私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  「身の上話だけで謝罪と補償が受け取れる」という便利なタカリ

「身の上話だけで謝罪と補償が受け取れる」という便利なタカリ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 伝統的に謝罪しないことで知られていた朝日新聞が、吉田調書と慰安婦問題で珍しく謝罪会見を行ったら、反響は(恐らく)朝日自身の予想を遥かに超えていた。世論の怒りや反発はもとより、同業他社や雑誌系も総バッシング攻撃をかける。最近、個人的に、通勤電車で中づり広告を見るのが楽しくなってきつつある。文春や新潮など、刺激的なタイトルで対朝日攻撃を仕掛けるが、ふと目を電車の外に向ければ、ホームにある電飾看板で、「今でしょ」の林修氏が朝日新聞を宣伝している。どちらが説得力を持つかは、推して知るべしだ。

 慰安婦問題の構造というのは、それほど複雑なものではない。親でキーセンに売られた元慰安婦と称する人が、福島瑞穂などの甘言に誘導されて日本政府を告発し、その動きを見て「金を取れる」と思った人、またそう唆された人が後を追っただけの話である。補償を受けるという話なら、原爆の被爆者が国家補償を得るためには、ややこしい申請書を提出した上で、証明する人が二人も必要だと言う。ニセ被爆者を防ぐためだ。「身の上話だけで謝罪と補償が受け取れる」という思惑は便利なタカリそのものであり、都合が良すぎる。

 故上坂冬子氏によれば、日本がアジア女性基金を作った時、インドネシア政府が「日本が補償金を出すと言っているから、対象者は名乗り出よ」と言ったら、二万人が名乗り出た。なんとその半分が男だったそうだ。そういう背景があり、日本はインドネシアと話し合い、個人補償は止め、女性の自立に役立てるという名目で政府に金を渡した。証明する必要がない過去など、所詮、そんなものである。産経新聞が報じた、朝鮮人慰安婦聞き取り調査の資料にも、生年月日が出身地の記載がないもの、氏名が「白粉」と不完全なもの、「カン」などと漢字不明のものが多々あったという。これじゃあ、吉田清治、福島瑞穂ら弁護士、自称慰安婦というトリプル詐欺である。

 先週15日、南鮮の「太平洋戦争犠牲者遺族会」という市民団体が、「安倍政権が(河野)談話を極度に傷つけているため、証言の証拠が存在することを知らせる」として、日本政府が実施した元慰安婦の女性に対する聞き取り調査の映像を公開した。この太平洋戦争犠牲者遺族会の名誉会長は、反日捏造記者の植村隆の義母である梁順任だ。創作された「身の上話」で日本から金をむしり取ろうとする人種の権化のような存在だが、目的のためなら手段を選ばずという基本的理念を実行に移したような所業だ。

慰安婦証言映像を公開

 慰安婦証言は公開を前提としていないという原則を、日本は守ってきた。河野談話の検証においても、その基本路線は踏襲されたが、相手方が一方的にその原則を破ったということになる。菅官房長官が、「一部だけを公開したことは理解に苦しむとともに大変遺憾だ」と不快感を示していることもあり、日本政府がこの策動に直線的に反応し、「じゃあこっちも公開ね」ということにはならないだろう。だが、嘘の証言が公にされたことで、南鮮側が図らずもネタを提供してくれたというのは、逆に日本にとって好都合ではないだろうか。

 ちなみに、映像にしっかり映っている福島瑞穂は、この慰安婦騒動の“活躍”を目にとめた土井たか子によって社会党(当時)にスカウトされたというが、自身の活躍をもっと世間に公表してはどうか。文春や新潮、読売、産経などは、この自称人権派弁護士(兼政治家)の過去を、もっと掘り下げるべきである。間違いなく主役級のひとりなのだから。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/09/21 11:19 ] 外交 | TB(0) | CM(5)
No title
「今でしょ」宣伝はそういう意味でしたか。
その広告を目にしていないので勝手に 「謝罪するのは、今でしょ」 という宣伝だと思って居りました。
にしても、言行不一致朝日の面目躍如で、と付録付きで。

泡沫党の頓珍漢元党首福島瑞穂なんぞ、どうでも言いワイ、と思って居たのですが、朝日の吉田証言撤回以降、日に日に!無性に!腹が立つ存在に思えて仕方がありません。
高木弁護士等も同罪ですが、国会議員の肩書きを持つ福島瑞穂には、政治的責任を絶対取らせたいものです。
[ 2014/09/21 12:24 ] [ 編集 ]
No title
そろそろ21世紀生まれの自称従軍慰安婦が出てくるでしょうね。
[ 2014/09/21 13:50 ] [ 編集 ]
No title
今日のタカジンで、朝日新聞のソウル支局長を93年から務めた人が、韓国で慰安婦というのは朝鮮戦争時の売春婦のことを言うので、挺身隊という名称を名乗ったと挺体協の会長が言っていたとのことです。

またキーセンとは売春婦のことです。
韓国人で慰安婦になった人はほぼ100%売春婦上がりです。
[ 2014/09/21 15:44 ] [ 編集 ]
歴史は専門家の検証を受けなければならない
歴史は多くの資料を解析して、歴史の専門家が事実を探っていく。

第2次世界大戦の時のみ、娼婦の証言だけで慰安婦に関する事柄が史実となるわけがない。

こんなことが、もし、起こったら、学者と文屋が同じレベルの存在になってしまう。 学者は研究者であり、文屋は、今、見聞きしたことを伝えるのが仕事だ。 伝聞屋が見もしない70年前のことを書いてはいけない。 なぜなら、それは文屋の仕事ではなく研究者の仕事だからだ。 

ド素人の文屋が歴史問題などを持ち出した結果が、今回の大事件だ。 

文屋は、御用聞きの小僧のように読者の目や耳となって、あったことだけを分かり易く、嘘偽りなく書いていればいいのだ。 

専門知識などない御用聞きの分際で、オピニオンリーダーなどと思うのは痴がましい。






[ 2014/09/22 10:44 ] [ 編集 ]
場を拝借します 捏造南京大虐殺が教室で教えこまれていた
◆捏造の南京大虐殺を生徒に30年間教えていた教諭
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140919/edc14091905000001-n1.htm
仙台市八軒中学校
http://www.sendai-c.ed.jp/~hachiken/

小松貴宏 ← この教諭

〒984-0827
 仙台市若林区南小泉字八軒小路9-1
 
 仙台市立八軒中学校
 
     校 長   米 澤 通 徳 

■メールアドレス:http://www.sendai-c.ed.jp/~hachiken/
 こちらの「お問い合わせ」から
 ■電話番号: 022-223-2336
■ファックス: 022-217-9752

◆教育委員会

022-214-8876(直通)
責任者は「サイトウ課長」とのことです。

仙台市教育委員会
〒980-0811  
仙台市青葉区一番町4-1-25
東二番丁仮庁舎
・教育行政に関するご意見は「市民の声」まで。
https://www.e-tetsuzuki99.com/eap-jportal/PkgNaviDetail.do?lcd=041009&pkgSeq=34244&pkgId=0001

[ 2014/09/22 14:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: