をはじめは小さくとも頻りに続ける事が、他者の関心を呼んで支援者を増やせるのだと思いました。がんばるべ

経済的に追詰められつつあるロシアが対米批判の矛先を今になって原爆投下に向けるのは、まあイイというか今頃かい!ですが、それを云うなら日本人も多分ドイツ人も、アンタ等にもいろいろ請求書貯まっているけどねー。と言いたいな。
[ 2015/01/04 05:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: