私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  習近平の仏頂面と、日中首脳会談を伝える日本の売国メディア

習近平の仏頂面と、日中首脳会談を伝える日本の売国メディア

← 応援クリック、ありがとうございます。

 はるばる遠方から来た客に「ようこそ」のひと言も言えず、その客の挨拶をも黙殺し、「迷惑だ」とばかりの仏頂面で迎える主人というのは、会合や宴会を主催する資格があるとは言えないだろう。しかも、日本の首相を出迎えるのに、日章旗も用意せず、「お前は他の客とは別だ」という悪意を隠そうともしない。この無礼は、日本および日本国民に対する敵意の表れだ。

 習近平のあの仏頂面と無礼さをテレビで見て、日本人なら腹を立てるのはごく自然なことだ。かくいう私も腹が立った。しかし同時に、あの仏頂面を見た時、「勝った」と思った。安倍外交の勝利であることを確信した。習の仏頂面は、恐らく、13億の人民(しかもその大多数は、日中関係に興味すら持たないであろう貧民層)に対するパフォーマンスだと思われる。だが習は、その13億人に対するパフォーマンス故に、その無礼さ、儀礼を失する態度を全世界に向けて宣伝したことになる。

安倍・習会談

 習近平の安倍首相に相対した時の表情が硬ければ硬いほど、また、事前に取り交わされた合意文書の内容を、支那のメディアが歪曲して報じれば報じるほど、中共やキンペーの余裕の無さ、切羽詰まった立場が浮き彫りになる。安倍首相は、会談の直前まで執拗に続いた中共の「靖國」「尖閣」というふたつの要求を突っぱね続けたという。日本側は、「会談がなければなしで良い」「会って写真を撮るだけで良い」というスタンスで事に臨んだ。結果、中共側が折れた。習近平は首脳会談後、APECビジネス諮問委員会の会合で再び安倍首相と会話を交わした際、「初めて会ったときは他人でも、2回目からは友人になる」というセールストークをしたそうである。あっと驚く友達宣言だ。朴槿恵はこの言葉をどう聴くのだろうか。

 ことに、歴史認識を常に持ち出す支那に対し、靖國で譲歩しなかったのは、安倍首相の勝利である。だが、この勝利に対する日本メディアの伝え方は、予想通りではあるものの、どこの国の新聞かと問い質したくなるようなものだ。朝日新聞を例に取ってみる。

 無謀な軍拡を続ける中国は、自衛艦へのレーダー照射や、防空識別圏の一方的な設定など挑発的な行動を続けてきた。安倍首相は、内外の反対を押して靖国神社に参拝したほか、中国を刺激する言動をみせてきた。
 尖閣諸島をめぐりアジアの二大国が戦端を開きかねない。100年前の第1次大戦からの連想も手伝い、世界がそう心配しているのは恥ずべき事態だ。(朝日新聞 11月11日社説より)


 朝日は、あたかも戦争前夜のような雰囲気を醸し出しながら、「世界」が心配する首相の靖國神社参拝を「恥ずべきだ」と言っている。この場合、朝日は「世界」がどの国や地域を意味するのかを明言しない。世論調査をやったら半数以上の人が肯定的に答える首相の靖國参拝を「恥ずべき」というなら、朝日は本社を北京にでも持って行った方が良い。その他、各メディアの伝え方はこのようなものだ。

  • 東京・中日: 近隣諸国に無用な懸念を与えないためにも、靖国参拝を控える「戦略的忍耐」も必要だ
  • 毎日: 中国の要求いかんにかかわらず、そもそもA級戦犯がまつられている靖国神社に首相は行くべきではない。
  • 日経: 安倍首相は大局的な判断から、新たな参拝を自粛するのが賢明だ。

 我が国には中共の機関誌が多すぎる。「外交のためなら日本の心を売ってしまえ」というなら、こういう新聞はすべて無国籍メディアと呼ぶべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/11/12 07:13 ] 外交 | TB(0) | CM(8)
No title
>我が国には中共の機関誌が多すぎる。「外交のためなら日本の心を売ってしまえ」というなら、こういう新聞はすべて無国籍メディアと呼ぶべきだ。

同感です。売国メディアとまでは表現されないあたりがブログ主さまのセンスなのだろうなと勝手に(笑)考えています。また、そういったセンスに親和性を感じている者としては、こうした文章を読むことができるのは喜びでもあります。

熱心な読者でなくて本当に申し訳ありませんが、これからも読ませていただきます。よろしくお願いします。


ところで、5日の記事のコメント欄を昨日確認しました。
こはるさま、ありがとうございました!この場を借りて御礼申し上げます。
[ 2014/11/12 09:48 ] [ 編集 ]
No title
ニューズレター・チャイナ @NLChina2009 · 1時間 1時間前


ネット上に誤解が広がっているので訂正したい。

日本の中国向け援助は6兆円を軽く突破している。

①外務省のODA(政府開発援助)が3兆6000億円

②財務省の「資源開発ローン」が3兆円。

①と②を合わせてすでに7兆円近い。

②は一般にはほとんど知られていない。これが二か国間の援助総額である。



これに加えて国際機関からの迂回融資がある。
これらは日本が最大規模の資金供与を行っている団体だ。
アジア開発銀行、世界銀行、国連開発機構などがそれである。
これが兆を超える金額である。
だがまだは終わらない。
ODAとは別に政府の各省が対中交流の名目で別に予算を獲得しているからだ。


「いったいなぜこんなことが続いているのですか」とよく聞かれる。
それを考えるのが青年、君たちの仕事なのだよと言うのだが、
だれも調べようとはしない。
知的怠惰という点では右も左もない。
いまや言論人の仕事は新宿と阿佐ヶ谷のロフトへの出演だ。
きつい取材なんかかったるい「保守の時代」。
[ 2014/11/12 10:45 ] [ 編集 ]
アカヒの稚拙な情報操作
アカヒの情報操作はどんどんレベルダウンしている。
「尖閣諸島をめぐりアジアの二大国が戦端を開きかねない」とは
カビのはえた脳みそから生まれた古色蒼然とした見解だね。
尖閣諸島をめぐってはすでに情報戦、法理戦、心理戦に突入している。
時代遅れのアカヒよ、ドンパチやるだけが戦争じゃないことぐらい、きちんとわきまえろ。

大東亜戦争前はドンパチ戦争を煽りに煽って
今や日本にだけ反戦・平和を説くことで
支那の侵略戦争を煽っているアカヒ。
反戦・平和の日本をどの国も侵略しないという
下劣な思い込みをいい加減に捨てなさい。

まぁ、支那のプロパガンダ紙にそれを要求しても無理だろうがね。

[ 2014/11/12 11:09 ] [ 編集 ]
No title
結局は国内メディアが総じて日本と言う国を貶める「売国メディア」である。国民がこれら「売国メディア」に洗脳され続けた結果が現在の体たらくした日本の現状なのだと感ずる。TVは相も変わらず、暇を持て余す「主婦?」を相手に安い下朝鮮ドラマを垂れ流し、バカ丸出しのお笑い芸人が闊歩し、挙句の果ては若者洗脳にロリコンアイドルを作り出し、まさに「一億総白痴化」の完成が近づいている。そろそろクーデターでも起きないかと期待している昨今ですな。
[ 2014/11/12 11:24 ] [ 編集 ]
ドイツ国内のAPECにおける日本国首相安倍晋三氏に関する報道
ドイツ国内のAPECにおける日本国首相安倍晋三氏に関する報道

=====

ドイツのテレビ公共放送は、2局あり、ARD (Arbeitsgemeinschaft der Rundfunkanstalten Deutschlands) と ZDF(Zweites Deutsches Fernsehen) です。
両局とも、左翼テレビ放送局なので、ドイツ連邦共和国首相(Bundeskanzlerin der Bundesrepublik Deutschland)アンゲラ・メルケル女史のキリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟(die Christliche Demokratische Union/die Christliche Soziale Union=CDU/CSU)(=保守党)に関する報道を控えめなのですが、

H26/11/10からのAPECにおける日本国首相(Der Ministerpraesident Des Kaiserreiches von Japan)安倍晋三氏の目的は、
*ドイツと日本国の国連常任理事国入りまでの過程のドイツを含む参加国との事務的確認
*日本国のロシア連邦に対する北方領土返還要求、日露平和条約締結協議、ロシア大統領プーチンの日本国への招聘要求
と報道していました。
[ 2014/11/12 14:16 ] [ 編集 ]
No title
近々、選挙が行われそうな雲行きになってきてるけど
親中・親韓議員の議席を大幅に減らすことで、中・韓に対する国民のメッセージとなる。
親中・親韓議員が大幅に減る事で経団連やマスコミに対しても国民りの怒りを示す事ができる。
[ 2014/11/12 15:14 ] [ 編集 ]
佳きこと哉
naga様 
出過ぎとは存じましたが、腹の立つ事には見境無いもので結果、大きなお世話でなかったら、と恐縮です。


中鮮共に、究極の反日教育が今、逆にその政権を縛って身動き出来なくなっている様に思えます。むしろこちらからは 喝采。何時までも縛られていろ! 

安倍総理は当然、ご気分はよろしくなかったでしょうけれど、安倍総理の全面勝利でこのAPECを終えられたのではないでしょうか。
総理は20日まで海外行脚とか。御体調お大事に、と願って居ります。

朝日はもう断末魔時期も過ぎたのか?風前の灯火は最後の輝きと見せるものだと申しますが、輝き失せて、何を見て、何を書いているのか担当記者も分からないのかも。
[ 2014/11/12 20:52 ] [ 編集 ]
別件ですが
連投させて戴きます。
9日の、天皇陛下と   (さがれ!)南鮮トップを並べるブットビ要請に投稿された
チワワ様の、中共可操作政治家達の名前一覧。
ほぼ全員が増税組ですね。
安倍政権に更なる増税をさせて失脚させたい中共司令かも、と勘ぐります。
もしも解散・選挙でしたら、これら、反日議員を落とし、安倍内閣が身軽になって、ようよう日本を取り戻せる態勢に近くなりますように、と考えます。

先日、管理人様が少し触れられた丹羽元駐中大使と時を同じくして、アノ自民党総務会長・二階氏も同様の日本(安倍政権)毀損工作講演をしていたそうで、国策に他国から司令が出て居たのかもしれない、と(表向)仮定で思います。

麻衣子様のドイツ報道ご報告、参考になります。
流石に関心事はドイツ周辺事項限定(w)なのですね。
おかげで「中鮮以外も立派に世界」なのよ、と改めて朝日とその仲間を嗤えます。
[ 2014/11/13 01:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: