私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  沖縄知事選で示された民意を、国民の総意で覆せ

沖縄知事選で示された民意を、国民の総意で覆せ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日の沖縄知事選で、普天間基地の辺野古移設反対派である翁長雄志氏が当選した。同日の那覇市長選でも移設反対派が勝利したことで、移設反対派は「民意が示された」と勢いづくことは必至である。この基地移設を迷走の道へと導いた犯人は2者存在する。一者は、誰あろうあのルーピーである。理由はもう説明するまでもないだろう。あとの一者は、間違いなく公明党だ。

翁長雄志
翁長雄志氏

 公明党は沖縄知事選において、移設容認論戦で支持団体を納得させられず、結局自主投票という形をとった。あの、基地反対派市長を生んだ名護市長選と同じ対応である。政権与党の一角を担う立場である限り、政府が進めようとする辺野古移設に関して、公明党は協力しなければならないはずだ。そのために閣僚の一席を有していると言ってもいい。この「政権に寄生するだけで無責を負わない」体質の政党に、果たして与党で在る資格はあるのか。公明党の斉藤鉄夫選対委員長は、那覇市長選で推した候補の敗北を受け、「保守・中道路線の声が届かず残念」と語っているが、寝ぼけたことを言うのもいい加減にしてもらいたい。

 同じく自主投票で選挙をやり過ごした政党はもうひとつある。あの、民主党だ。民主党政権でルーピーの迷走を生み、基地移設問題を徹底的にこじらせた挙句、結局辺野古に回帰したはずの民主党は、今回の知事選では党是も決められず、支持者を束ねることができなかった。反省も生かされず、どっちつかずの結論しか生めない政党なのだ。

 安倍政権は早くから、菅官房長官の会見を通じ、沖縄知事選の結果にかかわらず移設作業を進めると発信してきたが、恐らく、知事選での仲井眞現知事の苦戦を見越してのことだったのだろう。名護知事選での公明党の自主投票という裏切りも、ある程度は予想していたはずである。

 安倍首相の衆議院解散に対して批判的な立場を取るメディアは、「大義なき解散」と早くもキャンペーンを始めているが、大義や争点のあるなしに関わらず、今度の総選挙は2年に渡る安倍政権への信任投票の色が濃くなる。その安倍政権が辺野古移設を方針とし、選挙に勝利するなら、それは沖縄県民の民意を凌駕する国民の意思表示となるはずである。移設反対派の沖縄県民には悪いが、日本の安全保障を七十万人弱の沖縄県民に決めてもらっては困るのだ。

 そんな意味もあって、もし安倍首相が解散を宣言するなら、全力で政権をバックアップしなければならない。それとともに、無責任な政権寄生政党である公明党には、きつい罰ゲームを与えるべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/11/17 07:21 ] 政治 | TB(0) | CM(6)
No title
林雄介 @yukehaya · 8時間

沖縄県知事選挙は茶番。基地問題を本気でやるなら維新みたいに国政に進出すべき。維新の政策はともかく、府知事、大阪市長、統一地方選、次の衆議院選挙も公明党に刺客として橋下徹が出馬すると言っているから、筋は通っている。基地問題も衆議院選で問うのが筋であって首長選は無関係。


[ 2014/11/17 08:49 ] [ 編集 ]
楔は打ち付けられた
沖縄メディアは中国資本や華僑団体との関係が懸念されている。保守系サイトを見てみれば中国メディアが沖縄知事選を我が事のように報じて日米関係に水を差すだけには留まらない。平和について望む歴史と楽観的に物事を考える県民性も助長したとも言えるが、沖縄メディアの基地反対は日常に溶け込むぐらいだった。
安全保障の本質など関係ない翁長沖縄県知事の誕生で基地問題はどう形づけられるのか?沖縄に対する予算とは別な要求を話し合うのではと注視すると共に経済活動の活発化として中国への優遇は最早約束されたようにも捉えられる。
沖縄県といえば都道府県の完全失業率の水準が一番低く、雇用を生む観光産業に頼らないといけない状態が続いている。中国資本はそこに手を差し伸べる、いや漬け込み民主的な形を取りながら沖縄県独立を宣言するだろう。

台湾における学生の立法院占拠デモを思い出して欲しいが、沖縄県でも同じような事が起こるかどうか。「話せば解る」平和を日本人が考えているだけなら無意味だろう。 これは沖縄県の若者世代に大きく負担と老人世代との隔たりを残した。
そして、選挙に対して投票する意義を国民一人一人が見出だす事がどれほど大事かを考える要因になったのではないか。
[ 2014/11/17 13:47 ] [ 編集 ]
No title
この結果で辺野古移設反対運動が更に拡大し、沖縄の混迷はまだまだ続く予想ですね。米軍基地の存在理由を盾に政府から金を毟り取り続けた沖縄の地権者は日本国内でも稀に見る「朝鮮人気質」が染みついているのでは?ブログ主様の言われる通り、沖縄の「我儘」で日本の安全保障が危機に瀕してはなりません。自民党に引っ付く「コバンザメ政党」の創価公明が如何に国益より創価の私的目的で自民党にへばりついているのか?明明白白です。公明と手を切れない自民党の軟弱ぶりにも呆れています。次回選挙では次世代の党等、保守勢力野党の勢力拡大を期待せざるを得ません。無論、この場合公明とはハッキリと「腐れ縁」を断ち切るべきです。
[ 2014/11/17 19:08 ] [ 編集 ]
翁長の正体
翁長は、狼魔人さんのブログによれば、スポンサーに土建屋(目下沖縄県下ナンバー4の企業とのこと)らが付いており、移設工事利権を狙っている様です。よって、このオッサンは最後の最後まで結局移設承認撤回を公約にしませんでした(当選後の利権狙いなので出来る訳が無かった)。

故に、移設反対派ら革新勢力こそ、この山師に騙されたのであり、基地移設自体は法律に基づいて粛々と実施されることは間違い無く、我々他県民が心配するには及ばないでしょう。心配するとすればこの山師によるゴネ得狙いを警戒すべきでしょう。
[ 2014/11/17 21:47 ] [ 編集 ]
解散なら応援するだけ
一部ユダヤの「ホロコースト産業」に似て、沖縄も唯一の国内戦場の被害者意識をお金に変える手段を使い続けて来ました。
都道府県最低の完全失業率とか、児童教育レベルの低さが言われますが、長年の中央からの各種補助金に対する成果を上げる努力は必死にされてきたのか?疑問も残ります。

黙って居ても米軍基地があるからお金が降って来る感覚の持ち主が一部に居る事は、当の翁長氏の選挙前の発言にも伺われます。そういう人が当選したのです。

普天間基地の周囲には基地が出来てから住宅が押し寄せるように林立し、あろうことか小学校までが傍に建っています。
普天間住民が選んで立てた施設です。そこに児童を通わせ、小学校の移転案も出たのに反対しながら危険だと騒ぐ。
危険ではあるが確実に自己責任でもありましょう。
事故が起これば大変な事になるし、絶対の安全などこの世の中何にでもありません。

県内から基地を一掃したい?それが出来れば次に来るのは中共人民軍でしょう。
尖閣を超えて今は小笠原諸島まで出てくる中共を観て、米軍なら危険で中共なら「へいわ」だと本当に思っているのか?理解に苦しみます。

安倍総理が取り組んでいる諸問題は安倍内閣一個に丸投げして良いことではありません。
国民の後押しがなければ、現実問題として日本保守最後の砦の様な佇まいの安倍政権も崩れてしまいます。
安倍さんは随分お勉強されて二次政権をお作りになった、と感心致します。時々イライラも致しますが、米国はじめ諸外交の圧力への静かな応戦は当然在るだろうと思います。
何処の道を抜けたらそれらの地雷を踏まずに目的地に到達出来るか、迂遠でも当座の無駄の様でも、目的の地に至るまで、頑張れる安倍さんで居て戴きたいと切に願います。

是々非々ながら安倍総理を支えたい、とする次世代の党を私は雑多の自民党より遙かに信頼致しますが、なにせ数の上では圧倒的に不利。
次世代の立候補者が多分居ないであろう我が選挙区では党名は次世代、議員は自民しか選択は有り得ません。
[ 2014/11/17 22:25 ] [ 編集 ]
連投
素浪人様ご紹介の翁長氏の利権先が、よもや辺野古の近くを買い占めたという汚沢氏の思惑と結託ではないでしょうね?と、ふと思いました。
ウォッチングの楽しみはありそうですね。
[ 2014/11/17 22:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: