私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  何度でも言おう、「河野洋平を国会に招致せよ!」

何度でも言おう、「河野洋平を国会に招致せよ!」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 菅内閣で支那大使を務めた丹羽宇一郎が、ダイヤモンド・オンラインのインタビューで好き勝手なことを言っている。手っ取り早く言えば、尖閣問題は解決しないから「凍結」せよ、靖国参拝問題は日本の総理として戦没者の霊を弔うことは許されず、個人の参拝として行えという主張だ。何様のつもりか、こんな失礼な言葉も吐いている。

 安倍さんもこれまで参拝したり、いろいろな発言をされていますけど、それが両国民にとってプラスになっているならいいですよ。ならないから、国民は困っているんだよ。そろそろいい加減にしろと言わないと。


 いち民間人が、首相に対して「いい加減にしろ」である。この丹羽は、東京都が尖閣諸島購入計画を明らかにした際、「日中関係に極めて深刻な危機をもたらす」とし、更に、横路孝弘と習近平(当時、副主席)との会談に同席し、横から「日本の国民感情はおかしい、日本は変わった国なんですよ」と、国家と国民をバカにした人物だ。立場は変われど、国賊っぷりは相変わらずだ。

 こういう、国益の観点から日本の立場を広く主張する地位にありながら、実際は他国や問題・課題の相手国の国益に資する発言をする者がいるから、国民は困るのだ。その筆頭が河野洋平である。

 昨日のエントリーの続きになるが、菅官房長官は一昨日、河野談話を踏襲する立場で、河野洋平の「強制連行はあった」という発言を「大きな問題」と一刀両断した。南鮮では、政治家もメディアも、この発言を一斉に批判するという“お約束”ぶりだ。

 この菅長官のロジックを、勝手に整理してみよう。

  1. 河野談話は踏襲するという立場ながら、
  2. 強制連行は明確に否定し、
  3. 河野洋平の、談話発表における記者会見での「強制連行はあった」という発言が「大きな問題」であるとし、
  4. 従って、「強制連行」という河野洋平の発言は、日本政府として認めない

というのが菅長官の立場だと考えられる。

 つまり、安倍総理、菅官房長官は、既に河野洋平を見限っていると考えられる。この状況で、考え得る次の手はひとつしかない。それは、河野洋平の国会招致である。菅官房長官の「大きな問題」発言は、現内閣は河野洋平を庇わない立場だということを明言したものだと解釈して差し支えないと思う。

 丹羽のような人物は、慰安婦問題も「凍結」背よというだろう。しかし、仮にこちらが凍結したとしても、慰安婦問題は南鮮族にとっては酸素のようなもので、それなしでは息もできないのである。雑音は今後も絶えないのだから、日本は日本としての立場を主張であり、そういう主張が国際社会における情報戦、歴史戦、世論戦を戦う武器になるのだ。

 何度でも言おう。「河野洋平を国会に招致せよ!」


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/10/23 07:33 ] 政治 | TB(0) | CM(8)
自民だけが慰安婦問題を解決する訳ではない
三戦という中国人民解放軍政治工作がある。世論戦、心理戦、法律戦を駆使して相手国に情報工作を行うのだが丹羽宇一郎氏も世論戦における1つではないか。TVメディアが尖閣諸島を「領土問題」と語る点(中国国内の問題としてウイグル人をウイグル族と呼ぶ点も)や華僑団体が沖縄独立論を琉球新報などと一緒になって騒いでいる傾向も物語っている。
アメリカでも中国資本における各メディアの働きもあり、日米関係を拗らせる原因について青山繁晴氏が苦言を呈している。

菅官房長官の強制連行の見解は政府が行った慰安婦問題の検証に沿うもので、批判が強まるのなら河野洋平氏を国会招致しなくてはならない二段構えの対応だ。だが政府が次の段階に着手はしないだろう、何故に国会招致に至らないのか?
河野洋平氏が自身の非を認めるとは限らないのもあるが、一番は安倍政権の支持率にも影響するからだ。

2閣僚辞任や消費増税、北朝鮮拉致問題に何が起こるか解らない自然災害の懸念…この状況でただ単に慰安婦問題だけのカードを揃えても国民は応えてはくれない。期待と成果が同じにはならない不条理は現実社会の1つの理だろう。また成果とは目に見えるものではなく、積み重ねてきた過去の歴史とも対峙し同じ過ちを繰り返さない成長にも表される。
安倍政権の慰安婦問題は過去の自民党とも絡んでくる、親韓派の自民党員にも根回しが必要だろう。
その為の準備、大きく前へ踏み出すのなら今一度 すべき事について整理するのは当然の危機回避だ。自民党が出来ない外交問題、そこに存在感を持つのが次世代の党など野党の役割になってくるのだが…今はまだ形にならない予想は言うべきではないか。
[ 2014/10/23 09:25 ] [ 編集 ]
河野招聘は国民の後押しで。。。
 安倍政権の思いを実現させたくない特亜3国(寄生虫国家)や裏方のアメリカがありそれに従う多くの自民党議員も多い。
 それらを跳ね除けるためには国民の支援が必要だと思う。ネットパワーで安倍政権が招聘せざるをえない環境づくりをしてあげましょう。
[ 2014/10/23 09:51 ] [ 編集 ]
No title
売国自民党はさっさと、チョンによる竹島侵略問題を国際司法裁判所に単独提訴しろ

侵略の際に被害を受けた被害者への、心からの謝罪と賠償を要求しろ
[ 2014/10/23 15:46 ] [ 編集 ]
No title
井上太郎 @kaminoishi


70 年代初め「日立就職差別事件」がありました。履歴書には日本名しか書かず、入社後在日朝鮮人と告げると、解雇され裁判になりました。不当解雇として認められ入社し、組合活動に力を入れました。一昨年定年退職になり、その時の弁護士だったのが仙谷氏です。通名を絶対に認めてはいけません。



マルクス青年主義者同盟はブント(共産主義者同盟)からわかれ、毛沢東主義を取り入れた極左過激派集団です。火炎瓶闘争、内ゲバを繰り返し共産党との対立か ら「民主統一同盟」と組織変えしました。その後「頑張ろう!日本!国民協議会」と名前を変え、改革保守を掲げる極左集団です、騙されるな。


マルクス青年主義者同盟はブント(共産主義者同盟)からわかれ、毛沢東主義を取り入れた極左過激派集団です。火炎瓶闘争、内ゲバを繰り返し共産党との対立か ら「民主統一同盟」と組織変えしました。その後「頑張ろう!日本!国民協議会」と名前を変え、改革保守を掲げる極左集団です、騙されるな。


民主党が安倍総理の任命責任を追及しています。民主党政権でも大臣は何人も辞任していますが、民主党の総理は誰一人任命責任を取ったことはありません。年末までに消費税法案等の重要法案があります。それらをきちんと審議することが今の国会の責務です。相変わらず国民無視の民主党です。



菅官房長官は21日参院内閣委員会で、共産党山下芳生議員の質問に答え、従軍慰安婦問題に関する平成4年の河野談話をめぐり、当時強制連行を認める発言を記者会見したことについて、「大きな問題だ。そこは否定し、政府として日本の名誉、信頼を回復すべくしっかり訴えている」と批判しました。


前ツイートの菅官房長官の発言は画期的であり、安倍政権が河野談話の否定に向けて歩みだしたことになります。一応まだ河野談話の継承を口にはしていますが、強制連行認めた河野氏の記者会見内容を安倍政権として明確に否定しています。背景に日韓首脳会談に明確なメッセージを発しています。


河野談話に対して、安倍政権は河野談話作成の経緯についての検証、朝日新聞への批判、そして菅官房長官発言と着々と反論を重ねています。しかし安倍総理や菅官房長官周辺によるとまだまだ世論の盛り上がりが少ないようです。ネットの支持とはいえ国民全体からすればごく一部に過ぎません。



橋下市長と桜井在特会会長の会談。大阪市長ともあろう人が挑発に乗り罵声を発し同じレベルに成り下がりました。大体面談に応じることが失敗です。行政を司る首長が、一般的には右翼団体と看做されている在特会とあうこと自体、危機管理意識の欠如です。在特会側に一本とられました。


橋下市長、国民に向かい政治家になってから発言しろとは国民への言論弾圧です。絶対の禁句であり、国民は政治に口出すなということです。桜井氏も、会談前に集まった人に品なく怒鳴りちらしその程度を知らしめてしまいました。橋下市長の程度悪さと変わりません。所詮右翼団体としか見られません。


大体ヘイトスピーチなん言うものは存在していません。有田議員はじめのりこえネットやしばき隊、親朝鮮、親在日が勝手に造り出し、世間に認めさせようとしているだけです。それにのって騒げば騒ぐほど思う壺になります。ヘイトなど存在していないのですから、完全に無視すれば一人芝居になります。



中共の目的は尖閣を領土問題とすることにあります。自衛隊を万が一にも派遣すると世界は紛争があると思い、中共の思う壺になります。尖閣等沿岸は海保という警察権の行使が領土問題ないことの証明になります。民主党の尖閣への自衛隊派遣できる法案は、中共の思う壺の売国法案です、騙されるな。

[ 2014/10/23 17:27 ] [ 編集 ]
No title
山田宏 ✔ @yamazogaikuzo

30日の予算委員会への河野元官房長官と木村朝日新聞社長の参考人招致は、本日自民党の反対で結局実現に至らず。


河野氏については「犯罪でもないのに元国会議員を招致した前例はない」、木村社長は「『誤報』で報道機関を招致すれば、報道機関を委縮させる可能性がある」などという理由だ。


日本の名誉を守り先人の汚名を雪ぐという点で、安倍政権には期待しているが、本体の自民党は全然ダメ。私が杉並区長時代に新しい歴史教科書を採用した時も、ほとんどの自民党議員は無関心だったことを思い出す。朝日が火をつけ、河野氏が認めた「濡れ衣」を晴らすには両名の国会招致が欠かせないのに。


自民党の保守とは何か。国家と国民の名誉と安全を守るために、「河野談話」を「強制連行を認めたもの」と根拠なく断じた河野氏に、「強制連行と主張する根拠を示せ」と国会で尋ねる機会すら認めないのか。自民党が「保守」したいのは、実は「政権と議席」と言われても言い返せないのでは。


朝日の社長招致に「誤報(くらい)で国会に呼んだら、報道機関を委縮させる」だって?!朝日が「委縮」なんてすると、自民党は本気で思っているの?戦前は「戦意」を煽り、戦後は一転して「反日」を煽り続けた新聞ですよ。32年も嘘を意図的に煽り放置してきたのを、単なる「誤報」と言えるのですか。

[ 2014/10/23 19:21 ] [ 編集 ]
お白洲へ
『河野談話』これこそ日本語的に言えば肝なのです。

ここから「クマラスワミ報告」へもまた他の世界全体への日本毀損の拡散があったわけです。

ですから、日本が韓国などの捏造プロパガンダを否定しようとするとこれが立ちはだかるわけです。

何しろ日本自体が発信している所に日本の不利というか説得力の無さが出てしまうわけです。

ですが、今のところ安倍政権はこの『河野談話』の見直しをしないと明言しています。
また河野洋平は相変わらず韓国などにも出向き日本毀損活動に勤しんでいます。

この河野洋平という売国一代、生涯変わることはありません。
断言します。

よって強制的に公的な場に引きずり出して偽証罪をかけて語らせるしかこのような人物の処し方はありません。
だけに、まずは「河野洋平を国会招致」は直近目指すものです。

それが無理ならば外堀を事実で埋めて殲滅させましょう。


[ 2014/10/23 20:32 ] [ 編集 ]
反対した自民党の議員の名前を明らかにしてくださいよ。産経新聞!
[ 2014/10/23 22:19 ] [ 編集 ]
犯罪者なら出来る?
自民の反対論拠は、河野元官房長官に何か法に触れる事を犯しているのではないか、という疑念が出来すれば、国会招致も出来る、と言うことですね。

丹羽元駐中大使は「慰安婦」には言及しないかも知れません。
中共が言い出せば南鮮人並みになるでしょうが。
CI社長時代とは随分発言内容が変化して居る様に感じます。中共で何かあったんでしょうーね-。
全くの走狗ですね。なさけなや
[ 2014/10/24 04:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: