FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  民主党代表選と集団的自衛権

民主党代表選と集団的自衛権

← 応援クリック、ありがとうございます。

 第三次安倍内閣が発足し、年明けの通常国会から、先ず3月末には平成27年度予算を成立させ、そして4月以降は、先延ばしにしてきた安保法制に着手することとなる。日本がおかれるのは待ったなしの状況であり、貴重な時間と金を使って団扇問題を審議していた先の特別国会のようなことがあってはならない。それゆえ官邸は、防衛大臣人事において、政治資金問題を抱えていた江渡氏から中谷元氏へ交代させ、臨戦態勢を組んだ。

 そんななか、野党第一党による、何とも心踊らない代表選が始まっている。出馬を取り沙汰されていた前原は出馬を見送り、既に出馬を宣言していた細野、岡田の2者の争いとなるようである。生徒会長選挙にでも出るかのように、村田蓮舫が「代表選に挑戦します!」と声をあげたが、25日の段階で集まった推薦人は6名だそうで、最低要件の20名を集められるかは微妙な状況である。

 はっきり言って、民主党の代表がどうなろうと、期待はもちろんのこと、興味すら全くないのだけれど、斜陽政党とはいえ、一応は野党第一党である。しかも、誰が代表になるかによって、野党再編の引き金が引かれる可能性がある。加えて、今度の通常国会には集団的自衛権行使容認の閣議決定を肉付けする、安保法制の整備が待ち受ける。これに対し、徹底抗戦するか、是々非々をスタンスとするか、分かれ目となる可能性もある。

 よく、集団的自衛権の行使容認化で、「日本は他国の戦争に巻き込まれる」という政治家や評論家、タレントなどが、テレビで血相を変えて訴えているのを見ることがある。こういう人たちは、国家間の問題は「話し合いで解決しろ」という人たちだ。その他には、憲法解釈の変更はまかりならぬから、きちんと憲法改正という手続きを経てから言えという人たちもいる。建前に生き、現実を直視できない人たちだ。

 現次世代の党(当時、みんなの党)の和田正宗議員が、今年5月26日、憲法調査会で興味深いな質疑を行っている(エントリー最下部)。この質疑で和田議員が、参考人の慶大名誉教授の小林節に対し、「米国への基地提供は集団的自衛権ではないのか」と問い質したしたところ、小林は「集団的自衛権は海外派兵のことである」と頓珍漢な答弁を行った。両者の議論を逆説的に解釈すると、米国への基地提供は個別的自衛権の範疇だということになる。これはおかしい。

 日本は、現憲法下において、集団的自衛権を行使している。その例が、朝鮮戦争だ。数多の米軍機が日本の基地から朝鮮半島に飛び、兵站も日本に在る米軍基地を発地とした。これが個別的自衛権と解釈できるなら、法的解釈とは、こねくりまわせば何でも成り立つことになってしまう。

 話し合いで物事が解決できるという考えは、一言でいえば妄想だ。拙ブログの引用で恐縮だが、今年6月30日に、こう書いた。

 「話し合い」は軍事力を行使した後に、最後の調停に使われる手段であるのが現実なのだ。支那は、パラセル諸島の領有について、話し合い以前に実力行使している。フィリピンとの問題であるスプラトリーでも同じだ。「話し合い」とは、実力を行使し、自国に有利な状況を生みだしておいてから行うものなのだ。

 そのようなリアリズムの中に身を置くとき、相手国に実力行使をさせないことが、「話し合い」よりも大切なのである。それを担保するのは、抑止力以外にない。集団的自衛権の行使を容認すると、戦争に巻き込まれる恐れがあるという人たちは、どうすれば戦争に巻き込まれない状態を作れるかを考えればよい。「話し合いをする」だとか、「憲法9条を守る」という観念論では、対外的な説得力をなんら持ち得ないことを理解すべきだ。


 誰が民主党代表になっても構わないが、「話し合い至上主義者」は勘弁してもらいたい。政治家には、現実の脅威と向き合う義務がある。総理大臣であれ、野党の一兵卒であれ、現実に対処するという点においては共通の義務を負っているのだ。安保を語れなkれば、党代表になる資格はない。そういう資質を持った政治家が民主党にほとんどいないという現実が、支持離れを誘発していることを自覚すべきである。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/12/26 07:18 ] 政治 | TB(0) | CM(5)
No title
前のブログに関することですが、twitterで国を護るために懸命に活動されているtwitter名、たかすぎしんさくという方がおられます。この方が北星大学へ植村隆雇用に対しての抗議電話を2度し、それを動画で発信しました。それに対して植村と北星大学を用語するマケルナ会といううのが、
たかすぎさんを告訴するといううのです。いちどたかすぎさんのtwitter
見ていただけませんか。とても心配です。
[ 2014/12/26 12:05 ] [ 編集 ]
「話し合い」という夢想論者たち
「集団的自衛権の行使容認で日本は他国の戦争に巻き込まれる(戦争になる)」と「話し合いで解決しろ(する)」はさよく勢力の広範囲が信奉し、主張していることだけにさよく解読のキーワードでもあります。
そしてその偏向性を分りやすい言葉で発したのが以前からあるあの「お花畑」というものでしょう。

ここにあるのは無条件にどんな相手にたいしても腹を向けて寝そべる犬のようなものであり、憲法九条前文「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」にも通じるものでしょう。

これは「平和を愛する中国の公正と信義に信頼して・・・・・・・・・」と言い換えてもおかしくはなく、逆にそれほど幼稚な憲法を保持し続ける日本の特異性をあらわしている。

そしてこの中国がいかに話し合いとは遠い「力による支配の信奉者」であるかは言動から明白です。

https://kotobank.jp/word/%E5%B9%B3%E5%92%8C%E7%9A%84%E7%99%BA%E5%B1%95-887702

http://www.jfss.gr.jp/kiho%20ok/kiho55/45~46page.htm

と同時にさよく勢力は反米であるのは兎も角として殆ど中国批判をせず、中国を脅威と認識していない。
反米でありきで、国防を充実させたくないというところから中国の今行っている東シナ海、南シナ海での横暴に目を瞑り、中国を脅威としない。
或いは中国の脅威は感じてはいても伏せておくということかもしれません。
しかし、米国での共和党でも民主党でも国防重視に比較して日本のさよくの国家観の無さはこれまた日本の特異性でしょう。
これを「変態さよく」と言いますが、民主党政権もこの大なり小なり変態病に犯されています。



[ 2014/12/26 12:42 ] [ 編集 ]
非日本政党
最近とみに民主党関係ニュースに関心がなく、フーンこの人が立つんだ?という感じなのですが、岡田氏は決意会見で「総理大臣になる覚悟がなければ立つ意味がない」風な事を言っていた様に聞きました。
編纂されたニュースの中の発言ですし熱心に聞き耳を立てて聞いた居た訳でもないので、間違って居たら申し訳御座いません。

たった三年半の時間であれだけの日本崩落作業に及んだ民主党政権。今更その民主党党首が日本国の総理大臣なんて、冗談にしてもありゃあんまりだわ、と思った次第です。
党が存続する限り何方かが党首にはなるのでしょうが、限度はそこまで、と自覚する覚悟をお願いしたいものです。

一国の国政に平然と外国人の干渉を許す政党そのものが、本来あってはならない事です。
[ 2014/12/27 03:10 ] [ 編集 ]
No title
>安保を語れなkれば、党代表になる資格はない。

民主党にンなことを要求するのは、ブタに空を飛べと言っているようなものだと思います。
[ 2014/12/27 10:55 ] [ 編集 ]
集自権行使で喚く黄痴害共
集自権は、主権国家に元々有る権利ですから認める認めない以前の問題です。憲法にどう書いてあろうとも関係有りません。

憲法云々と言うなら、占領憲法では戦力即ち自衛隊の保持すら認めていません。お笑い芦田マジックで自衛の為『だけ』の戦力は認めるよ~ん、というのが歴代政権の解釈です。

こんな欺瞞に付き合っていると脳ミソが腐ります。自衛隊の存在自体はとっくの昔に占領憲法の縛り(厳密な解釈)から外れている訳ですから、今更集自権がどうのこうのなどという話は周回遅れ10周分位と言えるでしょう。

あと、集自権に反対してる馬鹿共は、国と国との関係が人間関係と同じだということを無視しているか、理解出来ないのです。要するに、一緒に歩いていた友人がチンピラに因縁を付けられても、黙って見ていろ、と言ってるのがこの馬鹿共なのです。頭おかしいし人間としても終わってるとしか言い様がありませんのでこいつらの言い分などに付き合ってる暇も全く有りません。
[ 2014/12/27 11:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ