私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  朝日新聞社長の「言論をコントロールするのがメディアの役割」という見識

朝日新聞社長の「言論をコントロールするのがメディアの役割」という見識

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日のNHKスペシャル「カラーでよみがえる東京~不死鳥都市の100年~」を密かに楽しみにしていた。番組は、東京を撮影したモノクロの映像を世界から集め、それをフルカラー化することによって東京の100年の歴史を振り返ろうというものだ。東京の100年前を、復元された色彩を通して見てみたいというのが希望だったのだが、番組の内容はひと言でいうなら「反戦番組」だった。

NHKスペシャル「カラーでよみがえる東京~不死鳥都市の100年~」
クリックで番組サイトへ

 関東大震災の場面では、ちゃっかり朝鮮人虐殺エピソードを埋め込み、戦争を一方的に負の歴史として伝え、マッカーサー以後の戦後民主主義を盲目的に肯定する内容である。NHKの反日ぶりにご興味ある方は、23日00:40からの再放送を、録画で(視聴率に貢献するのはバカらしいので)ご覧になると良いだろう。ちなみに、ツイッターでのこの番組の評判は、すこぶる良いようだ。

 そもそもメディアに期待する方がおかしいと言われればそれまでかもしれないが、番組が扱ったテーマ、素材は素晴らしいのである。それを如何に報ずるかという段になって、NHKはイデオロギーを混入するのだ。

 イデオロギー宣伝紙といえば朝日新聞だが、例の謝罪会見から1カ月以上経っても、木村井量社長は朝日以外のメディアに登場することはない。オファーには事欠かないだろうから、避けているのだろう。そんな中、日韓言論人フォーラムに出席した木村社長の言動を、聯合ニュースが報じている。何かの密約があるのか、日本のメディアはこのイベントを全く報ぜず、聯合ニュースも日本語版には掲載していない。

木村伊量

 韓日は離そうとしても離すことはできない関係の国" としながら、「両国言論が行き過ぎた国粋主義的事態をよくコントロールする役割をして長い観点で見る時友好増進につながれるように努力をしなければならない。それがジャーナリストの役割」 と強調した。 (保守速報さんより)


 これは機会的な翻訳(Excite翻訳)だから、多少の表現の違いなどは含むであろうことは前提に置く。だが、新聞社が言論をコントロールするとはどういう見識か。それがジャーナリズムの役割というなら、ジャーナリズムが国民の上に立ち、国民に情報を与えてやるという態度を明言していることになる。ちなみにこの表現はGoogle翻訳にかけても、ほぼ同じように訳される。確信的発言とみて良いだろう。

 「日本の文化は韓国の影響をたくさん受けた" としながら、「韓半島がなしで日本の文化が豊かになることができなかったと考える。そのようなメンで韓国は日本の兄格だ」と話した。
 彼は「今後も韓国と連帯関係を篤実にしていくべきだということが私たちの信条」としながら「東海、(日本が主張する東海の名前である)日本海を平和の海で作ろうという次元で朝日新聞もできることがないかを探さなければならなくて韓国言論も知恵を加えれば良いようだ」と明らかにした。 (引用元同じ)


 2チャンネラーは、この「韓国は日本の兄格だ」という言質に強く反応しているようだ。それはそれでもっともな反応である。確かに、古くは朝鮮半島との交流の中で、日本に伝えられた文化もあった。だが、こと文明のレベルで言えば、サミュエル・ハンティントンが言うように、日本は独自の文明を作り、育ててきた民族である。木村社長の卑屈な発言が、嫌悪感をもって受け入れられるのには、理由があるのだ。日本海を平和な海にという発言に至っては、ルーピー鳩山の代弁者のようでもある。

 NHKにしろ朝日新聞にしろ、報道のなかにイデオロギーを埋め込み、それを視聴者・読者の脳のなかに植えつけようとする試みを止めることはない。朝日新聞にいたっては、明確に、「言論をコントロールする」と言っている。この見識は、情報は上(メディア)から下(国民)に流れるものだという過去の仕組みにすがっていることの証左である。朝日は、32年に渡り、慰安婦問題で読者・国民をコントロールしてきた。その試みが瓦解した今も、朝日はやっぱり学習していない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/10/20 07:26 ] メディア | TB(0) | CM(7)
狂想に覚める
朝日社長の日韓関係友好の為の偏向報道は適正か?
本当の友好とは自分が、他人が、とはならないものだ。相違になってもそれを理解し乗り越えていく。今回の木村社長の言い分は常に他者を称えては頭を垂れる、その印象は韓国が主導権を握る形ではないのか。慰安婦問題の信憑性をなくした一因やそれによって嫌韓を広めた事への反省する行脚ではないか。
この行動力を生かして何故、日本国民と意見交換しないのか。

これが左派系ジャーナリスト達のトップだから違和感を増す。企業体質では済まされないデマゴーグは、朝日新聞記者全員のイデオロギーと認識されてしまう。これはネットの一面的な情報の捉え方ではなく、発言するリスクを考えてカバー出来るだけの取材力や文章力が低下したマスメディアの力量を示したものだとも見れるからだ。
「事実があって見方を答える」それが根本的な情報を伝える義務だ。それが思想や平和が先になるとすればそれは神格化された絶対主義で個人が扱う言葉は権力濫用にも踏み込む可能性が充分にある。

慰安婦問題や日本海呼称問題も日本国内の左派団体の発言による既成事実で中韓のエネルギー源になり得てる。まずはその問題解決をしない限り、 国際世論ははっきりとした裁量に口を出せないのだ。
[ 2014/10/20 09:07 ] [ 編集 ]
不死鳥日本
関東大震災、東京大空襲…等々 数々の苦難を乗り越えて発展してきた日本の姿を改めて確認できた番組でした。
このような美しい日本の国そして、国民を貶めようとする朝日新聞を、断じて許してはなりません。

反省なき朝日新聞は、早く廃刊する事を希望する。


[ 2014/10/20 09:24 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/10/20 09:24 ] [ 編集 ]
正にマスゴミ
行き過ぎた国粋主義をコントロ-ルするとはよくぞ言ったものである、戦前の朝日はねつ造や誇張で戦争を賛美し煽っていたことは誰でも知っている。そのおかげで戦後朝日が南京でねつ造した記事で名前を出された軍人が二人も死刑になっている、その責任を朝日はどう思っているのか。戦後は今度は一転してその国を守って散華した軍人や日本人を一貫して貶めてきた。
誰でも反対できない人権や平和を振りかざして、そのかけらもない朝鮮や中共を賛美し擁護する不思議な思考。
NHKも朝日と同じ道をたどっている、今や彼ら左巻きメディヤは自虐日本人を作る左のプロパガンダに成り下がっている、もっと日本国民は自国民や多民族に平気で銃を撃ち、他国の領土を武力で奪ってしまう国が隣国にあることを知るべきだ、彼ら反日国は日本人なら躊躇も容赦もしないことは想像に固くない。
朝日もNHKもそのことは決して触れないし報道しない、正にマスゴミだ。
[ 2014/10/20 11:09 ] [ 編集 ]
No title

ニューズレター・チャイナ @NLChina2009 · 1時間 1時間前

辛スゴが在日の女性に松井やより賞が贈られたとエールを送ってる。やより賞をもらうということがどれほどマイナスなことなのか、空気が読めていないのだろう。辛の「のりこえネット」の広がりのなさは民団幹部も「期待外れ」。宮崎学氏も不参加。朝生からも全く出演依頼もない。「創」も廃刊まじか。


在特会とサヨクの戦いを総括すれば、戦略的に見れば在特会の主張に情勢は有利なのである。70%の国民の韓国不信と嫌悪、政治家の嫌韓感情の一般化、経済界の韓国撤退の動き。「嫌韓」本の売れ行きの息の長さ。韓国とそれに同調する一部在日はこの大きな局面をひっくり返す力はない。


同時に在特会は戦術レベルでサヨクの狡猾な政治に対抗できえていない。ヘイトという決めつけ、人権を絡めた「右翼」批判、カウンターと称する暴力的恫喝(これは朝鮮総連の伝統的なやり方)。ここで反撃できていない。理由は彼らの運動が政治運動ではなく「正義運動」のレベルにとどまっているからだ。


サヨクは国民世論という全体的局面では孤立しつつ、対在特会という戦術的局面では押している。だがその力には限界がある。ヘイト法案なるものが現実化すればするほど、彼ら内部が割れてゆく。何がヘイトなのか、コンセンサスはないからだ。サヨクのヘイト批判は右の言説へのいだちちと反発にすぎない。


サヨクが依拠してきた「差別される在日の物語」はもう通じない。彼らがこの30年間口にしてきた日韓友好と日中友好は両国の露骨な対日排外主義をまのあたりにした日本国民から拒否されてしまった。国民が嫌悪する中国と韓国と連帯せよとサヨクは言う。そのカリカチュアが土井たか子の存在である。


安田浩一氏が在特会をとりあげ、講談社左派言論がこれをバックアップしたことで在特会は一大社会現象になった。だが、肝心の講談社のG2は大赤字。トップがいつまで我慢できるのか。「創」の経営実態が左派言論人の同誌離れを促進する。「これ以上の応援はできない」の声。サヨクでは食えない時代。




★朝日新聞は、現在の羽織ゴロが書きなぐる単なる「反日アジビラ」に過ぎない。
軽減税率なんて、論外!!!




朝日新聞の従軍慰安婦ねつ造事件。可能なかぎり朝日新聞と「寝てきた」言論人の発言をチェックしてきたが、その言説に全く説得力を感じない。冷戦崩壊以後の民主なき愛国攘夷の中国、反日邁進の韓国。これらを直視しえなかった知的怠慢とナショナリズへの過剰な嫌悪。この延長に今の彼らがいる。


出版労連の幹部たちに言いたい。書店にあふれる嫌韓反中本が問題だというのならあなた方は「創」になる覚悟はあるのか。給料は下がりボーナスはなし、その覚悟のことである。反韓本を出さない「良心的出版社」明石書店がライターと社員にどれほど横暴な会社なのか知らないわけでもあるまいに。


[ 2014/10/20 12:03 ] [ 編集 ]
自他ともに認める言論統制機関
これでアカヒは自他ともに認める言論統制機関となった。
驕れるものは久しからず。
自由主義社会の敵アカヒは殲滅されなければならない。
人民日報日本語版は日本には不要だ。
アカヒ読者は明らかな言論侵略の手先とみなすべきである。
[ 2014/10/20 13:24 ] [ 編集 ]
No title
 番組を拝見したところ、一定の方向性を持って世論誘導しようとしているNHKの意図を垣間見ることが出来た。(とくに関東大震災の件で)
 この部分に私も含めて多くの人が嫌悪感を覚えていると思う。
 この構図は、
「シュプレヒコールを上げてる人たち(世論)から少しはなれたところで、何やらその風景を見張っている人たち(朝日・NHK)がいる」
という現実社会で起きていることに例えると分かりやすいと思う。もちろん、このデモの火付け役は「見張っている人たち」。
 とりわけNHKや朝日新聞からはそういう臭いがプンプンする。個人の思想信条は勝手だが、社会の公器と目される主要?メディアが聞いてあきれる。
[ 2014/10/20 14:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: