私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  史観 >  「憲法9条 ノーベル平和賞」受賞を阻止せよ

「憲法9条 ノーベル平和賞」受賞を阻止せよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞の夕刊は“もちろん”読まないので、電子版で知る限りだが、朝日の夕刊に「素粒子」というコラムがある。1959年以来、もう55年も連載されているというのだから、大した長寿枠だ。ちなみに、慰安婦検証報道があった8月5日の素粒子で朝日が採り上げたテーマが「児童虐待」、6日のテーマは原爆で、「「においまで覚えている」と広島の体験者。空一面の熱線で焼けた肉の臭いか、国民をだまし続けた政府の腐臭か。」とまで書くような、重度のKYコラムだ。

 4日土曜日の素粒子は、このような内容だった。

 平時も有事も切れ目なく。地球の裏も表も区別なく。どこまでもついて行きます米軍に。周辺事態の限定なくす。
    ☆
 米軍に従う実例、近隣にあり。イスラム国への空爆に豪州が加わる。国内でのテロ計画も露見。ひとごとでなし。
    ☆
 「憲法9条を持つ日本国民」が平和賞に急浮上。さあ、燕尾服(えんびふく)を用意しておかねば。解釈改憲の染みがないやつを。


 コラムが採り上げたのは、神奈川県座間市の主婦が“思いつきで始めた”とされる、「憲法9条にノーベル平和賞を」という運動である。同じく4日に、朝日新聞が、毎年受賞予測を発表している民間研究機関のウェブサイト上の予測リストが更新され、それまで「欄外」だった「憲法9条」がトップに躍り出たことを報じ、「受賞への期待が高まりそうだ」と嬉々として報じたニュースにちなんだものだ。

参考URL:
2014年4月3日 拙稿 「憲法九条にノーベル平和賞を」という有難迷惑
2014年4月12日 拙稿 ひとりの主婦のお粗末な思いつきが、日本の平和を危うくする


 この、朝日が“どこにでもいる主婦”という体で紹介した鷹巣直美という人物は、その後、ネットの告発によって、プロ市民であることが確認されている。この動きに合わせて、Change.orgでは署名活動が日、英、中、韓の四言語で展開されていて、トータルで40万筆を超えたと喜んでいるようだ。保守系ブログの中には、「支那や朝鮮まで巻き込むとは姑息!」という批判があるようだが、そもそも憲法9条が平和賞を受け、半固定化されることで利益を得るのは支那や朝鮮である。巻き込んでいるというより、署名活動の背後で彼等が力を加えていると考えた方が、しっくり来るような気もする。

 ちなみに、署名嘆願サイトの何処を見ても、運動体の所在地が記されておらず、署名の送付先は座間郵便局留めという胡散臭さ。こんな署名に賛同する人の浅はかさは軽蔑せざるを得ない。

 日本は古くから和魂洋才という秀でた才能を持つ国であったが、この米国製の憲法を押し付けられ、輸入させられて以来、この憲法には日本の魂は入ったことが無い。改憲もしくは破棄しようという魂はあったが、今までは少数派であった。

 福田恒存は、「平和を真に愛するものは、平和を享受するものであって、平和を合言葉にするものではない」と語った。また、9条については、その「意図はあくまで謝罪という消極的性格のもの」であり、「理想主義という積極的性格のものであっても、内意は謝罪という消極的性格のものと理解するほかなく、日本国民にとって致命的な不幸」とまで語った。【福田恒存 第九条(全文)

 米国が、ハーグ陸戦条約に抵触してまで(実際はその事実を検閲で隠したのだが)日本に憲法を押し付けたという“事実”は、戦後、江藤淳らの功績によって、今では広く共有されている。その根拠は、米国公文書という一次史料だ。その欺瞞性を暴くだけで、当用憲法の正当性は失われる。しかも、この平和賞嘆願が対象としているのは、「日本国民」である。私は、憲法9条がノーベル平和賞を授与されることで、その受賞者のひとりになることなど、まっぴら御免だ。

 BBさんが、ノーベル平和賞委員会宛てに利用できる英文を複数アップしてくださっているので、それを参考に、一人でも多くの方がノーベル平和賞委員会に「逆嘆願」を出されることをお願いしたい。

BBの覚醒記録: 緊急!! 九条にノーベル賞の危機 阻止しよう 《転載自由》



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/10/06 07:27 ] 史観 | TB(0) | CM(21)
No title
ノーベル賞もらってもいいんじゃないですかね?
日本人の理不尽な苦労が一応、世界に認められ報われるわけでしょう。
その上で、それが一つの区切り、記念になるわけだから、もらえたら思い残すことなく憲法破棄に気持ちを切り替えられる気がします。
金メダル取れたら現役引退します、みたいに考えれば良いと思うのですが。
[ 2014/10/06 08:17 ] [ 編集 ]
受賞なんかするわけない
常識的に考えて受賞なんかするわけがない。
戦勝国が勝手に敗戦国の法律を作り変えていい
などという明らかな国際法違反行為を
国際社会が奨励するなどとはまさに噴飯ものだ。

ただ、口だけオバマに受賞させた愚かな先例があるから
ノーベル委員会を100%信用できないのは確かだが…。
[ 2014/10/06 10:18 ] [ 編集 ]
座視できない
おもちゃにされるままでいいはずがない。
憲法の成り立ちからして、戦争に敗けることはこういうことだと思わされたこの年月、ここに来て、9条教信者のとんでも発想で、日本人が恥の上塗りを世界に認証させようとするのか。
馬鹿にされ続けるのを黙って見ているのは、日本人ではないと思う。
[ 2014/10/06 10:20 ] [ 編集 ]
人間を放棄せよと言われるのか?
日本国憲法のノーベル省受賞を阻止しよう
---

に反論します。
日本国憲法は日本国民を天皇や国家権力の奴隷から解放し、人道の基本と人類普遍の原理を基礎に据えた世界史上もっとも優れた憲法ですぞ。

「われらは世界の国民が等しく恐怖と欠乏から免れ平和のうちに生存する権利を有することを確認する」

とある。
平和を望むなら、この憲法前文のもとで制定した憲法第9条は究極の狙いであって、平和のためにこの憲法第9条が邪魔だと言うのは、まったくの本末転倒です。日本を体表する大企業の品質管理はすでに無検査体制です。品質管理は検査をしない体制だ。これはシステムや部品の元管理をしっかりやって検査をしないでもよい(つまり武力防衛をしなくても良い)仕組みを完成したと言うことです。
というわけで、今の時代、明治憲法で天皇が発布勅語で出した

「朕が現在および将来の臣民はこの憲法に対して永遠の従順の義務を負うべし」

は、時代錯誤です。
これは大日本帝国の権力者らが、正しく正義を定義できない無知から出た言葉です。人は何のために生きるのか?の人間の尊厳に対する無知から出た言葉だと言うのです。
だから、あなた方、こちらのブログ主は、
それ以前に

「汝の求めは何なるや?」

から出直さなければならないなと思いましたよ。
[ 2014/10/06 16:03 ] [ 編集 ]
↓まったく意味不明
日本の工場から無検査で製品が出荷できることと、その工場にも泥棒が入り、或いはゆすり、たかりの類が本社に押しかけて来るであろう事との間に、一体いかなる因果関係が?

ほぼ完璧な製品を納入できる工場は警備・保安要員も、総会屋対策の弁護士もいらないんだ?そりゃ安上がりでいいわ。

いかに九条教徒の信仰告白の文章と雖も、他人に通じる最低限の論理性は必要であろうに。多分、何を言われてるかも理解できないだろうが、一応親切心から。
[ 2014/10/06 17:30 ] [ 編集 ]
オスロでもオセロでもいいが
オスロ国際平和研究所自体が一民間研究所であり、予想屋であり、その予想もほとんどが外れとのこと。
当然、ノーベル平和賞に特に関係した機関でもなし。
ましてや「憲法九条を保持してきた日本国民」と表現したことに日本の実情の理解の無さと憲法九条の成り立ち、問題点などを理解して候補としてあげているとは思えない。

単に日本の世界の常識とは違う「辺境夢想的理想主義」に、血なまぐさい欧米、ユーラシア、アフリカなどを対峙させて憧れているだけの話で、ある意味世界中が夢想的お花畑状態になればさよく九条教の世界制覇となるだろう。

でありながら、これら九条教徒はかつての西洋キリスト教伝道師が世界に散って命をかけたほどのことはせず、日本国内で反日活動に血道をあげているのみ。

早く世界に向けて日本の九条教牧師が旅出す姿が見たいと思っているのだが、いつまで経っても旅立たない。
旅立ちはおとづれずだ。

ただ、ここでオスロ国際平和研究所、「憲法九条を保持してきた日本国民」と多数の日本国民の思いに対して間違った表現を使っていることへの不快さだけは一言いっておきたい。
オスロの目は単純白黒映像でしか日本が見れないらしい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%AD%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%B9%B3%E5%92%8C%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

[ 2014/10/06 18:03 ] [ 編集 ]
お花畑のノーベル平和賞
タイトルに反対のjimmy様は「奴隷」という言葉がお好きなようで、初めから嗤いが漏れてしまいます。

<世界史上もっとも優れた憲法ですぞ>と仰るなら、世界史全般と日本史、そして周辺関係国の歴史もしっかりオツムに入って居られてのご意見でしょうか?
とてもその歴史と憲法を研究し世の中の現実を真摯に受け止めてのコメントとは思えませんが。

レッド・バロン様ご指摘の様に、無瑕疵製品出荷体制と物品・財産・社員の安全・その経費は全くの別問題です。
憲法をこの例に喩えられた処を拝見しますと、ひょっとしたら、一国の安全保障・世界平和は、無検査で出荷可能な完全製品とイコールで防衛不要なのだとお考え?  花盛りですねえ。

チベットはもともと国を挙げての敬虔な仏教徒で、無防備無攻撃国家でしたが、jimmy様は特に1965年以降のチベット惨状をどう視て居られます?
少なくとも私と家族は貴方のお花畑で心中する訳には行きません。

ノーベル平和賞はノーベル賞の中で一番政治的で、全世界が心から納得出来る受賞者は歴代の中で極めて少数だというのが定評ではないでしょうか。
文学賞も似たような受賞者が居ますし。
それでも敢えて「九条」に授けよう、と言う事になったとしたら、日本国民が受賞する事になるようですから、国民全員で一億を平等に受け取り、我々は自主憲法制定研究の為に使用しようではありませんか。
よもやこのプロ市民が「全日本人」を代表したり、一億をネコババなんぞはしませんでしょう?

[ 2014/10/06 19:36 ] [ 編集 ]
大日本帝國憲法の正当性と存在とは揺るがない
多くの人がネットで論じているので、占領憲法の違法性については改めてここでは詳しく書きません。

小生が言いたいのは、我が国が法治国家であると認めるならば、その起源はいつか、ということです。

小生はそれを明治新政府時代からと考えますから、その国家としての連続性を考える時、占領憲法を正当で有効であると仮定してしまうと、それは大日本帝國憲法と国際法とに違反して成立しているので別の新国家(新・法治国家)が成立したと考えられ、現・ニホン国は大日本帝國との、法治国家としての連続性は失われています。

しかしながら多くの政治家・国民・占領憲法学者らは占領憲法が大日本帝國憲法の改正であるとしていますから、現在の我が国は上記の新国家ではないことになり、論理矛盾しています。

また、新国家でないとするならば、法治国家としての連続性は捏造であって事実に反し、法治国家としての正当性を一切失うこととなります。詳しく述べれば、国内法と国際法とに違反して占領憲法が成立している、即ち法治国家の断絶・新国家成立、ということになります。それが現在の亡霊新国家・ニホン国です。

要するに、占領憲法成立時に、大日本帝國憲法の改正と謳わず、大日本帝國を否定する国会決議を行った上で、新憲法として成立していれば、論理矛盾は生じず、新国家(ニホン国)と新憲法とが同時に成立した、と言え、ニホン国が亡霊になることはなかったのです。

付言すれば、それはメリケンら外国勢力の圧力無き状態で、我が日本国民大多数の求めに応じ、国会議員らが自発的に上記の手続き(新国家・新憲法)を行った場合に限り(民族自決の原則)、それが有効とみなせるのであって、実際の歴史ではGHQによる強制であったのは明らかですから、正当で正統な新国家も新憲法もどちらも我が国には誕生していないことになります。


故に、大日本帝國憲法こそが、我が国唯一の実在・有効な憲法と結論付けることが出来、現在の我が国は未だに大日本帝國です。
[ 2014/10/06 20:14 ] [ 編集 ]
No title
韓国または北朝鮮籍の方々の日本での生活保護受給率

gerogeronico8 さん


~平成26年10月6日 予算委員会~

桜内文城議員(次世代)の質問から

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24630969

[ 2014/10/06 20:19 ] [ 編集 ]
>人間を放棄せよと言われるのか?
廃棄されたほうがよろしいようで・・・

どこかの恐ろしい「男衒」様に小銭をもらいつつの書き込みか?  さもなくば、ここまで意味不明なることを、堂々と書き込めぬはずだが・・・と訝しんでいます。

「意味なぞ、どうでもよい!、、ウリの心証じゃ~」と申されるのですか?  はいはい、半島で就活されれば高位・高給の糊口があるかも。
[ 2014/10/06 20:25 ] [ 編集 ]
No title
自民・谷垣氏 憲法9条へのノーベル賞に「結構なこと…」「自民改憲案も現行9条が下敷き」


 自民党の谷垣禎一幹事長は6日の記者会見で、今年のノーベル平和賞の受賞候補に「憲法9条を保持してきた日本国民」があがっていることについて「結構なことではないか。最後まで(候補に)いてほしいという気持ちはないわけではない」と述べた。

 平成24年に党が発表した憲法改正草案で、9条を改正し「国防軍の保持」などを明記したことについては「自民党が作った案も、基本は現行憲法の9条が下敷きにあると思っている」と述べた。

http://www.sankei.com/politics/news/141006/plt1410060035-n1.html
[ 2014/10/06 20:34 ] [ 編集 ]
Re: 人間を放棄せよと言われるのか?
Jimmyさま

「こちらのブログ主は」というご指名ですので、コメントをお返ししようと思いましたが、仰っている意味が今一つ掴めません。
貴兄の仰る「世界史上最も優れた憲法」には賛同出来かねます。
こと九条に対する考え方に関しては、尚更です。

私は、以下の江藤淳が書いたものにシンパシーを感じます。

 「交戦権」の回復は、もとより戦争への道を歩むことを意味せず、実は核武装すら意味しない。それは主権の回復のみを意味し、日本が強制された憲法上の拘束によってではなく、自らの意思によって選択した基本的政策として、平和維持のあらゆる努力を継続することを意味するにすぎない。つまり、それは日本が通常の自由な主権国家となり、ふたたび自己の運命の主人公になるということを象徴する行為にすぎない。

以上であります。


[ 2014/10/06 23:25 ] [ 編集 ]
余り影響は無いのでは
ノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領も、アメリカの平和を維持するためには、シリアを空爆するのです。
万万が一、まさかの受賞という事態になったとしても、憲法九条を含む現憲法が、突然神聖なものに変身するわけではありません。
私達は、粛々と、自主憲法制定の歩みを後押しするだけです。
[ 2014/10/06 23:50 ] [ 編集 ]
ノーベル賞は発明者や発見者が受賞するもの
ノーベル賞は発明者や発見者が受賞するもので使用者ではない。

憲法九条は日本人が作ったものではなく単なる使用者だ。 それなのに、なぜ、受賞の対象になるのか?  

国民が受賞するというのは、山中教授ではなく、受け手であるiPS細胞の技術を使って治療された患者が受賞するようなものだ。

もし、憲法九条がすばらしというなら、9条はパリ不戦条約と同じわけで、パリ不戦条約の草案者が受賞すべきだろう。 署名した国家の国民が受賞するのはおかしい。


また、授与されたとしても、オバマのように貰うだけもらって実行しなくてもいい前例があり、受賞によって縛られることはない。

もはや、9条などあってもないに等しい。 そして、これはノーベル賞を受賞しても変わることはない。 

日本はいざとなれば超法規的措置で中国や朝鮮は叩けるし、既に国産ジェット機も作れる。 輸出も出きるようになった。

我々は生意気な新興国である中国と朝鮮を叩きさえすればいいわけで、中東まで行かないでよい言い訳になる9条は都合のいい道具だとも思えなくもない。 


仮にノーベル賞を受賞すれば、受賞者は、当然、特別待遇を受けることになる。 平和の為に作られた国連ではそれなりの地位、つまり、常任理事国の地位を与えられて当然である。

また、もちろん、ノーベル賞受賞者に失礼な事があってはならない。 世界の人々、特に、朝鮮人と中国人は、今以上に日本人に敬意を持って接しなければならない。 ますます、日本人との格差がひらくことになる。

中国人や朝鮮人はノーベル賞まで使って、日本を骨抜きにしようとしているようだが、我々はそれを逆手にとってやればいいのではないだろうか。。。。。。
[ 2014/10/07 08:23 ] [ 編集 ]
戯言を説け
>Jimmy

その戯言をパレスチナやシリア、ウクライナ、イラク、アフガンの紛争当事者に説いてこい。
彼らが納得して紛争をやめたら
ダイナマイトに支えられた胡散臭いノーベル平和賞の受賞に賛同してやるよ。
[ 2014/10/07 10:43 ] [ 編集 ]
とりあえず書いて送りました
とりあえず、ノーベル財団の方々にメールしました。

Please DO NOT award the Nobel Peace Prize to the Japanese citizens for the Article 9 of the Japanese Constitution.
With this Article 9, Japan cannot defense the own country and also cannot efficiently support or maintain the piece in the Asia-Pacific regions. As you might know, there are many conflicts between ASEAN countries and China. Some of them have already been deprived of their own territories. They are asking Japan to help them peacefully. I believe that this can be achieved almost only by Japan. I don't think the United Nations can do against China instead of Japan. In addition, this idea has been proposed by a Japanese woman who is suspected of the links to specific political groups.
I wish you profoundly consider these situations.
[ 2014/10/08 01:20 ] [ 編集 ]
とりあえず書いて送りました
とりあえず、ノーベル財団の方々にメールしました。

Please DO NOT award the Nobel Peace Prize to the Japanese citizens for the Article 9 of the Japanese Constitution.
With this Article 9, Japan cannot defense the own country and also cannot efficiently support or maintain the piece in the Asia-Pacific regions. As you might know, there are many conflicts between ASEAN countries and China. Some of them have already been deprived of their own territories. They are asking Japan to help them peacefully. I believe that this can be achieved almost only by Japan. I don't think the United Nations can do against China instead of Japan. In addition, this idea has been proposed by a Japanese woman who is suspected of the links to specific political groups.
I wish you profoundly consider these situations.
[ 2014/10/08 01:21 ] [ 編集 ]
No title
日本国憲法は日本国民を天皇や国家権力の奴隷から解放し-JImmy

いったいどういうことなんだ。
日本人は天皇の奴隷っていうことは
どういう根拠からそんなことがいえるのだ。

憲法がどう働いてその奴隷から解放したんだ。
お花畑のプロパガンダ口調もいい加減にせよ。
[ 2014/10/08 20:57 ] [ 編集 ]
自由に遊び回れる”奴隷”?
私等奴隷らしいわよ~w

天皇陛下の方が、我々国民より随分御不自由な御生活ですけどね。
[ 2014/10/09 02:02 ] [ 編集 ]
No title
2014.10.10 18:10

ノーベル平和賞にマララさんら2人 17歳 史上最年少

【ノーベル賞】
 【ロンドン=内藤泰朗】ノルウェーのノーベル賞委員会は10日、2014年のノーベル平和賞を女子教育の権利を求め、12年にパキスタンのイスラム武装勢力タリバンに銃撃されて一時重体となったパキスタン人の少女、マララ・ユスフザイさん(17)ら2人に授与すると発表した。史上最年少のノーベル賞受賞となる。

http://www.sankei.com/world/news/141010/wor1410100051-n1.html



今夜は、マララさんらに乾杯♪

[ 2014/10/10 18:22 ] [ 編集 ]
マララさんの事を思うと胸が締め付けられる思いがします。
それに比べて…。
平和な日本でぬくぬくと活動している反日ども。恥を知れ!
[ 2014/11/05 11:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: