私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  「どうして解散するんですか?」の詐欺行為について語る脳科学者について

「どうして解散するんですか?」の詐欺行為について語る脳科学者について

← 応援クリック、ありがとうございます。

 青木大和なる人物が起こした騒動が、ネットを中心にかなり話題になっている。自称小学4年生を名乗る中村くんが、11/22、「どうして解散するんですか?」というサイトを開設。ところが、この中村くんは成りすましで、実は20歳の慶応大生だかNPO法人代表とかが小学生のふりをして、公式サイトの企画・運営からツイッターの発言、応答まで行っていたというオチである。

どうして解散するんですか?

 このサイトを、民主党のマスコットである民主くんがツイッター上取り上げ、「天才少年現る!」と持ちあげ、村田蓮舫も「素朴な疑問が良くわかる」とツイートで紹介。だが、中村くんの正体がバレると、蓮舫は、「気付かずにつぶやき、申し訳ありません」 と謝罪し、民主くんに至っては「似非小学生であることはもちろん承知の上」と、あたかも工作に加担していたことを認めるように開き直った。この青木某は、高校生の時から政治家に接触するような活動をしており、なかでも民主党議員との接触はデジタルデータで複数残されている。私は確証がないので断定的には書かないが、民主党の関与を疑われても不思議ではないだろう。

 さて、この「どうして解散するんですか?」に関する一連の報道、ブログ、ソーシャルメディアの情報の中で、最も驚き、そして呆れたのが、脳科学者の茂木健一郎のツイートだった。具体的には、茂木のこれら2つの発言だ。


 茂木はこのツイートで、若者を完全にバカにしてる。「若者とはそういうものだ」「「若者はやらかす」は、若者が未成熟な存在であることを盲目的に肯定し、「それに対して大人は・・・」という無理筋な結論に結び付けようとしている。これこそ、大人の傲慢さではないだろうか。

 青木某は何をしでかしたのか。彼は嘘をついたのである。だから批判されるのだ。嘘をつくことは、決して「趣味が悪い」程度の問題ではない。嘘をつくことがイノベーションを起こす能力と相関関係にあるというなら、各界で切磋琢磨するイノベーターに失礼だろう。

 一連の騒動は、「若者が、「小学4年生のふり」をして、大コケした、というだけの事件」ではない。これは、嘘、偽りをベースにした詐欺行為だ。茂木のツイートは、脳科学者の見識を織り交ぜたような書き方をするからややこしいのだが、いくらオツムが良くても、嘘をつく人間に「嘘はだめだ」という戒めすら示すことすらできないなら、茂木も大人として落第だ。

 嘘をつくことが何を引き起こすかは、既に朝日新聞が自ら、繰り返し証明している。マニフェストに書かれたことが、選挙後に嘘だとバレた民主党は、下野という社会的制裁を受けた。嘘には代償が伴うのである。茂木はあれこれ批評する前に、自分自身が嘘を否定する立派な大人になることのほうが、まず先である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/11/25 07:14 ] 社会問題 | TB(0) | CM(12)
大阪府高槻市のお兄ちゃんレターNr.6 平成26年11月25日
大阪府高槻市のお兄ちゃんレターNr.6 平成26年11月25日
【松浪健太(維新の会)、辻元清美(民主党)、西村康稔(自民党)、平将明(自民党)、塩崎恭久(自民党)へ永久政界引退の引導を渡すで。】

日本国民が平成26年12月2日の「平成26年12月14日投票開票の衆議院議員選挙」公示までにやらなあかんことは、ぎょーさんあるで。
例えばやな、

一つ目
自民党立候補者と次世代の党立候補者の各小選挙区と各比例区ブロックにおける票の食い合いによる死票を極少にするためにやな、次世代の党の各立候補者、山田宏氏、本部などへ意見を言うてほしい。

二つ目
平成26年12月2日の公示までまだ日があるからな、橋もっさん(大阪市長の橋下徹氏)、松井さん(大阪府知事の松井一郎氏)、虎之助さん(片山虎之助氏)、三木さん(三木圭恵氏)、その他維新の会のメンバーの人たちへ、公明党議員が単独立候補者を立てる大阪市内の6小選挙区と神戸市内の2小選挙区すべてへ、維新の会が対抗馬の立候補者を立て当選してもらうように、ようよう丁重にお願いし続ける。
維新の会は、このことをやらんと、維新の会所属の衆議院議員の小選挙区当選者も比例区ブロック復活当選者も限りなくゼロになってしまうからな。

三つ目
竹中平蔵(グローバル・アホー売国奴)と友達であってやな、そして、経済産業省本省(グローバル・アホー売国中央官庁)と関係があってやな、そして、安倍晋三氏へ要領をかまして取り入っている 西村康稔[衆議院議員選挙兵庫県第9区(明石市と淡路島)]、平将明[衆議院議員選挙東京都第4区(大田区の一部)]、塩崎恭久[衆議院議員選挙愛媛県第1区(松山市の一部)]などのようなグローバル・アホー売国奴衆議院議員へはやな、各々本人へ立候補を取りやめるよう何回も意見を言うてやな、そいで、自民党選挙対策委員長の茂木敏充氏へ自民党が公認・推薦・支援せんように何回も意見を言うてほしいんや。

公職選挙法違反にならないような日本語の言い回しで書くけどな、熱狂的な保守の一般日本国民は、小坪しんや氏の格言「共倒れを防ぐために、小選挙区において自民党の方向性を、比例区において次世代の党の方向性を検討してみようや」を検討すべきや。
[ 2014/11/25 12:09 ] [ 編集 ]
もともと大嘘つきだから…
茂木はもともと大嘘つき。
人間の脳というまだまだ謎に満ちた分野で
都合のいい論理を振り回すような幼稚な科学者だから
嘘つきには共感性を覚えるのだろう。

本物の脳科学者なら、大人が子供に成り済ますには
いかなる動機があるのか、
大人になり切れない大人の脳発達などについて考察してみろ!
[ 2014/11/25 12:32 ] [ 編集 ]
国会でさえ平気で嘘をつく政党の支持者が嘘をついた、その点では、驚くことではないかもしれませんが、若者依然に、小4でも、嘘は悪い事だと知っている。左派に迎合できない点は、自身の主張を通す為なら、論点を逸らし、嘘までつき、眼前にある白でさえ、広義の黒だと言ってのける盲目さ、真実を軽視する朝日新聞がその象徴。
[ 2014/11/25 17:16 ] [ 編集 ]
無申告の人
茂木健一郎は昭和21年までの3年間、4億以上の所得があったのに、まったくの無申告で国税庁に摘発された人ですね。

これは一般にいう税務署との見解の相違や、或いは経費の水増しによる脱税行為とは次元が違います。何しろ、まったく申告してないのですから。(笑)

忙しくて税理士に頼む暇もなかったというのが彼の言い訳ですが、確かに世の中には天才肌の芸術家とか発明家とか、そういう俗事に疎い人はいると思います。しかし、これだけ社会的な発言を続けている人物にその言い訳はないでしょう。

脳科学者としての評価は色々あるようですが、社会人としては極めて幼稚です。その自覚が無いのが彼の特徴でありまして。マスコミで「売れるが勝ち」の典型的な人物でありましょうね。その発言には社会人として錬られた何ものもないのですが。マスコミ向け、森羅万象に渡って発言する科学の「専門家」には、十分のご注意を。

[ 2014/11/25 18:40 ] [ 編集 ]
訂正
昭和→平成です。

失礼しました。
[ 2014/11/25 18:42 ] [ 編集 ]
No title
今朝の産経にも小4成り済まし青木の話題載っていました。
民主党関連はやってる事がめちゃくちゃですね。
[ 2014/11/25 20:14 ] [ 編集 ]
火のない所に煙りを立たせるネットの不完全な思い込み
原一男監督のドキュメンタリー作品に全身小説家というのがある。井上光晴氏という小説家が癌で死ぬまでの5年間を追った作品だが、彼の人生は虚構に彩られたものだった。文学的という形で彼の過去を捉える事も出来るが注目される為の代価として嘘をつくというものは理解しがたく迷惑なものだ。青木大和氏が起こしたこの嘘は前者とは質が違う。このデマゴーグによって民主党は有権者へその判断を選挙に問う情報の1つとしていくベクトルがあった訳でエセオピニオンリーダーを持て囃す構図は朝日新聞の慰安婦問題誤報とも似ていく可能性もある。
何より青木大和氏が大学生であっても今回の選挙に問う倫理があれば人はその問題意識を働かせ、賞賛もするだろう。批判が大きくなるにつれというより意図的なのがバレた印象は否めない。

レッテル張りや型にはめてしまう日本国民の心理に触れて、それがちゃんとした動機であっても伝えたい思いを過信しすぎるが余り、話す内容が増える事や完璧にしすぎる事はネットにおいて不審に思えてしまうのはこういう嘘の類いが増えたせいだろう。子供と話す際にネットにおける嘘の見分け方、リテラシーを教えるいい題材だ。
[ 2014/11/25 21:24 ] [ 編集 ]
No title
和田 政宗 @wadamasamune · 4時間 4時間前

私の今後についてご説明致します。
目指してきた新党結成は困難な状況となりました。一方、渡辺前代表が新党を立ち上げる見込みで、党を失った地方議員の一定の受け皿となることから、私達の新党構想は役割を終えたと考え、入党要請のあった次世代の党への入党を検討します。
政策も近く、一晩考えます。


[ 2014/11/25 22:21 ] [ 編集 ]
似た者同士
まあ、民主党だし、茂木某だし、という処でしょうか。

朝日の珊瑚事件にも似ている様な。
嘘宣伝を悪いと思わない、先天的に思えない輩。
茂木氏も底の浅さと自分の過去(若者時代)を自ら暴露しちゃったのでは無いかしら?

20歳の青年がこんな方法を思いつく事自体、その根性の腐り具合を示して居るようで、気味が悪い。

幼児の頃から「嘘つき」はいけない事、と教え込むのが日本人家庭の躾です。
茂木氏の、躾けられない子供の不幸を大人が見過ごす事自体、脳が作用してないのでしょう。
最近はご自分の「脳科学」に限界を来してか、歌手番組や朝ドラに学芸会以前の能力を披露して居ましたけど、観る側の迷惑も考えて欲しいな、と思いました。

なりすましが選挙公示前に判明して、良かったです。
[ 2014/11/26 01:34 ] [ 編集 ]
No title
嘘つきは泥棒(シナ人・半島人)のはじまり。
[ 2014/11/26 17:26 ] [ 編集 ]
No title
脳科学者(脳生理学を専門とする者)とあれば、終日実験に明け暮れるもの。それがこの茂木健一郎はわけのわからん自己啓発本を書いたり、テレビで道化をやったり、生活から研究者としての姿が見えない。これを脳科学者と担いだのはいったいどこの誰だ。
[ 2014/11/26 23:52 ] [ 編集 ]
さすが、No!科学者だわ!

脱税して開き直るだけの事は有る!

コイツは犯罪を奨励している事にさえ気付いていないのか?

大した科学者だな!自称か?

お前は最も卑劣な脱税犯だろ?
[ 2014/11/28 12:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: