私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  「河野談話は見直されるべきだ」 ~ マイケル・ヨン氏が投じる一石

「河野談話は見直されるべきだ」 ~ マイケル・ヨン氏が投じる一石

← 応援クリック、ありがとうございます。

 産経新聞のワシントン駐在編集特別委員である古森義久氏が、1日に書いた記事、「慰安婦問題、米から支援の声」以降、マイケル・ヨンという米国のフリージャーナリストの名前が頻繁に出てくるようになった。ヨンという名前からアジア系を連想したが、マイケル・ヨンはバリバリのアングロサクソンである。いくつか記事を読んでみると、主戦場は紛争(戦争)地とアジアのようだ。古森氏の記事では、ヨン氏のことをこう書いている。

 そんな著名な米国のジャーナリストが日本の慰安婦問題の調査に本格的に取り組み始めた。米国、日本、韓国、タイ、シンガポールなどでの取材をすでにすませた段階で、ヨン氏は「米欧大手メディアの『日本軍が組織的に女性を強制連行して性的奴隷にした』という主張は作り話としか思えない」と明言する。

 ヨン氏はこの趣旨の調査報告をまもなく米国系のメディアで公表するというが、自分自身のホームページでは「慰安婦問題での日本糾弾は特定の政治勢力の日本叩(たた)きだ」とまで断言する。慰安婦問題での世紀の冤罪(えんざい)を晴らそうとする日本の対外発信の試みにとっても、やっと一条の光が米国側から差してきたようだ。


マイケル・ヨン
マイケル・ヨン

 マイケル・ヨンは日本びいきというわけではないが、少なくとも彼はフェアである。いくつか彼の記事を読んでみたが、FacebookにUPされていた「Pearl Harbor: The Japanese 'sneak attack' (真珠湾攻撃: 日本の奇襲攻撃)」には、このような一節がある。

 朝鮮戦争で戦い日本に駐留した黒人の退役軍人 ―― バッファロー・ソルジャーズ ― がある日の昼食時に私に述べたところによれば、彼等は日本が大好き(LOVE)だということだ。彼等によれば、日本人は、彼等を正式な人ととして待遇した初めての人たちだったからだ。我々米国人は、いまだに戦争の黒人英雄たちをバスの後ろ座席に乗せている。我々はいまだに何人かの黒人退役軍人に私的制裁を加えている。黒人退役軍人たちは、日本人は彼等を人としての尊厳を以って処遇したのだ。(以上、意訳にて)


 この投稿で、マイケル・ヨン氏は、日本の教科書への介入に着いて批判しつつ、「邪悪な日本の奇襲によって仕掛けられた第二次世界大戦」という史観のもとで育てられたことを挙げ、自国の歴史教科書にかかわる欺瞞性を突いている。

 そのマイケル・ヨン氏は、日本語が達者なわけではないだろうし、日本語の読み書きができるわけでもないはずなのだが、彼のツイートには数回、日本語で書かれた呟きがポストされている。次もその日本語ツイートのうちのひとつだ。


. 秦郁彦氏は、テキサス親父ことトニー・マラーノ氏がグレンデール市の市議会に出席し、韓国系団体の強い要請で設置された慰安婦像に対して事実関係をもとに批判した一件を受け、「正道は、テキサス親父の戦術だ。韓国は何を言ってもダメ。韓国をテーマにして、米国を戦場にして戦うのが一つの方法だ」と語っている。この戦場を戦いぬく場合、いまだに「邪悪な日本」という歴史観に囚われた米国人を論破、説得するなら、日本人自身は勿論のこと、マイケル・ヨン氏のようなフェアな物言いができるジャーナリスト、歴史家を巻き込むことが肝要だ。

 朴槿恵は新たな告げ口外交の相手として、オランダ国王を選択したようだ。オランダ国王およびティマーマンス外相の反日発言を奇貨としたようで、朴はオランダ国王に対し、「韓国と日本は北東アジアの平和と繁栄に向けて協力しなければならない同伴者だが、歴史認識問題、特に慰安婦問題が懸案となっており、解決のために努力している」と語ったという。情報戦は、朴の告げ口によって、欧州の王室まで巻き込む事態にまで発展している。

 マイケル・ヨン氏の調査報告が米国系メディアに公表される日が楽しみである。いままでは、NYTのニコラス・クリストフを代表として、反日記事しか書かないようなジャーナリストが幅を利かせていた。ヨン氏の調査報告が、戦後秩序に囚われた米国ジャーナリズムに一石を投じることを祈るし、日本はヨン氏のようなフェアなジャーナリストを、より多く開拓すべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/11/04 07:16 ] 外交 | TB(0) | CM(11)
吉田康一郎氏も語るヨン氏のこと
前都議会議員の吉田康一郎氏が去る10月25日の「朝日新聞を糺す国民会議」の結成国民大集会で、マイケル・ヨン氏の働きを述べられています。今日の記事のように、このような頼もしい正義のジャーナリストの存在を国民がもっと知ることから始まりますね。

吉田康一郎氏の演説の一部です。

「マイケル・ヨンというジャーナリストが、デービット・マクネイルがまた新たな吉田清治(これは背のりですから、日本人じゃないと思いますが)、
第2の吉田清治をでっちあげようということで、金沢の元神父(軍医だった人)のでたらめな証言を論文にして、ニューヨークタイムスに載せようとしました。マイケル・ヨン氏がおかしいなと調べて、違うということでニューヨークタイムスに載せるのを止めてくれました。

またあらたな捏造を反日勢力が作ろうとしています。そして朝日新聞の英語版ではいまだに謝っていない。吉田清治だけなかったことにして、他の南京などのでたらめを引き続き、日本を滅亡させようと続けております。是非、皆様と共に徹底的に追い詰めて朝日を廃刊させましょう」

なお、彼は次世代の党から次期衆院選に出馬されるとのことです。各所での演説に国家観歴史観を持った傾聴すべき論考を展開されるのをYouTubeで見ております。是非とも勝ち取って欲しいと思うものです。皆様どうぞよろしくお願いします。
[ 2014/11/04 08:43 ] [ 編集 ]
恐れる必要がない、答える準備はもう来ている
閑話休題になりますが、2点お聞きしたいのだが答えていただける方はいませんか?
トニーマラーノ氏が慰安婦の尋問調書として挙げているミッチナ慰安所についてその証言内容の信憑性はどこまで言及出来るのか?
白馬事件におけるバタビア臨時軍法会議があったように他国でも同じような軍人関与の問題が起きていなかったか?

この2点は慰安婦問題について左派団体が慰安婦に対する強制性があったのではと反論している部分に当てはまるからです。答えていただけるなら出来れば詳細に、と思っていますが場違いであるなら申し訳ありません。

マイケル・ヨン氏がどこまで確信得た取材を行ったかは解らないですが、黒人奴隷や植民地に対するアメリカやヨーロッパの価値観をそのまま慰安婦に繋げるような見方ではないだろうと推測します。この機運を日本国民が知る事で間違いなく国内における慰安婦肯定してきた政治家や評論家は「反論と見解」を述べなくてはいけません。
[ 2014/11/04 10:11 ] [ 編集 ]
『東京裁判』
先に米議会で発言したテキサス親父(トニー・マラーノ氏)やこのマイケル・ヨン氏の行動にはまったく一日本人として感謝の言葉しかありません。
しかし、常に思うのは本来は日本人が日本人の手でこの日本毀損状況を覆すのが本筋であるということだと思います。

そして日本が世界(特定国以外)に肯定的に評価されている現在、米国に客観的に歴史上の日本を見ようとする環境が整いつつあるのではないかと思います。
この米国での動き(歴史を冷静に客観的に見るという)が広まればあの『東京裁判』から70年を経てようやく「時が熱狂と偏見とをやはらげた暁に、また理性が虚偽からその仮面を剥ぎとった暁に」となる事でしょう。

また『河野談話』の無効化は日本毀損が正当に一枚剥がれることであり、この本丸に続く第一歩でもあるでしょう。

http://www.sankei.com/column/news/141101/clm1411010007-n1.html

http://www.sankei.com/life/news/141103/lif1411030026-n1.html

[ 2014/11/04 12:13 ] [ 編集 ]
【札幌市議会】植村隆氏を応援する決議、11月6日に可決見込み! ←緊急!絶対反対意見を送ろう!
【札幌市議会】植村隆氏を応援する決議、11月6日に可決見込み!
拡散お願いします。

金子やすゆき札幌市議ブログ
【札幌市議会】植村隆氏を応援する決議、11月6日に可決見込み!
http://kaneko-yasu.seesaa.net/article/408200449.html
右上に(共産党案)の隣に小さな字で(自民党修正案)と書いてあります。
棒線や赤字の加筆は、共産党の作った原案に自民党が修正を加えた箇所です。
共産党が提出した原案に、なんと自民党が相乗りしているのです。
よりによってコミンテルンの手先の共産党と自民党が手を組むとは・・・。
日本も、もう終わりかもしれません。


首相官邸: https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
自民党: https://ssl.jimin.jp/m/contact
札幌市議会自民党: http://www.jimin-sapporo.jp/
TEL:011-211-3207
FAX:011-218-5119
E-mail:info@jimin-sapporo.jp

2014/11/04(火) 12:40:11 | URL | 名前を書いてください #-
[ 2014/11/04 12:54 ] [ 編集 ]
No title
粕谷一希氏が<昭和天皇まで、チャールズ・ビーアドの「東京市政論」をもっとも影響を受けた書物として挙げられたという>と紹介している、関東大震災後の東京市政にも大いに貢献されたチャールズ・A・ビーアド教授の著書「ルーズベルトの責任」が2012年にようやく日本でも出版されています様に、捜せば戦時中から海外でも公平な視点で日本を観察して居る著名人は居るのだと、そして、日本国内でGHQに依り焚書扱いにされた著書が数多あるように、米国内でも言論統制風潮があり、戦後も長い間日の目を見なかった文章があると、最近になって知りました。
その中には日本の立場を支持して呉れているものも少なくない様です。

南鮮が欧米に広げた慰安婦問題=日本毀損行為ですから、それでは、と日本が立上がるに、このマイケル・ヨン氏やトニー・マラーノ氏の応援を戴ける事は実に有難い事です。

話せば判る、のはヒトの話の判る人間間の事、と日本人が見に沁みて知った中鮮の異形さ。
戦時慰安婦の実態が日本人とは違った観点で語られる事と、南鮮の民族性も世界に知れて欲しいとちょっと厚かましく期待心がうずきます。
勿論、日本人が日本の手で名誉を勝ち取るべきですが。
[ 2014/11/04 13:33 ] [ 編集 ]
ありがたい
テキサス親父だけでなく、新たな援軍がアメリカから来てくれました。
ありがたいことです。
日本人も負けてはいけません。
[ 2014/11/04 23:27 ] [ 編集 ]
No title
アメリカの白豚に言われても国内のリベラル平和主義者にウヨ叩きの口実にされるだけです。同じセリフはむしろ半島の糞キムチか大陸のシナチクに言わせるべきでしょう。もっとも、そうなったらそうなったで‘チョッパリに尻尾を振る馬鹿犬’と叩かれるだけですが。


結局のところ、余所者の横やりに一喜一憂するのではなく「誰に何を言われても相手にせず、日本にとって正しいことを提示する」という姿勢を持つことが重要だと考えます。
[ 2014/11/05 05:21 ] [ 編集 ]
No title
白豚なんて言わなくていいと思うんですけどね。
テキサス親父さんや、マイケル・ヨンさんのように、真実を知ってくれる人を世界中に増やしていかないといけませんね。
[ 2014/11/05 06:58 ] [ 編集 ]
2014/11/05 05:21の名無しさん
2014/11/05 05:21の名無し
さんもたまには名前を入れたらどうですか?

トニー・マラーノ氏がどれだけ長期間、日本の為に努力を惜しまず行動しているのか?

それを一言でちゃかす精神に不快感を大きく感じますね。

そもそもこの米国人の言動(youtubeでの拡散や実際の議会での発言)がどれほど大きな効果をもたらしているのか。
またそれによって日本人がより日本の毀損状況を変えようと刺激を受けたか?

そういう事を考えた方がよいでしょう。

保守っぽいよそおいをいくらしてもそんなくだらない書き込みならば日頃のフラストレーション発散としかみえませんよ。

なお、「リベラル平和主義者にウヨ叩きの口実にされるだけ」?
それは逆でしょう。
何も語らない、上手く世界に発信できていない日本の現状がリベラル平和主義者を勢いつかせて来たということでしょう。



[ 2014/11/05 20:52 ] [ 編集 ]
訂正 ついでに
「見に沁みて」なんて書いて居ました。ご無礼。
「身に染みて」と訂正させて戴きます。

名無し 様
言葉は遣う人の人格・品性を顕わしてしまいます。
冗談で遣う場合と、他者を下に見る当人の思い上がりは、受け取る人が皆判るものです。
傲慢を恥としないなら、貴方ご自身が仰る事を実行されたら宜しいのです。
貴方の文章はときどき、貴方が蔑む国のそれと同じに感じますよ。

管理人様に幾度かご注意を受けて、その都度言い訳されていますが、直さない所を見ると、その場凌ぎで騙せると思って居るのかなあ、と不信感を抱きます。
天に唾する愚行と申し上げます。
[ 2014/11/06 02:41 ] [ 編集 ]
慰安婦
これは分かりやすい慰安婦。

http://www.youtube.com/watch?v=0iJs2Xxvmas

けしからんのは誰かよく分かる。
[ 2014/11/09 18:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: