私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  朝日新聞の誤算

朝日新聞の誤算

← 応援クリック、ありがとうございます。

 一昨日から、故郷の北海道に帰ってきています。土曜日に汗だくで仕事をしていたと思ったら、こちらは夜には12度ほどまで気温が下がり、昨日訪れた旭岳ではダウンを着ていました。日本で一番早く紅葉が訪れる旭岳では、吐く息は既に白くなります。

 

旭岳

 ということで、ブログはしばし休みます…多分(笑) 気か向いたら書きます。

 休みも間でも政治関連のニュースは気になるものですが、注目したのは日テレの世論調査。9月12日から14日までの調査で、サンプル数は1000ほどのものですが、安倍政権の支持率は前月から6ポイントほど上げて50%台を回復、政党支持率では自民党が2位の民主党に約35ポイントの差をつけて圧倒。政治は安定期に入ったということでしょう。「あなたは、いつ衆議院選挙を行うべきだと思いますか?」という問いに対しては、「およそ2年後の衆議院の任期満了でよい」が最も多く、46.%に達しています。野党が全く存在感を示せないこともありますが、世論は安倍首相の長期政権を容認しているということです。それにしても、支持率が低すぎるとは思いますが。

 もうひとつ象徴的な結果が、以下の2つです。

 朝日新聞社は、記者会見を開いて、福島の原子力発電所が事故を起こした当時の吉田所長の証言を扱った記事内容に誤りがあったとして、記事を取り消し、謝罪しました。また、「慰安婦を強制連行した」とする嘘の証言をもとにした記事を、先月に取り消したことについても謝罪しました。あなたは、朝日新聞社の対応を、どう思いますか?

(1) 評価する 6.4%
(2) 訂正・謝罪は評価するが遅すぎる 63.6%
(3) 評価しない 23.3%
(4) わからない、答えない 6.8%

 朝日新聞社は、「慰安婦を強制連行した」とする嘘の証言をもとにした記事と、今回の吉田所長の証言をめぐる記事を取り消したうえ、社長が謝罪しました。あなたは、朝日新聞社は、信頼を回復することができると思いますか、思いませんか?

(1) 思う 21.5%
(2) 思わない 60.4%
(3) わからない、答えない 18.1%


 吉田証言報道と慰安婦関連報道に関し、朝日新聞の対応を遅すぎ、または評価しないと答えたのが87%、また、朝日新聞が信頼を回復できないと思うのが60%。第一の設問では、朝日の謝罪は評価するとする人が70%ほどいるにもかかわらず、60%が朝日の信頼回復が無理としている。人々の大部分は、朝日の謝罪が当然だと思っているのです。しかし、その謝罪が信頼回復には直結していない。ここが、朝日の誤算なのです。

 朝日は、謝罪会見を実施した上で、それをひとつの区切りとして、再び朝日なりの主張を展開しようとしていた。このスタンスは、8月5日の杉浦某の記事に直接的に反映されています。反転攻勢をかけられるとすら思っていたかもしれない。しかし、蓋を開けてみたら、状況はそれほど甘くない。甘くないどころか、誰も再び朝日の論調に耳を傾けようとしない現実にぶち当たっている。これが、32年間の重みであることを、朝日は今初めて知ったのです。

 彼らにもし信頼回復の手段があるとしたら、それは、今回認めた誤報によって巻き起こした歴史認識の訂正を目指し、積極的な広報を展開することです。ただ、長年朝日を観察してきた人ほど、それが不可能な要求であることを知っているはずです。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/09/16 07:42 ] メディア | TB(0) | CM(15)
廃刊、廃局を
朝日新聞は"慰安婦の強制連行の虚報"に関して正面からは謝罪していない。
吉田調書の"撤退報道(これも誤報ではなく"虚報")の謝罪会見に合わせて触れただけである。
その他様々な誤報(虚報)が発せられているのは周知の事実であり、もう救い様がない。
こんな朝日新聞は、早く廃刊をし、同類の報ステのTVasahiも廃局にすべし。

全力で応援します。


[ 2014/09/16 08:24 ] [ 編集 ]
やはり、廃刊・廃局を
32年前から、いや戦前からとも言える虚言癖・捏造癖は簡単には治りませんよ。

「バ○は死ななきゃ治らない」と言われますが、朝日新聞も同様、潰れなきゃ治らない、ですよ。テロ朝も同罪。
[ 2014/09/16 12:09 ] [ 編集 ]
朝日 自主退場はしないので強制退場を目指しましょう
朝日新聞は何しろ8月11日の木村社長会見からして長期に渡り日本を毀損して来たという罪の意識が見えず、コメント自体も何の会見なのかこれまでの自社の行いの肯定をしていただけでした。

ですから、「朝日は全然、反省していない」 と櫻井よしこさんは言うのです。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140915/plc14091518190007-n1.htm

本来、廃刊が妥当だと思いますし、多数の全国紙がある中、事実を伝えるという基本的な仕事が出来ていない新聞の名に値しない一新聞は不要だと思います。

しかし、この社長会見でも分るように自ら行った事を出来るだけ矮小化させ、被害者である多数の日本国民への謝罪も無い。
それでは全国紙としての存在価値は自分で否定しているようなものではないでしょうか。

また関連会社、テレビ朝日など一通りのしおらしさを見せたのもつかの間、早速今までの報道姿勢を見せています。

このような自分の罪を認めず、人の罪を攻め続ける救いようのないメディアには強制退場しかないと思います。



[ 2014/09/16 12:55 ] [ 編集 ]
ポピュリズムとタブー
朝日新聞の説明責任は果たせていない、このまま廃刊になればいいとネットで見かける事が多い。日テレの世論調査も正に指摘は最もなのだと考える。
でも朝日新聞が虚偽、誤報について語らなければ国民の明確な理解や国を巻き込んでの議論の波及が起こらないのは何故なのだろうと疑問視する。

前に友人達と飲んでる時にもこの話題が挙がった。「いろんな人間が関わっていてしがらみも大きいし、時間がかかるんだ。それに当事者が話さないと真相なんか解らないよ」とある友人は語る。それに周りの友人達がツッコミを入れるように「真相の有無は解るけど国民の多数が9月11日の会見を見て反省点を評価しないぐらい論破出来るなら、朝日新聞など前から買わなきゃよかったのでは?」と笑い話になった。ある友人は「人は痛みを知るから優しくなれる、朝日新聞は人が作ってないんだよ」とまた笑わせた。その時にこんな話を普段から日常的に会話してる国民性なら少しは変わったのかもと澄まして聞いていた。
「社会に出る時に政治、宗教、野球の話は自分からするなよ。対立を生むからな。」と親から言われたが、タブーを作り出すきっかけは日本の他者についての配慮が常識的であったからだ。その日本的常識は外国では思いやりとは云わず引っ込み思案に見られたり、利用されやすいと危機感を抱く人も多い。
これが思想が違う人間関係ならば誤解と偏見を生むのは当然なのだろう。 だけど、タブーによって深く追及出来ない問題は人権や歴史など様々な課題を残して悩ます事になってきている。本当のタブーは傷つけてしまうという思い込みではないか?

よくよく考えて朝日新聞は他者として必要悪か?と考えたが、彼等はポピュリズムを混乱させタブーを利用して影響力を持ってきた存在である。彼等が言論の自由を求めるならば、右左関係なく討論出来る場を国民に見せてみればいい。
ポピュリズムに流れない知恵とタブーに負けない自信を日本人がこの朝日新聞問題をきっかけに考えれば変わるのでは感じる。
[ 2014/09/16 14:04 ] [ 編集 ]
No title
沖縄は未だ30度前後だそうな、日本列島実に小さくは無い。

久々に人里の塵芥を払い、新鮮なエネルギー再投入でお帰り下さいませ。

   濃紅葉に日のかくれゐる美しさ  松本たかし



支持率は高いと足を掬われ、党は傲慢になりますから、ほどほどの今で宜しいかと。

朝日は・・・謝罪なんかしてないモンなあ、と評価以前の心持ちでおります。
狼少年より悪質だし、何より確信犯ですし、とどのつまりは報道犯罪でしょう。
[ 2014/09/16 15:00 ] [ 編集 ]
No title
皆様の仰ること全てが尤もであり、
小生も安倍政権及び当ブログを応援する一人です、

日本国、日本国民そしてその世論の「流れ」が
大きく変わり始めたのです、
この流れの最初の関が憲法改正であり戦後レジームからの脱却であると信じます、
先ずはこれに向かってこの「流れ」をより深く力強いものにしていこうではありませんか、

その為に個々が何を成すべきかを熟考し行動して行くつもりです、

管理人様、そして各コメントの皆様、
小生駆け出しの未熟者ですがどうか宜しくお願いいたします。
[ 2014/09/16 16:42 ] [ 編集 ]
いいですね~
北海道の広い大地で英気を養われていらっしゃること、いいですね。毎日の更新大変だなと思っておりましたので、何だかほっと致しました。紅葉ですか。南北に長い日本列島、九州に住む私にすれば、季節の装いも足早だと驚きます。「ブログはしばし休みます…多分」と留保付きは何だか分かります。どうぞ「気が向いたら」と書かれるように、自然の流れにまかせてお過ごしください。

末田様、レッドバロン様、こはる様
恥ずかしながら、ブログをUPいたしました。以前にブログを書いていた時は、ブログの使用方法も熟知せず、単に書いているだけで、未だに名称すら理解できずにおります。(トラックバックって何?状態です)今、管理人様のようにメールフォームがないことに気づきました。とりあえず、形だけはそれなりにつきましたので、ご報告です。「よもぎ餅日記」とした私らしいネーミングです。(^^ゞ
http://yomogimochi1012.blog.fc2.com/ どうぞ、覗いてやってくださいませ。
[ 2014/09/16 19:10 ] [ 編集 ]
大雪山に初冠雪
7時のNHKニュースでやってました。白い雪と紅葉のコントラストが美しかったです。

そちらには旭岳ロープウェイスキー場というのがありますね。パウダースノーを通り越したシルキースノーが味わえるスキー場として、スキーヤーの間では有名です。一度は行ってみたいと願っておりますが、何しろ北海道でも最も標高の高い場所ゆえ、雪質の素晴らしさは、恐るべき寒気の裏返しでもあります。期待と恐怖が半々の、すなわち私にとっては憧れのスキー場なのであります。

やす管理人様は遅い夏休みをとられたのでしょうか?亜熱帯?から亜寒帯!へのしばしのツアーをお楽しみ下さい。


朝日新聞は小泉政権の絶頂期には世論に押される形で、やや現実路線に転換しようとした形跡がありますが、結局社内と読者双方の左翼バネが効力を発揮して、従来路線に立ち返ったように聞き及びます。

結局、どうなるかと言えば、旧社会党と同じ道を辿りそうですね。今の若い方に例えば、都議会で旧社会党=社民党が第一党を占めていた時代があったなどと言っても、にわかには信じ難いように。あの極左ローカル紙が日本で一番売れていたなんて、たちの悪い冗談に思える時代を早く迎えたいものです。

なお、先週の杉並版・朝日新聞には、ASKの全従業員の写真を掲載した新聞と同サイズのチラシが入っていたそうです。

ついに泣き落としの戦術に出ているようですね、テキは。
[ 2014/09/16 20:28 ] [ 編集 ]
美しい故郷は人材の宝庫
美しい故郷があり、羨ましいかぎりです。
ご自分を育んだ土地で、ゆっくりお過ごしください。
[ 2014/09/16 21:35 ] [ 編集 ]
アカ匕はもう駄目だけど
他の反日勢力も一切合切含めて、叩き潰すまでやりましょう。ここで、日本人特有の「情け」は封殺すべきと思います。
[ 2014/09/17 04:36 ] [ 編集 ]
道新も同罪
北海道にいらっしゃるのですね。
今、朝日だけが問題視されていますが、決して朝日だけではありません。私の住まいの地元紙である神奈川新聞なども、反日偏向新聞ですし、北海道新聞も朝日の尻馬に乗った反日新聞です。この、全ての偏向マスコミを等しく問題視しなければ、日本全国はよくならないと思います。
先は長いですが、頑張りましょう!
[ 2014/09/17 10:38 ] [ 編集 ]
北海道はかつて憧れた地
学生時代に体育会スキー部に所属していたこともあり、北海道はかつての憧れの地だった。
「だった」と過去形で記したのは、今や北海道の政治的属性を知ってしまい、憧れが消し飛んでしまったからだ。
道新や道教組の動き、選出される(された)国会議員や各自治体の首長らの顔ぶれなんかを見ると
反日の拠点地域そのものだ。
とりわけ日本の憲政史上大きな汚点となった
ルーピー鳩の首相就任。
コイツの本性を無抜けず何度も国会議員に選出して首相にまでしてしまった愚かな有権者が
北海道に多くいたこと。
その罪は大きいが、それを当の道民たちが自覚しているか甚だ疑わしい。
[ 2014/09/17 12:05 ] [ 編集 ]
だとしても中川家
日本国中、どの地域なら思想的に絶対安心安全、という処があるのか?直ぐには思い当たりませんが、確かに北海道は端的な反日勢力の強い処の様子。
 
だとしても、私には中川昭一之命のご存在と意志そのものは、反日メディア・議員・全員ひっくるめても、未だに大楽勝。
必ずや郁子夫人が引き継いで下さる!と信じます。
北海道は私にはイコール中川昭一様。
[ 2014/09/17 16:22 ] [ 編集 ]
No title
北海道を「赤い大地」と言う人がいますが、どういう意味なんですかね。JR北海道で、事故が多い事と関係あるのかな。
[ 2014/09/17 17:42 ] [ 編集 ]
年金生活者さんへ
赤い大地はアカの思想に真っ赤に染まってる場所って意味です。
私より他の方が詳しいと思います。
赤い大地北海道で検索したら詳しく出て来ますよ。JRの事も。
[ 2014/09/18 00:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: