私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  香港のカオス ~ 日本政府は雨傘革命への支持を表明せよ

香港のカオス ~ 日本政府は雨傘革命への支持を表明せよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 秋の臨時国会の所信表明演説で、安倍首相が、支那との関係改善と首脳会談の必要性を強調しながら、南鮮との首脳会談には一切触れなかったことに、南鮮民族が火病を発しているようだ。彼等はいつまで経っても自分たちのポジションを理解できないらしい。

 御嶽山の噴火で犠牲者が出ていることで、南鮮のネット掲示板は“祝賀ムード”で盛り上がっているようだ。2014年版の「大震災をお祝い(し)ます」である。彼等が何を言おうと自由だが、彼等は、今の日本が、在特会会長の桜井誠氏の新著「大嫌韓時代」がアマゾンのベストセラーランキングで1位になるような国であることを理解した方が良いだろう。(まぁ、無理だろうが)。

 南鮮のことなど、どうでもよい。今、アジアのホットスポットは香港である。香港で、一党独裁体制と民主化運動が、一触即発の様相を呈している。「雨傘革命」というネーミングが付いた、民主派デモだ。

hong-kong-tear-gas-night.jpg

 香港はいま、1997年の返還以来、最悪の混乱状態にある。政府庁舎と金融機関が密集する都心のセントラル(中環)、湾仔、 旺角など主要地域はマヒし、香港上海銀行(HSBC)、スタンダードチャーター銀行など香港の大型銀行17行が、デモ隊が占拠した都心の29支店を暫定閉鎖した。アジアの金融センターと呼ばれる香港が、機能を停止したということだ。学校は軒並み休校している。デモ隊は10万人規模とも言われるが、暴徒化はしていない。そのデモ隊に対し、香港警察は催涙弾を放ち、一部にはゴム弾を使用したとの噂も囁かれる。

hong-kong-pepper-spray-protests.jpg

 香港デモ隊を支持する見解を表明したホワイトハウスに続き、旧統治国である英国は外務省を通じて公式コメントを発した。

英、香港でのデモの自由尊重を呼びかけ (ロイター)

[ロンドン 29日 ロイター] - 英外務省は29日、香港での民主派デモを受けて声明を発表し、香港で抗議活動を行う自由が尊重されることが重要だとの見解を示した。
 声明で英政府は「香港での状況を懸念しており、動向を注視している」と表明。
 香港が中国に返還された1997年以降の香港の地位に関する中英共同声明に言及し、香港の「繁栄と安全」はデモを行う権利を含む基本的権利に基づくと指摘。
 「香港がこれらの権利を維持し、香港の人々が法律の範囲内でこれらの権利を行使することが重要だ」とし、「こうした自由は、普通選挙への移行によって最大限保証される」と強調した。


 あまり知られていないようだが、1984年に英支間で合意・発表された中英共同声明では、1997年に主権が支那に移ることは明記されているが、同時に、香港の高度な自治権を確約している。声明は、鄧小平が提唱した一国一制を断念することとともに、社会主義政策を将来50年(~2047年)にわたって香港で実施しないことが明記されている。社会主義政策の範囲が厳密にどこからどこまでを指すかは定かではないが、香港は今も特区扱いなのだ。そんななかで、中共が民主的な直接選挙に介入したために、香港の民主派が行動を起こした。

 またとないタイミングである。11月に北京で開かれるAPECを控え、中共はウイグル人による反政府行動などを警戒し、厳戒態勢を敷いている。国際首脳会議のホスト国、そのお膝元で、国(中共)の威信を損なうような事態は悪夢である。習近平にとって、人権・民主化など、話題にされることすら避けたいはずだ。

 香港に住む民主派は、ある種の成功体験を目撃している。今年3月18日に起きた、台湾の学生やと市民らによる立法院占拠の抗議運動だ。台湾立法院において審議されていた、支那・台湾間のサービス分野の市場開放を目指す「サービス貿易協定」の批准に向けた審議を阻止するため、学生等が議場に侵入し、無期限の立法院占拠を宣言した。ニコニコ生放送などを経由して、日本にもその模様が配信され、日本から多くの支持や激励が寄せられた。結果として学生等は大幅な情報を勝ち取り、協定批准を後退させることに成功した。馬英九総統の支持率は、この後、10%前後にまで低下したという。香港市民が台湾の民主派に刺激されたとしても、なんら不思議ではない。

 もちろん、習近平には支持率などは関係ない。支持率の測定など、支那にはないのだ。だから中共は、情報を遮断し、不満分子を次々に拘束して口を封じ、民衆の運動には暴力を行使することさえいとわない。だが、例えばウイグルで情報を隠蔽できても、香港ではそうはいかない。各国メディアが待ち伏せする香港で何かを起こすのは、銀座4丁目の交差点で窃盗を働くようなものだ。

 「第二の天安門になる」という扇動的な意見もあるようだが、そのよう強硬手段には、中共が失うものが大きすぎる。第二の天安門にはならないと思う。だが、香港市民の行動が中共独裁体制に対する楔になることは確かだ。日本政府も積極的に香港市民への支持を明確に示すべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/10/01 07:29 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
文字通りとなった雨傘革命
香港在住です。
香港は昨日夕方の雷雨の後、夜半から雨模様となり、文字通りの「雨傘革命」となりました。夜半には路上占拠への参加者が6箇所で合計16万人を超えました(主催者側推計)。
何より流血の騒ぎに至っていないことが幸いです。
政府としては、催涙弾を使ったことを避難する国際世論に逆らえなくなったようです。
政府は昨日、国慶節恒例の香港花火大会の中止を決めました。
それだけでも中国共産党の面子を潰すことになりました。
今日から国慶節の大型連休が始まり、中国大陸の各省から何十万人もの中国人が観光に訪れます。
香港の中心地を香港市民が占拠する姿を観た内地中国人は、その情報を中国全土に伝え広めることでしょう。
一方、路上占拠が市民生活に悪影響を与えているのも事実で、香港人の間でも賛否が割れています。
政府は、秩序を回復するために、冷静に「緊急車両の通行の妨げになる」等と理性に訴える戦法に変えつつあります。
他方、民主派は、要求を「梁振英長官の辞任」と「普通選挙に関する全人代の決定の撤回」に絞りつつあるようです。
しかし面子を重んじる中国共産党が、これらの要求を呑む可能性は極めて低いと思われます。
個人的には、今後政府は「悪影響が長引くことへの市民の不満の増幅による、路上占拠の自主的な断念」を狙って来るのではないかと思います。
いずれにせよ、内地中国人が観た香港の実情が中国全土に伝わるだけでも、民主派にとっては大きな成果と言えそうです。
[ 2014/10/01 08:28 ] [ 編集 ]
No title
実は本って、世論形成にものすごく貢献するんだよ。

だから、『大嫌韓時代』と『誅韓論』の2冊が100万部を突破したら、
必ずや日本で本格的な「嫌韓民族派政権」の樹立へと繋がっていくだろう。

おれたちにも、できることはある。それはネットで情報を発信するだけでなく、
選挙で1票を投じる気持ちで、これらの本を買うことだ。

2冊買っても、たかだか2千円程度。しかも、豊富な知識や教養も得られる。
おれたち一人一人が動けば、必ず社会も動かせるんだ!
[ 2014/10/01 10:00 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/10/01 10:47 ] [ 編集 ]
ブサヨはまただんまりか?
いつも反政府デモに秋波を送るブサヨは
なぜ「香港民主化デモ支持」の声を上げないの?
雇い主の支那共産党に逆らえないからか?

ホント分かりやすい連中だな~~~!
[ 2014/10/01 15:31 ] [ 編集 ]
No title
内容はどうであれシナチクの汚い血が流れるのは滑稽ですね。
[ 2014/10/01 18:43 ] [ 編集 ]
入り口はさまざま
韓国、中国、在日、反日マスメディア等々、
これらはみな繋がっています。

ですから入り口はたくさんあります。

過去で言えば、「天安門事件」、「林彪事件」などもそうでしょう。
「北京五輪・長野聖火リレー」もそうでしょう。
「尖閣諸島中国漁船衝突事件」も大きなきっかけとなったでしょう。
「李明博前大統領の竹島上陸」も「朴槿惠つげ口外交」もそうでしょう。
「朝日新聞誤報・捏造記事問題」なども大きなものだと思います。

その何処かから入ると、ダークゾーンは無限ともいえるほどの広がりを持ちます。

そしてその帰結は、
反日勢力との戦いという現在的課題なわけです。

その様な意味で今起こっている「香港民主化運動」も入り口のひとつです。


[ 2014/10/01 19:56 ] [ 編集 ]
No title
天安門事件時とは世界の対中関心度が違いますし、何よりも場所が特殊性に富む香港ですから、期待を込めて「第二の天安門」は無い、と思いたいです。

中共政府側から視れば、香港の普通選挙を許せば本土にも波及する可能性や台湾も更に勢いづく事を怖れるでしょうから・・・懸念は捨てきれません。

自民党政府は中共とのつきあい方を西側諸国より知って居る、或いは、緩衝地帯になれる、と自負する傾向がありますが、それで見誤って来た部分も相当ある現実を直視すべきだと思います。
日本が民主主義国家であり、法治国家である事を自覚するなら、厳しく声明を出す機会を逸してはならない筈です。


一昨日のTBS・NEWS23で岸井氏は、香港を許せばチベット・ウィグルが更に暴動化するだろうから中共政府がどうするか、と聴きように依ってはトンデモな意見を開陳していました。

[ 2014/10/02 02:44 ] [ 編集 ]
ホンコンさん
この香港の問題が北京でかつてあった天安門事件と根本的に違うのは共産党一党独裁体制という環境でで生まれ育った中国人が起こした事とイギリスから独立し民主主義国としてそこで生まれ育った中国人の思考の違いはあるでしょう。
外の世界に憧れて天安門で民主化を目指し挫折して元々の収容所列島に戻った中国人。

ではなく民主主義を基本的に知っている香港人が収容所にこれから何年かすると押し込められると実感して起こしている行動。
ある意味死に物狂いではないかと推測します。

ここで中国は二つの事を考えているのではないかと思います。
一つは中国の意向に従わせ、香港が金の卵を産むという状態を保たせたい。
もう一つは欧米を含めた世界の目をどうかわすか。
そんなところではないかと思います。

香港には既にイギリスから返還されて以来、多数の中国本土の中国人が入り込んでいます。
そのような状況ではありますが、現状香港人が多数派といえるでしょうからこの香港人の抵抗はそう簡単には引くとは思えません。

対する中国、傀儡香港行政庁の警察力でもう少し強引な事をする可能性はあると思えます。
ただ、人民解放軍駐香港部隊が絡んで来るのか来ないのか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E6%B0%91%E8%A7%A3%E6%94%BE%E8%BB%8D%E9%A7%90%E9%A6%99%E6%B8%AF%E9%83%A8%E9%9A%8A

あわよくば、香港の民主化運動が中華人民共和国に伝播することを願います。


[ 2014/10/02 12:58 ] [ 編集 ]
No title
とりあえずシナチク共産党は香港の屑どもを殺しまくってほしい。シナチクの蛮行が続けば続くほど世界中がシナチクを危険な存在と認識し、それ相応の制裁を下すでしょう。
雨傘を使うのですから血の雨を降らせないと世界は納得しませんw
[ 2014/10/03 05:53 ] [ 編集 ]
違うと思う
名無し様らしいご意見と苦笑して過ごしてもイイのですが、やはり一度は名無し様が「殺される側」「屑」と呼ばれる側に立つ想像力を働かせても良いのでは、と私は思います。
彼らに屑呼ばわりや殺されて良い理由はありません。

それから、中共が名無し様の「逆説的理想」を実現したとしても、世界は”それ相応の制裁”は下せないだろうとも思います。”相応”ではない程度はあるとしても。
香港がチベットやウイグルと違う世界の金融市場街でも、殺しの場になれば外国人は逃げ出すだけ。
中共本国の広大な大陸と飽くなき欲望が膨らんだ人口は、世界の商人にとっても欲望の対象で在り続けるでしょう。
政治体制の維持か世界の監視かのバランスを測って、イザとなれば中共は一時の制裁など気にもしない可能性はあると思います。
ご冗談も過ぎるとちょっとモノ申したくなります。
[ 2014/10/03 12:28 ] [ 編集 ]
No title
>彼らに屑呼ばわりや殺されて良い理由はありません。


香港生まれかそれ以外の生まれか、の違いだけでシナチクであることは変わりません。連中は10億もいるのですから、シナチク同士で殺し合いをしても大した違いは無いでしょう。それに雨傘革命だなどとイキがっていても根っこは日本に害悪をもたらすだけのシナチクですから、むしろここで共産党政府に駆除してもらえばシナの蛮行が明るみになるだけではなく日本の敵が減る利点もあります。
そういった意味でも、今回の衝突回避は非常に不愉快な結果です。共産党政府が他国の目を気にする腰抜けに落ちぶれた点は滑稽でしたが、日本が手を汚すことなくシナが自滅するという流れにならなかったのは大きな損失です。
[ 2014/10/03 21:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: