私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  みんなの党と生活の党 ~ 野党再編の名を借りた保身

みんなの党と生活の党 ~ 野党再編の名を借りた保身

← 応援クリック、ありがとうございます。

 衆院選があと2週間ほどでスタートする。一強多弱と言われる今の政界を見渡すと、どの党もどの議員も、生き残りをかけて必死だ。自民党政権に殊更批判的な毎日新聞は、20日の社説で、そんな野党に発破をかけている。

 野党には新党による再編を模索する動きもある。現在の看板では不安なのかもしれないが、政策の軸があいまいな離合集散を繰り返しても有権者はうんざりしてしまう。
 安倍政権には満足しないが、野党にも受け皿としての魅力がない。こんな思いの人も少なくあるまい。選択に足る舌戦が展開されるかどうかは野党次第である。(以上、抜粋)


 いま展開されているのは、まさに「政策の軸が曖昧な離合集散」だ。その典型例が、選挙を前にして空中分解したみんなの党である。この解党劇は、党内政局だけで起こったもので、そのプロセスに政策論争など皆無だった。浅尾代表が主導した民主党への編入は、野党再編の名を借りた保身である。一時は第三局のなかで最も有望な政党とされたが、この政党には、いかんせん、「好き嫌い」という俗人的な要素が多すぎた。渡辺喜美前オーナーの失脚が、最後まで尾を引いた形となった。

 もうひとつ、「野党再編の名を借りた保身」を実践しようとしている党が、生活の党である。20日の産経新聞の報道によれば、生活の党の鈴木克昌、小宮山泰子の2名が、民主党から出馬するとのことだ。産経は一時、「小沢一郎代表以外の党所属議員が、民主党入りする方向」と報じたが、その後、記事を修正したようだ。

小沢一郎

 たまに見るブログランキングで、断末魔の様相を呈す小沢一郎のマンセーブロガーが上位を占めていることを、常々不思議に思っている。小沢応援ブログを上位にランクさせるほどの熱い支援者がいるのだろうが、その小沢も生活の党も、まったく支持が上がらない。最近は話題にもならない。日本のメディアは、政権批判が仕事だと勘違いしている節があり、政権批判には熱心だが、野党の話題はあまり取り上げない。そういう背景もあり、小沢一郎はもう過去の人となった感がある。

 生活の党に関しては、現在の党勢では、候補者を立てても全滅する可能性が高く、とても戦える状況にない。他党との協力が必要な状態だが、いくら選挙協力を模索する野党でも、「小沢と組む」ことが有権者に与える否定的印象を勘案しないわけにはいかない。小沢とて、実質的には自分を追い出した民主党に、いまさら頭を下げて入れてもらう訳にも行かないだろう。幹事長までも飲み込むという、民主党による生活の党の事実上の吸収合併も、結局、生活の党議員の保身でしかない。

 かつて、首相を凌ぐ権勢や集金力から「剛腕」と恐れられ、その後は政党を作っては壊し、「壊し屋」とも呼ばれた小沢一郎。自民党を離党して以来、政党を“作っては壊し”を繰り返し、生活の党は小沢にとって8つ目の党になる。その壊し屋も、もう店じまいの時だ。小沢一郎の終焉は、確実に秒読み段階に入った。

 一方で、みんなの党の離党組や生活の党の孤児を引き受ける民主党も、筋が通らないことをしている。鈴木克昌も小宮山泰子も、2012年、社会保障・税一体改革関連法案の採決で造反し、民主党を離党した。民主党執行部は、後に、この小沢一派を除籍処分としている。一度除籍という追い出し方をした議員を、選挙のためといって再び呼び戻すのは、なかなか奇妙な話だ。かつて第一次安倍内閣で、郵政民営化の造反議員を復党させ、内閣支持率が急降下したことがある。有権者は、筋が通らないことには敏感で、こういう離合集散には良い印象は持ち得ない筈だ。もっとも、造反によって民主党離党から国民の生活が第一に鞍替えした政治家個人を、有権者が覚えていればの話だが。

 毎日新聞が指摘する、「選択に足る舌戦」は、この総選挙では望むべくもない。いま盛んに動いている野党再編は、各党の都合と議員の保身から発生したもので、彼等は「憲法をどうするか」、「安全保障をどうするか」などの議論をした形跡が全くない。つまり、ほぼすべてが、野党再編とは名ばかりの保身なのだ。彼等は選択肢にはなり得ない。離合集散を繰り返す選挙互助会としての機能は、投票日の12月14日で終わる。そしてその翌日から、すりあわない政策や理念で、また離合集散の無限ループになるのである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/11/21 07:21 ] 政治 | TB(0) | CM(20)
大阪府高槻市のお兄ちゃんレターNr.1 平成26年11月21日
大阪府高槻市のお兄ちゃんレターNr.1 平成26年11月21日
(高槻市は辻元清美の選挙区や。今回こそ辻元清美へ永久政界引退の引導を渡すで。)

熱狂的な保守の一般日本国民の気持ちはよー分かるけど、やり方がド正直やから、結果として公明党、民主党、共産党、社民党の敵へ塩を送っていることになっとる。

熱狂的な保守の一般日本国民が「帰化も未帰化も含む在日韓国人マスコミなどの洗脳工作によってによって韓国人化した日本人B層」へトクトクと日本人の道義を説明しても、韓国人化した日本人B層は、なかなか理解してくれへん。

小坪しんや氏がブログで言うとるように、熱狂的な保守の一般日本国民、韓国人化した日本人B層へ「小選挙区は自民党、比例は次世代の党」という短いフレーズを連呼することを検討することが必要や。
韓国人化された日本人B層は、日本人なりすまし帰化も未帰化も含む在日韓国人や彼らに騙されとる馬鹿サヨ日本人と同じやから、短いフレーズの連呼に弱いからな。

ちなみにやな、保守の一般日本国民が想い出作りに小選挙区で次世代の党の人へ入れたら、「西日本で」、中山成彬氏の宮崎県第1区、三宅博氏の大阪府第14区(自民党の長尾敬氏も大阪府第14区)などのように、自民党も次世代の党も共倒れする可能性があるからな。

熱狂的な保守の一般日本国民は、高校野球やプロ野球のように、ピッチャーが自分の想い出作りでバッターへストレートど真ん中へ投げて真っ向勝負したら、日本国民へ大迷惑がかかると言うことや。

ただしやな、熱狂的な保守の一般日本国民はも誰でもそうやけど、平成26年12月2日衆議院議員選挙が公示された後、公職選挙法に違反しない範囲での行動を守りや。
[ 2014/11/21 10:32 ] [ 編集 ]
No title
小沢は政党助成金自分のものにしたのでお金はある。
信者とはお金で繋がってるだけなのかな?と思います。

そもそも莫大な借金作って経済弱めたのは小沢です。


国民が知らない反日の実態

金丸と共にアメリカへ日本を売った小沢一郎の過去

石原が暴露する小沢一郎がドブに捨てた430兆円

石原慎太郎氏「あの人ほどアメリカの言いなりになった人はいない。」

430兆円、130億ドルばらまき日本経済を弱めた。

大店法で日本の商店街は壊滅的なったのもこの時。


詳しくは90年代の日米構造協議で検索。
[ 2014/11/21 13:21 ] [ 編集 ]
皆さんは安倍元総理の思想に賛成して評価してるんですか?
実績って何かあります?
[ 2014/11/21 17:31 ] [ 編集 ]
ダンディー殿
安倍さんはれっきとした現職の総理大臣だが、「元総理」って何?

それから質問があるなら、ちゃんとした日本語で書いておくれ。
[ 2014/11/21 18:33 ] [ 編集 ]
レッドバロンさん
読めてますから日本語だと思いますよ。
釣れるかな?と思って元総理と書き込みました。
思想関係無くどの様な実績で評価されてるのか質問してます。
[ 2014/11/21 19:19 ] [ 編集 ]
自民党 VS 民主党・反日メディア
次の衆議院選挙の見方として大きくは自由民主党が勝つのか、民主党が勝つのかというものだと思います、結果として。

ですから何時もの様に反日マスコミは当然、自民党をけなし、民主党を押し上げようとするでしょう。

そこで今であれば「選挙の大儀」などと不似合いな言葉を持ち出してまた、散々洗脳して一定の一般の日本人が不安に思うようになった「原発再稼動」や「集団的自衛権」などを持ち出している。

さて、確かにまだまだ隅々まで行き渡らないアベノミクスではあるけれども失われた15年を止めた安倍自民党を支持するのか。
まともな経済政策も出来ず日米関係を壊した民主党を支持するのか。

今回の選挙、一般の国民がどれほど反日マスコミに洗脳されたままなのかを測る試験紙でもある。



ダンディさん

もっと主張したいことははっきりと分りやすく書きましょうね。

[ 2014/11/21 22:54 ] [ 編集 ]
私は結局消去法で政権担当能力は自民党しかないと思ってます。
しかしまともな政策立案も無く、実績も乏しい現政権にはガッカリです。
議席数が極端に増えたせいか、緩みきった政権に緊張感を持って貰うべく、今回は自民党に投票しないと考えてます。
[ 2014/11/21 23:31 ] [ 編集 ]
政策立案・法制化実績
ダンディ様、唯の釣りかと思えたのですが、そうでもないのですね。

安倍総理の政策立案実績なら、どうか第一次内閣の一年間に上げた、法案の数と中身からご検討下さいませ。
今回は通常国会の実績を。

今臨時国会では法案審議に野党が応じない日数が多くて、「実績が無い」と思われるのかも知れません。

内閣府のHPや安倍晋三wiki等でも知る事は出来るのではないでしょうか。
他人にお聴きになるよりご自分でお調べになる方が、正格に雑音混入させずに、お識りになられると思います。
[ 2014/11/22 00:01 ] [ 編集 ]
コメント欄のルールとマナー(追加)
ブログにコメントくださる方にお願いです。
一般論で申し上げます。

同一人物と思しき方が、日や場面によってハンドルネーム(HN)を変えてコメントを投稿されるケースが散見されます。
極力、HNを固定して投稿くださるよう、お願いいたします。
[ 2014/11/22 00:21 ] [ 編集 ]
誤記訂正、 大義ということ
前記「正格」を「正確」に訂正させて下さいませ。

過去の選挙に「大義」を問われた前例があるのでしょうか?私は記憶がありません。
「大義」の意味を改めて調べましたが、選挙に相応しい語彙だとも思えませんし、選挙の条件でも無いでしょう。
敢えて問うのなら、「マスコミの大義」から振り返って戴きたいものです。メディア従事者達はオノレの大義を守って仕事をして居るかな?
[ 2014/11/22 00:27 ] [ 編集 ]
こはるさん
議員定数削減先送り、公務員給与削減打ち切りなど、やるべき事を先送りにしたりするのは信用を落としてしまいます。
政策だとリストラ奨励金300億拡充、解雇特区検討、残業代ゼロ法案の検討など全くナンセンスです。

そして唖然としたのが、安倍さんがNEWS23でミクロの方はまだですが、マクロでは全然儲かってる訳でと言ってしまった事、マクロこそGDPマイナス成長という指標で明確に出ているにも関わらず。少し心配になりました。
[ 2014/11/22 00:28 ] [ 編集 ]
優先順位の決め方
ダンディ様の「やるべき事」とは、つまり政策の優先順位、という事ですか?
首相がその国会で一番に何を成すべきか、首相と内閣で取り上げる順序を決めてはならない、と仰る?
ダンディ様の考える優先順位に、平成二十四年暮れからの安倍内閣が、政治環境に即して可及的速やかに行うべきと判断した命題が違ってはいけないのでしょうか?
安倍内閣に限らず、今までの政権はどうでした?
ご不満でしたら、官邸や各党本部、あるいは思い当たる議員さん宛にメールしてご進言されたらよろしいかと思います。受け付けていますから。

ちなみに一例だけ私的意見を申しますと、ご指摘の議員定数削減案は三党合意に入っていましたが、民主党議員でさえ言いはするものの積極的に法制化を急ごうとはして居なかった、と私は拝見しております。
現役議員の皆さんが国会の外で理想は言うものの、そしてイザ解散風が吹いてから安倍内閣批判の為に持ちだしては来たものの、この法案審議、実際には臆していたのでは無いですか?それが安倍さんお一人の責任だとは私にはとても思えません。

それから、最初のダンディ様のご質問と言うか、むしろ言い掛かり的ご質問では、安倍さんが総理として何が実績なんだ?ではなかったですかね?
なので、ご自分で御調べ下さい、と申しました。今の世の中、ネットという物はご自分次第でかなりの事が調べられる筈ですから。
私はその日のNEWS23を拝見していませんので、ダンディ様が御心配の事には触れる事は出来ません。悪しからず
[ 2014/11/22 01:38 ] [ 編集 ]
真面目に
私は安倍さんを特別扱いしていませんので、どんな政権であれ自らやると言った事はやるべきです。順序の問題ではなく、その姿勢がないから批判しています。少なくとも、その時間はありました。
民主党議員が法制化を急ごうとしてないなら総理がリーダーシップを取ってやるべきですよね?
官邸にメールをしても全く通じないです。
確かに全く実績が無いとは思いませんが、その程度で誇られても、正直比較対象が民主党だから大きく見えますね。

最後に懸念材料として今は違憲状態、このまま選挙したら確実に違憲になるのではないかと思います。
[ 2014/11/22 02:07 ] [ 編集 ]
その程度?
第一次、二次の安倍総理の実績が「その程度」ですか。でしたら何も申し上げる言葉はありません。

時間はあった、とあのスケジュールをご覧になって言えるダンディ様には、ほとほと頭が下がります。絶句という意味で。
[ 2014/11/22 02:12 ] [ 編集 ]
絶句されるとは思いませんでした。
こはるさんが心酔するほど素晴らしい総理のようですね。

期待薄ですが、日本がより良い方向に進めばと願います。でわ
[ 2014/11/22 02:26 ] [ 編集 ]
国勢調査で
思い出しました。定数削減に全く手をつけていない訳でも無く、たしか(未確認ですが)今選挙は、0増5減で選挙区人口を調整して居るのでは無かったかしら?

我が選挙区の近くの地域が近隣に合併する形で選出議員減だと聴きました。他の地域でも有るはずです。
これで2倍というのが全地域解消されるのかどうか迄は調べて居ません。

絶句の意味を取り違えて居られる様に感じます。イイですけど。
別に心酔などは致して居りません。お分かりにはならないご様子なのでこれ以上は無駄ですね。
[ 2014/11/22 02:42 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/11/22 06:51 ] [ 編集 ]
ダンディ URL | 2014/11/21 23:31 | さん
その消去法というのは分りますよ。
良い悪いではなく、何々よりは良いが民主主義ですからそうなります。
では共産党と社民党で二者択一であったら ・・・悲惨。

そこで現安倍政権を取り巻く外部、内部の環境をみれば無批判である必要はないですが、理想的なことばかりは言えないと思います。

現時点、安倍自民党に最もプレッシャーをかけているのは外部的には腐ってもまだ民主党でしょう。

例えば言葉を借りれば「緩みきった政権」VS「直ぐにでも日本を壊したい政党」と比較してみれば、消去法がここにも当てはまるのではないでしょうか?

民主党政権がいきなりまた出来る確率はきわめて0に近いとはいえ、民主党議員が増えることは自民党の政権運営の足を引っ張ることとイコールです。
さらに弱い民主党とはいえ、反日メディアが一般の国民を洗脳している応援団です。

である現状からみれば自分としては安倍政権の施策に不満な箇所があって部分的な批判はしても基本的に応援するという姿勢から逸脱しては敵を利すると考えています。

[ 2014/11/22 11:00 ] [ 編集 ]
大阪府高槻市のお兄ちゃんレターNr.2 平成26年11月22日
大阪府高槻市のお兄ちゃんレターNr.2 平成26年11月22日
(高槻市は辻元清美の選挙区や。今回こそ辻元清美へ永久政界引退の引導を渡すで。)

おはようさん。

-----「ネット保守連合」事務局 たかすぎ----氏のグループの「次世代の党の議員を一人でも多く平成26年12月14日投票開票の衆議院議員選挙で小選挙区から国会衆議院へ送りたい」という熱狂的な保守の一般日本国民の気持ちはよーよー重々に承知しておるけどやな、

俺が以下に書くことはやな、-----「ネット保守連合」事務局 たかすぎ----氏を批判しているわけではなく、具体的事例を挙げて、より良い方向を提言しているだけや。

小選挙区で次世代の党を検討することは、野球で言うたらやな、
投手が、自己満足と想い出作りのためのに、または、苦し紛れに、ど真ん中直球を投げて打たれて、日本国民へ迷惑を掛けるのと同じことになる可能性が大いにあり、公明党・社民党・共産党を大喜びさせることになる可能性もある。

これらの可能性が高いのは、現在のところ、新潟県、長野県、岐阜県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県、沖縄県などやな。
これらの府県の各小選挙区において、自民党、次世代の党、民主党、維新の会、社民党、共産党が争った場合、
・自民党が得票第1位で当選した場合、惜敗率の関係で、第2位ではなく、第3位や第4位の社民党や共産党が比例復活当選する可能性がある。
・熊本県第4区において、自民党、次世代の党(園田博之氏)、維新の会、民主党、社民党、共産党が立候補者を立て仮に得票が分散した場合、共産党が小選挙区で当選する可能性があるかもな。だから、自民党は、次世代の党の園田博之氏へ自民党へ戻って来い、と言うとる訳や。
・上記の2例のようになった場合、小選挙区と比例区は関係ないけど、小選挙区で各党へ得票が分散するということはやな、比例区ばかりで当選者を出すと予想される公明党の自民党に対する発言権が増大するということや。

-----「ネット保守連合」事務局 たかすぎ----氏は、察するに衆議院議員兵庫県第11区(姫路市の大部分)の日本人であるやろけど、平成24年12月16日の衆議院議員選挙で、地元の自民党立候補者をほったらかして、大阪府の日本維新の会議員(N村S悟氏など)に加勢してばかりしていたため、地元の自民党立候補者が落選してしまい、民主党立候補者が当選してしまったという悲劇を起こしてしもた。

熱狂的な保守の一般日本国民は、小坪しんや氏の格言「小選挙区は自民党、比例区は次世代の党を検討しようや」を検討すべきや。
[ 2014/11/22 12:50 ] [ 編集 ]
汚沢を見縊る勿れ
民主党をハイジャックする思惑かも?
[ 2014/11/22 15:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: