私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  南朝鮮よ、憲法9条をレンタルしてあげるから、北と平和交渉してみては?

南朝鮮よ、憲法9条をレンタルしてあげるから、北と平和交渉してみては?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 衆院選があった関係で、南朝鮮のことなど頭からすっぽり抜けていたのだが、久々に南鮮メディアのサイトをチェックしてみると、慰安婦関連の侮日記事が増えているように思う。昨日書いた、NYT、WP、LATなど、願ってもない米国メディアの援護射撃のもと、「ここは一気呵成に」と考えたことも背景にあるのだろう。だが、最も大きな理由は、南鮮が忌み嫌う安倍政権が選挙に勝利し、長期政権がほぼ確定したことがあると思われる。来年は戦後70周年であり、日韓国交正常化から50年という節目の年だ。河野談話に変わる談話を模索する安倍総理を今から攻撃し、出鼻を挫こうとするためのキャンペーンだ。

 また、朴槿恵の疑惑の7時間を記事にした産経新聞の加藤前ソウル支局長を起訴し、報道の自由を蔑ろにした暴挙に海外メディアが反発したため、青瓦台がその矛先を逸らそうという狙いを持っていてもおかしくない。いずれにせよ、反日を国是とする南鮮民族にとって、対日批判は酸素であり生活必需品だ。彼等は常に新しい反日ネタを探している。そこに「憲法9条にノーベル平和賞を」運動が餌として輸出された。

「憲法9条にノーベル平和賞を」 韓国でも署名運動 (聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】日本国憲法9条のノーベル平和賞受賞に向けた日本市民団体の取り組みが、韓国にも広がった。「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会の韓国委員会は18日、ソウル市内で記者会見を開き、「日本国憲法9条のノーベル平和賞推薦に向けた署名運動に入る」と発表した。

 この運動は神奈川県内の主婦が昨年呼びかけたもので、インターネット上で約40万人の署名を集めたとされる。

 韓国からは李洪九(イ・ホング)元首相や李容勲(イ・ヨンフン)元大法院長(最高裁判所長官に相当)、詩人や学者など50人が署名した。韓国委員会の座長を務める李洪九氏は、「戦争と分断で苦しみを味わった韓国の市民が、普遍的な平和を願う心で賛同するもので、政治の現実とは別」と説明した。 

 署名運動は委員会ホームページやフェイスブックなどオンラインと、オフラインの両方で行う。


「憲法9条にノーベル平和賞を」の韓国委員会

 「憲法9条にノーベル平和賞を」という市民運動を始めたのは、「ふれ込みは神奈川の普通の主婦」だが「実はプロ市民」である鷹栖直美さんという人物だった。朝日新聞が熱心なキャンペーンを張ったが、結果は落選。一時有力候補と噂されたが、読売新聞によれば、有力候補としたのは「日本国民」という名の団体が推薦されていると、オスロ国際平和研究所の所長が勘違いしたためだったという。所長は同時に、「ある地域の人々が(全体で)何らかの責任を負う存在となることはあり得ない」と語り、国民全体への授与は不可能との見方を示している。だから、このキャンペーンは失敗なのだ。選考者に「無理!」と言われているのだから、今後も受賞の可能性はほぼないのだ。

 南鮮では「日本平和憲法9条をノーベル平和賞に推薦する韓国委員会」が組織され、座長に首相経験者が就いた。既に、最高裁長官経験者や文化人ら約50人が署名をすませ、「戦争放棄と交戦権の否定を宣言し、東アジアと世界の平和のとりでの役割を果たしてきた平和憲法が存続することを願う」とコメントを発表した。聯合ニュースの記事に在るように、座長の李洪九は、「戦争と分断で苦しみを味わった韓国の市民が、普遍的な平和を願う心で賛同するもので、政治の現実とは別」としている。ありったけの政治意図を埋め込んでおいて、それを否定するとはお笑い草だ。そんなの建前だと、誰でも分かっている。

 南鮮民族は「内政干渉」という言葉を知らない。知っているのかもしれないが、相手が日本になると、それをきれいさっぱり忘れることができる、特殊な民族だ。これは反日無罪の典型例なのだ。

 人様の国の憲法に口出しするなど、外交上は非礼に当たる。戦後、日本を占領した米国が、日本の現憲法を書き、押しつけた事実を検閲で隠し通したのは、それがバレるとのっぴきならない状況に陥るからだ。いくら未開の国だといっても、政治家連中がそういう常識を知らない筈はないが、反日プロパガンダ運動では箍が外れるのが彼の民族なのである。

 それより、北と停戦中の南鮮には、他国の憲法に干渉する前に、自国の戦争を早くどうにか収束させてもらいたいものである。「普遍的な平和を願う韓国の市民」を標榜するなら、9条のコピーを許可するから、それを自国の憲法に盛り込み、その新憲法を以って北朝鮮との平和と統一を実現してみたらいい。もし実現できたら、複製9条とともにノーベル平和賞など永遠に引き取らせて差し上げよう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/12/19 07:14 ] 外交 | TB(0) | CM(3)
停戦中だよね
確か南北のゴキブリ連中は停戦中のはず。
事実上、戦争を継続している地域が
他国の「平和」を心配するとは笑止千万。

やはり除鮮3原則は大正解だ。
[ 2014/12/19 10:46 ] [ 編集 ]
差し上げちゃいましょう
<いくら未開の国だと言っても、政治家連中がそういう常識を知らない筈はない> かな~?
最高裁判所長官に相当する人も加わっている処を見ると、案外あちらの「知識人」は国際常識に疎すぎるのかも。と言う気がしないでもないです。

クネさんは反日切り札を出すだけ出したのに、目立つ成功案件一つもなく安倍政権は今後も続く。手札無し。
加えてご自分のプライバシーが政権直撃に拡大しているのに、産経&加藤氏は意気軒昂。
国民の失政への目を反らすためには、ナッツ・リターン航空会社でも、他国の憲法でも手当たり次第、という感じがします。

平昌五輪はどうやらクネさんの反日姿勢が功を奏して「日本なんか絶対ダメ、北朝鮮なら統一開催も可」の声があるそうでたいへん結構な事です。
力強い後押しに管理人様ご提案の「九条無償贈呈」は国際親善の花を添えるでしょう。その際忘れ物なくお引き取り戴いて。
そして日本はオサラバ と行きたいモノです。
[ 2014/12/19 16:24 ] [ 編集 ]
足許が・・・
他国の来期ノーベル賞にお節介焼いている場合じゃないみたいですよ、南鮮は。

内乱計画をしていた「統合進歩党」に憲法裁判所が「解散」確定。だそうです。
それを載せたブログ主によれば、選挙得票数が220万近くで全得票数の一割超えの党とか。

年末からしばらくは(アチラは旧正月?)お賑やかな事でしょうね。
[ 2014/12/19 18:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: