FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  悪意を込めた「素粒子」に、反省なき朝日新聞の本質を見る

悪意を込めた「素粒子」に、反省なき朝日新聞の本質を見る

← 応援クリック、ありがとうございます。

 2014年は、産経新聞の元旦一面の「河野談話 日韓で「合作」 - 原案段階からすり合わせ」というスクープから始まり、長きに渡って日本の国益を棄損してきた慰安婦問題が大きく動く年となった。解決には程遠い。日本側からの反論に対し、南朝鮮は、彼等にとっての「雑音」を消すために、より大きな雑音を立て、ひとつでも多くの少女像建立に勤しむ。諸外国においてなかば固定化してしまった、「日本=朝鮮人女性を性奴隷化した野蛮国会」というレッテルは、戦後体制下でしっかり根を降ろしており、そう簡単にはがれるものではない。

 しかしながら、朝日新聞が8月の慰安婦報道特集記事で、吉田証言を引いた記事を取り消し、一連の自社報道の根拠を自ら否定し、その結果謝罪に至ったことは、国内において大きな転換点になったことは間違いない。多くの国民は、日本および日本国民が不当な評価を受けてきたことに、怒りと憤りを感じている。その諸悪の根源は、朝日報道にある。当然ながら、朝日には歴史的責任があるはずなのだが、どう見ても反省が表明されたとは言い難い。

朝日新聞 謝罪

 一週間前の22日、慰安婦報道を検証する朝日新聞の第三者委員会の報告書が出たが、朝日は社論を述べる社説で、その報告書を受けた見解をいまだに示していない。慰安婦問題における朝日の一連の捏造、歪曲記事は、反省だけで相殺されるものではあり得ないが、先ずは、読者を欺いてきたこと、日本および日本人に対する評価を貶めてきたことについて、会社の姿勢を示すべきだろう。そんな姿勢を見せるどころか、朝日には開き直りすら散見される。

「素粒子」―12月27日 (朝日新聞)

 1年前は首相の靖国参拝と前沖縄県知事の辺野古容認で騒然。片や延命し片や座を失う。民意とはを考える暮れ。
    ☆
 今年よく聞くようになった言葉。歴史修正主義、反知性主義。曲がり角の道しるべを見のがさなかっただろうか。
    ☆
 「凩(こがらし)」という和製の漢字を見つめる。葉を落とした木が寒風に耐える姿が浮かぶ。来年がよい年でありますよう。


 詩人にでもなったつもりで悦に入りこむ文章だ。今年、反知性主義ということばを聞くようになった覚えはないのだが、首相の靖國参拝を巧みに用いながら、戦後民主主義派の常套句である「歴史修正主義」を織り交ぜる小賢しさ。「葉を落とした木が寒風に耐える姿」とは、「国際社会で孤立化する日本」という比喩は、朝日の願望を表わしたものだろう。風刺コラムとはいえ、悪意が文面に溢れている。

 朝日新聞に歴史修正主義を語って欲しくないし、彼等にそれを語る資格はない。慰安婦問題のみならず、南京事件、百人斬りなど、主に戦前と戦中の歴史を捏造、歪曲し、我が国の歴史を修正してきたのは朝日新聞だ。そこには、知性の欠片すらない。彼等は自分たちが「知性」と思い込むイデオロギーをプロパガンダ化し、全国に散布するのが仕事と思っているようだ。しかし、そんなプロパガンダが自爆を見たのが慰安婦報道である。ちっとは自分等の歴史を振り返る姿勢を持てないものだろうか。

 反知性主義を引き合いに出したということは、「自分たちのイデオロギーが知性主義だ」という反証の試みだろう。素粒子の全文を読むにつけ、「曲がり角の道しるべを見のがしている」のは、間違いなく、朝日新聞当人だと確信するのである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/12/28 11:24 ] メディア | TB(0) | CM(17)
No title
朝日新聞の素粒子とかいう、大人が書いたとは到底言いがたい妄想爆発のポエムの中に「凩(こがらし)」という和製漢字が載っていた。
私はそれをじっと見つめる。
朝日新聞の売国捏造記事、それらによって増長する国内外の反日勢力……まるで葉を落とした『日本という名の大木』が『謂れ無き悪意という名の寒風』に耐える姿が浮かぶ。

来年こそがよい年でありますよう。
[ 2014/12/28 12:13 ] [ 編集 ]
賢しらに
よくもまあ、ぬけぬけと。

朝日新聞の旧悪が暴かれた今日、このようにコラムに書ける神経は、
常人では考えられない。
朝日の社屋に居れば、何の反省も痛痒も羞恥もなく書けるのだろう。

恥知らずになれば、恐いものなしとはこのことだ。
管理人様が書かれるように悦に入っているとすれば、
手の施しようのない重症患者。

さらには、悪意をもったプロパガンダ新聞のテンプレート。
昔々は、こういった調子の賢しらなコラムを読まされていたことを思い出した。
その時分は不覚にも騙されていたけれど。
今の国民はそれほど馬鹿ではないよ。舐めすぎですよ。朝日さん。

[ 2014/12/28 12:57 ] [ 編集 ]
No title
歴史創作主義者が抜けている。
[ 2014/12/28 13:16 ] [ 編集 ]
歪曲朝日
「だって朝日ですもん」の一言。

「正論」2月新春増大号に、朝日の天敵・阿比留瑠比氏と門田隆将氏の対談・小見出しに
<社論ありきで事実確認なしとは呆れるばかり>
<彼等は現実を自分が見たいように見ているだけに過ぎない>
とあります。最近既に「言い古され」た感もあるこの二言が、ちょうにち新聞社の揺るがない、しかし完全に腐っている根幹なのでしょうね。

「正論」は特に最近、読み捨て出来ない充実内容連続ですが、この二月号は丸特お薦めです。
”最強のお上品爆弾”(byナンシー関氏)櫻井よしこ氏の筆に始まって、どの記事も年末の雑事整理を妨げて呉れて困ります。
[ 2014/12/28 14:32 ] [ 編集 ]
No title
修正主義・・・共産党の闘争用語で一般的には使われない言葉。
文化大革命の時、毛沢東が劉少奇との闘争で「打倒 ! !修正主義者」と使ったのはよく知られている。
歴史修正主義・・相対的な言葉で絶対正しい歴史があるとの仮定の上に、歴史に修正を加えようとする者を罵倒する言葉・・・歴史は公開されていない公文書や史料が発見され史料批判の後、正しいと証明されれば書き換えられるもので、絶対的に正しい歴史はどこにもない。
[ 2014/12/28 16:52 ] [ 編集 ]
朝日の辞書に反省はない
「凩(こがらし)」という和製の漢字を見つめる。

読者・販売部数という葉を落とした朝日新聞という木が、長年騙されてきた日本人からの激しい寒風に耐える姿が浮かぶ。

日本国民にとって来年がよい年でありますように、反日メディアを代表して朝日新聞が廃刊することを切に願います。

国際詐欺集団の手先である朝日新聞が、「反知性主義」と真性日本人をレッテル貼りするとは、こいつら自分らの置かれた現状が全く分かっていないとしか言えません。違法ドラッグよりも危険な朝日新聞は、地上から早く消滅してほしい。
[ 2014/12/28 18:59 ] [ 編集 ]
しゃらくさい
朝日新聞の大好きな中国には「木枯らし」などという文学的表現はなく、あるのは「寒風」。こちらの方が朝日新聞にはふさわしいです。

ずっと左側に傾斜した家屋に住んでいたので それが少しばかりフラットになってくると、幻聴を聞き幻覚を見るらしい。或いは歴史修正主義とか反知性主義とか、何か叫んでますが、マルクスレーニン主義の麻薬が切れた禁断症状の呻きかもしれません。

もっとも反知性主義については新聞を読まないのではなく、読めない層が確実に増えたように思います。これも漢字や数式を覚えることよりも「生きる力」が大切なキャンペーンを張った朝日新聞にも大いに責任のあることでありまして。

新聞の経営を企業の広告宣伝料に依存しながら資本主義社会を憎悪し、それなりに厚みのあった知的中間層を劣化させることにひたすら熱中する、彼らのやってることは本当に理解できません。

年末年始の朝日新聞にはこの句を捧げましょう。

正月や冥土の旅の三里塚。

なお、百人斬り報道の方は「毎朝新聞」の片割れの方の仕業であります。あちらの新聞も歴史捏造に関してはそれなりに頑張っておりますので。
[ 2014/12/28 19:03 ] [ 編集 ]
言いっぱなしはだめだよ
やあ、こはるさんにレッドバロンさん。 オイラだよ、次郎だよ。

以前のエントリーで、いきなり横から意見を述べられて、反論する機会もなく打ち切られたら、誰だって不満が残るよね。

自由闊達な議論の在り方とは少し違うよね。

ただ、ブログ主さんも「お前もその辺にしておけ」という気持ちが強くあるだろうから、とりあえず以下のことだけ述べておくよ。

こはるさん、あのさ、これまでのオイラの文章をきちんと読んでる? オイラは別にコメントの内容の真偽の程を論点にしている訳じゃないんだぜ。

「挑発ではない、というなら絡みとしか思えません」っていうのは人それぞれの受け取り方しだいだから、どう思ってもらっても構わないよ。

「私にはレッドバロン様の言に「罵り」は感じません。軽くあしらっているだけではないですか?」 これもオイラとこはるさんの受け取り方の違いだから、オイラにしたら「あ~そうですか」しか言いようがないよね。「少なくとも」オイラはこれまで述べてきたように感じているのさ。

それに「その手のイチャモンは、まるでチンピラクラスにしか一般社会では受け取られません」って言うけどさ、オイラはレッドバロンさんに自分の意見を述べているだけなんだぜ? それに対してコメント返しが来るから、二人でやり取りしているだけなのに、どうしてオイラだけに言及するんだい?

常連コメンテーター同士の仲間意識なのかい?

また、反論きそうだけど。

さて、レッドバロンさん。 聖書の言葉を引用していなかったの? じゃあ、オイラの勘違いだったのかもね。 で、それが何?
オイラが何を読んでいるかって? レッドバロンさんのコメント返しに決まっているじゃないか。

これ程楽しい文章以外に何を読むんだい?

では。
[ 2014/12/28 20:06 ] [ 編集 ]
ご来場の皆様方に、お願い申しあげます。
ただ今、ニューフェースの踊り子が演技いたしておりますが、
いかんせん、踊りに色気なく、品が無く、愛嬌もございません。

どうか、踊り子にお手を触れたり、ダイコンを投げつけたりせずに
寛容なる態度での、ご鑑賞をお願いする所存でございます。

キーセン劇場支配人
[ 2014/12/28 21:31 ] [ 編集 ]
No title
>以前のエントリーで、いきなり横から意見を述べられて、反論する機会もなく打ち切られたら、誰だって不満が残るよね。

なぜそうされたかマジメに考えてみたことはあるんでしょうか?
相手にするしない、議論に応じる応じないは個人の自由だと思います。

誰だって不快な相手とは話したくないと思いますけどね。

相手にされなくてキレることも自由だと思います。

日本では言論の自由が保障されています。
そのおかげで在日朝鮮猿が天皇陛下の悪口言おうと安倍首相の悪口言おうと、韓国と違って逮捕も起訴もされません。
[ 2014/12/28 22:22 ] [ 編集 ]
帰ってきた次郎
きゃー、すごーい。ここのコメンテーターって随分と排他的な人がいるのね。

自分なりの立論を組み立てて議論できないと、異端扱いしようとするんだね。

中国や韓国、在日などを誹謗してカタルシスを得て満足しているのが、ここのコメンテーターたちなのかい?(そうかも)

黒猫さん、オイラはあなたの意見は意見として、尊重するぜ。しかし、「在日朝鮮猿」みたいな侮蔑する言葉を使うのは、辞めたほうがいいと思うよ。 あなたもジャップ、ジャップって言われたら、あまりいい気分しないだろ。
[ 2014/12/29 00:14 ] [ 編集 ]
あっちこっちの雑感
素面で絡む人より酔っぱらいの絡みの方が少しばかりマシに思えちゃった。

こちらに寄せる方々が排他的?そーかしら?
一度もそう感じた事無いな。次郎様はある種の感性がユタカなのかもね。私には理解出来ない範疇の感性だから、次郎某はああこういう人なのね、でオシマイ。

こちらの皆様の、日本人として当たり前の常識を弁えて例え怒りを含んでもそれなりに余裕を以て論じられる力を、無駄に爆発しがちな私はちょっとだけでもお借りしたいぐらいですのに。
感性が違えば、素粒子並みに曲がり角で見る道標も見間違えて仕舞うのね。
次郎様のおかげで素粒子のココロが解りました。ありがとさん。

道しるべ、と言えば、全く関係ないですが布施明さんが歌った「傾いた道しるべ」が好きです。
心の中に三叉路があるの。
素粒子の想う道しるべは多分極左方向でしょうけれど、私達日本人はド真ん中の広い道を堂々と歩むんだもんね!

冥土の旅の・・・三里塚!褒めてイイやら貶してイイやら迷い道くーねくね~

佳菜子ちゃん。あれはあんまりなジャッジよね! 可哀想。
スケ連なんて朝日と一緒に潰れろ!(これも関係ないフィギュアのお話で)
[ 2014/12/29 01:16 ] [ 編集 ]
ダイコン
舞台の踊り子さんに今の私はダイコンは投げない。
明日のおでん種にして食べたいですもん。(今夜中なのにその大根に良く火が通らなくて困っています。IHに替えなきゃよかったナ)

毛脛の踊り子さん。趣味じゃないけどおもしろそ。
[ 2014/12/29 01:40 ] [ 編集 ]
ダイコン
こはるさんに一票!

朝日の廃刊、TVasahiの廃局を切に望みます。
NHKもな~~~ 。
[ 2014/12/29 08:47 ] [ 編集 ]
No title
「在日朝鮮猿」という言葉にこだわるということは、正体も知れたもの。
ごく普通の日本人なら気にも留めないと思いますけどね。

なぜ「在日朝鮮猿」と言うような言われ方をされなきゃいけないのか、胸に手を当てて考えてみたこことがありますか?
ないでしょうね?
「ジャップ」「ジャップ」なんて連呼しているようではね。
戦勝国気取りでも国際社会は誰もおまえらなんか戦勝国民なんて認めていないんだよ。
[ 2014/12/29 12:49 ] [ 編集 ]
反知性主義?
アカヒが持ち出した「反知性主義」ってなんだろう
と考えていたら、コメント欄を読んで
たぶんコイツみたいなヤツのこと言うのだろうと思えるのに出くわして
思わず嗤ってしまった。
「在日朝鮮猿」と呼ばれているらしいが
それでは猿が気の毒。
当方は「在日ゴキブリ白丁」と呼ぶ。
来年も除鮮三原則が世界中に広まることを
心から願っている。
[ 2014/12/30 10:36 ] [ 編集 ]
在日認定来た~~~!
いや~、すごい、すごいぜ、面白すぎるよ、このコメント欄。 なにこの展開。

オイラが全く予想していなかったカウンターパンチが来たよ。

一応さ、ブログ主さんに配慮して、本エントリーでこれ以上コメントを記入するのは控えようと思っていたんだけさ、何だろな、見えない何かがオイラを引き戻そうとするようだぜ。

チャンネル桜の沖縄支局の番組で「マリーン・アウッ!」って叫んでるおっちゃんや、「ヤンキー・ゴーホーム!」って喚いているおっちゃんがいるけどさ、立ち位置が真逆になったのが上記のような連中なんだろうね。

共通点をあげれば、「自分たちこそが正しいと思っている」ってところかな(その考えの全てを否定はしないけどさ)。

議論やディベートを横に置いて、とにかく相手を皮肉ってみたり、罵倒してみたくなるときってあるよね。 うんうん、わかるわかる。

以前オイラは「中国や韓国、在日などを誹謗してカタルシスを得て満足しているのが、ここのコメンテーターたちなのかい?(そうかも)」って書いたけどさ、予想的中だね。

いや~、それにしても下品な日本語。
[ 2014/12/30 13:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ