私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  衆院選の隠れた争点 ~ 民主党に引導を渡せ

衆院選の隠れた争点 ~ 民主党に引導を渡せ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 22日夜に発生した長野県北部を震源とする地震で、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。ご無事と一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。



 さて、昨日書いたメディアの諸問題については、何も主要紙に限ったことではない。北海道新聞の本日の社説は、「<2014衆院選>集団的自衛権の行使 戦争できる国にするのか」というタイトルで、集団的自衛権行使容認の閣議決定が、あたかも日本を世界中で戦争する国にするこような論説を掲げ、政権に対するネガティブ・キャンペーンを展開している。「戦争できる国にするのか」というレガシーな論法は、既に論破されているはずなのだが、サヨク系の言論人やメディアは、この論法以上に説得力あるものを見いだせていないらしい。

 その北海道新聞の社説は、野党第一党の民主党に対し、「立場を明確にせよ」と迫っている。社説は、平和の党である公明党も、集団的自衛権の行使容認に転じたことを挙げ、立ち位置が定まらない民主党に「きちんと見解を公約に掲げ、議論を戦わろ」と言っている。この問題に断固反対の立場を明確にする共産党や社民党の数では、自民党に太刀打ちできない。だったら、「安倍政権の暴走を止める」のは「民主党しなかい」という、守旧メディアの切実さが表れた主張なのだろう。

 今回の総選挙の争点は、安倍政権と安倍政治への審判といえる。アベノミクスへの評価は各論のひとつであり、総体としての安倍政治が問われるべきだ。しかし、もうひとつの隠れた重要な争点は、民主党の存在に対する審判である。政権与党を経験し、現在は野党第一党である民主党は、左派の希望だ。連合という集票マシーンを持つため、ある程度の議席確保の希望もある。ただ、ある程度の議席を取ったところで、党としての理念、政策の一致を見いだせない「烏合の衆」は、左派が切望する集団的自衛権行使容認等々の政策に対する抵抗勢力とはなり得ない。道新が、「行使容認派を党内に抱え、立ち位置が定まってい」と指摘するのは、まさにその通りなのである。

民主党 今こそ消滅すべき時。

 読売新聞が21~22日に実施した世論調査では、衆院比例選での投票先として、自民党が41%、民主党は14%だった。安倍政権の支持率は前月から9%も落としており、本来であれば野党第一党の民主党の支持率がもう少し伸びても良いなか、14%どまりという数字は民主党執行部には衝撃だろう。これだけ差を開けられれば、小選挙区では勝ち目がない。

 2009年夏、民主党には突風ともいうべき風が吹いた。その風に乗り、民主党は「一度やってみたかった」政権を奪取した。だが、拙ブログでも度々主張している通り、民主党の存在意義は、あの2009年夏の衆院選大勝の日をもって終わったのである。政権交代こそが民主党の政治目標であり、それを成就したときに、その政治的役割は終わったのだ。

 仮に民主党が大敗すれば、また党内で責任者探しが始まるだろう。だが、責任者を探して糾弾し、党の看板を掛け替えたところで、民主党への信頼は戻らない。3年余りのバカ高い授業料で、有権者の側はとっくに学習している。

 来る選挙の隠れた争点は、民主党殲滅だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/11/23 11:41 ] 政治 | TB(0) | CM(8)
駆け込み寺
みんなの党、生活の党、まだ何処か弱小党から駆け込んで来る元議員達を、「前から民主が自分の思想に近かった」等と言い訳を聴いただけで、海江田党首(及び執行部)はよくまあ加入させるものです。
一纏めで墜落ならイイナ。
今や政界の駆け込み寺。

一方、引退した筈のクルクルパーは訪韓してクネさんの拡声器を勤めている様で、このまま南鮮で勤務していたらイイわ。
パーが叫ぶほどに民主が迷惑で、程よいお湯加減です。

で、次世代27人をよろしく。
[ 2014/11/23 12:30 ] [ 編集 ]
民主党の話ではありませんが・・・
「政治団体のうち、所属する国会議員(衆議院議員又は参議院議員)を5人以上有するものであるか、近い国政選挙[3]で全国を通して2%以上の得票(選挙区・比例代表区いずれか)を得たもの」

 上記は法律上政党と認められる為の要件です。
 社民党は現在国会議員5名、内、衆議院議員2名、直近の選挙での得票率2.36%


 
 見ものですね。
[ 2014/11/23 13:30 ] [ 編集 ]
宵闇迫れば
悩みは 果てなし ♪

唄の文句ではありませんが、わたくしめの個人的事情をお話すれば、よりにもよってあの石原伸晃氏の選挙区なのですよ。
前回までは鼻を詰まんで入れてましたがね。親父さんへの義理だとか何だとか、理由をつけて。

しかし、あの軽薄さには我慢も限界。小選挙区で左翼候補に入れる訳にも行きませんし、毎回のことですが、とりわけ困っています。

管理人様の仰せの通り、朝日・毎日・東京・中日・北海道新聞など反日マスコミ連合の唯一の受け皿が民主党です。本当は社民党と言いたいところなのでしょうが、今や政党要件さえ満たせるかどうかの絶滅確定種では、さすがの彼らも一緒に心中立てはできません。北海道新聞が頼りないのは百も承知で、なおかつ民主党の決意表明を促す哀れさよ(笑)

今回の選挙の隠されたテーマは民主党掃討選挙でありましょう。旧態依然たる反日マスコミの腐った最後の希望が民主党なのであります。民主党を解党に追い込めば、反日マスコミの論調の、具体的な政治への反映と売国目的の達成は事実上不可能になります。

共産党というのもあるにはありますが、あちらは新聞「赤旗」なので、いまいちムード左翼の反日マスコミとは利害が一致しないようです。

では、民主党の撲滅を楽しみに。
[ 2014/11/23 15:45 ] [ 編集 ]
民主党は論外ですが…
安倍自民も腐れ民主より1mm位マシ、という程度の差しか無い政党です。ましてや安倍首相は新自由主義者でグローバリズム礼賛思想であるし、それによって移民政策や規制緩和を推進しようとしています。現に象徴的にはTPPなどという我が国では経団連企業位しか得をしない売国条約を締結しようとしています。

故に、小生は率直に言って今回の総選挙では次世代の党の躍進に期待する位しか意欲が湧きません。安倍自民を積極的に支持する気持ちは毛頭無く、民主制度の辛さ(少しでもマシな政党を選ぶ)を噛みしめながらの選挙になりそうです。
[ 2014/11/23 18:51 ] [ 編集 ]
富国強兵が重要
私の選挙区は、民主党の大物議員の地盤です。今回どの様な結果になるか注目しています。
勿論トップ当選なのか、そうでないのか、といったレベルの興味です。 まあ、落選はしないでしょうけれど。
次世代の党は、もしかしたら苦戦するかも知れませんね。
致命的に時間が無いので。
[ 2014/11/24 00:43 ] [ 編集 ]
腐りモノなら要らない
国政に、日本の為には不必要・害悪、と思える候補者はいくら自民党議員でも私は投票しません。
党内から総理の足を引っ張る勢力に荷担したくないですから。

レッドバロン様の選挙区事情、実家が隣区なのである程度判ります。石原氏その人も?ですが、私が懸念するのは先の総裁選で彼をシンキローと町村氏が擁立した点です。彼等財務省増税派ですよね。シンキローは対外的にも何かとナニカですし。
自派の安倍再登板を抑え他派の石原氏を何故?でした。
操り易い、なら問題です。
この場合選択の条件は反日他党有利にならない事、と考えます。
若い時には時の政府批判票の積りで、私は絶対与党にはなれない共産党に無駄票を投じた事もありましたが、そうすると彼等は「何票の信頼を得た」数に入れちゃうんですよね。で、それも止めました。
最近のアヤツ等もうかうか油断は出来ない数になって来ましたから、最悪の場合出来るのは選挙区は白票選択しかないのかな?と思います。

安倍総理の「新自由主義礼賛」説も第一次のときはそう感じましたが、今はどうでしょう?場合に依って案外本音は違うのかも、とお見受けする事もあって、私は各論是々非々、総論支持です。
安倍総理が退陣されたら・・・どなたが居られます?また長い時間保守勢力沈殿ではないでしょうか。
稲田さんも未だ総理就任には学ぶべきことが多くてその時には至っていないと思えますし。
何故かこの日本、いい加減派は何度失敗しても代りが出て来られますが、確信保守は一度の失敗が何年も掛からないと復活出来ないですから、稲田さんには完全防備と完全叡智で出て戴きたいのです。

次世代の党は、「国際試合に公正なジャッジを」と新たに組織作りをしてくれるようです。
個人的には浅田真央選手にさえアレだったのだからもうどうでもいいや、と重い諦観を抜けきれないのですが、各日本スポーツ団体役員のいい加減さと、文科省・害務省の怠慢にも政策的にメスが入り、反日メディアにも影響を及ぼし、東京五輪が国際的にジャッジ面でも評価されたらいいだろうな、と思いました。

次世代候補者全員当選祈願ですが、ご一緒願える方が居られましたら、その候補者が立っている地域の条件に依り、個人名の選挙区と、個人名を書くと無効になる比例区の違いに、改めて充分に御配慮願いたいです。

比例区ではどうか「次世代の党」とだけ願います。
次世代衆院には腐り者候補は一人も居ませんよ~。よろしくお願い致します。   あ、参議院の一人は・・・何故か?・・・マフラーで色を添えて、と今回は考えない事にします。

水間氏が九州比例区の中山成彬氏の応援に発信されて居られます。遙かに説得力がありますからどうかご覧下さい。
[ 2014/11/24 04:47 ] [ 編集 ]
ランクアップ
貴ブログは、政治ブログランキングのもっと上位にいて良いと思います。
何故かコメント欄で不都合なコメントをいつまでも承認待ちで非公開にする、ねずブログが上位にいることが不愉快です。
[ 2014/11/24 09:33 ] [ 編集 ]
大阪府高槻市のお兄ちゃんレターNr.4 平成26年11月24日その1
大阪府高槻市のお兄ちゃんレターNr.4 平成26年11月24日その1
(松浪健太へ永久政界引退の引導を渡すで。辻元清美へ永久政界引退の引導を渡すで。)

安倍谷垣コラボが平成26年12月14日投票開票の衆議院議員選挙に踏み切ったことで、平成26年12月14日になるまでもなく、野党が離合集散し野党政権再編しとる。平成26年12月14日後も野党が離合集散し野党政権再編するやろ。そしてやな、平成27年4月の第1週と第3週に東京開票される地方統一選挙の前後も、野党が離合集散し野党政権再編する。

安倍谷垣コラボが平成26年12月14日投票開票の衆議院議員選挙で目標としとることのいくつかは、次のことやろ。
・平成26年12月14日投票開票の衆議院議員選挙で衆議院の民主党国会議員の数をできるだけゼロに近づけ、平成27年4月の第1週と第3週に東京開票される地方統一選挙で民主党地方議会議員の数をゼロに近づける。民主党地方議会議員は、民主党ではなく「未来」「21」「改革」などの通名の党名を使用しとる。「未来」「21」「改革」などは、韓国人が好きな単語や。
・野党政界再編けしかけ、特に参議院においてやな、次の参議院議員選挙を待たずしてやな、民主党、維新の会、解党済みんなの党の少々まともと思われる参議院議員をやな次世代の党へ結集させ次世代の党を5議席から8議席以上にしてやな、自民党113議席と次世代の党8議席以上合計でやな参議院議員総定数242議席の過半数121議席以上を上回るようにして、自民党113議席が公明党20議席との連立を解消できるようにしたいわけやな。

公職選挙法違反にならないような日本語の言い回しで書くけどな、熱狂的な保守の一般日本国民は、小坪しんや氏の格言「共倒れを防ぐために、小選挙区は自民党の方向性を、比例区は次世代の党の方向性を検討してみようや」を検討すべきや。
[ 2014/11/24 11:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: