私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  朝日新聞 ~ カルト宗教化した空想的平和主義とその憲法観

朝日新聞 ~ カルト宗教化した空想的平和主義とその憲法観

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞が、慰安婦捏造報道と吉田調書の歪曲で失墜した社会的地位からの再生を期し、立ち上げた第三者委員会。そこに参加している田原総一郎氏の話によると、朝日社内では社会部を中心に、いまだに徹底抗戦派が多数だという。「強制連行はなかった」という点を認めつつも、「強制性はあった」という。これは、田原氏が池田信夫氏との討論のなかで明かしたことだが、田原氏の話の信憑性については置くとしても、この状況は、カルト宗教にのめり込んだ信者の姿としか見られない。

 なんだか、成田空港のど真ん中で立退きを拒否し、ひたすら居座り続ける抵抗派のようである。大勢を見れば、既に勝負は決まっている。ところが、もう誰も見向きもしないイデオロギーにどっぷりと染まるあまり、自らの立場を転換できないのだ。これは、日本のいわゆる護憲派にも相通ずる様である。

 朝日新聞は、赤旗、東京・中日、毎日などとならぶ、護憲派新聞である。自称“普通の主婦”という活動家が起こした「憲法9条ノーベル賞」運動においても、その活動を紙面を割いてバックアップしたのが朝日だ。信頼が失墜しようとも、朝日の護憲スタンスは変わらない。そんな姿勢を証明するかのような社説が、今朝、掲載されている。朝日は、『「地方」や「女性」「政治とカネ」が焦点になっているいまの国会だが、もっと注目されていい論点がある。憲法だ。』と、珍しく正論を吐きながらも、結局は読者に護憲イデオロギーを押しつける。

いま国会で―論ずべきは憲法の価値 (朝日新聞社説 2014年10月26日)

 「憲法9条を保持する日本国民」がノーベル平和賞の候補になった。これをどう考えるべきか、先日の参院憲法審査会で議論になった。
 「哲学的には素晴らしいかもしれないが、賞をもらったからといって国は守れない」。自民党の丸山和也氏がこう指摘すると、民主党の有田芳生氏は次のように反論した。
 「特定秘密保護法や集団的自衛権で、日本は大丈夫かという海外からの厳しい目がある。そうした背景を考えないと」
 この日はここで時間切れになってしまったが、議論を深めるべきテーマである。(抜粋)


 “極左”有田芳生の発言を社説に引用するとは恐れ入ったが、朝日はこの議論における丸山氏の論点についてまったく触れていない。ヨシフは、自分が国連に行った時(国連といっても人権委員会だけだろう)の日本に対する見方を披歴し、「特定秘密保護法や集団的自衛権で、日本は大丈夫かという海外からの厳しい目がある」と発言した。言うまでもなく、これは海外の“一部”の日本観でしかない。丸山氏はこれに対し、「海外からの目云々以前に、先ず、日本・日本人としての主体性があるべき」と反論している。これは、「日本は日本人自身が守るべき」という主体性の発揮を促すものだ。

 集団的自衛権の行使容認の閣議決定は、政権内の内輪の議論だけで憲法の平和主義を大きく方向転換させてしまった。
 基本的人権など意に介さない団体によるヘイトスピーチが横行する。その主張を明確には否定しない閣僚がいる。
 日本国憲法の基本的な価値が損なわれつつあるこうした現状こそ、国会がいま、正面から論じるべきテーマである。(同社説)


 朝日新聞の主張する憲法の基本的価値観とははなにか。極論すれば、カルト化した空想的平和主義である。自紙に都合のよい事柄のみを引き合いに、イデオロギーを散布するという朝日の姿勢は、慰安婦問題であろうと憲法問題であろうと大差ない。だが、自分たちには都合の悪い事実には決して言及しない。例えば拉致事件にしても、支那による尖閣諸島、小笠原諸島への領土・領海浸食にしても、取り上げ方の消極性もあるし、解決方法としては「外交という話し合い」以外、朝日の主張には何の具体性もない。

 朝日は、ヨシフの「日本は大丈夫かという海外からの厳しい目」は記事にするが、一方で、集団的自衛権の行使容認を含む安倍首相の積極的平和主義に対して、支那と南鮮を除くアジア諸国から積極的な評価があることを、朝日は報じない。いま、南鮮が支那の冊封体制に再編入しようという動きによって、東アジアの安全保障バランスは崩れようとしている。朝日は、そういう現実を直視した上で、憲法論を掲げてみよ。朝日がそんな議論をふっかける前に潰れるなら、それはそれで良しとしよう。



ひとりでも多くの方のご参加を。




最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/10/26 10:46 ] メディア | TB(0) | CM(4)
朝日新聞は反日カルト原理主義者と呼ぶべきです。
朝日新聞は反日カルト原理主義者と呼ぶべきです。
[ 2014/10/26 11:13 ] [ 編集 ]
いやいや
垢日ヒンブンは、従特亜工作任務犯罪者集団と呼ぶべきです。
[ 2014/10/26 14:25 ] [ 編集 ]
ブログ主さんに質問です。
最近の日本をどう思いますか?
私は非常に恥ずかしく思います。
[ 2014/10/26 16:22 ] [ 編集 ]
No title
アカヒを購読している豚は一回か二回殺されないと自分の馬鹿さ加減が理解できないのでしょうか?
[ 2014/10/26 21:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: